きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
黄泉ヲ裂く華 業務報告書05
 やはりクリア実績は徐々に解除されているw 解除率100%の実績があるのがすごいなと思う。PSのトロフィーだと、どんなに簡単なものでも100%見たことない。インストールしてタイトル画面だけで遊んでないのか!? と、憤ってみても、積みゲーばかりのオレにはそんな資格なしッ!

2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)
EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 今回もネタバレちょっとありつつ、だらだらと。詳細は書いてないので、確かめたければ自身の眼でどうぞ! 今なら本体は安いぞ!w

2020-06-21_22-50-04-gcdlr352.jpg

 色々と謎が解明されていく。ワクワクが止まりません。ここにきて、青ルキちゃんまで登場!

2020-06-21_22-50-06-xtyvmulo.jpg

 現時点での黄泉迷宮、最後となる臥竜の森を攻略中。死星同盟は固定的が多くてウザかったけど、全部倒してやった。

2020-06-21_22-50-07-1jdc14dm.jpg

 ここでもテキスト入力のクエストがあったり、アドバイスを聞かずにボス戦したりして、ちょっと「ん?」な感じになったw せっかくNPCいるのだから、もうちょっと辻褄合わせて最初からヒントくれても良かったかな。ま、必要ないと思うけれど。

2020-06-21_22-50-08-tiqdewp0.jpg

 ついにチノワゲートを全開放ッ! 地上に戻れるぜ! ここまでプレイ時間は50時間・・・3連休で気合入れて遊んでいれば、最初の実績解除者にはなれたなw

2020-06-21_22-50-08-vub2nv3f.jpg

 そして、まさかのタイトル回収ッ! ちょっとニヤってしちゃったよw

2020-06-21_22-50-10-xfe1awkz.jpg

 その後は(ある程度、予想はついたけれど)怒涛の展開。一気に物語は進む。

2020-06-21_22-50-10-blspmiau.jpg

 久世戸総裁ッ! FF2の皇帝(天野喜孝氏)かと思ったよw

2020-06-21_22-50-11-virz4txg.jpg

 再び黄泉迷宮へ。黄泉華のモンスターデザインは、基本的に2種類のキメラであることが多い。その中でも、コイツとの初対面はなかなかに衝撃w いいわ~こういうの、大好きw

2020-06-21_22-50-12-cxe3a2uq.jpg

 ハイ、お約束の水中ダンジョン来ましたー! 水流で自動移動しつつ正解ルートを探すアレ! ぶっちゃけ、これ好きじゃないんだよなー。なんでだろう? 自分の足で探索してる感が薄いから? 魔法使えないとか呼吸の関係で制限時間あるとかじゃないだけ、まだマシだけど。

 さて、今週末にはきっとクリア出来ると思うんだけど・・・どうですかねぇ?
黄泉ヲ裂く華 業務報告書04
 今回は画像が多いよ! 若干、ネタバレあるかもだよ!

2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)
EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 レベルを19まで上げ、昇進(現在のクラスをそのまま特化の専門職か、他のクラスのスキルも交えた総合職かを選択できる)して装備も整えたので、1週間前のリベンジをさせて頂こう(キリッ)!

2020-06-20_17-29-27-0c4vykzh.jpg

 黄泉華の迷宮攻略についてはゲーム内ヘルプでも確認できるが、迷宮の拠点から3つのルートを選択できる。剣街のようなアライメント(善とか悪とか中立)分岐はない、と思うw とは言え「どこから攻略しようかな~」と悩むことはない。結局のところ、花を使ったギミック(ダメージ床の無効化、イベント系激強モンスター無効化、専用の鍵等)によって進めることが可能になるので、その花力を開放するため攻略する迷宮は自ずと決まってくるのだ。もちろん、力業で進めなくもないが。そう言った意味では自由度は少なく感じるかも。

2020-06-21_0-50-18-jfgpry0s.jpg

 では早速、死星の森のボス戦へ! 辛酸を嘗められたこの思い、晴らさせてもらうのだ! 途中で仲間も呼ぶからなコイツら。

2020-06-21_0-50-18-m34uweeu.jpg

 ・・・余裕(MPの消耗具合で察してください)! いや~そこそこキツい場面もあったけど、最初に挑んだ時とは雲泥の差で余力を残しつつ戦えたよ。
 やはりチームラライクではお馴染みとなっている「強化」「弱体化」スキル、コレが決め手だったかな! 自身の強化は当然ながら、相手の弱体化も効果絶大(と言うか、ないと勝てない)なので戦闘序盤は耐えて耐えて、態勢が整ってからは防御1人、攻撃3人、魔法攻撃バリア1人、回復1人によるサイクルで勝利、と言うわけだ。うーん、Bloodborneより達成感あるなw
 やっと次のランク迷宮、死星同盟砦が解放されたので行ってみたけど、なんか敵が永遠と湧き出る見たいなことを言われたので後回し。

2020-06-21_0-50-15-a4322glr.jpg

 続けて錬金の塔も攻略。途中で行く手を阻む強力砲台を備えた石像! 今なら勝てる! と思って戦闘してみるものの、即死ダメ攻撃は酷くないっすか? しかし先ほどの迷宮ボス後に入手した魔物を封じる花をココで使うことに気が付く。ああ、そういうことなのねとw

2020-06-21_0-50-14-ajfiwlay.jpg

 出会い頭に「ぼくはわるい魔物じゃないよ」って、アンタそのビジュアルで、そのセリフは・・・と思っていたら仲間にして欲しいとかまで言いやがるw どこのホイミンです?

2020-06-21_0-50-14-paxofpi1.jpg

 花力関係で行けない所以外はマップ埋めてるのでサクサクとボス戦へ。この黄金像と戦うためには黄金三種の神器が必要で、それも装備が可能。さほど強い装備でもないが、身に付けないとダメやろなと思って装備してから黄金像に触ったら、壊れてしまった! えぇ・・・下着まで履き替えたのにw そのシーンを想像すると笑えてしまうw 即戦闘とはならないので、いそいそと装備を整えてからボコりました。

2020-06-21_0-50-15-nilhonxq.jpg

 これは余裕と思いお宝迷宮へ再挑戦。初期配置アイテムは全回収を済ませていたので、復活するものを入手して、残っていた住人を倒す。そこそこ強いので入手アイテムに期待したけど、経験玉かぁ。現時点では、ここの入手アイテムは役不足になってしまったので、AGか花力に変換ですわ。

2020-06-21_0-50-13-qfw3z5wg.jpg

 レベル上げと装備整備に使っていた中レベル迷宮、ルミナス大聖堂へ。早い段階で入れるし、その時点の装備やスキルでも通用するのでレベル16くらいには良い狩場かと。ここのお宝迷宮はワンランク上の装備が手に入るので、到達時点でトビラとハシゴを大量に所持して挑むのオススメ! ただし、部屋をバコバコ開けていたら強敵がコンニチワーなことがあるのでご注意。

2020-06-21_0-50-12-nhj43yfg.jpg

 ルミナス大聖堂では落とし穴やワープなどのギミックが出てくる。進むためのヒントがあるので、少しずつマップ埋めていくのがちょっと楽しいw 宝箱ランクも1級が出てくるのでワクワクするのだが、あまりイイ物が入っていたことないなw ここもラスボスまでは進めていたので、ボコるよ!

