きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ペルソナ3フェス」Episode Aegisクリアしたよ!
 週末にAmazonから届くハズの荷物について「倉庫に戻ってきました」メールが届いた。な、何故だ・・・Amazonからの”発送しました”通知メールの届け先住所は間違ってないし、そもそも他の商品は届いてるしー。週末にはその商品が届くだろうから、まったり読んで過ごそうと思ってたのに・・・予定が崩れてしまうとガックリしちゃうよね!

ペルソナ3フェス
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 8,190


 前日に「ペルソナ4」をクリアしたので、ついでとばかりに、これまた2007年6月から放置していた「ペルソナ3フェス」に収録されている、後日談こと「Episode Aegis」を終わらせたよ! 再開して2時間くらいで終わってしまったわw 最後のダンジョンの途中まで進めていたようだ・・・なぜ、このタイミングで放置しちゃったのかしらね?w
 操作に若干の不安はあったものの、3で今のペルソナのUIベースが出来上がっており、さらに完全版な感じで発売されたフェスと言うこともあり、あまり戸惑うことなくプレイを再開することが出来ました。仲間にコマンド指示できなくて「あれ?」って思ったけど、そんなシステムだったのね!

 今回のEpisode Aegisはその後の物語として「結局、どうなったんだ?」な曖昧な描写だったエンディングに、しっかりと答えを出すものとなってます。ま、あのシーンは曖昧にしといて、プレイヤーの想像に委ねたままでも悪くなかったとは思いますが、個人的には後日談、良かったですよ! 「ペルソナ3フェス」として追加されたシナリオとして独立はしていますが(ゲーム開始時に本編か後日談か選択できる)ダンジョンでの戦闘がメインな感じになっているので、クリアまでに時間がかかるものではない、ある意味オマケ的なものになっています。それでもゲーム的に、敵が手強くなっていたり、アニメーション(ムービー)があったり、何よりも特別課外活動部のメンバーの心残りが解消されたのが良かったです。ゲームを開始した時に、色々と冷めてしまったメンバー(特にゆかり)に「あれ?」と思ったりもしたけど、最後には「うんうん」と同意できるものだった。でも、世間では評判良くないんだよねーw ゲームだし、ビターエンド苦手な人が多いのかな? 「死」に向き合い、「命のこたえ」に至る「絆」の意味と意義、これからは彼らはしっかりと人生を歩んで行けるんじゃないかな!

 完全版商法と言えばスクエニ、コーエー、バンナム、カプコンのメーカー作品の印象が強いですが、アトラスも負けておりませんよね! やはり絶対的な固定ファンがいると分かっているから強気になれるんかな? んで・・・この「ペルソナ3」にも「ペルソナ3フェス」があるわけですが、さらにPSP版で「ペルソナ3 ポータブル」が発売されています。主人公に女性が選択できるようになったり、戦闘時に仲間のコマンが選択できるようになったり、BGMが新規のものに挿し変わったり・・・ただし、ムービーは全て1枚絵になってたり、3Dな街中の探索が選択式になっていたりとハードの性能的に削除された部分もあり、やはり価格的にもPS2版で十分楽しめるんじゃないかなと思えます。後日談もフェスにしか収録されていないしね。

 さて「ペルソナ3」と「ペルソナ4」と終わらせて、すっかりペルソナ漬けとなってしまったからには、次はアレを起動するしかないな・・・そう言えばペルソナ3はアニメ映画化するんだっけ。この密度を数時間にまとめるのは不可能だと思うけど、どうするのか楽しみ!

20130216-01.jpg
チート全開でストーリーを楽しもうな意図もあったけど、それでもこの時間でクリアできました。うん、まったく参考になんねーw

20130216-02.jpg
ペルソナ3フェスとペルソナ4は分厚い攻略本を持っているので、ストーリーのおさらいもした。長期放置のことを考えると、攻略本って便利だよね! クリア跡の考察サイト巡りも楽しいけどw

20130216-03.jpg
久々のプレイで忘れてはいたけど、自動で行動する仲間に戸惑ってしまったw でも弱点ちゃんと狙ったりサポートスペル使ったりと、意外とAIは悪くない感じだ!

スポンサーサイト
「ペルソナ4」クリアしたよ!
 今日は会社の懇親会と言う名の飲み会でした。いや~久々にかなり飲んだね! ウーロン茶を! 喉の調子があまり良くなくて、今もエヘンエヘンと威張っているのですが、そんな感じで煙草の煙に巻かれるのが嫌過ぎて1次会でサクッと帰宅しましたw べ、別にゲームがしたくて仕方がなかったんじゃないからねっ!

ペルソナ4
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 7,329



 と言う訳で、久々にXBOX360を起動せずに2008年の8月頃から放置していた「ペルソナ4」をクリアしたよ!w 発売日に購入して、当時ににっきも書いてはいたけれど、何かあって途中で止めていたんだねー。何があったんだろ?w 放置していたこともあって最初からのプレイではなかったので、再開してから10時間くらいでクリアすることが出来ました。1年間の学園生活を過ごしながらシャドウと闘い事件の謎を追う、王道なジュブナイル・ファンタジー・学園モノだけど、ゲーム日付だと12月25日で終了で11月までは進めており、ストーリー的には最後のダンジョンを2個残していたってところですね。
 何故、今頃になって再開したのかと言えば・・・アニメの「ペルソナ4」を見たからですw これがまた、原作をかなり忠実に再現しており、かなりストーリーを思い出したことと、アニメの話数的にゲームクリアまでそんなに時間かからそうだな~と思ったのです!

 ペルソナシリーズと言えば(つーか女神転生シリーズ全般だけど)ちょっと陰鬱でクリアしても小骨が喉に残っているような感覚がたまらんかったりするのですが、このペルソナ4もそんな感じでエンディングを迎えましたw それでも残酷なくらいに人の心に潜む、誰もが持っている影を、ゲームとは言えこれでもかってくらいに曝け出し、プレイヤーにその意味を提示させくれました。いや~良かった・・・いつもいつも思うんだけど、なんで放置しちゃってたんだろう?w ただプレイ中にも思ったけど、あの「人は一人じゃ生きてはいけないんだよ!」なリア充全開な(しかも学園生活)ストーリーは、別の意味で鬱々とする人も出るんじゃないかな?w

 今はPlayStation Vitaで新要素を追加した「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」が発売されているし、同機種を持っている人ならばそちらをプレイするのも良いかもです。でも、安くはない本体を買ってまで・・・と思うと、先日、全世界でとうとう本体の生産が終わったPS2版でも十分楽しめると思います。中古なら安いしねっ。

 さて、やっとクリアしたし、アニメ板の続きを見ることが出来るぜw


20130215-01.jpg
チート全開であまり参考にならないプレイ時間ですw そのくせ悪魔コンプリートとか全コミュMAXとかしてないですけどね!

