きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今年もありがとうございました!
 2007年最後のにっき、2007年中に書こうと思ってたのに!




 LinzyとTonoさんとで年越ししちゃったじゃないか!
 ありがとう! Σ(´Д` )

 というわけで、若干、アレな気もするんだけど、年越し前の気分で、書こうと思ってたことを。

 まー特に、コレといったものはなかったんだけど、とにかく、大変な1年だったなーと。自分の周辺では、それほどでもなかったけど、日本ヤバイな雰囲気がヒシヒシと伝わって来た1年だった。物価は上がるものの、給与は上がらず。お役所は相変わらず、ワケのわからぬ「民間基準」で労働時間まで削減とか、おかしいこと言ってるし・・・。国民は搾取されっぱなしな感じだねぇ。還元して欲しいねぇ。格差格差というけれど、上の人間が自分だけ儲けることしか考えてない気がするんだよね、結局。そういったものが風習化して、政治家・公務員が変わらないから企業も変わらないんだと思うな。いや”企業”というより”人”なのか?
 ま、それはそれとしも、犯罪も多すぎたな! 多趣味なオレとしては犯罪を犯すとか、考えられんのですけども・・・。なんなんですかねー。死に対しては死の報復を、性犯罪者はチンコ切除とかでいいと思うんだけど。ビシッといこうぜ!

 なんつーか、来年こそは! な気持ちになりたいんだけど、全ての基盤となるべき「日本の未来」が先行き明るくないと思ってしまったら、もう、自分を守ることだけ考えてしまいそうでダメだな・・・。

 うむ、しまらない文章だなw

 それでも、また1年という節目を迎えるにあたって、来年は、良い年でありますようにと願わずにはいられないのだ。神様なんて信じていないのに都合の良いw

 いつも見に来てくれてる皆様には、特に、ね!

 (´∀`)b 
スポンサーサイト
AT43
 今日は予定通り友人とカニを食べて鍋を囲んだ。スパークリング純米酒なんかを飲みながら、これを書いてたりする(実は1回全部かいたのに、消してしまったのは、酔ってたからではない!)。しかし、凄いのは友人だ。前日から今日の朝の9時まで飲んでたとゆーのだから! 睡眠もそこそこに遊びに来てもらって、ハピツリを見たり最近のアニメ事情を話しつつ鍋食って、ゲームして遊んだのだが、眠そうだったし21時を前に解散としたのだが、その後、バーに行くという・・・! オレとの友情は酒に負けた! いや、正確には酒飲み友達かw いや友達なのか・・・どうか知らんけどw あ?オレも朝までDVD見たりゲームしてくれる友人が欲しいなぁw


 「AT43」を知っているだろうか? 知っていれば、かなりのマニアックさん! 検索でヒットしちゃって、このページを見ているのなら、ゴメンなさい、何も情報ないっすよw

 AT43はミニチュアゲームだ。ミニチュアゲームといえば、本サイトでも「MAGE KNIGHT」「MECH WARRIOR」なんかを紹介してるし、にっきでも「DREAM BLADE」の紹介をした。DREAM BLADEなんかは日本語版も出たりしたけど、本国では終わってしまったようだ。国内で展開していたMAGE KNIGHTも終わったけどね。どうにも、日本では、こうした「ゲーム性」を持ったミニチュアゲームの受けは悪いようだ。金かかるし、人や場所も必要だからかな?

 しかし海外ではミニチュアゲームが流行してるのか、ボードゲームでも大量のミニチュアが付属した重量系のシミュレーション系にものが多くなってきている。そんな海外でのミニチュアゲーの大御所といえばFantasy Flight Games(FFG)社であろう。以前に紹介した「Descent」なんかもそうだ。「Marvel Heroes」や「StarCraft」「Lord of the Rings」なんかのゲームも出してる。「World of Warcraft」のゲームもあって、これは日本語ルールさえ付属してくれれば即買いなのだが、どこも和訳してくれてないのが残念だ(国内で買うことはできる)!

 前置きが長くなってしまったが、そのFFG社よりリリースされているミニチュアゲームの1つが「AT43」なのである。ジャンルはSFで、着色済みのフィギュアの造形が、かなり良い。SFといっても宇宙船系ではなく、歩兵に人型兵器といった泥臭い感じだ。人型兵器の造形が、海外独特のバタ臭さ(苦笑)がなく、なんとなく日本のアニメ・マンガ的で、かなりカッコ良い。オレはそれに惚れて、買ったようなものだw
 世界観的には人類vsエイリアンで、人類側も3勢力があったりで、ちょっと複雑な感じかな? 詳しいことは、英語サッパリだしルールブック厚いしで、割愛させてもらうw となれば「買ったのに遊ばないの?」って話ではあるが、販売店でルールの和訳を行っており、先行して購入した方にも後で発送するらしく、それならばー! と、物欲の赴くままに購入したのであるw ウヒヒ。

 紹介ついでに世界観やらルールやらを、さわり程度に書くのが正しい「レビュー」とは思うのだが、まー、オレのことだから、ね?w

2007_12_30-01.jpg
画像では分かり難いかもしれないけど、かなり大きい。430×300×160もある!