2020-06-21_0-50-12-pjrdbkit.jpg

 はい、次の迷宮へと進むためのお花が出来ました。今はまだ触っても反応ないので、他を攻略してからかな?

2020-06-21_0-50-17-cffjjldn.jpg

 基本的に迷宮を1つ攻略するごとに、次の迷宮を攻略するのに役立つ花力が解放され、物語も進みます。相変わらずサブクエは寂しいし、昇進アイテムがなかなか入手できないのが悩みどころ。そこでゲームバランスをとっているのかしら?

2020-06-21_0-50-16-fjkkrhrk.jpg

 ルキちゃんの正体もクリアしないと分からないのかな~と思っていたら、そうでもないのでご安心を。欠損部位も復活! 初めて出会ったとき、99行区で入手した手とか足とか入手したから、それを使って元に戻ると思ってたよw てか未だにちぎれた手足を持ち歩いてるんすけど・・・

2020-06-21_0-50-17-skghbuxr.jpg

 管理官のアイテム評価「ゴミクズですな」が個人的に大好きw ゴミクズ頂きました! ありがとうざいます! って気持ちになるw 入手したアイテムランクが上がるとそんな評価も少なくなるから寂しくなるなと思っていたけど、宝石とかは「ゴミクズとは言えませんな」とか評しやがるw 剣街を思い出す、蝶柄シリーズはルキちゃんコメントなのが良いね!

2020-06-21_0-50-11-jx0cl3lv.jpg

 こんな感じで半日? のプレイでここまで進みましたw レベル上げ過ぎた? やっとカケハシを作れるようになったので、マップ埋めが捗るw 昇進アイテムも新たに入手したので、さてどうしたもんか、悩ましい・・・楽しいですw
黄泉ヲ裂く華 業務報告書03
 やはり平日にゲームプレイとにっき両立は無理ぽw これまで通りにゲーム優先やなぁ。

2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)
EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 と言うわけで、ちょっとボスに(脳筋で)手も足も出ない状況になったのでレベル上げを続ける。にわかにお仕事が多忙となり定時で帰れなくなったので、平日1~2時間でちまちまと戦闘を続ける。武器も敵も出そろってしまうと、スゲー作業感w でも目標(能力習得)は遠く、かなり飽きる。うーん、FC時代の初代ウィザードリィでは、飽きもせずに村正を求めてグレーターデーモンと数十時間戦えてたのは、なんだったのだろうかw

2020-06-17_0-19-21-p5dgfeod.jpg

 ロイコクロリディウムなモンスター! いいねいいね~w 黄泉華はモンスター名も「子供が見たまま付けた」な感じで、その辺りもなんだか昭和感があって好きです。

 黄泉華ではウィズライクではお馴染みの宝箱を開けるための罠解除専属クラスがいない。罠解除成功率は個々のキャラクターの能力値に委ねられており、MP消費具合によって決まる。なので探索し始めの頃は余裕で100%だけれど、戦闘を重ねてMPが減ってくると、比例して罠解除成功率が低下していくのだ。MPを削っていくのが精神を摩耗していくそれに見えるのが、良い(罠を安全に解除するアイテムもあるよ)。幸いにして、ノーリスクでいつでも拠点に瞬間で帰還できるアイテムがあるので、解除率が5割をきったり、数種類の罠が見え始めたら引き上げ時と割り切る潔さも必要だ!
 でも、戦闘を何百と重ね、レベル上げやアイテム堀をしていると「まだ余裕あるのにマジかよ面倒くせぇ~」になるというジレンマw

2020-06-17_0-19-20-cc1f0gzs.jpg

 黄泉の探索中に出会うことになるルキちゃん。過去ウィズの・・・ディンギル? エンパイア? でも似たようなライバルみたいな感じで、何度負けても懲りずに襲ってくる(でも、だんだんと強くなってくる)。ダンジョンに侵入した際には、見えるラジオで音声と共に確認できるし、強くないので恐れることはないのだ。が、最初は気にせず(アイテムや経験値も手に入るし)ボコボコにしていたのだが、最近はあまりに不憫になってしまい、ダンジョンに入ってきたら帰還するようにしている(侵入メッセージ後の戦闘は必ずルキ戦だが、拠点に戻るとリセットされる)w もう、あまりに健気だもんで、抱きしめてよしよししつつ、片っぽだけの靴を探してあげたい保護欲に駆られるよぅ! あ、通報はしないでください。

 上位クラスへと昇進できるアイテムを入手し、あらたな能力を習得・強化して、なんとかレベル19まで育てた。ちょっと戦闘で欲しい能力があるので、それを習得出来たら、改めて足止めされているボスをボコりに行こう。

 戦闘で誰か一人でも死ぬ度にリセットかましてるので、ソフトリセットボタンが欲しいわw つか戦闘時に復活できる魔法がないのキツい。同じ強さか格上のボス戦とか、こっち一人倒れたら基本あとはじり貧だからねぇ。
黄泉ヲ裂く華 業務報告書02
 有給とっての3連休だったのに、24時間くらいしか遊べてなかった。他に色々と用事もあったので、如何ともし難い。とはいえ、もっと遊びたかったなぁw

2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)
EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 前回、書き連ねた愚痴に関して。

 花力に変換しても生成リストに加わるかどうか問題については、問題なかったですw ちゃんと加えられていたので、その時の状況に合わせて好きな方に変換しましょう。

 常駐魔法のショートカットはやはりなし。Yボタンでキャンプに入れるので、そのままYボタンを押せばキャンプ時に使用可能な魔法表示だけでも助かるかな? 今はキャラ選択しなければならないので、常駐魔法だけではなくHP回復や状態異常回復なんかも、サクッと使用できるようにしてもらえると有難く思ったり。

2020-06-16_21-16-23-ou1pand2.png

 さて、ここに来て勝てないボスの壁にブチ当たってしまった(上の画像のは違いマス)。ここまでの道中、レベル上げも意識せず、装備に関してもランク低いのしか手に入らんしであまり気にしてなかったんだけど、どうにもゴリ押し無理っぽ! 敵の行動に対し、単純に防御力や火力ではなく属性などを考慮した装備で挑めばイケると思う。いつも通りのチームラライクであれば。でも攻撃は当たらないし、そもそもこちらの速度も下げて来るしで、なかなかにキツいよ! ふぎゃー!

