きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ウォーハンマーRPG
ウォーハンマーRPG
クリス プラマス (著) / Chris Pramas (原著) / 待兼 音二郎 (翻訳)


 久々の大判ルールブック! サプリも順次発売されて欲しいものだけど、たぶん、売れないだろうなぁ・・・w 最近、D&D3.5の方はホビージャパンも頑張って、定期的にサプリ出し続けているので、期待してみたいと思う。
 さて「ウォーハンマー(WH)RPG」ですが、もう10年以上前に、単行本で発売されて以来の登場で(当時は3分冊だった)、本国で新版が出たということでの和訳版です。泥臭い、力と力のぶつかり合いというイメージが強いのですが、まぁ、そんな感じですw 昔からの100%ロールでダイスを転がし成否を決定するシステムが、個人的には大好き! あとはドワーフ対ラットマンの構図とかw

 ま、問題はプレイする機会があるかどうかってコトで・・・
 MMOの方がそろそろベータやるし、今年中にはプレイ出来そうな雰囲気なので、その資料的な意味も含めて購入・購読中です。ま、相変わらずの読み応えと、値段の高さがアレですが、世界観とか面白いので昨今のライト系にはちょっと飽きたかな?というTRPG好きな方にはオススメです。

 (`・ω・´)
スポンサーサイト
ムーたち
えー、なんか仕事が忙しくなったので、ゲームで遊ぶ時間があまりありません(あまり、なのか!?)。ていうか、ゲームの話をすることもないんだけどね!! まったりと(する時間もないけど)ためてたネタを放出しようと思います(時間があればね)。


ムーたち 1
榎本 俊二 (著)


 新刊出た! (*´д`*)ハァハァ
 知る人ぞ知る、榎本ワールド。オレ大好き! シューリズムがたまらんわけで・・・個人的には「ゴールデンラッキー」の方が好きですが、最近はエログロネタが多かったので、この「ムーたち」は一般の方でも読みやすいかと。ただ、いろいろと黒いネタもありますけどw

 お父さんカッコイイよ、お父さん! ニュートラル理論、オレも考えたことあったww シュールな「意味わかんねーよ!」なネタに笑える方にはオススメ、そういうネタを「は?」と冷めた対応しちゃう方にはオススメできません。これが好きだったら、是非とも「ゴールデンラッキー」を読んで見てください!

 (`・ω・´)

SQ
 さてSQだ! (`・ω・´)

 金曜日にレベル17とか言ってたのに、なんかレベル29になった! 意外とレベル上がるのは早い。いや、思っていたよりは、だけどね。探索の場を広げて進んではいますが、やはり全滅することなく、危なげなく進んいます。


sq_ds_011.jpg
「防御陣形」で仲間を守りつつ・・・攻撃手段はないので、通常攻撃でペシペシ中?。唯一の攻撃スキルの「シールドスマイト」が欲しいんだけど、取得に必要なスキルポイントがね・・・。(;´Д`)


sq_ds_012.jpg
相変わらずの高攻撃力で確実に敵を倒してくれてます。斧系の技がないので、ボス戦には「レイジングエッジ」一択(斧系には特殊効果+単体に大ダメージ)。防御下げて攻撃力アップ系も取得していません。堅実、堅実。


sq_ds_013.jpg
敵の先制攻撃を防ぎ、こちらの先制攻撃機会を増やし、「トリップステップ」で敵の命中率を下げ、「パワーショット」で単体に「ダブルショット」で複数に、とにかく多彩過ぎw 3種類ある「採取」「採掘」「伐採」全て可能! 頼れる存在だ!!


sq_ds_014.jpg
全ての属性に対する防御力を上昇させる「医術防御」をレベルアップ中。全体回復の「エリアキュア」が便利過ぎ。合わせて「TPブースト」でTPの最大値を上昇させていて、より長い時間、迷宮の探索が可能になりつつあります。うひひ。


sq_ds_015.jpg
紅一点のヌーカー。炎をメインに、次いで雷、氷をちょぼちょぼと成長中。とにかく最大ダメージが大きいのが良いです。魔法が効かない敵にはちょっと苦戦するけどネ!


sq_ds_016.jpg
という感じで、やっとクリスタル(?)の封印の先に進めるように。と言っても紫色のはまだダメなんだけどね。

 さて、レベル30を目前に気になることが一つ。気をつけていたつもりだったんだけど、意外と未使用スキルが多い。攻略サイトとかあまり見なかったから、死にスキルとか気にしなかったんだよね・・・でも、スキルポイントの上限が決まっているので、やはり、1ポイント1ポイントが重要なわけです。
 で、レベル30になると、レベル10ダウンさせることでスキルの振り直しが可能な「休養」が出来るようになるわけで・・・レベル20に戻るというテンションの低下もあいまって、なんか、そのままプレイしなくなりそうで怖いw
 あ、それと全30階層と言ってましたが、まぁ、間違ってはいないのですが、一応、ラスボスは25階だそうです。そこから先は隠しみたいなもの? いや真のボスとか、隠された謎がとけるとかなんでしょうけれども、レベルの上限もあってボスが強いらしく、固定クラスでの必須スキルがないと対応が厳しいとかで、ちょっとガックリ。オレつぇえええ?が出来ないようにとのレベル制限らしいですが、やっぱ好きなだけ育てたいな。
 というワケで、たぶん、オレは25階でボスを倒してエンディング見たら、迷宮の探索を終えると思いますw

 「休養」後のスキルの割り振りはどうするか? いや?ネットって、ホント、便利ですよね!!