2007_12_30-02.jpg
しかし、かなりの上げ底ww

2007_12_30-03.jpg
U.N.A(エーヴァ連合国)のエリート偵察部隊! Fire Toadがカッコ良いのだ。

2007_12_30-04.jpg
テリアンズの斥候部隊。機械+生態って感じ。

2007_12_30-05.jpg
専用のメジャーが同梱されている。てことは、メイジナイトっぽくプレイするんだろうなぁ。専用のダイスやカードも入ってる。


 気になった方、もっと画像を見たい方、世界観を知りたい方はコチラへ!

 (´∀`)b
鋼の錬金術師 18
 年末までだらだらと・・・と思っていたのに、なんか仕事が忙しくて、更新もゲームも間々ならぬって感じでおかしくね!? 28日は仕事収めだったんだけど、午後からの大掃除もそこそこに仕事が入ってしまって黙々と。16時には解散となったのに、結局、オレだけ22時まで仕事だった。フフ。

 今日は朝から、自分の家の大掃除。ゲームは遊ばなかったけど、テレビでbjリーグのアールスター戦の放送が! 普通に全部見ちまったよ・・・。JBLのオールスターは放送しないのだろうか(放送してたけどケーブルなんで見れなかった)? つか札幌でやってたの行きたかったなぁ。来年はテレビ放送だけじゃなくて、実際の試合を見にいこうと思う。 

 本当はゲームとかCDとかDVDの紹介もしたかったんだけど、マンガがあったので紹介した。今年はマンガはこれで終わり。連休中に、やりたいことがあったんだけど、全く出来ていないヨ! 明日は久々に友人と遊ぶ約束したし。鍋だ鍋! (*´д`*)ハァハァ


鋼の錬金術師 18
荒川 弘 (著)


 ハガレンも18巻。続いてますな。巻末のオマケとか、カバー外してのオマケとか。話の展開的には終わりに向かっている気はするのだが、なんか、新刊が出る度に遠のいているような・・・w

 今回の見所はウィンリィちゃんだな! ウィンリィちゃん、かわええのー。あとプライドは怖すぎるよ。ナンなの、あの腹黒さ! 実は黒幕なんじゃねーの?

 アニメ(は見てない)や映画版とは違った終わり方になるとは思うけど、みんな幸せな終わり方がいいなぁ。どうにも、最近、癒されるような作品を見てない! あ、オレが自分でそういうのを選んでるか! チキショー!
無限の住人 22
無限の住人 22
沙村 広明 (著)


 吐 鉤群が登場してからが長かったせいか、今巻はやたらとスムーズに感じたw 話の転がり方が良い感じ。一気に読めてしまった。・・・文字が少なかったからじゃないぞ?

 個人的に逸刀流の(個性的な)面々は好きなので、これから頑張って欲しいところ! 肝心の卍と凛が脇役になりつつあるのがアレだけどw 凛といえば、なんか大人っぽくなってきたのは、絵柄が変わってきたのか、わざとやっているのか。いや、いいコトですヨw

 あと挿絵がいいですな。やはり沙村氏の絵は良い! ま、22巻も出ているので、この巻だけオススメってワケにもいかんので、1巻から一気読みオススメ。ちなみに、完結は、まだ遠そうだw
EDEN 17
EDEN 17
遠藤 浩輝 (著)


 人の行く末を、未来を、カタチを・・・という話だったと思ってたのに! いや、結果、未来がああなるから、その行く末を憂いて、ああいうカタチになった、ということであれば納得か。うむ。

 物語はいよいよクライマックス。死にマンガなのでw 今巻も重要人物が・・・あぁ・・・でも主人公?はまだ生きてる。今巻では出番少なかったけどw あとオヤジ達が大活躍だった! 絵がだんだんと白くなってきてるのは、仕方がないか?w

 あと多くても3巻で終わるだろう! 一気読みするのが楽しみな作品だ。
精霊使いエレメンタラー 3
精霊使いエレメンタラー 3
岡崎 武士 (著)


 「その後」を追記した、10年を経て完結する「精霊使い」。オレの大好きだった作品。ある意味、影響を与えてくれた作品。

 感慨深いなぁと思いつつ読んだんだけど、追記ページはたったの8ページ。かつ、その後というのが、本当に、終わった直後の話w でも、まぁ、あれはあれで良かったかな? 絵柄はすっかり変わってしまって、個人的には、連載当時の力強い線のほうが好きだったと思った。

 気になったのは、やはり体裁か。2巻の時にも書いたけど、旧版と形が違うことで、端に書かれていた文字が切れてるところがあった。これはイカンですよ?。(`・ω・´)

 10年も前のマンガといえど、今でも十分に楽しめると思うよ!
ブラッドハーレーの馬車
 今週で仕事も終わりだー。6日まで休みなので9連休! 今年も実家に帰らずに遊び尽くす予定。ただ、色々とやりたいコトがあるんで、ゲーム三昧とはいかないかも。あとカニが届くので、友人と鍋を囲みつつカニを貪りたい次第!

