きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Viking:Battle for Asgard」クリアしたよ!
 いや、ホント、やっとクリアしたって話でして・・・w 去年の年末からプレイし始めたんだけど、プレイ時間的には30?40時間ってトコかな? いや?面白かったよ。

Viking:Battle for Asgard
公式サイト】 XBOX360 / Sega Of America, Inc. / $ 39.99


 最初は派手にアクションができるゲームだと思ってたんだけど、実はステルスゲーだったワケであるが、思っていた以上に楽しめた! ステルスゲーといっても、基本的には戦闘がメインなので、その辺りのバランスは良かったと思う。洋ゲーらしい部位切断などの派手な演出も良かったし、自然の美しさや雄大さを上手く表現していた。

 英語版ということもあって内容は不明だったけど「奪われた土地を奪い返す」ことが目的だったと思うw 街一つを奪い返すため、その街に侵入したり、点在しているキャンプなどで捕らわれている同胞を救出して集めた後、大挙して攻め入ったりする。ドラゴンを解放していれば、リーダー的な敵を倒すことで入手できるドラゴン・ストーンを使用して、マップ上の特定エリアを業火に包むことも可能(開発側によると、これはストラテジー要素だそうなw)。北欧神話を題材としているファンタジー系ではあるが、日本的な「ファンタジー」ではなく、せいぜいドラゴン、巨人、魔法くらいしかないが、その控えめな感じが”リアル”だったと思う。次に何をすべきか、は全体マップに位置と目的が表示され(会話のログも残る)英語が中学生レベルのオレでも、最後まで雰囲気を楽しみながらクリアすることが出来たのが良かったな。

 題材や素材は良かったと思うんだけど、やることが同じ、かつ敵の種類も少なくて全体的に単調だった感は否めない。音楽が盛り上がりに欠けていたことも(無音が多く、効果音がメイン)助長させたと思う。スニークのパターンが、もっと多ければとも思ったな。戦闘でも巨人戦みたいな「God of War」でお馴染みのコンテキスト・センシティブ・アタックで戦う大型モンスターもっと欲しかったぜ!

 箱庭+スニーク+3Dアクション+部位切断+ファンタジー+ムキムキ。通なゲームだとは思うけど、次回作があれば期待できるし、買うレベルの作品だったよ! (´∀`)b


2009-03-31-01.jpg
最後のドラゴンを召還し、最後の戦いに赴く戦士たち!

2009-03-31-02.jpg
乱戦の最中、レーダーを頼りにボスを探すんだぜ!

2009-03-31-03.jpg
ボスを倒してドラゴン・ストーンを入手できたら、敵の弓兵やシャーマンを焼き尽くす命令を下せるんだぜ。

2009-03-31-04.jpg
先に進むための目的でもあるシャーマン退治は、ドラゴンの力を借りずに、直接、手を下すことも可能だ。

2009-03-31-05.jpg
シャーマンを退治したら、次は巨人を倒すのだ。これが終わったら、ラスボスのいる塔へ登ることになる。道中の難易度はそうでもないけど、ラスボスが若干、面倒だった!
スポンサーサイト
D&D第4版がよくわかる本
 久々にTRPGの記事ですお! (・∀・)
 「雷鳴山の迷宮」がまだ届いてない。ていうかAmazonさんで注文したTRPG書籍は発売日より遅くなることが多いのだが・・・オレだけ? 「モンスター・マニュアル 第4版」は大丈夫かなぁ。

D&D第4版がよくわかる本
柳田 真坂樹 (著), 戸橋 ことみ (イラスト)


 というわけで、さくっと届いたのが「よくわかる本」である。ついに出たか! 赤箱の時のは読み返しまくったからな?感慨深いものがあるぜ。イラストがオレの大好きな幡池裕行氏だったこともあるんだが。

 届いた箱を開けて驚いたのが、文庫本じゃないこと! 雷鳴山が届いたかと思ったぜ。そしてカバーイラストのライトっぷりに、ちょっと赤面w これは以前から言ってるけど、オレの好みじゃないだけだからな・・・世間(TRPG愛好家たちの間)ではこれが普通であり、ウケてるんだろう。