セカイケイ

 セカイケイさんで、なんとMMOよろしくスキル修得のシミュレーターが可能です。興味のある方は、是非ともご利用を。

 ( ´∀`)
「レゴ スター・ウォーズ」クリアしたよ!
 午前中を寝て過ごし、午後から活動を開始しようとして、友人からメールが届いているのを確認! 一緒に遊ぶことにした!

レゴ スター・ウォーズ
【公式サイト】 PS2 / アイドス・インタラクティブ / \ 7,140



 というわけで、途中で地球防衛軍にハマってしまってたものの、やっとレゴ スターウォーズをクリアしたわけであります! (`・ω・´)
 ま、やっとと言うほど大変でもなかったのですがw 前にもちこっと書いたと思いますが、死んでもその場にペナルティーなく復活のお手軽・お気楽アクションゲームです。映画のエピソード1?3のストーリーが楽しめるのですが、キャラクター・背景全てがレゴで表現されており、ユーモラスに溢れ、かわいい仕草でいっぱいなのです。キャラクター達が声を出すことがなく、全て動きと効果音で表現しているのも面白いです。
 2人でワイワイと謎解きやアクションを堪能しながらプレイしましたが、なかなか難しいシーンもありました・・・飛んで斬ってのアクションの他に、レースやシューティングなどのアクションシーンもあり、そこが苦労したかな? そういったシーンでは、死んでしまうとその場復活ではなく、一定のポイントで復活なので、なかなか進まなかったですね。移動の仕掛けもタイミングを要するところがあったりで、それなりに手ごたえもありました。分岐が結構あって、その分岐は他のキャラクターが必要だったり、他のキャラクターの能力がないと入手できないアイテムもあったりで、ただクリアするだけなら1日あれば十分ですが、やりこむには腕と時間が必要になるだろうな?と思ったわけです。


 レゴをクリアした後、ちょっと時間があまったので、また地球防衛軍3を・・・w ハードに挑めるようになり、新たな武器がザクザク! いや?面白いw (*´д`*)
 その後、晩御飯に焼き鳥を食べたいという話になり、居酒屋へ。や?満足、満足な一日でした!

 (*^ー゚)b
ぼくらのアニメ化
ぼくらの 6
鬼頭 莫宏 (著)


 ゲームの方がちこっと落ち着いたので、たまっているネタを放出! 放出と言っても、そのネタ自体が去年のものだったりで・・・ (;´Д`)

 というわけで「ぼくらの」の新刊です。しかも、なんか帯みたらアニメ化決定とかあるし! いいのか!? 最近は諸事情も絡んでか、エロ描写が押さえ気味ではあるが、それでも鬼畜描写があってこそ、生きる作品だと思うので、是非とも「なるたる」のような中途半端アニメは止めて欲しいものです。ま、なるたるアニメ見たことないですけどw
 今回はキリエ、コモに焦点を合わせて物語が進みます。5巻でいろいろとネタバレされちゃって、なかなか戦いにくくなり、相手との対話なども増えてくるのだろうか? マンガだからとさらっと斜め読みせずに、キャラクターの一言、一言の意味を考えたり、自分に置き換えてみたりしてみると、考えさせてくれて面白いですよ。

 あぁ、生きてるってスバラシイ!

 (・∀・)
セカキュー
 さて、セカキューの話だ。(`・ω・´)

 発売から1週間が経ち、まだ1階層(全5階層で、1階層に5階のダンジョンがある)の地下3階をウロウロしている。
 レベルは17になり、ボリューム的にはダンジョンもレベルも10%くらい終わったところ。プレイ時間は・・・表示がないけど(どこかにあるのかな?)14時間はプレイしてると思う。全滅で時間を無駄にしたことない。基本的に雑魚では死なない。FOEと戦う時にはセーブしてから突撃(全滅覚悟)するしね。ていうか、街に瞬間移動できるアイテムを必ず持って潜るし、expのたまり具合見てこまめに帰還してはセーブしてるなぁ・・・
 ま、慎重過ぎてチキンかな?とも思うけどw


世界樹の迷宮
公式サイト】 NDS / アトラス / \ 5,229




 出荷は既に7万を超えたものの、未だに入手が難しいようで・・・さらに口コミ・ブログで人気が広がりつつあり、オークションでは初回限定のサントラ(ゲーム未収録曲)付がプレミア価格だったりと大人気の様子。そろそろ落ち着いて、最終的に売り上げ10万本に届けば万歳な感じがする。