ブラッドハーレーの馬車
沙村 広明 (著)


 度々「無限の住人」を紹介していることもあり、沙村氏の作品が好きなワケであるが、この作品はたまたま書店に寄った時に、発見したのだ! え、無住以外になんか連載してた? 短編集? とか思ってたら「エロティクス・エフ」で連載してたのね。雑誌の名前や内容は知ってたけど読んだことはない。やっぱエロだな! エロなんだよなー!? と、若干のエロを期待して購入してみたのだが・・・なんだ、全体を100とするとエロは5くらいだったw

 内容の方はというと、あとがきに著者も書いてあるように1台の馬車と、巡るブラッドハーレー聖公女歌劇団に纏わる物語だ。資産家であるブラッドハーレー家の養女になることで、歌劇団に入団できる。孤児院の少女たちの憧れの舞台でもあった。が! ・・・うん、なかなかエグい。特に最初が一番酷いので、その尾を引いたまま、最後の物語を終えるのだが、なかなか後味が悪い感じだ。単純に「無限の住人」が好きだったからな感じで読むと痛い目にあうと思う。

 とりあえず、史実に基づいての作品じゃなくて良かったなぁって感じ。でも、似たようなことがあったかもしれない、と思わずにはいられなかったり・・・。しかし、あれだ・・・まぁ作品的に仕方がないのかもしれないけれど、数多くでてくる女性の顔が、どれも同じに見えるw 書き分けって難しいよねぇ。

 あの後どうなったのか、どうなるのか、自分が同じ立場だったらなどと考えすぎると、胸が苦しくなる作品。でも面白かったよ!

 (´∀`)b
HellgateLondon3
 3連休もあっという間だったなぁ。1日1回2キロくらい歩いたくらいで、基本ずーと家にこもってた。基本ゲームをしてたけど、とにかく映画を見まくった! 「どろろ」「JM(5回目くらいw)」「マイノリティ・リポート(2回目)」「X?MENファイナル」「13F」「ニルヴァーナ(2回目)」の6本。「どろろ」はWOWOWで放送されたのを録画してたもの。複数回見てないのは、積んでたもの。分かる人には分かると思うけど「どろろ」「X?MEN」以外はサイバーパンク! ブレード・ランナーにあてられたw 濃かったけど、面白かったぜ。
 関係ないけどマンガも結構買った。またか! 発売するんだもん、仕方がないじゃない! そんな感じ。 (´∀`)b


 昨日の続き! 携帯に届いたメール(着信音はハピツリ)はヘルゲートへのお誘いだった!


 というわけで、昨日も3時までプレイしたのに、今日も朝10時から夕方7時頃までブッ通してプレイ! 久々に遊びまくったw でも面白かったから無問題! 余裕!

 昨日まではレベル4だったのに13になったw そして、やっと武器や防具の分解する意味、分解したパーツの使いかた・エンハンス、機械を使ってのアップグレード方法を理解したのだったw

 だって・・・日本語版wikiが煩雑すぎて使い難いんだもの。全く見てなかった!

 バグ盛りだくさんで(今もまだあるけど)散々な評価だったけど、やはり面白いな。Diablo2.0とは言えないと思うけど、多対少数のせめぎ合い感は、ある。何とかなる感もあるので、生き残った時の充実感や爽快感は格別だ。ただ、まー2人でしかプレイしてないので、是非とも4人で遊んでみたいな! グループの人数で敵の増減はあるんかな? いや、ないと面白くないんだけどさw

 装備の種類も多くて、収集も楽しいな! サクッと始めて、サクッと終われる。基本的に戦うだけなんで、ハック&スラッシュゲー好きにはたまらんです。(*´д`*) ハァハァ

 でも、まだ課金するまではな・・・荷物が倉庫を圧迫し始めてるんだけどなwww

 ぬぉおおお?青以上のフルヘルムが欲しいぃいいいい! ヽ(`Д´)ノ

2007_12_24-10.jpg
いつものように、この怖い顔(顔!?)の人と狩りに行ったですよ!

2007_12_24-11.jpg
廃墟と化したロンドン。空中に、ぽっかり空いた穴に飛び込んだら・・・そこは地獄でした! ウチらは勝手に「ヘルゲート」って呼んでるけど、間違ってないよね?