2020-06-16_21-16-22-1aw05q1e.jpg

 モンスターと必ずエンカウント出来る花を植えて(上の画像は違う花)モンスターレベルを上げる能力を使って、地道に頑張ってます。

2020-06-16_21-16-21-pffxxwm4.png

 明日からはまた仕事となると、遊ぶ時間も限られてくるなぁ。ちまちまとレベルを上げながら装備を整えるか。密かに楽しみにしていた実績解除の一番乗りは無理そうだw
黄泉ヲ裂く華 業務報告書01
 公式サイトでパッケージのジャケットをプレゼントしてるので、購入した人は後で後悔しないよいうに申し込みしておくんだ! そう・・・Xbox Oneはパッケージ販売はしなくなったんだよねぇ。どうしてもパッケージが欲しい場合は、海外版を購入しておけば、ゲームの棚は賑やかにできるw 現物が欲しい派だったけど、否応なしにダウンロード派になって(慣れて)しまったw

2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)
EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 とりあえずリハビリも兼ねて、しばらくにっき書くよ。昨日のにっき作成で4時間もかかったので、そこそこに、抑えて、ね?w

 まず色々と書き連ねた愚痴に関して。キャラクター設定については修正できることが確認できました。なので「ホステス忍者は使いたいけど、男に貢ぎ過ぎて闇金ウシジマくんから身を隠すためにカサンドラに入社しました!」とゆー、なんぼ影ある設定にしてもちょっとナ~と言う方は「母と病弱な弟の家計を助けるためクラブで勤めていた。社長に見出され地下探行士へと転身する。」という感じに、少しマイルドに出来るよ!
 前職設定(種族)は変更できないけど、後のプロフィールで内容確認は出来ないので作成してしまったあとは気にしなくても本当に問題ない。ステータスボーナスのための所持アイテム選びも、まぁ気にしない。前回も書いたけど設定厨じゃなければ大丈夫。それでも主人公のプロフィールを「会長である」に書き直しも「課長クン」って社長には呼ばれるけどw あの部分は役職ではなく略称で読んで欲しかったなぁ。
 移動時の向き固定はやはりダメだった。所謂カニ移動は大丈夫だけど、十字キーの下キー移動が「固定」か「振り向き」の二択なのだ。移動時に使っていないLTキーを押しながらで、基本操作とは逆の動きが出来ると良かったかな。そもそもキーカスタイズできれば・・・ちょー個人的な問題だけどw
 アイテムのまとめ売りについては、連打で気持ち良いくらいの速度で処理してくれるから、これは問題なかった。ただ今作では「花力」と「アルゲン(AG)」のどちらかに変換するんだけど、AG変換がこれまでのアイテム売りで、変換されたものは登録されて逆に生成することも可能となる。対して花力変換は・・・と、ここまで書いて、確認してなかったなw 花力変換したアイテムも生成に登録されるのかな? それなら問題ないけど。別メニュー操作だから登録されないと思ってたから、変換時にアイテム名の横にでも「済」とか表記欲しいと思ってたw あとで確認しとくか。
 装備選択時のキャラ変更はやはり無理。でも、これが可能になると「装備確認」の画面が不要になるんだよね。操作に無駄な1クッションが増えてしまうから。
 常駐魔法のショートカットもなかった。過去作にあったような気もしたんだけどな。ただし、今作はスイッチブースト超を起動させるとMP消費不要で能力を発動できるので、今はダンジョンに入ったら雑魚戦で超起動→常駐発動で進めてますw でも、やっぱりあれば便利ダナー(チラッ

 下記、追加の愚痴w

 マップのアイコン表示の編集がしたいですねぇ。コメントの追記したり。ダメージ床を踏まなくともバツ印を記載できるとか、シナリオ進行上のNPCやモンスターに自分だけわかるメモ記載したい。1とか2だけでも、数日ぶりに遊ぶときに「あれ、次どこ行くんだっけ?」と言うときに助かる。アナログゲーマーならメモしとけって? ハイ、返す言葉もゴザイマセン・・・。戦闘モンスターのアイコンも、回数分かるようになってたら嬉しいかな? 今は剣マーク1本だけだけど、2回戦闘なら2本交差、3回なら2本交差に真ん中1本おっ立て。お、これはイケるんじゃね!? NPCも名前表記欲しいかね。今は「NPC」だけやし。花力アイテム必要なアイコンも、扉や橋、鍵なんかが判別できるようにして欲しいな。あとマップの踏破率! マッパー大好物ッス!

 戦闘時のオート設定。Yボタンを押すと「前回行動の繰り返し」「通常攻撃」を選べるんだけど、最初の頃はこれをAで選択していたんだよね。すると、メッセージがボタンポチポチしないと進まなくて「あれ? いつものようにサクッといかね?」と思っていたんだけど、AではなくYで決定しないとダメだったのだ。この辺りは「決定ボタンはA」という思い込みの問題。実際にYボタンだけで処理できるので合理的。ただ、この前回行動の繰り返し、3パターンくらいカスタマイズしたい。前述した常駐魔法起動パターン、敵の数が多い時に範囲攻撃で蹴散らすパターン、強い敵が少数なので単数攻撃で火力集中パターンで戦闘しているので、状況によってコマンド選択し直すのが面倒なんです。贅沢ですか?w

 資料で戦ったモンスターを確認することが出来るんだけど、拡大できない! 何故!? 股間から生えてる?触手どうなってんのとか、お耳ピクピクのルカちゃんを見たいんです! 操作可能であればあれで、操作メニュー欲しいですねぇ。

 まだ何かあった気もするけど、とりあえずここまでw うーん、カスタマイズ関係が多いなぁ。

2020-06-14_10-09-17-3mej23sp.png

 でも、その他の部分については満足ってことですヨ! 特にスイッチブーストによる戦闘時の戦略・戦術の妙はプレイヤーにとっては複数あるメリットのどれを選択するか、ってことで、デメリットがないのが良い。選択しないというのがデメリットなくらいw 連続使用できないので充電ターンが必要なのも、ただ便利すぎるだけではないしね。MPが不足して能力が使えない絶体絶命時でも、スイッチブーストで態勢をまた整え、かつ火力で押すこともできる・・・イイですよー! 実際、何度も助けられたので脳汁出ましたw その度に、脳に電気流されてると思うとアレですがw

2020-06-14_10-08-36-sxx1yea1.png

 業務の一環として敵の種類を倒す、数を倒す、アイテムを入手するといったサブクエスト的なのもボチボチあります。ボチボチ過ぎて寂しいw その中でもヨミヌー(黄泉ヌードル)探しは癒し。もっとお話し的なものがある(所謂お使いクエではない)サブクエが欲しかったかな? 社長ともっと絡んだクエスト欲しいw AGを円に換算してラジオ聴きながらウフフも限界あるよ!w サブクエは世界観やNPCの個性を引き出すには最高のネタなんだけどねぇ。

2020-06-14_10-08-59-0tnobh1d.png

 これから遊ぶ人は、コイツに会ったら扉花を大量に用意して挑むこと! 99個あれば余裕! ローリスクで装備を整えることが出来るので、もったいぶらずにサクッと対応して良いと思う。

2020-06-14_10-08-19-vog0ejou.png

 地上への帰還のための転送装置のランプは3個点灯したのみ! 目下の楽しみは、Aランク装備入手、レベル50到達、そもそもの帰還やクリアの達成率が0%な実績解除! うおー最初の一人になりたい!w 
黄泉ヲ裂く華
2020-06-12_19-10-33-zh3025wn.png

黄泉ヲ裂く華
公式サイト】 Xbox One (PS4/Switch 2020年冬)/ EXPERIENCE / ¥ 7,800(税抜)

 久々な日記が故に、冒頭で書くことがあまりに多過ぎてどうしようかと悩んだのですが(30秒くらい)、個人的なことについては驚くほどに(そして悲しいほどに)なーんも変わってないので、黙って「黄泉ヲ裂く華」について書きます。略称は黄泉華でええんかな?