20130215-02.jpg
エンディングは4種類くらいあって、真エンディングへのルートはADV並みの選択が必要なんだけど、これ自力で到達は無理じゃね?w

20130215-03.jpg

4年くらい放置していた割にはシステムはしっかり覚えてました。戦闘は楽しかったし、悪魔合体のために久々に合体一覧表とにらめっこしたし、いや~やはりペルソナは良いわ~


gamescom 2009 薄型・軽量化「PlayStation 3」
 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

PlayStation 3

 リークされてた情報通りの薄型・軽量化・値下げされたPS3、9月初週に発売ですってー! というわけで数ヶ月前からボロボロと情報は流れていたので、最近買った方は、乙でしたーって感じですか。南無・・・ (-人-) Activisionに値下げを促されていて否定してたのはコレがあったからなんだろうな。つか、リークされまくりなのが、ちょっと企業としてどうなんだ? って感じはしたw

 値下げされたと言ってもオレは買いませんけどw あの性能で3万円をきったとなれば買っても問題ないハードだとは思うんだけど、マジでソフトがねぇwww ていうか、欲しいソフトはあるんだけど、XBOX360でも同時発売してるからな?ってのが多過ぎるんだな。つまりPS3オンリーのソフトは今のところ本体購入意欲を湧かせる程の魅力はないイマイチさんなのだー。ちなみに、過去ハードで言えばSFCはFF4、PSはFF7、SSはデビルサマナー、64はスターフォックス、PS2は流れで、DCは安くなってたから、360は次世代機としての選択、こんな感じかしらね?

 しかし新しいPS3は四角いなw しかも「現行機を潰してみました」な感じで、薄くはなったけど奥行きは広がってるじゃねーかw デザインもTSUTAYAとかで売ってる安いDVDプレイヤーみたいだ! 家電メーカーって感じ?

 合わせて様々な新たなサービス、国内でもBASARA3やWIZなんかの発表があって、流石に盛り上げてきたって感じだ。期待されていたPS2との互換は搭載されなかったけど、なんかアップデードで対応できるようになったというニュースあったり、互換は無理というニュースあったりと錯綜気味。とりあえず日本ではPS3頑張れると思わせる勢いはある。XBOX360は追随(スリム・低価格化)するか、やはりオンリーソフトを充実させるべきなんだと思うんだが・・・最近、発売されたソフトの売り上げがことごとく芳しくないからのぅw みじめwww

 これでPS3は巻き返しとなるか・・・ならなかったら、ホントに沈むぞwww 
ギターフリークス vs ギターヒーロー
 ギターヒーローを堪能しまくっていたワケなんだけど、なんかギターコントローラーのボタンの反応が怪しい。ていうか、押しても反応しない時がある。押しっぱなしでも、付いたり消えたり。これがまた致命的に緑と黄ボタンだったりして、ゲームに支障がでてきた。プレイし過ぎか?w
 保障期間内だし修理に出すか、対応策でもあればと調べてみると、まずはサポートセンターに電話とのこと。平日に電話とかはなかなか難しいんだけど、幸いなことに今はお盆休み! 躊躇なく電話して、症状を伝え、結局は発送することになった。送り先でも症状が再現されるようであれば新品と交換とのことで、不安なのが「新品と交換したところで、使っているうちに同じ症状が出たりしないのだろうか?」というところ。
 ネットで調べて見ると、ボタン部分の基盤が、使用することによって歪みが生じ、結果、ボタンの反応が悪くなるとか、そんな感じらしい。基盤が薄めなので、下にもう1枚同じような板を入れて補強すると良いらしい。戻ってきて、使っているうちに同じ症状が出たら、そうするか?。

 というわけで、ちょっと手持ち無沙汰になったので「同じギターゲーム、ギターフリークスはどうじゃろ?」と興味が沸いたのと、比較したかったので注文してみた。

ギターフリークス&ドラムマニア V3
公式サイト】 PS2 / コナミデジタルエンタテインメント / \ 7,329


 ソフトが中古でも高かったので、オークションで安く出品されていたのを購入した。内容を良く読んでなかったので(!)ディスクだけ届いて驚いたw まぁ、操作はゲーム中に説明あったから良かったけどw ギターフリークス(以下ギタフリ)専用のギターコントローラーも届き、ギターヒーローで鍛えた腕で、いつかはゲーセンデビューだ! (`・ω・´)

 さて、ゲームの方はというと、リズムに合わせて流れてくる3色のどれかに対応したボタンを押したままピックのキーを弾く。基本はコレだけ。ギターのマークがあり、そのマークがある場合には、ギターを立ててキーを弾くとスコアアップ、なのかな? とりあえず無視しても平気だったw リズムとなる音楽には国産ゲームっぽく邦楽が収録されているが、洋楽やオリジナル曲も用意されており、そのジャンルも多岐に渡っている。

 ぶっちゃけ「ギターヒロー(以下ギタヒー)と比べてどうだったか?」という点に対しては、ギタヒーよりも難しく感じた。押さえるキーが3個だしと軽く見ていたけど、普通に考えればその分、内容が濃くなるのは当然で、そういった意味ではギタヒーと大差はないのだ。

 しかし、単純に「難しい」というワケではない。まず、操作感であるが、ギタフリのギターコントローラー(以下ギタコン)が扱いにくい。家庭用ということでアーケードのとは違うのかもしれないけど、とにかく家庭用のが、オモチャっぽいというか、軽いというか、ボタンを押したりピッキングを弾く感覚が軽かったりと、個人的な感覚もあるのだろうけど、とにかく違和感が拭えなかったw たぶん、ギタヒーのギタコンに馴れすぎてしまったのかもしれないけど、あの適度な重量感と大きさ、ボタンの押し具合等、ギタヒーのギタコンの方がより「ギターを弾いている」感が強かったな。
 道具のせいのするのもナンだけどw 操作感としては、そんな感想。なんとなく、ギタフリやってた人ならギタヒーのギタコンの扱いにすぐに馴れるんじゃないかな? それとも、大きいとか重いとか文句でるか?w
 リズム取りについても、ギタヒーでは上から下に流れるのに対し、ギタフリは下から上に流れる。これが、ちょっと難しいw 日本人的な感覚だと、ほら、縦書き文章なら上から下に読むじゃない? そういった意味でも見やすかった気がするんだけど・・・気のせいか?w 個人的には見難かったw あと押すタイミングがシビアな気がした。これも気のせいか?w リズムの主となる音楽については、邦楽が収録されているギタフリは、やはり歌詞が理解できる・知っている曲はプレイしやすい。歌うことも可能だしw ただジャンルに統一感がないのが厳しい。ギタヒーは基本収録曲のほとんどがロックなので、好きな人にはド真ん中だからなぁ。ギタフリはポップなのが多く、女性ボーカル系も多いので、より大衆向けっていう感じがした。UVERworldが収録されてて驚いたよw
 総じて「ギタフリが難しい」というよりは「ギタヒーがプレイしやすい」という印象か? ただ最大の違いであり、ギタヒーのが良い点が「どの曲も最後までプレイできる」ことに尽きる。ギタフリは曲ごとに難易度設定されており、好きな曲・弾きたい曲があっても、難易度が高い曲は開始数秒で終わってしまう。ギタヒーも、一応、曲によって簡単・難しいのはあるけど、Easyならどの曲でもクリア可能だ(オレでもできたからな!)。曲ごとに難易度設定されてるので、満足できなければ挑戦してみれば良いだけだしね。そういった意味でも、ギタヒーのが遊んで楽しかった。個人的にはギタヒーのがオススメだけど、好みのジャンルによってモチベーションは違ってくるので「好きな曲のある方」のが楽しめるのかな? なりきり感はギタヒーのが絶対に上だと思うけどw

 とりあえず、ギタフリはプレイ(クリア)できそうなのはジャンル問わずしてやってみたけど、収録曲の半分もクリアできなかったんじゃないだろうか?w 弾きたい早い曲は全部難しいし?。そんなに難しくない曲でも、どうにもキーが軽くて、反応が遅いというか悪く感じてミス連発してた。もしかするとPS2と液晶テレビの反応速度の問題かも? ギタヒーでは特にナンともなかったけど。ま、大人しくギタヒーのギタコンが戻って来るのを待つとしますw

 音ゲーが楽しくなっちゃって、久々にコッチも起動してみた!