2007_12_24-12.jpg
ヘルゲートの奥は神殿のようになっていた! 怖い! でも余裕! とか思ってたら、サクサクと死んだけどねー。いつものように。

2007_12_24-13.jpg
コイツがやっかいだった! 3回くらい死んだ。でも、減らしたHPはそのままなんで、なんとか倒せたッス!

2007_12_24-14.jpg
ヤバイ! でかいのヤバイ! ていうか気絶ヤバイ!

2007_12_24-15.jpg
3人のブレードマスター(NPC)と一緒に戦った! なかなか熱かったぜ!
PATAPON(パタポン)
 今日は会社の人と焼肉を食べに行った。夕方に。本当に食べて終わりw 夜の6時頃にでかけて8時頃には帰宅。夕方にやっと配送されたパタポンで遊んでた?!

 しかし、23時頃に携帯にメールが・・・! 続く! (`・ω・´)


PATAPON(パタポン)
公式サイト】 PSP / ソニー・コンピュータエンタテインメント / \ 4,980



 久々に到着が楽しみだったゲーム。実際に手にとってニマニマ。目玉キャラであるパタポンがカワユイ! ん、このデザインはどこかで見たような・・・と感づいた人は通だね! (`・ω・´) このキャラクターはフランス人アーティストのRolito(ロリト)氏が手がけたものなのだ。あのウサギいいよネ! (*´д`*) ハァハァ

 そんな目玉キャラ「パタポン」を太鼓のリズムで世界の果てへと導くゲームというのは、前に紹介した通り。んで、実際にプレイしてみた感想。

 難しいな!w 前評判通り、見た目や雰囲気に騙されちゃダメだw リズム取るのが難しい。基本的に、移動や戦闘を繰り返すゲームなのだが、それらの命令を、4個のパターンで行う。移動であれば□□□○のボタンをリズムに合わせて押す。リズムは一定の間隔で、一般の音ゲーのように、バーをタイミングに合わせて押すとか、押すボタンが出るとかはない。一応、画面の外枠に、細く白い線が表示されるが、基本は「一定のリズム」だ。そして、移動のリズムを叩くと、画面上のパタポン達がそれに反応し、同じく4拍子のリズムを復唱し、行動を開始。パタポンが行動をしている間はボタンを押してはならない。押すと、「行動キャンセル」と見なされる。パタポンの復唱が終わった後、引き続き移動であれば、移動のリズム。攻撃をさせたいのであれば攻撃のリズム。パタポンとの4拍子のリズムの取り合いで、ゲームを進行することになるのだ。□・□・□・○・パタ・パタ・パタ・ポン!・□・□・□・○・パタ・パタ・パタ・ポン!・□・□・□・○・パタ・パタ・パタ・ポン! ・・・移動の場合は、これの繰り返し。操作的には単調だけど、画面にいるたくさんのパタポン達が、それを忘れさせてくれる。

 行動の基本となるリズムは4種類しかなく、画面に表示されないので、覚えておいてのゲームとなる。感覚的にはセガからドリームキャストで発売された(PS2でも出てる)「スペース・チャンネル」に似ている。ミニゲームの復唱は、覚えゲーでまんまな気がした。つか、暗記が苦手なオレとしては、かなり難しい・・・トホホ。それでも、流石に4種類くらいは覚えられるので、そうでもないけど!

 しかし、このリズムに合わせてのボタン押しが、またシビアなんだなw オレ的には、ボタンをしっかりと押し込むくらいの気持ちでやると良かった。このリズムが途切れることなく続くと「コンボ」となり、10回くらい続くと「フィーバー」となって、音楽が賑やかになって、パタポン達の行動が活発的になる! このフィーバーを続けるのは、かなり重要。ていうか、進行が楽になる。音楽の変更に惑わされることなく、4拍子のリズムを押し続けることが重要なのだ。さらに先に進むと「ミラクル」という新たな押しパターンが出て、最終的には5パターンを覚えることになるっぽい。

 雰囲気は「ロコロコ」っぽくてゆるい感じだけど、舞台編成時にはパタポン一体ごとに武器と防具の装備が可能で、細かなステータスも用意されている。何度も行ける平原ステージで、様々な素材を集めて、それらの組み合わせてパタポンを生み出すんだけど、素材によってはレア(通常より基本能力が高い)なパタポンが出たり、武器を作成できたりで奥が深い。ゲーム性からいっても、コアなゲームファン向けのゲームだ。なんだろ・・・彼氏がテレビに接続してプレイして、彼女がパタポンの動きに一喜一憂というのが、しっくりくるゲームだと思ったwww

 リズムに反応して、噴出しで話すパタポン。リズムに合わせて音声で歌うパタポン。敵も含めて、ホントに可愛いし見ていて楽しい。オレはリズム取るのに必死で、画面を見れてないこともあって「あぁ?セリフ見逃したぁ!」ってこともあるんだけど、1つのステージの最初から最後までコンボを繋げることが出来るんで、まぁ、余裕っぽい。これ、リズム取れなかったら、面白くないと思う。そういった意味では、ホントに人を選ぶゲームだ。既存の音ゲーみたく、押すボタンが流れてきて、押すタイミングを図ることが出来たり、もうちょっと判定が甘かったら(もしくは甘いモード・難易度選択)万人にオススメなゲームだったと思う。

2007_12_24-06.jpg
オープニングのカッコ良さに震えたw 自分はパタポンを導く神様という設定。名前は「キユポン」にした!