 黄泉華はオレ大好きなエクスペリエンスさんから発売された、これまた大好きジャンルのWizardryライクな、所謂「3DダンジョンRPG」です。とは言え、Wizardryが発売されたのは1981年、日本ではオリジナル(ガラパゴス的?)な進化を遂げ、そもそもの版権がワケわからんことになっており再販もリメイクも難しいアレなことになっているわけですが(ゆずもデザインさんの同人誌がくっそ面白かった)黄泉華はまさにそんな日本オリジナルテイストを「Wizardry XTH」時代から脈々と守り続けている、本当に、本当に待ちに待った作品なのです。チームラライク、と言っても通用するかな?

 というわけで「Generation XTH」「円卓の生徒」「デモンゲイズ」「剣の街の異邦人」を経て、より洗練され「ゲーム」として遊びやすい作品となっています。まぁ、若干「これはくらいは知ってて当然でしょ?」感があるのは拭えないのですが、それでも初めて遊ぶ人が戸惑うことはありません。が「そもそもRPGってナニ?」レベルになってしまうと、オレも「よーしDungeons & Dragonsから始めようか! なんなら、その前からでもええか?」と鼻息荒くなりますけど!

 物語の舞台は、なんと1979年の東京。やべぇ、オレが生まれて数年後じゃんw 身に染みるゥ(何が?)! 1954年に突如として杉並区と入れ替わるように出現した1km四方の巨大構造物、その内部は巨大な迷宮となっており、そこではアルゲンと呼ばれるが新たな資源が採掘できるのであった! ・・・ん? 突如として現れた謎の巨大構造物に人類に影響を及ぼす新資源・・・正解するカドかな? いやいや、そんな角が立つ話をするつもりはありませんよ(でも、ちょっとうまいこと言ったかな感はある)? アルゲン自体はこれまでの化石燃料と比較して、百倍以上の熱変換率を持ち、地球規模で次世代エネルギーの主役となっている(そもそも日本以外にも出現している)。また利用価値はそれだけではなく、抽出して薬剤として肉体に取り込むことで、その巨大構造物内に限り超人的な能力を発揮できるのである。
 そうとなればと、様々な企業がアルゲンを求めて採掘業に乗り出し、巨大構造物「黄泉」に向かう肉体労働者は薬を打って、脳に電極ブチ込み、巨大迷宮に赴くのである。労働者は「地下探行士(アンダーノーツ)」と呼ばれ、スーツ姿に剣を手に電車で移動して通勤する姿は、なかなかにシュールw 凄く良い絵面! オレも勤めたい!w そんなこんなで今日も今日とてダンジョンに行ってみたら・・・

2020-06-12_19-11-57-4c0vfvbm.png

 黄泉華の主人公は社会人ということで、チームラファンの年齢層的にはかなりリンクする部分があるのでは? ただ役職が課長ということで、あまりにリアル感が出てそうで、嫌にならないのだろうか心配w そもそもゲーム大好きなのも、ちょっとした現実逃避感があるわけで。ただ、よくある剣と魔法のファンタジーRPGの主人公(リーダー)も管理職と思えば、共感できるものなのか? ん?? とにかく、課長としてキャラ作成を行うことになるw
 ここで残念だったのが、キャラ絵の選択肢が皆無なこと。色違い、髪型も2パターンくらいしかなくて、昔の格ゲーの1P・2Pカラーかよって感じだ。これは仲間(同僚?)についても同様。加えて簡単なプロフィールも添えてあるものだから、その設定引っ張られてしまうことによる「Wizardry的なキャラクター作成の自由度」がかなり薄い。
 もちろん、この手のゲームでは主人公が自ら語ることはないし、移動時にキャラ絵をオフにすることもできるのだが、キャラ絵と設定を用意したならば、そこは全職業に全性別・年代別くらいは正直頑張って欲しいところ。もしくはキャラ絵が影絵のみでプロフィール記載もなければ脳内補正余裕なんだけど、どうしても「絵」があると、それでクラスを選んでしまうし、その「絵」のキャラクターで脳内ストーリー(自分は戦闘時に多い)展開してしまう。いっそ、完全に作成されたキャラから仲間(同僚? 部下?)を選択でも良かったと思う。個人的に、黄泉華のイメージアートワークはすっげぇ良いのに、あの中に混じっているアニメ絵キャラがちょっと・・・個人的に、ですけどね。世界観的に合わな過ぎる、というのもやはり「絵」に引っ張られているのか・・・? 懐古過ぎる?
 また、役割となるクラスだけではなく、種族に該当する部分がリアル職業に該当されており、ここでも設定に脳内が引っ張られる感じに。しかも普通のサラリーマンがデスクワーク向きということで、Wizardryでいうハーフエルフ?寄りに。

ヤングマン  → ヒューマン 小中高大学生の未成年を想定
ホワイトカラー → ハーフエルフ? デスクワークなサラリーマン
ブルーカラー → ドワーフ 肉体労働、警備、農家や漁師
アスリート → ホビット スポーツ選手、インストラクター
クリエイティブ → エルフ 作家、画家
フーテン → ノーム 浮浪者、賭博師、教祖

 違うんだ、オレみたく肉体派のサラリーマンもいるんだよ! 確かにデスクワークだけども! ただ、ステータス的には初期設定なので、そこはあまり拘らなくても良いと思うんだ。クリアする頃には、キャラも成長して関係なくなるし。そこは「設定」で選ぶのか、少しでも序盤で楽をするために「ステータス」で選ぶのか、悩みどころのような、そうでもないような。作成時のステータスボーナスの割り振りも固定値なので、そういった「用意された設定」に流さなければ、さくっとキャラ作成はできると思うが・・・
 ん~、設定設定で不満を書いたけど、本当に主観でしかない。RPGはざっくりと「キャラクターを演じるゲーム」なのだから、用意された設定で遊ぶことは間違ってはいないんだよね。ただ、オレは昔からTRPGでもアーキタイプとか苦手で、自己投影しやすい感情移入型なので、こういう自由にキャラクターを作成するゲームの場合、設定がないほうが楽しめるんだよねぇ。どうしても(理想の)分身を作ろうとしてしまう(初代Wizardryの頃から、異世界転送ネタで遊んでたw 仲間は指輪物語やアーサー王物語から拾ってたなぁ)。ただし、仲間も含め、キャラ作成だけで半日くらいかかるけどw オレは気になったキャラ作成部分については、抵抗のない人なら逆に取捨選択がしやすいと思う。まぁ、それでも、女子小学生の闘術工を選びたくはないのだけれど・・・(まだ言うか!)