DJMAX Portable 2
公式サイト】 PSP / Pentavision / 42,000ウォン


 新型PSPで起動すると、何故か前のデータが使えなくて(メモリのデータを移動したからかも)改めて最初から。音ゲーに馴れたのかボタン4つの曲は全部クリアできた! ボタン5つに挑戦してみたけど、もうパニックw それでもいくつかクリアして、曲を増やしてみたけど、限界を感じたw このゲームも曲ごとに難易度設定されてるな、そういえば。
 DJMAXも基本ジャンルは様々だけど、ピコピコな感じのが多いので(DJだけあってか)そういうの好きな人なら楽しめると思う。R&BとかJAZZとかあるし。ボーカルは韓国語だけどなw

2008-08-19-01.jpg
そういえばPSPは、もうデジカメで撮らなくても良くなったんだぜ!

2008-08-19-02.jpg
S端子出力だけど思ったよりも綺麗で反応も悪くない。ちょー満足!

 あとアクティビジョンのサポート(電話対応)凄い良かったです。ありがとうございました!

 (*´д`*)
ペルソナ4
 発表されたのが、ついこの間で、発売までまだだろうと思っていたのに・・・時間が経つの早すぎだろ?! (;´Д`)

ペルソナ4
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 7,329



 前作ペルソナ3は、なんとなく雰囲気からスルーしてたんだけど、中古で安かったから買ったフェスに大ハマリしてしまったので「続編でたら予約して買ってやるッ!」と誓っていたので、Amazonさんから届いたのだ。

 今更、説明する必要もないけれど、「女神転生」シリーズの流れを組み、その中でも「ペルソナ」シリーズの最新作だ。ペルソナシリーズの特徴としては人間関係がストーリーに深く絡んでおり、悪魔(いわゆるモンスター)を自分に憑依させることで魔法やスキルが使えるようになる。これを軸に、物語に合わせての演出やシステムが用意されている。前作では、銃をこめかみに当てて引き金を引くというややショッキングな演出での召還だった。それがスゲェ良かったのだが、今作は普通にカードになっている。ただ、ダンジョン探索のために、全員が眼鏡をかける必要があり、眼鏡マニアにはたまらないことにw

 システム等は好評だった3のシステムを引き継いでおり、アドベンチャーゲームさながら1年間を通じて他人との絆を結び、事件を解決することになる。故に、3にドップリかつ先日まで遊んでいたようなコアなファンだと「またかよ!」と感じるかもしれない。でも、そんなに好きだと「同じでよかった!」と思うのかもしれないな? ドラクエを「ファミコンから変わってねぇ!」と文句を言ってるオレにすると若干「またかー」という気がしたんだけどね。敵も使いまわしだし。
 だからと言って面白くないのかと言えば、残念ながら面白ぇw 3からシステム変更なくて良かった! 1日1日の過ごし方に悩みまくりなんだぜ?! 誰と・・・誰とイイ感じになろうかなと考えるのがスゲェ楽しいwww いや、もう目をつけた娘いるんだけどね! うわぁ?変態な言い方www あとペルソナシリーズの特徴の1つでもあると思うんだけど、今作もデザインとかUIとかオシャレですな。公式サイトを見ると分かるんだけど、黄色が基調になったいる。人によっては、ちょっと眩しく感じるかもしれないねw 音楽も相変わらずカッコイイ。3のサントラは全部買ったけど、4も容赦なく予約しといた! 余裕! それと全体的にアニメだな。途中で挿入される動画もアニメだし。アニメの方は、前に放送されていた「ペルソナ ?トリニティ・ソウル?」っぽくて、完成度が高いというか見応えあるというか。個人的には3のも嫌いじゃなかったけどねw

 というわけで、3が大好きだった人にはオススメ! また同じことするのかよ?という人にはオススメできない。選択肢が多く、クリアまで時間がかかるけど、RPG好きなら一度は遊んで欲しい作品。ペルソナ未体験なら3から! (´∀`)b

2008-07-12-01.jpg
今回も音楽が良いです。アニメーションに合ってるのが良いよなー。

2008-07-12-02.jpg
街の移動が□ボタンで選択することも可能になった! でも中途半端なんだよねw

2008-07-12-03.jpg
今回のナビゲーター、クマ! さて・・・その正体は・・・いつ分かるんだろうw でも最後とか想像したくねぇなぁ?

2008-07-12-04.jpg
戦闘は前作と同じだよ?。何もかも同じだよ?w

2008-07-12-05.jpg
今回は妹がいるのだ! 義理だけど! かわゆい?お兄ちゃん、がんばるよ! (`・ω・´)
「エルミナージュ」クリアしたよ!
 ちゃんと終わらせたー (;´Д`)

エルミナージュ ?闇の巫女と神々の指輪?
公式サイト】 PS2 / スターフィッシュ・エスディ / \ 7,140


 アレだな?エルミナージュ、ちょっとマゾ過ぎるなw クリア後のダンジョンのボスとか強すぎるだろ! レベル上げたり装備を強化したりで対抗はできるけど、それまでが面倒すぎる。何よりも雑魚が手強い。戦い甲斐がある、とも言えるのだが、G?XTHを堪能した後ということもあり、戦闘がたるくて仕方が無い! かつソフトリセットからの復帰に時間はかかるし、フリーズしまくるし・・・。

 レベルが一定以上になれば最後のダンジョンの雑魚ともサクサクと戦え、時には強力なのが現れる。コレって「狂王の試練場」もそうだったんだよね。そう言った意味では、G?XTHはWIZだった。で、エルミの場合は・・・もう、雑魚戦が苦痛なんだよねw 全体攻撃魔法もあるけど、画面に表示される、いわゆる前から2列までしか効果ないとか、先制攻撃で魔法使われちゃうとか・・・。ま、じっくりと集中して遊ぶ分には良いゲームかもしれないけどね。オレには、ダメだったw

 レベルが上がっても満足感が得られない・・・そんなのあったな?と思ったら、アレだ、NDSの「世界樹の迷宮」も似た感じだったな!!

 ま、そんな感じー。ちょっと軽すぎな部分もあったけど世界観は嫌いじゃなかったし、なによりモンスターデザインが良かったな! 使いまわしだけど。UIを超絶改良した続編に期待しよう!