 1週間プレイしてみての感想は「マゾゲー」である。
 想像していた通り、何時間も同じ場所を移動して、3?4種類の敵と何時間も戦ってレベルを上げている。レベルを上げて強くなれば、強い敵を倒せるようになって、さらに地下へと潜る。当然か!
 ま”基本的には”この繰り返しです。これらを”作業”と感じさせないのには(いや、けっこう作業だけどね・・・)以下の要素があるから。
 ロード皆無の戦闘はボタン連打で進むので楽チン。70レベルという上限、決められたスキルポイントを消費して覚えるスキルの構成、それに伴うキャラクターの作成・成長の楽しさ。個人的には敵を倒すことで得られる素材をお店に売ることで新たな武器が登場するシステムが、よく考えられていていいな?と思った。強い敵をなんとか倒して、得た素材を店売りすると、強い武器や防具が売りに出される(店主が作成してるようだ)。それらを手にすることで、また探索が楽になっていく。FF12にも似たシステムあったけど、常に購入できるのは良い。
 何よりも、クラスの組み合わせによって、習得スキルも違って来る(有利になったり、有効に働いたりする)ので、クラス考察が面白いのである。スキルの修得にしようしたポイントは、レベルを10下げる休養を行うことで可能だ。10レベルをまた上げることを考えると、かなりげんなりするのだが(オレはね)、クラスによっては「死にスキル(使い道のないスキル)」があったり、他のクラスとの相乗効果が出るスキルや、逆に同じ効果で無駄なスキルがあったりで、これらを変えただけで、急に強くなったりするので無意味では決して、ない。

 オレの場合、レベルに比べて階の進み具合が遅いようだ(だいたい階×3レベルで、その階を攻略できるそうな)。原因は自分でも分かっているんだけど、先走ってスキルを修得し過ぎているのだ。このゲームは、スキルはツリー形式になっており、親となるスキルのレベルを高めることで、上位のスキルを取得できるようになっている。親スキルを上げれば基礎となる部分が強くはなるが、新たなスキルは修得できない。そこにジレンマが生じる。ただ、上位のスキルは強力な分、使用するのに消費するTPの量が多かったりする。それをカバーすべく、基礎となるHPブースト、TPブーストなどの能力値強化系スキルがあるわけである。だいたいが5レベルで一気に強力になって、10レベルが一つの区切りになるようだ。ま、ようするにレベルが低い内は基礎スキルの部分を強化した方が良かったかな・・・と思う。ソードマンの複数攻撃スキルとか、アルケミストの全体攻撃魔法を取得したものの、TP消費量が多いので使ったことないww 意味ナスww 雑魚には強いけどFOEには苦戦みたいな感じ。でもスキル振り直しはしねーぜ! 後悔はしてない! これでクリアしてみせる! (`・ω・´) シャキーン

 基本はマゾゲー。それを面白く感じるか・感じないかは人それぞれではあるが、決して「クソゲー」ということではない。とにかく時間がかかる(同じ場所で同じ敵と戦い続けるから、より感じるのかもしれない)ので、お手軽・お気楽にはいかないのもマニアック。なんていうか、通好みのゲームですね。イメージイラストもマンガ・アニメ好き向けなタッチだし。
 あと、個人的に、これPSPでも良い様な気がしたw いやマッピングは楽しいし、タッチペンだからこそというのもあるけど、別にそれに拘らず、オートマッピングで通路を描き、罠とかFOEとかメモ張りたいところにアイコン設置とかでも良いかな?と。容量が足りずにアイコンの種類が少なくなったり、モンスターのグラフィックの種類が少なかったり(そして色違い)、中断セーブ機能がなかったり、作成保存できるキャラクターの数が20人から15人に減ったりということを考えればUMDならかなりの容量確保出来るんじゃないかな? 最近のPSPゲームは読み込み時間ほとんど無くなって来てるしね。出来ればそれらを補充しつつ、選択イラストを増加、色の変更機能などを追加して移植してくれないかねぇ・・・あ、あと文字(特に漢字)の潰れがひどいので、それらを解消出来るのも魅力だ!!

 ウム、妄想楽しいな! (*´д`*)
 何はともあれ、オレはあまりマゾではないですが、なんとか頑張ってレベル上げを頑張るぜ?。

sq_ds_007.jpg
現在、前列ではTonoさんが最強。でも一番死にやすいw Linzyの魔法のダメージソースは相手によっては半端ない。ていうか、いないとFOEに勝てない・・・最強の防御といわれるBuriさんの「医術防御」の恩恵がイマイチ感じられないのはレベルの低さか? あまりに強力で人によっては封印しての縛りプレイするらしい。Kusaさんは安定した堅さと強さ。Cirthはねー、攻撃スキルないから、基本的に戦闘はボタン連打(通常攻撃)ばかり。弱くはないけどね。FOE戦だと防御スキルしか使用しないので、ずーと防御してるイメージ。えらい地味。その割りに結構死んでるしな。なんなんだ! ムキー! ヽ(`Д´)ノ

The Lord of the Rings Online
 2007年4月24日に正式サービス開始!!