2007_12_24-07.jpg
かわいいパタポン!

2007_12_24-08.jpg
こんな感じで1ユニットごとに設定できるのが熱い! タクティクスオウガを思い出したw

2007_12_24-09.jpg
ゲーム画面。地味だけど、リズムないからねw ゲーム中は、もっと賑やか!
「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII」クリアしたよ!
 昨日と今日とでやっと「クライシス コア -ファイナルファンタジーVII」を終わらせて「パタポン」の到着を待ったのだが・・・今日は配送されなかった。いつもなら、木曜日に発送で、土曜日には到着なんだけどなー。やはり年末で忙しいのかな?
 そういえば、PSPのゲーム画面をRGBもしくはS端子で出力させろと言ってたんだけど、どうやらソニーの意地悪ではなくw 技術的に無理ということが分かった。PSPの液晶画面の解像度の出力に合わせて作っているので、高解像度出力に対応していないRGBやS端子には無理。つーか、対応させるには画質を落とす必要があって「なんで落とさなきゃならないの?」な感じらしい。ただ、RGBやS端子だと安価で幅広く対応できるキャプチャーが多いので「ゲーム及び映画(PSPのUMDディスクに対応した映画もあることを忘れちゃいけない!)の著作物を容易にキャプチャーされてはタマラン!」との思いで、対応してない=意地悪なんじゃないかな?とも思ってた。ゲームや映画の出力に対応しているHDMIやD端子は、そもそもキャプチャー可能なボードが高額なんだよね・・・安いのは絶版で再販ないし。最近、安いのが発売されたけど、USB接続だから、ゲームの遅延が怖いぜ・・・。というわけで、お金持ちになったら、D端子接続に対応したキャプチャーボードを買おうと思うw
 

クライシス コア -ファイナルファンタジーVII
公式サイト】 PSP / スクウェア・エニックス / \ 6,090



 やっとクリアした! 9月の発売だから、ずいぶんとやり込んだ・・・と思わせておいて、何のことはなく、積んでたw 「パタポン」をじっくりとプレイしたかったので、とりあえず終わらせなきゃ! な勢いで、途中で止まってたのでプレイを続行しただけである。

 とりあえず、面白かった。PSPの性能を十分に発揮してると思うし、動画も綺麗だし、ストーリーも良かった・・・やはりストーリー良いな! FF7を知らなくても楽しめると思うけど、やはり知っていると楽しさ倍増! FF7は当時やり込んだので、感慨深かったぜ・・・システムであるスロットも、正直、うぜぇ?って感じだったけど、最後、ああいう演出のされ方されると、スロットでおk! になってしまうんだw

 問題としては、FF7がプレイしたくなったことw これはスクエニとソニーの失敗した部分だと思う。ここで、PS3でリメイクFF7とか用意しておけば、本体牽引できたと思う。本数を売るならPS2って気もするが、どうせならHD画質で堪能したいw

 後半のボス戦がシビアで時間が無駄に必要だった気もするけど、それでも戦闘を含めたゲームバランスは良かったと思う。オレはミッションをほとんどやらなかったので、あまりレベル上がらなかったし。フィールドも、捜索とかあまりせずに進んだもんで、2個くらい召還魔法を取り逃してしまったw うーん、召還動画を見たかった・・・

 というわけで、全ての要素を堪能しようと思うと、かなりの時間を必要としそうだけど、クリアだけなら20時間かからず。FF7(特にインターナショナル版)をプレイしたことあるなら、是非とも遊んでみて欲しい作品。最後を知っているだけに、切なくなったよ。きちんとFF7で謎だった部分が補完され、FF7へと続くストーリーだったのが良かった!