2008_05_11-01.jpg
思えば別にWIZのシステムの必要はなかった気がする。世界観とかNPCに拘りたかったんじゃないかな?

2008_05_11-02.jpg
モンスターは良かったよ?。巨大なのもステキだ。

2008_05_11-03.jpg
これでも雑魚なんだぜ?

2008_05_11-04.jpg
コレも雑魚だ。イカス!
「エルミナージュ」クリアしたよ?
 さくっと(いつものように)レベルを上げてクリアしといたぜ!

エルミナージュ ?闇の巫女と神々の指輪?
公式サイト】 PS2 / スターフィッシュ・エスディ / \ 7,140


 エンディングがないのはWizの伝統として、そのまま2週目に突入。レベル、アイテムなどはそのままに、シナリオやマップがリセットされた状態に。序盤に頭痛に悩んでいた宿屋の奥さんの頭痛も再発w フェイムを捧げることなく指輪を集めると真の力を取り戻したラスボスと戦えるらしいけど、そういうのに興味ないのでスルーw レア出現率アップの2週目(3週目はさらに上昇する)のプレイ予定ないところが、オレの浅さってカンジ?w

 の、ハズだったんだけど・・・祭壇探しって、コレ、まだ終わって・・・ない!? (;´Д`)

 UIの不親切さも30時間もプレイしてると慣れてしまうもので、最後には気にならなくなってしまっていた。レベルアップ時のHPがほとんど伸びないのも、ソフトリセットの復帰に約1分かかるので、気にならなくなってしまったし・・・色々と慣らされてしまった感は否めないw

 とりあえず、当初の予定通りに僧侶を司祭に、魔術師を錬金術師に転職させた。司祭になったことにより、攻撃魔法と鑑定能力が加わり、かなり使い勝手が良くなった。しかし錬金術師は微妙だったかな? 魔法がbuff、debuff系であまり使わなかったことと、転職により魔術師の魔法の使用回数が最大で3まで低下してしまったこと。使用回数が減ったのは痛かったな?。職業の個性を出すためにはアリっちゃーアリだったんだろうけど。錬金術師の最大の魅力でもあった合成は、ほとんどやらなかった。素材がなかなか入手できなかったことと、なんか面倒だったからw どんだけやる気ないんだって話なんだけどw 合成をもうちょっとサクサク使えれば、武器や防具の強化で探索も楽になったかしらね? 様々な属性に対しての低効率とかが数値として表示されるようになってくると、なんかプレイ感覚がメガテンになって来るのは気のせいだろうか?w
 中盤からマップの埋め尽くしも止めて、クエストを解消しつつ目的の指輪を回収。湖底の神殿に指輪があったんだけど、水中呼吸のためのアイテムが合成して作成する必要があり、素材集めるのが面倒だったんで、流転の儀式でお金を払い指輪の位置を変更! 余裕! 指輪を回収し、最後のダンジョン竜の牙へ。8階建ての塔なのだが、頂上に到達した後、また戻らなければならない。登りは外周、降りは内部って感じだ。面倒に感じるけど、それほど内部構造は複雑ではないし、降りる途中にある封印された扉を解けば、途中の外周から内部への侵入が可能になる。Wizならではの嫌らしいトラップもなかったし、ラスボスが下手な雑魚より弱かったw 2ターンで戦闘終了した! 余裕!

 というわけで、なんだかんだで楽しんでしまった。事前にPC版「戦闘の監獄」、PSP版「エンパイア3」をプレイしていたけど、コレはコレで、新鮮にプレイできたな。全体マップ見放題とかミニマップ常時表示(アイテムあれば)でゲームの難易度としては低いものだったと思う。いわゆる、敷居を下げた、というヤツかな。それだけにUIのダメっぷりが余計に際立った作品となり、その辺りを修正した次回作を期待したいところだ。次回作はモンスターグラフィックは新たに描き起こして欲しいなw

 1週目はレア装備がほとんど入手できなかったので、アイテムを集めての本格的なキャラクター強化は2週目以降と思って良いかと。強力な敵が出てくるエクストラダンジョンも出現するし、Wizの楽しみ方の1つである(いや全てか?)キャラクター育成を十分に堪能できると思う。
 個人的には2画面でバラエティー番組や録画したドラマやアニメを見ながらプレイ出来たのが非常に良かった! というわけで、ゲームの音楽(ラスボス戦でさえ)ほとんど聞いてねぇwww

 時間に余裕がでけたら、お参りツアーもやっとくか! てか、これ終わらせるとエンディングあったりするのか?w

2008_05_01-03.jpg
一番レベル高いので55。司祭がいると鑑定料かからないから、お金でEXPも解決! 便利!
エルミナージュ ?闇の巫女と神々の指輪?
 ゆとりゲー大好き! (´∀`)b

エルミナージュ ?闇の巫女と神々の指輪?
公式サイト】 PS2 / スターフィッシュ・エスディ / \ 7,140


 じわじわと(?)プレイし続けておりますよ! 面白ぇw

 とりあえず最初のクエストを完了させ、次に行くべきところが10箇所以上増えてワロタw 順番的に次はここだな?って所に行ったら、敵が強すぎて全滅ッ! なんだ、あのカマキリ! ・゚・(つД`)・゚・ ・・・でもよく考えると、最初のダンジョンでまだ行ってない(行けなかった)場所があったな! という感じで、やっと最初のダンジョンのマス埋めが完了。まだ行けない場所もあるんで、それはそのうち・・・ということだろうなぁ。

 それにしても、かなり難易度が低くなった印象だ。ダンジョンはオートマッピングで、ボタン1つで、いつでも何度でも確認可能だし、ミニマップが常時表示されるおかげでダークゾーンも怖くない! ていうか、ミニマップで移動しちゃってるw 3Dダンジョンの意味ないww
 お金が余裕を持って入手できることもあって、ショップで売ってる武器フランベルジュも早いうちに購入できるだろう。属性が設定されていて、その属性に該当する魔印を装備していると、その属性攻撃魔法のダメージが倍増! ドラゴニュートがいる場合、これまでのシリーズで強い印象のなかったブレスも、魔印のおかげで素敵なコトにw
 とはいえ、油断するとサクッと死ねるのはWIZらしいw 今作では、先制攻撃時にも魔法が使えるんで、敵とか容赦ないしなー。ただ、回復魔法の回復量がかなり多く、「逃げる」が一人ずつになったので、全滅は避けやすくなったか? ただ、友好的な敵と出会った場合のコアマンドのデフォルトが「戦う」なのが(基本、善なオレには)キツイぜw
 お金に余裕があるということもあり、鑑定マシーンである司教を使うのはサクッと止めたw 未鑑定アイテムを地上に持ってくの、スゲェ楽しいわw まだ最初のダンジョンなのに、目新しいの出てるし(クラス多いからかな?)。でも、早く、強めの武器防具が欲しいぜ?!