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・


 ・・・すっかり忘れてたな。遊ぶ頃にはVG飽きてるか(!?)?
 ていうかハマってたら指輪できないぞ!?
 それとも日本語版まで待つか!?
 流石に同時サービス開始はないだろうから・・・でも、日本語版は盛大にコケそうな気がする。DDOの運営状態ってどうなんだろ? 採算とれてるのかな?

 (´・ω・`)
ロストレグナム ?魔窟の皇帝?
 前にも書きましたがオレは「ファミ通」を愛読しております。レビューも参考にしてます。
 「ベイグラントストーリー」のレビューの得点が40点の満点だったのも納得でしたし。
 攻略本も基本的に「大・丈・夫。ファミ通の攻略本だよ!」を買うことにしています。

 でもね?最近はちょっと酷いかな・・・と。

 過去に遡れば「ちょww 真・女神転生 公式パーフェクトガイドの訂正あり過ぎww」というのもあったけど、まぁ、これは仕方がない(・・・仕方がないのか!?)。でも、

・カルドセプト・サーガ、ゴールドで殿堂入りだよ(回収・ディスク交換のバグ満載ゲームでした)。
・ロストプラネットが60フレームとか(30フレームでした)。
・ロストレグナムで「"タイトル画面に戻る"仕様がない」とレビューとか(セレクト+スタートでできます)。

 最近ではこういうことが個人的に気になったツッコミどころです。
 やはりレビューの基準が欲しいです。製品のバーション(完成版なのか)やプレイ時間(クリア済・未)、あとレビュアーの趣向(アクションRPGが好きとか、作品名で好きとか)もあると参考にしやすいのですよ。

 というわけで、ファミ通では7、6、7、6と酷評・・・ではなかったけど、点数が低かった「ロストレグナム」を購入しました。
 (`・ω・´)

ロストレグナム ?魔窟の皇帝?
公式サイト】 PSP / アーティン / \ 5,040



 最初はファミ通の点数低かったからスルーする予定だったのですが、やはり「発売本数が少なそうなゲームは発売日に買わないと難民になる!」が定説なので、欲しいと思った時に手に入らないとイゴイゴしちゃうし、オークションで定価以上で購入とか無駄なことはしたくないので買ったわけです。
 ていうか「世界樹の迷宮」をプレイ中だから、終わったら買う予定だったのでは? Σ(´Д` )
 ま、積んで置こうじゃないの! (;´Д`)

 さてゲーム内容はというと、PS2で発売された「グラデュエイター」のシステム+ハック・アンド・スラッシュ系RPGとでも言いましょうか・・・
 グラデュエイターが分からないとピンと来ないと思いますが、PS2のコントローラーの全てのボタンを駆使し、奴隷剣闘士として、ひたすら戦い続け開放されるためにお金を稼ぎ、ステータスをミニゲームで高め、ポイントでコンボを作ったりなゲームでした。
 ロストレグナムでも、PSPの少ないキーを使い、実に様々なアクションが可能になっています。もうちょっとメジャーな例を上げると、無双系+ディアブロ?

 というわけで、ディアブロよろしく4つのクラス=性別固定で3Dダンジョンを攻略していくことになります。4つのクラスといっても、魔法はなく、武器4種類と言った方が正しいですね。これらはメイン武器と呼ばれ、他のクラスの武器はサブ武器として扱うことが出来ます。
 アクションはジャンプはもちろん、ガードで攻撃を防いだり、ドッジで回避なども可能です。通常攻撃は小攻撃と大攻撃があり、これらに方向キーを組み合わせて多彩なコンボ(連続攻撃)を派生させることが出来るわkです。また、必殺技とも呼べるスキルもクラスごとに用意されてます。
 ダンジョンにはトラップが仕掛けられ、様々なアイテムが用意されています。アイテム(素材)を組み合わせて武器に合成することで強化させて行くシステムは、ロストレグナムの特徴の一つでもあります(ベイグラントを思い出した!)。なちなみに装備の変更は外観に反映されます。

 個人的に、もう、大好きなシステムなのですが、何よりもメインストーリーが10時間程度で終わるというのが嬉しいです! ボリュームが少なく感じますが、メインストーリーを終えた程度では、ゲーム中で手に入れることが可能な総アイテムの半分も入手できないそうです。
 つまり、クリア後の、自動生成ダンジョンを好きな難易度で挑戦し、キャラクターを育て、アイテムを収集する・・・これですネ! (´∀`)b

 基本的にずっとダンジョンなので地味っぽいですし、戦闘もクセがありそうですし、アクションRPGですがアクションに比重があることから、好みは大きく分かれそうな気はします。
 でも・・・7、6、7、6はどうなんでしょうね? (´・ω・`)



 ちなみに、オレはプレイしてないんですけどね(!!)。
 
 ・゚・(つД`)・゚・

「ライオット アクト」デモ配信中
ライオット アクト
公式サイト】 XBOX360 / マイクロソフト / \ 7,140



 発売まで約一ヶ月となった「ライオット アクト」ですが、デモがダウンロードできます!
 といっても北米アカのみですけど。しかもゴールド必要。 (;´Д`)
 北米版はタイトルが「Crackdown」です。