2020-06-12_19-12-23-2jbwwn1a.png

 キャラ作成が終われば、あとはダンジョンを探索し、モンスターを倒し、装備を集める! ウヒョー! 楽しい~!!
 ちなみにグラフィックについては期待しないことw ぶっちゃけPS2かなぐらいの前々世代程度のグラフィックに、特にダンジョンは見えてしまう。光が差す、何かが足元で動いている、なんか空気感がある・・・みたいな「Legend of Grimrock」や「The Bard's Tale 4」みたいなのを期待してはいけません! めっ!
 モンスターのデザインについては好みはあれど悪くないと思う。ちょっとホラーテイストな感じのボス級モンスターは特に迫力あって、相変わらずカッコイイ。こちらも昔ながらの1枚絵で、昨今のスマホゲーよろしくイラストの一部がひょこひょこ動く2Dモーフィングな感じ。攻撃や魔法のエフェクトはそこまで派手ではなく、サクサクと戦闘ターンは進む。効果音なんかはチームラ作品ではお馴染みな感じで、そこはニヤニヤしちゃったw オートのリピート設定やスキル効果など、新作「黄泉く華」ではあるけど、チームラライクで安心して楽しめる。3DダンジョンRPG界のドラクエ、と言っても過言ではないッ!

2020-06-12_19-12-35-ydkpfmt2.png

 ダンジョン探索では壁を壊して扉を付けたり、橋を架けたり、梯子を取り付けたりしてダンジョンでの行動範囲を広げることが可能となっているのをウリの一つとしている。壁を壊すと聞いて、あれ、どこのルフランかな? 延期しちゃった(というか発売日未定にしやがって)続編はよ! とか最初は思ったりしたけれど、どこでも好きな場所に作れるわけではなく、特定の場所にしかアクションを起こせないので、アルゲンという設定を活かす一つのギミック(イベント)みたいなものでしかなかったので一安心。
 自動移動も可能なので探索も楽チン! 魔法使用不可とか呼吸のため移動制限とか、そういう面倒なダンジョンがないことを祈るばかりw ダンジョン探索時に「見えるラジオ(懐かしい)」のようにテキストが流れるのは、ちょっとアナログ(ではないのだが)感があって最高。ちょっとしたゲームに役立つ情報から、ただの宣伝までw
 ゲーム中に流れる音楽も、雰囲気があり、世界観を外すことなく、環境音と相まって堪らん感じ。サントラ欲しい。

 個人的に戦闘で脳に埋め込んだ電極を起動させるスイッチブーストの設定がイカれてて好きw 戦闘時に起動させる1ターン用全員強化魔法のようなもので、「火力アップ」「防御アップ+HP回復」「速度アップ+宝箱追加」の3種類から選択できる。非常に使いどころが明確で、選択肢が多くないのがまた良い。連続使用はできないので、戦闘開始時に火力アップ、宝箱を持っている敵を倒しきれるなら速度アップ、少しでもHP回復したいなと思えば防御アップと、非常に使い勝手が良い。すぐに効果は理解できるけど、現在選択しているスイッチの効果内容がどこかに表示されてても良かったかな。

2020-06-12_19-12-55-itnhv0n4.png

 上司などのNPCのキャラ立ちは流石の一言。面白い。また、彼らがアイテムや用語の解説に一言添えてあるのが、親近感を沸かせるアクセントになっている。弱小企業で主人公の部下は雇われということだけど、もっと企業感があっても良かったかなぁ。演出関係があっさりし過ぎな気もするけど、そういう魅せるRPGでもないからな。食事もイベントでしか話し出てこなかったけど、料理もないっぽいな。ディストピアな設定だし、カロリーメイトみたいの食って終わりかw

 物語は序盤からゴリゴリのホラーで魅せてくれる。この辺り、ストーリーが希薄と思われがちなダンジョンRPGではあるが「NG」や「死印」といったADVも手掛けているエクスペリエンスさんらしいとも思えるし、社長がTRPGも嗜んでおられるからかな? と勝手に思ってみたり。ま、オレがちょっとした小ネタが好きなだけってもあるけどw

2020-06-12_19-13-13-fhd0214y.png

 こちらは主人公が務める会社の社長。女社長! 会いに行くとラジオ放送を聴けるのが、またいいのよね~。この人どっかで見たことあるな~って思ったら、タイトル画面の女性と同一人物だったw ちょっとテイスト違うくね? ちなみに、タイトル絵、昭和の映画ポスター感あってめっちゃ良いデス。

2020-06-12_19-14-49-l2jib1xe.png

 なんか、とっちらかった日記という名のレビューになってしまったけど、そろそろ終わります。あ、いつも通り? これも相変わらずですねって、コラ! とりあえず、早く続きしたいw

 有給とって挑んだけど、まだ10時間程度しかプレイしてないので、本当~にこれからって感じ。アイテム売り(変換)をまとめて処理が出来ないとか、探索中に効果を発揮する魔法だけをショートカットで使いたいとか、装備画面のままキャラ変更したいとか、ボタン押したままで向いている画面固定で移動したいとか、ちょいちょい細かい部分の不満はあるけど(実は出来たりする?)、今後のアップデートに期待したい。冬予定のPS4やSwitchで完全版が出る嫌な予感はするけれど、そこで改善~ではなく、何卒、Xbox One版でも対応を・・・とは思うけど、Xbox Oneで出ただけでも僥倖と思わねば。オレはXBOXから遊んでいるので資産(ゲーム)があって、それが次の世代でも後方互換対応しているので起動率高いんだけどw つかXBOX360も、まだ現役起動してるけど! はよ全てのソフトを互換してぇ~! それはお金かかるからご勘弁だって? ・・・おあとがよろしいようで(よろしくない)。
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO
 8月17日、台風第10号が北海道上陸との報道の中・・・

20190817_101616.jpg

 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」略してRSR行って来ました!

 いや、もうね? 今回はホントに色々と大変でしたよ? 台風の影響もだけど、去年から?チケットの一般発売がなくなってしまい、それならと電子チケットの抽選には全部落選。最後の最後、チケットを取ったけど行けなくなった(公式では禁止されてるけど、複数購入して余った)ものを出品できる「リセール」で、やっと手に入れることができたのだ! 2日間の開催で、2日目だけ行く予定だったんだけど、当選確率を鑑みて、通しを購入してやったぜ・・・へへへ。しかし駐車場のチケットは入手出来ず、初のシャトルバスでの移動! 今回は荷物がちょっとあるから車で行きたかった。荷物を預けることが出来る「クローク」は2次が発表されたので、速攻で入手し、何とか行ける準備は整ったのだ!

20190817_102108.jpg

 ゲートを潜り抜けた後の会場! 暗い! 雲もくもくだし。それでも天気予報通り、雨の気配はなく、地面のコンディション最悪であろうことを考慮せず長靴で行かなかったけど大正解だった。天候(雨量)次第では仕事の可能性もあったけど、いや~マジで良かった! 16日の初日はRSR初の中止となったけど、実際の天候はそうでもなかったかな、札幌は。でも、まー結果論だからね、予測出来たうえで何か起きてからでは遅いから、こういう決断は大事だと個人的には思う。

20190817_103618.jpg

 まずはwifiコーナー行ってチェンクロしといたw 7万人近い人が集まるんだから、他にも遊んでる人もいるだろう!