 ザックスいいよ、ザックス! (*´д`*) ハァハァ

2007_12_24-05.jpg
クリアしてセーブしたら、やはり保存データは「最初から」になってしまったw
Dungeons & Dragons Tactics
 今日は早く帰れると思ったら、なんか日中、忙しくて残業になってしまった。仕方がないけど。つか、早く帰ってもゲームして遊ぶ予定しかないんだけどさw
 最近、メインとなる主食がミカンになってる(!)。ミカン、うめぇ! 本当は10月頃のが美味いらしいけど。先々週くらいはリンゴばっかり食ってた。包丁を使ったんで(果物ナイフじゃないところが男らしい)洗ってたら、ずってなって、指を切ってしまった。といっても、ざっくりではなくバンドエイドすら必要ない程度。うっすら血が出た・・・というか滲んだ程度? でも、久々でビクッとなったよ! つか、洗物どんだけ下手だって話w


Dungeons & Dragons Tactics
公式サイト】 PSP / Atari / $ 39.99



 というわけで、PSPの洋ゲー3連続で紹介。何となく分かったと思うけど全て同時に購入していたのだ。正確には「Dungeon Siege Throne of Agony(これは去年の10月)」も一緒にだけどね。
 実はこの「Dungeons & Dragons Tactics(以下DDT)」が発売となり、欲しくなったんだけど「この1本だけ購入だと送料も馬鹿にならんしナァ?」と思って、他に面白そうなのないかなと思って選んだ。発売から時間が経過していたこともあって(・・・もしくは内容のせい?w)DDT以外はかなりお手ごろ価格だった。

 さて、DDTであるが、タイトル名から容易に想像できるように、世界的に有名なTRPGである「Dungeons&Dragons」を題材にしたゲームで、タイトル名にあるように「タクティクス」系のシミュレーションRPGである。D&DというかTRPGはシミュレーションゲームからの派生なだけあって、戦闘を盤上で解決する(出来る)システムは多い。D&D3.5版の戦闘は、まさにそれ。なので、シミュレーションRPGのタクティクス系ともなると、相性は抜群だ。

 問題なのは英語の壁かw ただ文字は大きめだし、そんなに文量が多いわけでもないので、頑張れば翻訳しながら遊べそうな感じがした。あとは「ルールの壁」かな? 間違いなく、TRPGを知っていた方が楽しいだろうし、すんなりプレイが出来る。ていうか、TRPGの日本語版ルールを持っていれば、シナリオはどうあれ、プレイ出来るのが強み。逆に、ルールがないと、どうしてこなるのか・専門用語が分からない、となるだろう。一応、用語集みたいのはあるんだけどね。

 クィックプレイでちょっと遊んでみた感じでは、動作がもっさり(アイテムを拾う動作など)気味だけど、じっくりと遊べそうで、凄い面白そう! パッケージの裏にはドラゴンやビホルダーとの戦闘画像が載ってたりで、往年のファンはニヤリとせざるを得ないであろう。憎いぜ! キャラクターは既に用意されているのだが、最初から作成も可能。キャラクターグラフィックは1種類しかないものの、性別・種族ごとに用意されていて、全て作成可能。しかもサイオニクスも作成できる。ただ自作の場合はルールを知らないと厳しい部分がある(TRPGは最終的に、どんなキャラにするかを見据えて、キャラ作成を行う)が、好きなキャラを作成できるのは嬉しいところ。ただし、自作の場合はマルチクラスが出来ないので注意だ(作成済みキャラはマルチクラスだった)! 

 TRPGのルールを知らないと難しいかもと書いたけれど、知っていればいたで、問題もある。人と人が対話して遊ぶTRPGということで、基本的なルールはがっちりとしている。がっちりとしているだけあって、かなり複雑だ。それをそのまま再現するのは、実際難しいだろう。過去のD&Dゲームでもそうであったように、このDDTでも、TRPGから省かれたり簡易化されたルールが存在する。故に、ルールに熟知した人であれば「え、なんでそうなるの?」な部分が不満になるんじゃないかな? ちょっとかじった程度で世界観が好きな人にオススメな気がする。

 ゲームの進行は、地図みたいな画面で「アドベンチャー」を選択することで、戦闘画面に。戦闘画面といっても、フィールドの移動も全て含み。敵を倒すなどの目的を達成すると、地図の画面に戻るので、新たなアドベンチャーに挑む・・・の繰り返しになる。もちろん、買い物だって可能だし、ダンジョンではアイテム収集の楽しみもある。レベル上げ目的な、何度も繰り返すことが可能なアドベンチャーもあるようだ。UIが若干使い難い気がするけれど、慣れることが出来そうなレベルw

 D&Dが好きで英語もへっちゃらな人にオススメできる洋ゲーだ! (´∀`)b

2007_12_24-01.jpg
TRPGのカバーっぽいタイトル画面が凄く良いw

2007_12_24-02.jpg
クイックスタートでのプレイ画面。メインとなるキャンペーンの最初のアドベンチャーでもある。ローグとバーバリアンがゴブリンの隠れ家を発見したっぽい。たぶんw