 ちょっと前にも書きましたが、ゲーム内容はGTAをバカゲーっぽくしたSFアメコミな感じのアクションゲームです。
 プレイ動画を見た感じ、ちょっと前に遊んだスーパーマンリターンズっぽい気がしないでもなかったですw 戦い方によって能力と外観が成長する(銃を使っていれば銃スキル、格闘してれば格闘スキル)のが面白そうです。
 
 ま、箱庭はちゃめちゃ大味アクション系が好きな人は楽しめるんじゃないでしょうか?
 内容が内容だけに人を選ぶと言うか、飽きが早そうな感じはありそう。coopがオンラインでしか対応してないのが残念なところです。






 オレは予約しちゃいました。発売日が楽しみ。
 (*´д`*)

D'ERLANGER 再始動!!
 最近、ずーとゲームの話ばかりなので、たまには音楽の話でも・・・
 って日記だから気にすることはないような気もするんだけどw
 ま、ネタもたまってることなので。(´∀`)b


 年末くらいに2ch見て知ったのですが・・・なんと「D'ERLANGER」が復活! マジで?w
 しかも解散当時のオリジナルメンバーとかwww みんな、もうおっさんwww

 というわけで「D'ERLANGERって誰?」とか話を始めると、恐ろしい長文になるので簡単にさっくりと。
 オレが高校1年生の時に、友人に教えてもらって大好きだったバンド。今風に言えば(それでも死語っぽいが)ヴィジュアル系。
 メジャーデビューして1年くらいで解散しちゃったけど、その手が好きな方(苦笑)にはカリスマ的なメンバーでもあります。

 1990年に解散してから、実に17年振りですか! オリジナルメンバーが集まるってのが凄いです。期待しちゃいます。
 解散後はボーカルのKyo氏、ギターのCIPHER(瀧川一郎)氏、ドラムのTetsu(菊地哲)氏がそれぞれ結成していたバンドは買い続けていたのですが(歌詞やメロディーが好きだった)SEELA氏の行方は知らなかったです。

 オレが好きだった「DIE IN CRIES」のドラム(Yukihiro氏は今はラルクやってます)以外がオリジナルメンバーで結成された「BUG」の音楽が、なんか違ってた・・・という思いもあり、D'ERLANGER大丈夫かな?とも思ってます。
 あの当時の歌詞・メロディーを・・・期待しておりますッ!

 とりあえずアルバムが3月14日に発売で、13曲全て新曲! うは、超期待! (*´д`*)
 さらにCDとDVDがセットになった過去アルバムからのベスト! 8,500円とか高ぇ! ファン食いか! 買うけど!

 ええ、今もアルバム(初回版)とPV(もちろん、VHS)持ってますが、何か?

D'ERLANGER
公式サイト


2007.3.14
NEW ALBUM「LAZZARO」 13曲
CD+DVD「PANDORA」過去アルバムから10曲 ¥8500

 (´∀`)b

世界樹の迷宮
世界樹の迷宮
公式サイト】 NDS / アトラス / 5,229



 購入予定はなかった(欲しかったけど仕方なく見送った)けれど、ネットでの評判が良く、売れきれ店続出で難民大量発生ということで気になりまくって「店頭にあったら買おう」と発売日翌日に行ってみると・・・あるし。
(;´Д`)

 というわけで「世界樹の迷宮」ことセカキュー(SQ)を買ってしまったわけです・・・ホントはアレとかコレとか積んでるのを終わらせたかったのに。こんなに意志の弱い自分が・・・大好きッ! (*´д`*)