 ちなみに、オレのパーティは以下の通り。クリックすると拡大するヨ! 誰も聞いてなくても紹介するッ! (`・ω・´) 

2008_04_03.jpg
 
 
 ゲームの目的としては世界崩壊を未然に防ぐため、その要因となる指輪を集めることなんだけど・・・しばらくはいいやw

2008_04_03-01.jpg
レッサーメイドはどうかと思うw

2008_04_03-02.jpg
もちろんグレーターメイドもいるんだがw こういったオフザケも、WIZっぽいちゃーWIZっぽい。
今日は待ちに待ったアレの発売日!
 久々に発売日が楽しみなゲームが、やっと発売となった!

 それがコレだー! (*´д`*)

エルミナージュ ?闇の巫女と神々の指輪?
公式サイト】 PS2 / スターフィッシュ・エスディ / 7,140


 巷の「ゲーム遊んでるよ!」なSNSやBLOGでは「モンスターハンターポータブル 2nd G」の話題ばかりであろうことは容易に想像つく。「引き継いだらこんなだった!」とか「アタシのオトモ最高にキュート!」とか「ナルガクルガを余裕で倒せるようになったぜ」とか画像を交えてそんな感じだろう! このMHPデビューめ! あとWiiウェアのFFCC辺りか? うんうん、鉄板、鉄板! (´∀`)b
 ま、オレもMHP2G予約して買ったし、楽しみにしてはいたけど、この「エルミナージュ」のドキドキワクワク感には勝てないのだ! 機種問わずゲームの販売本数や映画のレビューなんかで有名な某BLOGには取り上げられなかったけどなwww NDS「鉄道ゼミナール JR編」やXbox360「ライデンファイターズ エイシス」なんかは取り上げられてたのに! ”ジジィ”ゲーマーであればこそ、取り扱って頂きたかった(何本、売れたのかしら?)。

 んで、コレ、どんなゲームかというと、ぶっちゃけて言ってしまえば「ウィザードリィ(以下WIZ)」だ。正確には「和製・国産・クローン・ウィザードリィの新作」であるのだが。
 ここでウィザードリィについて語り始めると、ダンジョンズ&ドラゴンズ並みに長くなるんだけど、あえて語らせてもらおう! (`・ω・´)

 WIZを遊んだことはなくとも名前は聞いたことがある人は多いと思う。D&DがRPGの始祖ならば、WIZはコンピューターRPGの始祖だ(コマンド・ターン式といったRPGでは定番の戦闘はWIZで確立された)。といってもWIZ自体のオリジナリティーは皆無と言って等しい。というのも、当時大学生だったWIZの生みの親ロバート・ウッドヘッドとアンドリュー・グリーンバーグの2人が「D&DをPCで遊びてぇ!」というコンセプトで製作したからであり(著作権というものが、まだ曖昧な、良い意味で”良い時代”だったのですね)種族やクラス、AC(アーマークラス。低いと攻撃が命中し難い。d20判定だ)、モンスター、装備etcがD&Dの名残を見せる。シナリオ的な部分も含め元ネタも、実在の神話あり、SFあり、時代劇あり、駄洒落あり、時代背景を伺わせるが「空飛ぶモンティ・パイソン」ネタもあったりと、まさにカオスw
 しかもシナリオはあってないようなモノで謎解き要素もほぼなく、質素なゲームではあった。しかし、全米のRPGファンは熱狂した。自分だけのキャラクターを作成し、ダンジョンに潜り、敵と戦い未鑑定なアイテムを入手しては、地上へ戻り、どんな装備なのかと期待を胸にショップへ向かう・・・ただ、それだけの繰り返しなのに、とにかく面白かったのである!
 そんなウィーザードリィも、コンピューターRPGの始祖としての双璧である「ウルティマ」と、時代の流れと共に衰退していってしまった。ウルティマはオンラインとして残っているが、ウィザードリィは実質8で終焉を迎えてしまった(ネメシスは別物、と思ってる)。

 しかしこのWIZ、日本では「洋ゲーのRPG」であるにも関わらず、手広く受け入れられた。というのも、ファミコンに移植された1の完成度が非常に高かったからである。正確にはアレンジであるが、モンスターグラフィックを末弥純氏、音楽をに羽田健太郎氏を起用したことが大きかったと思う。「WIZといえば!」なお二人であり、オレは、WIZといえばファミコン版を思い出してしまうのだ(本格的に遊んだのもファンミコン版ですた)。
 WIZもだまって衰退したわけではなく、シナリオ4では、1でラスボスだったワードナとなり、地上を目指すアドンベンチャーゲームのような感じになったり、シナリオ5からは新たな魔法、武器にレンジが設定された。シナリオ6からはSFになって、種族もクラスも追加され、魔法の名前まで一新し、これまでのシリーズから脱却したものとなった。日本ではファミコン版の印象が強く、特に6以降は「WIZじゃない」と否定派が多い。ていうか、オレも、そうw ちなみに好きなシリーズは1と5。5はPC版もSFC版もクリアしたw

 そんな感じで変貌していくWIZであったが、5がSFC版に移植との話が出た頃、1991年にゲームボーイから、なんと日本オリジナルの新作「ウィザードリィ外伝 女王の受難」が発売された。5以前の、クラシックタイプのシステムに、新たなシナリオ、ダンジョン、モンスターで製作されたWIZだ。このゲームボーイ版は3まで発売され、海外での評判も良かった。オレは未プレイ(だって・・・モンスターの絵が・・・)。
 その後、SFCに4が発売された(世界背景がちょー和風)。時代はROMからCDへの次世代機転換となり、PSで、また新たなシリーズが登場した。それが「ウィザードリィ ?DIMGUIL?」である。WIZの伝統みたいなものに、前作のパスワードを利用してキャラを転送できるシステムがあるのだが(ファミコン版ではターボファイルという外付けバックアップ機を使った)、外伝4のパスワードが使えるので、タイトルには入ってないけど、実質は外伝5なのだろう。ディンギルでは、モンスターの出現位置が事前に分かったり、ミニゲームとしてカードゲームが収録されたりしてはいたものの「国産WIZ」としての形は、これで完成したと思える。

 国産WIZとは1?3・5をベースとし、新たなシステム、クラス、種族を追加したものだ。ただこれも最近ではベースとなってきており種族ではフェアリー、ドラゴン型ヒューマノイド、獣人、悪魔、クラスでは錬金、武道家系、吟遊詩人、弓師、召還師、ヴァルキリー(女性版ロード)が良く見るものとなっている。魔法だけは(魔法名1つ1つに版権がある関係でか)馴染み深いものではなく(効果は同じだけど)違う名前のものが多い。ただ、名称を変えることができたりすることが多く、嬉しい仕様だったりする。
 3DダンジョンRPGは昔から様々な作品が発売されたけど、この国産WIZは、間違いなく「1つのジャンル」として確立されたのだと思う。簡単に、その他の有名な国産WIZを紹介しよう!