2007_12_24-03.jpg
アナログキーで画面をグリグリ動かせるのも良い。

2007_12_24-04.jpg
戦闘はちょっと地味。攻撃時にズームしたら良かったのに・・・。様々な判定を機械がやってくれるのはいいよね?。
Warhammer WarCry: Battle for Atluma
 近況。週末の3連休に向けてまったりと過ごしたかったのに、なんか、仕事が。いや、ありがたいことです・・・。18日に紹介したパタポン、女性向けっぽいCMでカジュアルゲーマー向けだと思ってたら、難易度、高いらしい。リズム取るのが難しいとか。でも、アタイ、頑張るッ!
 カードゲームといえば、PS3の「THE EYE OF JUDGEMENT」が遊びたいなぁ。Hinoさんのブログ見て、ちょっと欲しくなった! でも、他に遊びたいゲームないし、先行投資するには高過ぎる買い物だー。当然、Wiiは眼中にない。MH3は気になるが、ダメそうな気がする。カプコンは空気を読んでXBOX360で出して欲しいとも思うのだが、MHシリーズ、XBOX360最大の市場である北米では売れてないからなぁ・・・。同じ操作体系・シリーズで、Z指定。かつ近未来を舞台にした「デーモンハンター」なんか出してくれんかな? はいー妄想乙ー!


Warhammer WarCry: Battle for Atluma
公式サイト】 PSP / Namco / $ 19.99



 去年の11月に発売されたゲームを今更レビュー! 仕方がないじゃない! ・゚・(つД`)・゚・

 何が仕方ないの? (´・ω・`)?

 ・・・ (つД`) 

 
 タイトルの通り「Warhammer(SFじゃない方)」のTCGのコンシューマ版である。ローカライズはされておらず、当然、TCGの方も日本語版はない。ていうか、扱ってるサイト自体がないw あまりにマイナーww
 個人的には「MMOのWarhammerが年内だし、気合入れて、いっちょTCGもやってみっか!」なノリであったのだが、MMOは延期に延期、2009年の春くらいじゃねーかって勢いだ! まー仕方がない。まったりと遊ぶか?と思ったけど、ルールがこれっぽっちも分からない!

 それでも流石はインターネット! 探せばサイトあるものね。そりゃ「DRAGON DICE」なんていうチョーマイナーなアナログゲーだって、オレが紹介してるくらいだもんなwww

 ざっと読んだ限りでは、どうやら本家本元であるミニチュアゲームの「Warhammer」をTCGしたような感じらしい。ていうかミニチュアの方も遊んだことないけどw それでもユニットやアイテム、戦術などのカードでデッキを組んで?って感じは、確かにWarhammerっぽい。

 昨日紹介した「Marvel Trading Card Game」に比べると派手さは欠けるけど、ファンタジーな雰囲気は出ているので、そういうの好きな人(かつ英語が得意な人)にはオススメ。デッキによる運の要素よりも、カードによる戦略が重要=レアカードsoonなゲームっぽいので、こういうコンシューマなら金かける必要なくて良いね。

 あれだな、ユニットカード同士の戦いの時には、カードの絵柄が飛び出た感じで、さらにアイテムを装備したりで戦ったら面白いのに。そういった意味では、日本のコンシューマTCGは、システムだけじゃなくてビジュアル面も考えてるなぁ?と思う。

2007_12_19-05.jpg
ちゃっちいけど、CGによるオープニングが入ってる。

2007_12_19-06.jpg
全体的に地味な雰囲気w

2007_12_19-07.jpg
丁寧なチュートリアル。文字が大きい。

2007_12_19-08.jpg
最初から組まれたデッキを選択できる。好きな種族、地形を選択してゲームスタートだ。

2007_12_19-10.jpg
ゲーム画面。戦場をイメージしてるっぽい?

2007_12_19-11.jpg
カードのみのバトルは地味に感じてしまうなぁ。

2007_12_19-09.jpg
縦表示にしてカードを拡大表示できるのが良い! 美麗イラストを堪能だ!
Marvel Trading Card Game
 週末に、1週間分まとめて更新な日記が、やっとリアルに追いついて来たので近況でも。ぼちぼちやってます。ゲーム三昧です。札幌、やっと雪が降った・・・と思ったら、中途半端に融けて、路面は超ツルツル! マジヤバイ! (;´Д`)


Marvel Trading Card Game
公式サイト】 PSP / Konami / $ 29.99



 えーと、今年の2月に発売されたのかな? 買ったのは9月。それを12月の今にレビューw ウヒヒ!

 年に何回かカードゲームを無性に遊びたくなる。カードゲームといっても「Magic: The Gathering」みたいなTCGと呼ばれるものだ。あまりにもコレクタブル要素が高すぎて、基本コレクターなオレは手を出さずにいた(でも日本語版が出た時はスタートパックを買ってたな・・・)。こうして、デジタルなゲームで出してくれると、後は自己満足な要素で楽しめるから良いですな! (・∀・)イイ!