 一週間くらい前にもチラっと紹介しましたが、改めて・・・SQはNDS用の3DダンジョンRPGです。ダンジョンはポリゴンですが、グリッドマップで1マス1マスを移動することになります。ファンタジーということもあって、おっさんゲーマーにはお馴染みの「ウィザードリィ」を彷彿とさせてくれます。基本的にはダンジョン潜りゲーなので、30階あるダンジョンを攻略するのが目的となります。それこそウィザードリィにあったアイテム鑑定要素がないので、ダンジョン潜ってレベル上げてキャラ育てるのが楽しみ方の一つと言えましょう。
 ではSQの最大のウリは何かと言うと、タッチペンを使ってマッピング(地図作成)をすることです。上画面がゲーム画面、下画面が地図画面となってます。最初のクエストが「1階の地図(の一部分)を完成させろ」とあるくらいで、これがSQのキモとなるシステムです。地図作成のUI回りは、使いやすくまとめられています。初期設定では歩いた個所は塗りつぶされていくので、あとは壁を描いたり、イベント・宝箱・罠などのアイコンを置いて、自分なりの自分だけの地図を作成していくわけです。ダンジョンは固定なので、まぁ、誰が遊んでも同じものになりますけどね・・・
 さらに口コミで売れている要素の一つに、難易度の高さがあります。この難易度の高さというのは実に曖昧かつ微妙なものだとは思いますが・・・単純に「敵が強い」だけだと難易度が高い、というよりは「ゲームバランスが悪い」となるわけで。強い敵に対して、対策を講じれることで、対応することが出来れば「やり甲斐があるなぁ」となり、ただボタン連打だけでは進めない難易度、となるわけです。具体的なSQの難易度はと言うと、敵の強さがまずあります。敵の一撃で最大HPの3分の1とか奪われます。しかし、クラスの構成具合やスキルの使い方によって対処出来る仕様です。それでも、1階潜ると急激に強くなるので、かなりキツ目のゲームバランスになっています。昨今のライト向け(?)の、レベル上げしなくても先に進めるなバランスではない、ということです。まぁ、ダンジョンRPGなので、ストーリーはあってないようなものなので、レベル上げは当然ですけどね。戦闘バランスは、それこそウィザードリィやファミコン初代のドラクエみたく、何度か戦闘したら街に戻って回復?を繰り返して、少しづつレベルを上げて、それに合わせて行動範囲を広げて行くことになります。で、この難易度の高さが、どうやら「面白い!」となって口コミで広がっているようです。NDSのFF3の時といい、キツ目の難易度・・・というかレベル上げをみんなしたいのでしょうかね。レベル上げが作業にならない戦闘であれば、苦でもなく、楽しいと思います。
 ウィザードリィを彷彿とさせると書いたように、分身となるキャラクターも似たような感じで作成します。最初は自分たちの「ギルド」を作成します・・・といっても名称を決めるだけです。キャラクターは、名前とクラスを決めるのみです。種族はありませんし、能力値を振り分けとかもありません。性別も特になく、キャラクターイラスト(男2女2)を選択します。クラスは全部で9種類あり、内2つは最初は選択できないことになっています。能力値は固定ですが、最初に与えられた3ポイントを、各クラス固有のスキルに割り振ることで、能力値が増えたり技を覚えたり魔法を覚えたりするようになっています。スキルはディアブロ2みたくツリー形式になっており、スキルのレベルを上げることで、新たなスキルを覚える仕組みになっています。レベルが1つ上がることで1ポイント習得で、最大レベルは70なので、ある程度は計画的に習得していかないと中途半端になってしまうことでしょう。5人パーティで、ギルドに登録できるのは15人までです。
 戦闘はウィザードリィというかドラクエというか、その系統そのままです。攻撃するとバシッとエフェクト出ます。敵の種類はそんなに多くなさそうなので、レベル上げは、同じ種類の敵と戦い続けることになるでしょう。SQ独自のシステムとしてはFOEと呼ばれる、通常エンカウントする敵とは別に、こちらが1マス動く・戦闘が1ターン進むことで、1マス移動するモンスターがいることです。そのダンジョンに登場するモンスターよりも2?3レベル程強いモンスターで、戦闘中にも乱入してくることになります。これもまた、SQの難易度とダンジョン探索の緊張感を上げる要素になってるようです。
 先に書いたように、アイテム関連はウィザードリィのように「?ぶき」とかなっていて収集が楽しい?みたいのはありません。モンスター倒してもお金が入りません。しかし、敵を倒すと「素材」を入手できるので、それらを売ることでお金を稼ぐことが出来ます。また、お店に特定の素材を売ることで、新たな武器や防具・アクセサリが売られるようになるので、素材集めの楽しさはあると思います。酒場で受けれるクエストには、敵を倒す・素材を集めるなどがありますので、その辺りでも稼げるようになってるみたいです。

 長々と書きましたが、ま、こんなゲームです。イメージイラストがライトノベルとか最近の和製ライトTRPGとかで見るような感じで、好き嫌いあるようですが、オレは平気でした。まぁ、濃い洋ゲーテイストでも良かったんですけどね・・・でもそれだと売れなさそうだw
 製作はメガテンでお馴染みのアトラスさん、BUSINとかの人らしいのでFOEは死神っぽい感じですね。昔ながらの3DダンジョンRPGを普及させたいとのことで製作したそうなので、あー、そうですね?といった感想です。

 さて、オレプレイはと言うと、ギルド名が6文字しか入れれないということでMMOでお馴染み「Luan Zhang」は入力できなかったので「LZ」に。一緒に冒険するメンバーには、みんなの壁役パラディンをCirth、同じく前衛直接攻撃の要ソードマンにKusa、弓で敵を狙い撃ちなレンジャーにTono、回復よろしくなメディックにBuriki、ヌーカーなアルケミストにLinzyという、超豪華なパーティが編成されたのである!! システム的にMMOっぽかったので(パラディンに挑発とかある)その流れで、編成してみました。名前を無断でお借りした面々にはすいませんが、悪いようにはしませんので・・・