 そして今回は・・・

20190817_110002.jpg

 じゃじゃ~ん! レジャーシートにイスも用意しての、初「レジャーサイト」だ! 流石にね? スリングバッグ一つで参加するには、キツいんスよ・・・寄る年波には勝てぬのじゃ。なので今回は見た目よりも機能性を重視した服装での参加。車で行かないってことは(タイムスケジュール的にも)一晩過ごすしかないので、疲労を回復できるようにしたんだよね。いや~背もたれまであるチェアツー快適過ぎッス! 車で行く時には大渋滞だったから気にもしてなかったけど、シャトルバスはスイスイだね? きちんと時間通りに到着する! お陰様でレジャーサイトも、余裕を持って確保できた。ん~、これなら今後もバスでいいんじゃね?

20190817_122713.jpg

 11:00にはベースを確保できたのでブラブラと各ステージ間の移動時間を確認した後、チェアツーでまったりとPS Vitaで「蒼き翼のシュバリエ」を起動ッ! 反射で画面見えてないねw 流石に、この会場でシュバリエを遊んでるのはオレくらいではなかろうか!? でも、先日500円で配信された「デモンゲイズ Global Edition」をプレイしたけどね? パッケージも持ってたけど、500円なら買うしかあるまい・・・

20190817_131627.jpg

 13:30 EARTHTENT 「オメでたい頭でなにより」
 いや~良かった! MCが面白くて面白くて・・・リハから楽しませて頂きました。RSR、一発目から心地よく疲れさせて頂きました。ダルシムの勝利のポーズ、良かった。あと、さくらんぼ演るとは思わなかったw

20190817_145342.jpg

 約45分のステージが終わると、次は17:50まで暇に。お昼を買って、イスに座り、青空を眺めながら一息・・・サイコー! これがイスに座った時の景色(中央下のはオレの足)。なかなか良さげな場所でしょ? その後、グッズを買いに行ったりクロークに荷物を預けに。ここから、ちょっと長丁場なんでね!

20190817_183952.jpg

 17:50 RAINBOW SHANGRI-LA 「H ZETTRIO」
 いやー、当初は途中で抜けて次のステージに行こうと思ってたんだけど、結局最後まで居てしまいましたわ! めちゃめちゃ良かった! この踊らせにかかってくるリズム、たまらんかったです。11月の札幌、行きてぇええ!

20190817_184454.jpg

 18:40 RED STAR FIELD 「吉川晃司」
 と、言うわけで、オープニングから行けなかったけど、今回のRSRでは是非とも見たいと思っていた、生吉川! 人多すぎ! オレ大好きな「COMPLEX」の曲もあって、もう、大合唱ですよ! オッサンにはたまらんかったです・・・ていうか、もう50歳過ぎてるのに格好良すぎてヤバかった。ああなりてぇ~! 最後はシンバルキックも決めてくれて、これも生で見れて、ホント良かったですw

20190817_200401.jpg

 ベースに戻ると、もう流石に真っ暗! 少し肌寒くなってきた。クロークからバッグを返してもらい、晩御飯を食べつつ21:00まで疲労回復。チェアツー楽チン! いつもなら、地べたにマットだけだったから、全身が痛くなってたのよねぇ。ゲームしたりメールしながらまったりと夜の空を楽しむ。

20190817_203847.jpg

 21:00 SUN STAGE 「ELLEGARDEGN」
 はい、来ました! 今回のRSRに来た目的の一つですよ! まさか本当に見れるとは思ってもいなかったから感無量ッ。彼らのオススメ具合については、過去のにっきでも散々お伝えさせておりますがw

20190817_203123.jpg

 結構、頑張って前に行ったつもりだったんだけど、これで30分前。激混みィ! これ以上は、きっとモッシュに巻き込まれるから、足踏み。結局、ここでも巻き込まれはしたんだけどw それでも好きな曲が生で聴けて大満足~! はぁああ~また新曲出してくれないかねぇ?

 終わった後、流石に足が痛くなってきた。ベースに戻った際にはエアーサロンパスしてたんだけど、動いてる時間が普段以上だし、その場で激しく動くという日常ではあまりない挙動故か。前述した通り、機能性を重視した服装なので、靴は当然ながら靴下や下着にも気を使ったので、かなり楽ではあるハズ。RSRに備えてひと月以上前から毎日歩いたり走ったりして疲労対策の体力トレーニングもした。でも、足にはくるんだね~w 逆に、そういった備えをせずに(かつ長靴で)RSRに来ていたらと思うと、ゾッとするというか、本当に楽しめなかっただろうなぁ。うむ、何事も準備って大切ね。

20190817_234336.jpg

 0:00 EARTH TENT 「ROTTENGRAFFTY」
 はい、ほぼ休まずロットンです! 流石に日を跨いで疲れた人も多いのだろう、30分前で最前列に並べたのはラッキーだった。いや~近いし、踊れるし、好きな曲は聴けたしで大満足。RSRには3年ぶりということで、自分も3年ぶりにRSRに来たんだなぁと改めて思ったよ。

20190818_010227.jpg

 01:20 SUN STAGE 「UVERworld」
 オレRSR、最後はUVER! コレ、本当に見たかったんだよね~。去年、行こうと思ってたけど、チケットの一般販売やってなくて、時すでに遅しだったんだよね。ツアーのチケットも取れないから、生で一度はと思ってたし、デビューしてから追っかけてたんで、フェスのメインステージで見るというのは、やはり感慨深かったです。かなり前の方で見れたので、大満足でした。

20190818_031000.jpg

 2:30頃にベースに戻る。流石に疲れた! クローク行って、アウターを着て、ブランケットを巻き付けて。寝ずにゲームしながら徹夜してやろうと思ってたけど、気が付いたら寝てましたw 流石に寒かったな~雨降らない予報だったからレインウェア持って来なかったけど、あっても良かったか? つか、これで雨降ってたらヤバかったな・・・

20190818_040208.jpg

 4:00に目覚める。ぼ~っとしつつ、トリのDragon Ashを見ながら(ほとんど覚えてないがw)もぞもぞと帰りの準備を始めた。レジャーシートを畳むのが大変だったわ。裏は濡れてるし・・・シート広げずに、直にイスのが片づけるのは楽か? でも靴脱いで足を伸ばせるのは捨てがたい・・・。
 最後のステージとあって、見てる人は多かったなぁ。演奏が終わって主催者の挨拶が始まろうとしたところで、グダグダやってたのは面白かったw あれ、ただの酔っ払いよね?w

20190818_050251.jpg

 5:00、ライジング・サンですよ!