ウィザードリィ エンパイア
 国産WIZの中でも原点の血がもっとも濃いシリーズで5作出ている。モンスター絵とか悪くないし、称号システムや、種族による相性なんかもあったりする。バグが多くて有名なシリーズでもあるw PSPで出た移植版3は完成度も高くてオススメなのだが、早々に販売が終了してしまい入手が困難になっている。

BUSIN
 PS2で発売され、FFシリーズに向けてとしか思えない煽り文句を出していたが、オレに言わせれば、BUSINも十分に「ムービー」ゲーだった(シナリオの演出の見せ場を、動画にしているか、テキストにしているかの違いでしかない)。主人公を中心にストーリーが進むのでオーソドックスな一本道RPGな感じ(サブシナリオはあるけど、それはFFだって同じ)。3Dダンジョンの形状は変則的で、戦闘はアニメーションしまくりで、あまりWIZという感じはしないかも。

エクス(XTH)
 舞台背景を近未来にした学園WIZ。魔族との戦争中という設定で、拠点までの通路がダンジョンとなる。学園ものということもあってか、キャラクターの個性が強い。ていうか、萌えっぽいw 特に2は悪ノリし過ぎだと思うw 国産WIZの中でも異色で、名称が違ったりしているが(キャラクターを学徒、職業を学科、転職を転科など)ベースはあくまでWIZ。見た目のライトさとは裏腹に、戦闘のバランスなんかは国産WIZの中でも、かなり高めに設定されてると思う。敵の出現数に絶望し、グラフィックパターンの少なさに泣くw ちなみに販売会社がなくなってしまい、特に2の入手が困難。

 この他にも、Win・PSで発売されファミコン版をベースとした1?3までを収録しアレンジされた「リルガミン サーガ」、本格的なローカライズとなった4とSFC版をベースに移植した5の2作品を収録したPS版「ニューエイジ オブ リルガミン」、完全オリジナルのWin版「クロニクル 聖地奪還」や、ワンダースワンで発売されて追加ダンジョンのある移植版の1、GBAで発売されたゲームバランスぐだぐだの「サマナー」、NDSで発売されたバグ満載の「アスタリスク」、本当の意味での原点回帰を狙った(でも魔法付与が便利すぎ)Win・PS2版「外伝?戦闘の監獄?」が発売されている。


 さて!

 そんな国産WIZ、それなりに発売され続けていたワケなんですけど「3DダンジョンRPG再生計画」のうたい文句で、NDSより「世界樹の迷宮」が発売された。いや、そんな言わなくても3DダンジョンRPGは出てたんだよ! とも言いたかったが、実際に、これが売れに売れた! 特にオールドゲーマーに受け入れらようだが、オールドゲーマーは・・・WIZを追いかけていなかったんだなと、ちょっと寂しくもあった。キャラクターグラフィックがアニメ絵でそれが前面に押し出されてるんだけど、それがダメな人も多かったみたいだ。モンスター絵はシリアス系だし、システムは骨太なんだけどね。・・・オレは途中で投げちゃったけどwww というわけで、「世界樹の迷宮」のヒットもあってか俄かに3DダンジョンRPGが発売・発表され、文字通り「3DダンジョンRPG再生」となったわけで、こればっかりは、素直に「ありがとう」なのである。

 前置きがエラく長くなったけど「エルミナージュ」は、そんな状況の中、PS2で発売された国産WIZゲーなのである。本当は「ウィザードリィ」の名前を使いたかったんだろうけど、版権がエラい高いらしいからな。ちょっと考えたのかもしれんw

 ベースはこれまでのシリーズと一緒だが国産WIZらしいオリジナル要素も多い。まず、クラスの基本職に「使用人」が追加されている。要するに、メイドだw なにやってんだw でもパーティ全員のMPを回復とか、何気に入れたいんだけどw 中級職には「巫(かんなぎ)」が追加されている。要するに巫女さんだw だから、なんなんだよww また一定レベルに達するとハイマスター能力を会得し、さらにクラスの特徴が出るシステムになっている。その他、ランダム要素の強いタロットや、エクスシリーズにもあったアイテム合成なんかもある(クラス特性だけど)。アイテム鑑定を一括で行えるようになった(アイテムを渡さなくても良いのだ!)のも嬉しい仕様変更だ。
 クラスが増えたことでキャラ作成が悩ましくも楽しくい。色々と妄想しながら、高ボーナスポイントを出すために○と×ボタンを交互に連打し、高ボーナスが出たのにキャンセルしちゃったりするんだよね! 今作では最初に年齢の設定が可能(999歳まで!)で、高年齢になる程、ボーナス値の最低値が高くなる。もちろん、年齢が高くなればレベルアップ時に、能力値の低下率も上がるんだけどね! オレはキャラ作成だけで2時間を要したぜw 最高値が40越えだったかな? 最初からの中級職まで考えていて、そのクラスに就きつつ、能力値の底上げも出来たので満足! (´∀`)b

 んで、実際にプレイしてみた感想だけど、なんつーか、惜しい作品だな! ツメが甘いというか! それでもバグといえばのスターフィッュ(最近は、そのお株もロケット・スタジオに奪われたw)らしからぬ、良作ではあるけれどw
 まず気になったのはUIが不便。昔ながらの操作形態故のUI、というものも残っているのだが、鑑定を一括仕様に変更したなら、例えば買い物時に直接装備をできるようにしたり、お金を集めるのを買い物中にできるようにしたり、防具の店売り一覧表にACに表記をしたり(ACだけない。ていうか、装備画面までいかないとアイテムの詳細が分からない!)、戦闘ではスキルが全て表示されてしまっていて使えないクラスにとっては邪魔なだけだったりする。攻撃時にはFFのようにダメージが数値アップ式だけど、テキストも欲しかった。カーソルの位置記憶もないため、同じ行動を行いたい場合など不便だ(宿泊なども1人の行動が終わったら、かならず最初に戻る)。せめてオプションの選択くらいは用意して欲しかった(一部だけカーソル位置が記憶されるところもあるw)。オプションといえば、攻撃時のピコッというSEがウザいw かといってSEをオフにすると、全てのSEが消えてしまう(ダンジョンの歩く音とか)。ダメージ受けた時のSEをオフにするのを独立して用意するくらいなら、もっと細かい設定を用意して欲しかったよ。あと、野外ダンジョンがあり、野外では扉の替わりに草むらになってるんだけど、その草むらの先に進むのにも、扉を開ける音と同じだしw とにかく、UIとSEはびっくりするくらいダメに”なっている”ので注意だ。エクスやBUSINとは開発が全く違うから無理だとしても、エンパイア・シリーズとUIは一緒にしとけば良かったのに。モンスター絵は使いまわしてるクセに。
 グラフィックがションボリなのは、まーPS2だから、こんなものかな? 魔法のエフェクトも含めて全体的にSFCレベルなのは頂けないけどw 魔法に関しては、アレなら色のフラッシュだけ(FCレベルだが)でも良かったかな? モンスターに不確定名がないので、当然、絵もないのが個人的には寂しい。つか、モンスター絵も「エンパイア3」の使いまわしだしな! キャラクターのイラストも設定できるけど(エンパイア3みたくシンボルも可)、公式サイトの絵じゃなくて詐欺っぽいw しかも、ちょっと微妙なの多しw エクスみたくモンタージュさせて欲しかった・・・マネキンはいらんけどw
 不満点が多いのはオールドファン(かつ国産WIZをプレイしてきたから)だからだと思うけど、そういった部分とは別に、特に気になったのが読み込み時間だ。戦闘はそうでもないけど、街では移動の度に暗転がはいる。たかが数秒だけど、どの施設の移動時にも必ずとなるとな・・・WIZはこういうのはサクサクとさせて欲しい。街とダンジョンの移動はさらに長いし、セーブも時間(と手間)がかかる。全体的に、せめてPSP(のエンパイア3)並みの速さには出来なかったのか? ソフトリセットからの復帰も時間かかるし・・・この辺りは、製作会社の技術力の問題だからなぁ。読み込み時間が気になる人には向いてないかも。