 ウヒヒヒ! (*´д`*)

sq_ds_001.jpg
PSPで遊んだ後だとグラフィックのヘボさは仕方がないですね。

sq_ds_002.jpg
ダンジョンはこんな感じです。左上に時間の概念、右下には敵メーターがあります。メーターが赤くなると敵出現、みたいな感じです。

sq_ds_003.jpg
マップ作成のUIはこんな感じです。全体表示と拡大表示があります。拡大表示時にマップの作成が出来ますが、拡大時に自分の位置が動かないのが使いにくいところです。あと、これはNDSの性能だと思うのですが、文字が見難いです。漢字とか潰れてるので。

sq_ds_004.jpg
戦闘画面です。スキルの使いどころが生き残るための道! 生産スキル(?)もあって、伐採とか採取、採掘があります。ますますMMOっぽいw

sq_ds_006.jpg
とりあえず、脳内でこんな感じで変換しながら遊んでます。いや、面白いですわ?w


 見た目はライト向けなのに、味は激辛なSQ、万人向けではありませんが、ダンジョンRPGを遊んだことのない方、その昔にダンジョンRPGをしこたま遊んだ方(ウィザードリィとかで自分で地図書いてた人とか)にはオススメしたいですね! 逆に、レベル上げがめんどいとか、オレ最強キャラ作りたい人には向いてないです。
 あ、ちなみに死ぬとセーブしたところからやり直し(作成した地図は残すか消すか選択可能)なので、数時間が無駄とか余裕です。宿屋でしかセーブできなですしね。

 さて・・・クリアまでどれくらい時間かかるかな?
 (´・ω・`)
「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー」クリアしたよ!
 日曜日、朝からゲームと映画三昧! ・・・え、どうやってるんだって? PSPのゲームをプレイしながら、テレビのWOWOWの映画を見てるんですよ。朝から4本見たかな? 無事にクリアも出来たしね。ムフフ。


テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー
公式サイト】 PSP / ナムコ / \ 5,040



 という感じで、マジメに遊んでないのがバレバレですがw 寝る前ゲームとしてプレイし続けてクリアしました! 本当はもっと途中経過を報告したかったのですが、他に紹介したいネタもあって、結局はクリア報告に・・・カテゴリー重複したいよ?。日記を2個に分けるのは、嫌なんで。
 クリア時間は25時間かからず、レベルは49でした。ネットで調べたら50くらい必要とのことでしたが、47でラスボスまで到着、そのまま挑んだら全滅したので、仕方がなく2レベル上げて再挑戦したら行けました。ま、全滅しかけましたがw
 基本的にテイルズシリーズを全く知らないこともあり、テイルズキャラはほとんど使いませんでした。だから、みんなレベルの低いこと低いことw 基本的にはネットでダウンロード出来る傭兵(自作キャラを傭兵としてアップロードが可能)を使ってました。レベル差が5くらいあっても平気なので(断られることもある)、レベル上げとか楽できました。また、テイルズやったことないので、なんかキャラクター達が性格悪いのとか、どうにも説教臭いのばかりで、やはり、テイルズは好きになれなさそうです。結局、音声はオフで遊んでたし・・・ていうか、映画みながら遊んでるくらいだしなw
 基本システムのクエストと街の往復は、まぁ、そこそこ楽しめました。戦闘もアクション要素がちょっとあったり、そこそこ派手だったり連続技とか良かったですよ。行ける街が増えたのも良かったです。同じことの繰り返しなので、クリア時間に比べて長くかかった気がしました。あと、装備で外観が変わるのは良かったけれど、ちょっと種類が少なかったかな? 街が変わると新しい装備が出てくるんだけど、新しい街に行ったら、その時点で最高の装備を揃えてしまえたので・・・敵から入手できるのが、もっと強かったらよかったのに。でもそうなると街買いの意味なくなるか。バランス難しいか。あ、生産も簡単でよかったです。

 全体的に携帯機だからこそなボリュームとバランスといった感じですかね? あとはテイルズ好きな方へのファンサービスというかキャラゲーというか。話によると、なんか原作と性格が違うみたいだけど。

tow_011.jpg
こんな感じでネットで登録できるのが良かったです。20人くらいダウンロードしましたw

tow_012.jpg
初テイルズクリアでした! それなりに面白かったけど、だからと言って「本編も遊んでみたくなったな!」と思わせられないのは、イカンと思いました。
「地球防衛軍3」クリアしたよ!
 今週末は家でだらりだらりとゲームか映画を見ながら過ごす予定だったのですが(相変わらず、今すぐ会いたいとか、連絡くださいなメールは多いんだけどね・・・フフフ)、友人から「地球を防衛しようぜ!」とお誘いを受けたので遊びました!


地球防衛軍3
公式サイト】 XBOX360 / D3PUBLISHER / \ 7,140



 そして、無事に地球の防衛を完了ッ!
 (`・ω・´) シャキーン

 いや?面白かったです。とりあえずイージーで2人で遊んでたんだけど、終わったら「途中までやってたレゴ・スターウォーズやろうぜ」とか言ってたのに、ノーマルで2週目が始まったもんな・・・防衛軍3で1日が終わったですよw
 生粋のTPS/FPSゲーマーには温いでしょうが、この、大味というか大雑把な、無双シリーズにも似たバッサリ感はお手軽・お気軽で楽しいです。迫り来る巨大な昆虫の群れとか、360になってリアルになり、一度に表示される数も増え、うわぁ?感も増加。侵略ロボ戦も熱いです。
 それでも、やっぱり敵の種類が少ないのと、新たな武器がなかなか手に入らないのはアレですかね? 4も出ると思いますので、その辺りのパワーアップと、是非ともオンライン対応をして欲しいものです。みんなで「イエス・サー!」言いながらアリの群れに突撃したいですわ!