 このゲームはアメコミでお馴染みの「マーベル」を題材としたTCGゲームだ。アナログ版もあるし、PSPの他にもNDSやPCでも発売されている。ローカライズはされてないけどね! アナログ版は、日本語版も出てるけど・・・公式サイトが7月を最後に更新されてないので、終わったかな?w
 というわけで、原作でもあるアナログ版が日本語版で発売されているので、ルールを把握してプレイすることが可能というのは嬉しい限りだ。カードの情景の説明文なんかは分からないので、ちょっと寂しいけれど、ルール的なものは問題ないんじゃなかろうか? マーベルといってもいくつものシリーズがあり、有名なところでは「X?MEN」「スパイダーマン」があり、それぞれをテーマにした版がある。このゲームは・・・どのシリーズまでサポートしてんのかな?w 調べてみると「Marvel Origins」「Web of Spider-Man」「Marvel Knights」「The Avengers」「Fantastic Four」のスターターの5つが収録されてるみたい。

 ルールについて説明したかったんだけど、ルールであるPDFは公式サイトからダウンロードしたものの、全然読んでない。なので説明できねぇwww 興味のある人は下記サイトへGOくらいの気持ちで! ひとつ!

VS.システム日本語版公式ホームページ

 TCGのアナログゲーム化ということで、視覚的な派手さが加わり、ネットワーク機能で対人戦が楽しめるのは嬉しいところ。あ、PSPは正式サポートされてないか。TCGである「VS.システム」が好きな人には、オススメ出来る。興味のある人は、英語が出来るならw

 ちょっと遊んだ感じでは、演出(イベントシーン)がアメコミっぽかたりで、悪くはなかった。でも、やはりリールを把握しないと、面白くねーなw 何が起こってるのか、何をしたらいいのか、さっぱりんこだ! ヽ(`Д´)ノ

 なんでもエキスパンション(TCGの追加版のこと)にHELLBOYもあるとのことで、それが収録されれたら・・・意地でもプレイしたと思うw

2007_12_19-01.jpg
本家VS.システム自体はアレだけど、カードゲームが流行ってる日本なら、ローカライズすれば1万本くらいは売れない・・・かw

2007_12_19-02.jpg
丁寧なチュートリアル!

2007_12_19-03.jpg
教授ー! マーベル・ユニバースな感じのシナリオっぽい。たぶんw

2007_12_19-04.jpg
実際のゲーム画面。結構、派手っぽい! でも、正直、本格的に遊びたいならPC版の方がいいかも。
PATAPON(パタポン)
 起動して画像も用意してあって紹介してないPSPソフトもあるんだけど、先に紹介しときたいゲームがあったので、珍しく、発売前ゲームの紹介。といっても、もう明後日には出るんだけどw

PATAPON(パタポン)
公式サイト】 PSP / ソニー・コンピュータエンタテインメント / \ 4,980



 最近、CMも流してるそうなので知ってる人もいるかな? ゲーム系雑誌やニュースサイトで紹介されてるだろうから、ココ見てる人なら知ってるか! ジャンルはコマンド・カーニバルって公式にあるけど、分からんぞw

 どんなゲームかというと、基本はRTSなのかな? でも、そんなに堅苦しくはない。RTSは苦手なんだけど、オレのハートにヒット! センスというか雰囲気が良い! (*´д`*) もう見た目だで買い決定。予約しちゃったw ”パタポン”と呼ばれる目玉に手足が生えたキャラに、PSPの○□△×の4種類のボタンに対応した命令を行わせる。横スクロールで、ごっちゃりいる(そういうのも好き!)様々な種類のパタポンを、行く手を阻む敵を倒しつつセカイの果てまで導くのが目的。

 画面やキャラクターなど切り絵で表現され、独り言を言ったりで、とにかく可愛いw 4つのボタンは、押すことで太鼓のメロディーが鳴り、その組合せが命令となるんだけど、まるで音ゲーをしているような感じになるそうだ。実際、ゲームに使用した容量の半分以上が、なんと音楽に使われているとのこと! パタポンを生み出し、編成することになるんだけど、その種類もさることながら装備なんかも可能で、見た目も変化するし、レアなパタポンが生み出されることもあるとのことで、成長要素も楽しそうで仕方がない!

 あとは・・・難しくないことを、祈るばかり。ゲーム中は太鼓のリズムで賑やかに、パタポンたちのセリフでまったりできそうだ・・・動画を見ると、かなり激しそうだがw

 そういえばCMなんだけど、アレって女性をターゲットにしてるっぽい? 確かに見た目は可愛いけど、ゲームはかなりコア向けだと思うんだがw 見た目はロコロコっぽい気もするんだけどさ。・・・さては! PSPの携帯性を利用して、恋人同士でくっついてプレイとかなのか!? でも画面見難い・・・あ、新型はテレビに出力できるのか。・・・ち!

 と、まーオレのアレはおいといて、面白そうじゃない? 実際に遊んだら、改めてレビューするね! (´∀`)b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。