 こうして書いてみると不満点もりもりだけど、WIZゲーの肝は「いかにWIZか?」にあると思うので、その点ではWIZらしい作品だと思う。国産WIZっぽく、サブクエストもそれなりにあるし、NPCとの対話もある。宿屋のオヤジとの会話はかなりやられたw ちなみに音楽は崎元 仁氏なので(オウガシリーズ、WIZ外伝・戦闘の監獄、FF12で有名ですな。PC版D&Dゲーの音楽も氏だったりする)かなり良いですぜ!
 UIの不便さは目立つけど、ゲーム崩壊までではないので、WIZ好きな人なら楽しめると思うよ! 旧作に思いいれが在りすぎると、受け入れられないかもしれないけどw こういったWIZもあるんだな、国産WIZ・WIZクローンと思って頂ければ! もちろんWIZはダメって人には、無理w

2008_03_31-00.jpg
Amazonから出荷状態のまま届いたw 「入数」がマジックで消されてたけど、うっすらと「50」と・・・50本しか入荷しなかった?

2008_03_31-02.jpg
オープニングは○ボタンでしかスキップできないのに、ゲームを始めるにはスタートボタンとか、細かい配慮がとにかくされてませんw

2008_03_31-03.jpg
冒険の拠点。プレイが進むと、行ける街も増えるけど、メインはここ。エクスみたくダンジョンで移動しなきゃとかは、無い! 楽チン!

2008_03_31-04.jpg
とてもWIZです! 装備の性能がいちいち装備画面にしないと確認できないのは、ホントに面倒!

2008_03_31-05.jpg
侍のスキル。といっても全部使えない。でも表示される! ちなみに、エルミナージュの侍は魔法を使えない! ムキー! 戦闘画面、なんとなくファミコンの「ディープダンジョン3」を思い出すんだぜ?w


 WIZといえばアエリアがWIZの著作権・商標権を取得しましたな(正確にはWIZ6?8。つか2年も前の話w)。んでゲームポットから「ウィザードリィオンライン」の発表があって、実際に開発中らしい。「基本職、クラス、魔法、3Dダンジョン、クリティカルで1発死」あればWIZでしょ? みたいな作品ではなく「ゲーム」としても「ウィザードリィ」としても、その名に恥じない作品にして欲しいぜ! 

 あ?超絶グラフィックでリアルな、次世代WIZをプレイしたいぜ! イメージ的にはBUSINが近いんだけど、アレイドとか死神とか個性が強すぎるNPCとかシナリオ重視とかはナシの方向で、ねw

 (´∀`)b
「ペルソナ3フェス」クリアしたよ!
ペルソナ3フェス
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 8,190



 いや?終わった終わった! 久々にいいゲームを遊んだぜ・・・。普通にプレイすると80時間以上はかかるらしいけれど、オレは経験値3倍にお金マックスだったので、その辺りに時間をかけることはなかったけれど、それでも60時間かかった。でも満足! (´∀`)b

 ペルソナはメガテンとはまた違ったシリーズではあるんだけれど、それでも、共通したテーマみたいのがあってか、クリアした後の充実感が他のRPGよりも大きい。
 今作では「生きることの意味」を「必ず訪れる死」と向かい合わせて問われた。なかなかに重いし、難しいテーマだ。ゲームではストーリー上「・・・である!」みたいな感じで締めくくるのだが、それでも、投げかけられたのはプレイした自分だ。自分はどう思えたか? どうすべきか? いや?考えさせられるわ・・・製作者の伝えたいことを感じ取り、それに共鳴したり感銘したり、そして自分の考えを出してみる。

 いろいろとツッコミしたいところも多いけれど、それでも楽しかった部分が多かったな。でも、まー、あの恋人関係のはダメだなw 3股4股は当たり前ってのはちょっとな・・・思えばリョウジの性格は、コレの影響なんだろうか?w
 CEROBなんで残虐描写でもあるかと思ってたらそうでもなく、性的なアレだった。ちょっとエロ部分が多いだろw 直接的な描写はないけれど、それだけに、想像力が・・・あぁ・・・w


お馴染みの悪魔に戦闘システム。でも飽きない!


行く行く!


来い来い!


長い間・・・何してたんだぁあああ!!


そして翌日! お母さんが遅いのと、家に行くのに何か関係あんのかッ!?


昨日の今日だけど関係ナシ!


何して過ごしたんだぁああああ!

 あと、音楽がスゲェ良かったな。飽きずに最後まで楽しめた。いろいろと考えさせられるし、ジーンと来るシーンもあるし、時間はかかるけれどオススメな1本でしたワ!

 で、今はフェスの最大の売りである「後日談」をプレイ中。本編を楽しんだ方にとっては、悪評が高いけれど、導入とかも悪くない感じだったな・・・これからどうなるんだろ? という感じで楽しみにしております! ま、後日談はダンジョン潜っての戦闘がメインになりそうだけどね。頑張ってみるぜ。


 (´∀`)b


「オーディンスフィア」を諦める!
 ペルソナ3フェスが、たまらなく楽しいです。学園祭の後片付けとか、修学旅行のシーンとか、なんか、ああいうシーンが大好き! 隠し撮りも、いつもの面々の別の姿が見れて良いですわ?。うーん、キャラにハマってるって感じなのかね?
 とりあえず取得経験値3倍モードで(またか!)プレイ中?今週中には本編終わるかな・・・?


オーディンスフィア
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 7,329



 ドット絵っぽい温かみのあるグラフィックと、ワーグナーのニーベルングの指輪を題材としたアクションRPG「オーディンスフィア」は発表時から目をつけていたし、前作(ではないが、ほぼ同系統の)「プリンセス・クラウン(プリクラ)」もPSP版で持っていたのでということで、初回限定版を購入していたのである! 実は!
 で、プレイしてみたんだけど・・・いや、悪くはないんだけど、オレには合わなかったな?。残念!