 (*´д`*)ハァハァ

edf_360_010.jpg
1ステージが短時間で終われるのも良いですな。ステージによっては武器の変更を考えるのも楽しい! ネタ武器も・・・また楽しいしw

edf_360_011.jpg
超巨大生物が迫力あってよかったです。次回は「大量地獄」から是非とも!!


 昼ゴハンは友人と、前から行きたいと言ってた裏参道のたこ焼きを食べ、晩ゴハンは家の近く(でもないけど)に新しく出来た居酒屋に。いや?食った食った! 最近は丸干しいもばっかりだったからなぁ。ああ、正月明けたらダイエットしようと思ったのに・・・

 Σ(´Д` )
あつまれ! ピニャータ
 わーい、楽しみにしてたんだ(Tonoさんから顔を背けつつ・・・)!
 (ノ∀`)アチャー


あつまれ! ピニャータ
公式サイト】 XBOX360 / マイクロソフト / \ 6,090



 えーと、まぁ、「きゆにっき」を隅々まで見てるマニアな方なら「あれ?」と思うかもしれませんが、ピニャータ買いました。買う気ホントになくて、どうにも体験版(とういう名のムービー)の印象が良くなくて、でもネットでの評判が良く(いわゆる口コミ)、Tonoさんも購入したようで実績見ると、えらいやりこんでるみたいで「まぁ・・・なんか売り切れ続出(単に出荷が少なかったらしい)だし、店頭にあったら、買ってみるか」程度の気持ちで行ってみたら、あるじゃないですか! ウーム、さすが札幌! ・・・まさか買ってるのオレだけじゃないよね? ね?

 ・・・さて、ゲームの方はというと、箱庭作成ゲームです。与えられた土地にシャベルで整地したり、草を植えたり、種をまいたり、花を咲かせたり。これらの庭を作成する過程で、一定の条件を満たすと「ピニャータ」と呼ばれる動物や昆虫が庭に移住してくるのです。こうして、庭を賑やかにしていくのを楽しむゲームというわけです。
 庭に住み着いたピニャータは住人のような存在となり、2体をある条件を満たすことで「仲良しダンス(つまるところ交尾)」を行い、数を増やして行きます。時には病気になったり、一定の生態系を持っており、それは弱肉強食の世界であり、キツネがウサギを狩りするような出来事も起こります。賑やかな庭造りを邪魔するピニャータや住人も登場したりもします。
 やはりポイントは「ピニャータ」ですかね。メキシコの遊びで、割れやすいものにお菓子をつめて、動物を模したものを作成して、割って遊ぶという風習から来てます。なので、動物たちは実在の動物とはちょっと違っていたり、なんかふわふわしてたり、ビビッドカラー(最初はモノクロだけど住人になると色がつく)だったりするわけですね。攻撃されて死んでしまうと、ちゃんと割れて、中からお菓子が出てきます。

 このピニャータが、なんか微妙な感じだったのですが、購入して実物を見ても・・・やっぱ微妙でしたw ゲームは思っていた以上に忙しく、やることがたくさんで、まったり遊べませんw なんか説明とかは子供向けっぽい感じなのに、子供には難しくないか? と思ってしまう、おっさんなのでした。
 で、ピニャかわいくないだろ? と思って女友達に見せたら「かわいい?ふわふわしてるぅ?」「この色使いとかいいね」「動きとかいいじゃん」と好評で・・・どうやら、オレの感覚がおかしいようだ。ぐはっ。あ、でも、ウサギとかキツネとかは良かった! ま、狩られたけどな・・・

 個人的には、もっとまったりと遊べたらいいかな?とも思えたのですが、これは後半になれば、そうなるのかな? まだ序盤なので、やることがたくさん、お金ないから病気になっても助けられない、お金にするためにピニャ売ろうとしても、仲良しダンスしなかったり、狩られたりと、なんかもーもーなのです! ・・・オレはこういうの、向かない?w

 でも、遊び始めると、なかなか止め時が分からないくらい続けてしまいます。面白いことは面白いと思います。箱庭系、シム系が好きな人なら楽しめるかな? あとピニャを可愛く感じられれば、あのピニャが欲しいとか、増やしたいとかでハマれると思います。静止画よりも、実際に動きを見ると、また愛着もわきますね。名前つけたり、アクセサリーつけたり、自分好みのカスタマイズも可能ですし、ネットワークで友人と交換出来るのもポイントです。

 意外とオススメよピニャータ! (*^ー゚)b

pinya_001.jpg
良く見ればメキシカンな感じが・・・タコライス!!

pinya_002.jpg
こんな感じで庭をつくるよ。1日の概念もあります。

pinya_003.jpg
キツネさんは尻尾をまくらにして、まるまって寝るのです。

pinya_004.jpg
異種同士では仲良しダンスはしません。手前のピニャは病気でぐったり中。治療してやれよ、オレ!


 最近は、仲良しダンスとケンカが同時に発生したタイミングで固まってしまい、2時間が無駄になってから、なんとなく休憩中です・・・

 (;´Д`)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。