20190818_052335.jpg

 こうしてRSR2019は幕を閉じました! 開催までハプニングもあり、初のテントサイトなど、個人的に、非常に思い出に残るRSRとなった。やはり見たいバンドが多いと楽し過ぎるねぇ。ただ、行きは良かったバス移動、帰りはちょっとキツかったなw 朝は体力満タンだから徒歩→JR→地下鉄→バス(会場)は苦痛でもなんでもなかったけど。体力、というか足が痛かった。動いていればそうでもないけど、動いてないとキツい。だから帰りの待ち・立ち時間がしんどかったですわ。帰りだけ、車がいいなぁw

 来年も、また見たいバンドがあれば是非とも参加したいですね!
8月・・・だと!?
 6月中旬頃に東京出張、それから7月下旬まで仕事多忙の中、やっと報告書を書き終え、心置きなくゲームして遊ぼう思ってたら、急な仕事が入ったので持ち帰って自宅処理(予定)の現在24度の札幌・・・予定では今後も29~30度で湿度は50%超え、コリャもう梅雨時期ですな! 誰だ、北海道に梅雨ない言うてたの!!

 と言う感じでサクサク仕事を片付けて、ホントに心置きなくゲームしたいデス。
ドラゴンスラッシュ
 今週末は仕事だったりクリーニングしたりでバタバタしてたよ。ぬおーって感じ。

google play「ドラゴンスラッシュ」
ドラゴンスラッシュ
公式サイト】 iOS,Android / GAMEVIL / ¥ 基本無料(アイテム課金)

 今回は「ドランゴンスラッシュ」を紹介。よくある横スクロールタイプのナンチャッテRPGです。このドラスラでは4人で1パーティを組んで、ステージ道中は任意のタイミングで主人公はスキルを発動(もちろん見てるだけのオートもあるよ)、敵を倒しつつ装備や仲間を集めて、レイドやアリーナも楽しめるという、この手のタイプとしては極めてオーソドックスなタイプのソシャゲです。無課金でもそこそこ装備や仲間も揃うし、戦闘が派手で爽快感もそこそこあり、ストーリーも王道でちまちまと遊び進めています。
 ドラスラの最大の特徴は、上記のアイコンでは分かり難いのですが、絵本のような淡い色彩のグラフィックによる世界観と、大き目のキャラクターに稼動部分が多いところでしょうか(稼動部が多いのは最近の作品ではよくある)。絵本のようなグラフィック、と言うのはコンシューマーゲームでいうところの「プリンセスクラウン」「オーディンスフィア」「朧村正」「ドラゴンズクラウン」などの、いわゆるヴァニラウェア作品っぽいつーか、パクリっつーか、オマージュな感じなのかな(ちなみに会社としてはMMOのファンタジーアースがあるぞ!)。何れにせよ、ヴァニラウェアはドラスラには関わってはいないです。

 今はギルドを作るために貯蓄中! もしCirthを見かけたらヨロシクね。

2015-06-14-01.png
 ぶっちゃけ「ドラゴンズクラウン」だよねコレ。アクション操作が不要なのは良いです。

2015-06-14-02.png
 あまりモンスター系は好きじゃないんだけど、この手のソシャゲって仲間にモンスター系多いよね。贔屓してヒューマノイド系を使うようにしてるけど、上の画像は育成のためにモンスターも・・・

2015-06-14-03.png
 キャラクターのクラスとしての役割がはっきりとしており、戦闘も派手で良いです。装備による外観変更のパターンが少ないのが残念すぎる!

2015-06-14-04.png
 レイドのドラゴン戦が大好き! ドラスラの名に恥じぬドラゴンっぷり!
アプリゲーム情事
 今週のきゆにっきだよー!
 タイトルについてだけど、ゲームに恋してるから誤用ではないのだよ!

 今日は日課となってしまった時間泥棒のAndroidアプリのゲームについてぼそぼそと。

google play「チェインクロニクル」
チェインクロニクル
公式サイト】 iOS,Android / SEGA CORPORATION / ¥ 基本無料(アイテム課金)

2015-06-07-cc01.png
 今でも遊び続けてます。初めてダウンロードした時には、既に30万くらいダウンロードされていたけれど、もう500万。アクティブ数はグッと下がるんだろうけど、この夏にはアニメ化もするし、まだまだサービスは続くのでしょう。ソシャゲの運命とはいえ、サービス終了後には遊べなくなるのは非常に残念なので、買い切り版への移行とかやってくれないんですかねぇ?

2015-06-07-cc03.png
 先週まで踏破イベント中で、実はその時ににっき書こうと思ってたのに、もうイベントも終わってしまいました。今は500万DLの記念フェス中。とりあえずパンケーキ! さくっと新キャラのファティマ様をゲットー。今月のリング交換SSRキャラは、オレ大好きの騎士キャラなので、リングを稼ぎまくる予定デス。
 ちなみにオレのアカウントはガチャで騎士の排出率高いんですよ・・・(SSRとSRの騎士はきっと全部あるはず)何かあるんだろうか!?


google play「チェインクロニクル」
グランブルーファンタジー
公式サイト】 iOS,Android / mobage / ¥ 基本無料(アイテム課金)

2015-06-07-gb01.png
 グランブルーファンタジーも毎日遊んでいます。こちらは、やっと先月くらいにメインストーリーを配信分まで全て終わらせて、続き早よ! な感じです。とは言え、キャラのフェイトストーリーは残りまくってるし、そもそも上限開放もまだまだ。やることはいっぱいですよ! 今はイベント中で、敵と戦ってはイベント専用のコインを稼いでガチャして~の繰り返し。ま、イベント(やること)も毎回同じなんですけど物語がなかなかに面白くてねぇ・・・

2015-06-07-gb02.png
 進行具合?はこんな感じ。遊び始めたのが昨年の秋くらいなので、ローペース・・・なのかな。やはりストーリー重視で、グラフィックやエフェクトも良いから遊ぼうって気にさせてくれるよね! でもねー、MMORPG的なエンドコンテツが、かなーり重いんですよ。面白そうなストーリーや魅力あるキャラ、武器が出るだけに、きっとオレは体験できないことを思うとちょっと残念・・・。CS版出してくれませんかね(切望)?


google play「チェインクロニクル」
聖杯の騎士団
公式サイト】 iOS,Android / R.O.App / ¥ 無料

2015-06-07-sk01.png
 今回、初めて紹介する「聖杯の騎士団」については後日、しっかりと紹介する予定だけど、とりあえず! いわゆる放置型RPGなんだけど面白いです。これまでもいくつか遊んできたけど、これは自分に一番に合う作品でした。配信されて間もない、まだ10ダウンロードくらいの時に、たまたま目について遊び続けてますが、どんどん改良されて遊び易くなっており、完全に無料なんだけど、課金しても良いくらいです! オフラインでも遊べるのが、また良いですねぇ。個人で作成しておられるということで、スゴイなーと感心することしきりです。はー。

 以上、3本が割と重い感じで遊んでます。軽い感じだと、あと5本くらいあるのかな?w あ、先日、配信された「メビウス ファイナルファンタジー」もがっつり遊ぶことになるかもしれない・・・

 ゲーム三昧っすね!!
サーガ 1
 なんだか日曜の夜ににっきを書くことが定番となってきてしまった(まだ3回目だけど)。
 ホントは昔みたく毎日更新したいんだけど、恐るべしはソシャゲですかね?
 ハハハハ(笑い事ではない)

サーガ 1
ブライアン・K・ヴォーン (著),フィオナ・ステイプルズ (イラスト)