 女性が主人公となると、まず感情移入派なオレとしてはマイナスなわけで、でもそれは面白ければ関係ない。ワーグナーだし。プリクラも割ともっさりアクションだったから、覚悟はしていたけれど、やっぱりもっさりだった・・・あの「動き」は好きなんだけどなぁ。
 個人的には回復を含めた小道具系を、種を植えてマナを与えて?のが、どうにも面倒でダメだった。これはMMOでも生産が好きじゃないのに通じるものがあるなw

 というわけで、バリバリ斬って魔法使ってのアクションRPGではなかった。まったり気味だけれど、戦闘はけっこうシビアだったな。難易度は選択できるけれど、なかなか難しいと思う。オレみたく、先を急いでしまうタイプには向いてないかもねw

 (・∀・)
PERSONA3
 久々に(日中VGにログインしても誰もいないので)1日中、PS2のゲームしてました! ここ最近、XBOX360ばっかりだったから、コントローラーが小さくて軽く感じたw

 で、おっさんが半日遊んでいたのがコレ。

ペルソナ3フェス
公式サイト】 PS2 / アトラス / \ 8,190



 いやぁ?面白いわ! 初めて見たのはファミ通の付録映像でのプロモだったんだけれど、その時には「うほw スタイリッシュw」な感じで楽しみにしていたんだけれど、内容が学園生活とかアニメな感じの絵とか戦闘時の文字とかで、買う気が削がれて、「ペルソナ3」は買わなかったんだよね。つか、ペルソナはPSの1のあまりのたるさに最後のダンジョンで止めてしまった。真・女神転生シリーズとデビルサマナーシリーズは全てプレイしてクリアしているのだが(ライドウはまだ)どうにもペルソナがね・・・

 と、食わず嫌いなのもあったんだけど、様々な新たな要素に後日談やとあるキャラに主軸をおいた単独ストーリなどが追加された「フェス」が発売、定価の高さがアレだったけど、中古で見つけたので購入してしまったのである。

 基本的に1年の学園生活を送りながら、ランダムダンジョンに挑み、ペルソナ(メガテンでいう悪魔)を手に入れ合体させて強化し、謎に向かって一本道である。だが、この学園生活というのが、本当に1日1日を過ごしていくのだ。もちろん、リアルタイムではなく、午前とか午後とか、時には放課後だけの時もある。なので、そんなに単調ではない。人と人の繋がりとか関係に主軸をおいたペルソナシリーズならではといった感じで、人付き合いとか、ちょー面白ぇ! 何かこうね、やっぱり、高校生の頃をさ、思い出しちゃうよ?うわ?ん! ・゚・(つД`)・゚・ 中・高とモテ期だったからなぁ。フフフ・・・

 戦闘は最近のメガテンっぽく、弱点ついたらもう1回! な感じで、さくさく進む。今のところ、苦はなく、ダンジョン突き進むのも、なかなか楽しい。謎もそれっぽくて、物語を進めて先を知りたくなるし、やはり日々の学園生活が楽しい。こういう時は、なるべく自分の境遇に似た感じでプレイするんだけど、何故かちょー勉強頑張ってるw

 転校してからまだ2ヶ月しか経ってないけれど、伏見さんといい関係になって(というか、した)、プレイしてるコッチが恥ずかしいっつーの! な状態に・・・いやいや、いいねぇ?いいねぇ?いいなぁ?!

 クリアまでに相当な時間を必要とし、また後日談とかあるから、かなり長く楽しめそうデス。会社辞めてゲームに引きこもりたいデス。

 ま・・・そんな感じ。現実逃避にはもってこいな一本デス!

ペルソナ3フェス オープニング


ペルソナ3フェス プロモ(若干、ネタバレあり?)


無印ペルソナ3 オープニング


 こういう、音楽に合わせた映像って、イイよねぇ?

 (*´д`*)

ネコ村の人々
 今日は仕事の予定はなかったものの、営業所から本社へパソコンやら荷物やらを移動を行った! つまりは引越し! 一人だけ!

 で、なんか餞別とかもらったのでお返しの品を買ったり、近くて便利だったヨドバシカメラでキーボードを購入した。1,500円くらいで安かった! ついでに久々に・・・ゲームを買ったのだ。


SIMPLE1500シリーズ Vol.116 THE ネコ村の人々 ?パグ代官の悪行三昧?
公式サイト】 PS2 / D3PUBLISHER / \ 2,100



 どんなゲームかというと、まんま「THE 原始人」だ! THE 原始人を知らないのであれば、GCで発売され、CMソングが有名だった「ピグミン」と思ってもらって良いかと! そんなジャンルの、題名通りにネコキャラのゲームなのだ。

 基本的にはネコ軍団を操って、フィールド上にある、いろいろな物を持ち帰る。大きさによって、運ぶネコの数が決まっており、捕らわれたネコを助けると、連れて行けるネコの数が増える。持ち帰ることが出来る物の数も増える! 持ち帰った物は調合して、回復アイテムや、部屋を飾るアイテムに出来る。ネコが増えれば、行ける場所も増えるし、アイテムによって特性をもったネコを連れて行けるようになる!
 という感じで、行ったり来たりの繰り返しゲーム。戦闘もあるけど、チョー簡単! すごいライト向けな作りだ。何匹ものネコを引き連れて、×ボタンを押してニャーニャー言いながら移動するのが楽しいのだw
 THE 原始人のスタッフが作成した続編みたいな感じ。でも、武器とか街の成長とか、そういうのは無いので、やっぱり部屋を飾るとか、ネコなアレとかは、一般の女性層へのアピールなのかな? それにしては、ちと、説明書とか不親切な気もするけどw

 サクッと遊べて、なかなか止め時が難しく、フィールドと屋敷の移動(の読み込み時間)が気になるけど、興味を持った方や異性とイチャイチャしながら遊びたい方(ぺっ!)は公式サイトの動画を是非!!

 (´∀`)b

「レゴ スター・ウォーズ」クリアしたよ!
 午前中を寝て過ごし、午後から活動を開始しようとして、友人からメールが届いているのを確認! 一緒に遊ぶことにした!

レゴ スター・ウォーズ
【公式サイト】 PS2 / アイドス・インタラクティブ / \ 7,140



 というわけで、途中で地球防衛軍にハマってしまってたものの、やっとレゴ スターウォーズをクリアしたわけであります! (`・ω・´)
 ま、やっとと言うほど大変でもなかったのですがw 前にもちこっと書いたと思いますが、死んでもその場にペナルティーなく復活のお手軽・お気楽アクションゲームです。映画のエピソード1?3のストーリーが楽しめるのですが、キャラクター・背景全てがレゴで表現されており、ユーモラスに溢れ、かわいい仕草でいっぱいなのです。キャラクター達が声を出すことがなく、全て動きと効果音で表現しているのも面白いです。
 2人でワイワイと謎解きやアクションを堪能しながらプレイしましたが、なかなか難しいシーンもありました・・・飛んで斬ってのアクションの他に、レースやシューティングなどのアクションシーンもあり、そこが苦労したかな? そういったシーンでは、死んでしまうとその場復活ではなく、一定のポイントで復活なので、なかなか進まなかったですね。移動の仕掛けもタイミングを要するところがあったりで、それなりに手ごたえもありました。分岐が結構あって、その分岐は他のキャラクターが必要だったり、他のキャラクターの能力がないと入手できないアイテムもあったりで、ただクリアするだけなら1日あれば十分ですが、やりこむには腕と時間が必要になるだろうな?と思ったわけです。


 レゴをクリアした後、ちょっと時間があまったので、また地球防衛軍3を・・・w ハードに挑めるようになり、新たな武器がザクザク! いや?面白いw (*´д`*)
 その後、晩御飯に焼き鳥を食べたいという話になり、居酒屋へ。や?満足、満足な一日でした!

 (*^ー゚)b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。