 またアメコミの紹介です! アメリカの2大コミック賞を2連連覇し、SF・ファンタジー・ホラーな作品に贈られるヒューゴー賞まで受賞した「サーガ」は、「スター・ウォーズ」を代表とする宇宙を舞台とした冒険活劇モノ。冒頭から衝撃のセリフと共に始まり、新しいのか古いのか分からないデザインセンスの宇宙人、様々な思惑で動く勢力群(こういうのは海外ドラマでよく見るよねー)と、一気に読ませてくれる魅力が詰まっていました。帯の文句に躍らせられるのは好きじゃないけど、悔しいくらいに伊達じゃないなーと思い知らされましたわ。2巻はよ!
 カバーイラストから想像できるように、異種族による逃避行が基本路線で、そこに纏わる様々な偏見や差別、それに対する理解があったり愛を知ったりとかが主題になるのかな? テキストがそれほど詰め込まれておらず、絵も日本のマンガに見慣れた人にも受け入れ易い絵柄だと思います。168ページ、オールカラー、ソフトカバーで1,800円(税別)。ま、安くはないですね。・・・そういえばアメコミって性器のモザイクとかなくても平気だったっけ?

 そうそう、以前に紹介した翻訳版「マウスガード 1152年 秋」も届きました。原書のようなハードカバーだと思ってたら、これまた「サーガ」と同じソフトカバー(出版社が同じだから?)。翻訳は海外TRPGに携わった方がしておられるようで特に問題もなく(若干、吹き出しの中のテキストの収まり具合にセンスがない箇所があったけど)付録、ピンナップ・ギャラリーまで余すことなく、完全な翻訳版! 素晴らしい! そして「冬」の次巻予告がー!

 あまりに楽しみ過ぎて、明日からの一週間を思うと、ヘタってしまいますわー。とほほー。
波よ聞いてくれ 1
 もう5月も終わろうとしているね・・・GWが、つい先日のことのようです。

 そろそろ雪の心配をすべきかしらね、フフフ(自暴自棄)。

 ↑次の更新が、そんな時期になりそうなことを匂わせつつ、自身に発破をかけてるみたいな?

波よ聞いてくれ 1
沙村 広明 (著)


 以前にも何度か書いた気もしますが、「にっき」と謳いながらも「紹介」になっています。ま、買ったものの紹介と思えば、そういう日記もあるか・・・いや、それじゃあ家計簿じゃん!

 と言うわけで、他にも紹介したものがボチボチあって「次は絶対にコレ書こう!」と思っているのに、なかなか手付けれずにいます。どうしても時事ネタっぽくなるんで、早く早くとは思うんですが、ほら、「時間を使う」ってことは「命を削る」ってことじゃないですか? いわゆる寿命ってヤツは、当然ながら有限であり、それを何に使うべきかを考えると、どうしても物事に優先順位をつけることになり、こと趣味人であるオレの場合は、ゲームとかゲームとかゲームとか・・・

 「波よ聞いてくれ」は上記のカバーイラストからも想像できるように「ラジオ」を題材としたマンガです。沙村 広明氏が短編などで描いていた(もしくは「おひっこし」的な)世知辛い、生々しい、オトナの日常ラブコメ・ドラマ的で、勢いがあってスゲー面白いです。やー久々に声を出して笑わせて頂きました。いちいち挟まれる小ネタがおっさん世代にドストライクなのが、まー悪く言えば古いノリではあるんだけど、読んでるオレもオッサンなのだから仕方がない。
 他にも紹介したい作品があるのに、それらを差し置いてこの作品を紹介したのは、まさにさっきAmaznonから手元に届いたってのもあるけど、舞台が札幌なんですねー! ちょうど仕事の都合で、ラジオ関係について調べる機会が先日あったので、まさにタイムリー。作中で使われる背景なんかも、知ってる場面が多くてうぉーってなりました。イイ、イイですよ! ほら、こういうマンガとかゲームとかアニメとかドラマとかって東京が舞台になるじゃないですか(最近は地方を狙ったご当地系が多いですけど)。だから、メジャーな作品で地元が取り上げられると、ちょっと嬉しくなるんですよね。フフフ。

 そんなわけで「波よ聞いてくれ」オススメです! (´∀`)b
驚異の螺子頭と興味深き物事の数々
 バリバリっと日々更新してやろうと思い立ったのに、あれよあれよとゴールデン・ウィークも過ぎちゃったよ! あれー?

驚異の螺子頭と興味深き物事の数々
マイク・ミニョーラ (著), 秋友克也 (翻訳)


 ミニョーラと言えばの「ヘルボーイ」は原案・作画は他者と、アメコミ定番のスタイルとなってしまったけれど、本作は紛うことなきミニョーラ本人の作画となる作品。こうして翻訳されて発売されるのは、ホントありがたいことで・・・それだけ日本でもミニョーラ作品は人気なのだろう、と思いたい!
 日本では当然新作ではあるけどアメリカでは2010年に発売された本作は、ヘルボーイとは無関係の6つの短編集。その内容はとてもユーモラスに溢れた、まるで、童話のような物語だ。その世界背景がオカルト風味なところは、やはりミニョーラ。初期ヘルボーイの短編とか好きだった方には是非ともオススメしたい。もちろん、あの独特の黒い影の描き方と、そこに絶妙にマッチしている淡いカラーは健在(作品自体は2002年に発表されてるから、とも言える)。
 全ページフルカラー、ラフ画込みで約100ページは読み応えたっぷり・・・とは言えないけど、ミニョーラファンにとっては、新作というだけで嬉々としてしまうのだ! きっと、売れ行き次第で「Baltimore」や「Witchfinder」「Lobster Johnson」も期待できるんじゃ~ないかな!?

 いや、ヘルボーイのスピンオフ系もマジ期待してますからー! それと、本のサイズを変えるのはマジ勘弁して頂きたい。
「マウスガード 1152年 秋」ついに翻訳!
 と言うわけで、6年くらい前からイイ! イイ!と騒いでいた、ネズミ騎士の英雄譚「Mouse Guard」がついに翻訳されることになりました! ヤフー!

マウスガード 1152年 秋
デイビッド・ピーターセン (著), 柳田 真坂樹 (翻訳), 滝野原 南生 (翻訳)


 Amazonさんにオススメされていたので調べたところ「ウィル・アイズナー漫画業界賞」というアメリカの「漫画のアカデミー賞」と呼ばれるくらい権威のある賞の「Best Publication for Kids (ages 8-12)」に「Mouse Guard: Legends of the Guard vol. 2」がノミネートされたそうで、それが大きなポイントになったのかな? と思ったけど、ノミネートどころか2008年には「Best Graphic Album: Reprint」「Best Publication for Kids」で本作が、2011年には「Best Anthology」で「Mouse Guard: Legends of the Guard」が受賞してるじゃねーか(そもそも本作を知ったのはTRPG版なのだが)!

 ・・・ま、何れにせよ、辞書や翻訳ソフトを使って読んでいた自分にとっては嬉しい限りです。全シリーズ、期待してますよっ!