 内容の方はといえば、カラーページを使って視覚的にも分かりやすい簡単なルール解説、本編でもあるリプレイ、4版の紹介(発売済みの冊子は当然ながら、フォーゴトンについてもぼちぼち)、シナリオが1本で構成されており、相変わらずのペラペラ具合ではあるが、いつもケチつけている価格的にはこんなモンかな? と思えるものとなっていた。これで1,000円をきれば、なお良かったんだけど。

 「D&Dがよくわかる本」のような生々しさ(苦笑)はなく、今風の「読み手のことを考えて作られた」リプレイとなっており、随所にルールの解説などがある。一応、TRPG初めてな人向けな解説もあるけど、そんな人がコレを手にするかは謎だw 「TRPGは知ってるけど、D&D4版ってどんなん?」って人向けな気がしたよ。

 だから、D&D4版に興味はあるけれど・・・って人にオススメしたい1冊です。TRPGに興味があるというだけの人は、T&Tをオススメしとくw

* * * * * *


 TRPGといえばオレ大好きな「Earthdawn」ですが「Runequest」「Elric」「Traveller」「Conan」などでお馴染みなMongoose Publishingから発刊されるみたい! マジか! つかEDは固定ファンがべったりで、新規の取り込みが難しそうなイメージがあるぜw ま、英語版だけどリリースは楽しみにしてるよ!
MARUTO 耳掻き
 とりあえず来週からは、だらだらできたらいいな。頑張った、今月はホントに頑張った! (`・ω・´)

MARUTO 耳掻き


 耳のお掃除はし過ぎは良くないというか、基本的には放置のが良いらしいけど、週に2?3回はほじくっちゃうんだよね・・・しかも、割とガリガリするのが好きという! よくない! マジで良くない!
 と、まーそんなオレの性癖(?)はさておき、以前は竹で後ろにぼんぼんが付いてるのを使用してたのだが、メタル系の材質のがずっと気になってたのだ! で、竹の耳かきが行方不明になったので(!)それを機会に購入してみたのだー!

 届いて驚いたのが、その大きさ! 小さすぎる! 無くしそうw 使い心地はというと・・・竹のよりもガリガリできないので「掻き出したぜ」感は薄いけど、優しくカリカリできる。たくさんとれるかどうかは、こまめに耳掃除してるので、良くわからなかったりするw

 ナンにせよ、耳かき大好きだから、まー掃除できりゃいいかなーってコトでw
HELLSING 10
HELLSING 10
平野 耕太 (著)


 ついに完結ッ! 感無量・・・10冊の発刊に10年ってスゲーなw 基本的にバトルマンガではあるが、戦争と死という生々しさを存分に書き上げてくれたと思う。ま、純粋に「カッコイイ」のでありますけどw カバーと巻末コメントは相変わらず「くるっとるwww」なノリで。次の新連載も決まっているようなので、また単行本は買うと思う! いつかアニメ版も見たいのぅ!
終わりと始まりのマイルス 1
 年度末ラストスパート、激忙しいわけで、土日も仕事ですよ? (;´Д`)

終わりと始まりのマイルス 1
鬼頭 莫宏 (著)


 最近、マンガの新刊はAmazonさんに教えてもらっているw 「なるたる」で好きなった鬼頭 莫宏氏の新刊。物語はというと、ざっくり言うと「擬人化」モノ。物に宿る人の想いが神となって姿を現し、それを使役する人、不思議な世界・・・そして、やはり下ネタw 直接的な描写はないけどなw 世界観というか設定は、とても日本的だと思いました。
Guitar Hero Metallica
 メタリカだぜぇええええええ! (`・ω・´)

Guitar Hero Metallica
公式サイト】 XBOX360 / Activision Inc. / $56.99


 というワケで世界的にも有名な音ゲー「ギターヒーロー」の新作だ。エアロスミスに続いての単作「メタリカ」である! と、言っても実はあまりメタリカ知らなかったりするんだがwww

 ゲームについては何度も紹介しているので今更ではあるけど、うん、「Guitar Hero World Tour」と全く同じだ。ギター・ベースは当然ながらボーカル、ドラムのプレイも可能となっている。ただし、今までのシリーズはステージ毎に決められた曲をクリアすることで、新たなステージ(曲)に挑戦可能になっていたのだが、「Rock Band」のように曲の達成率を星の数で表示し、その星の数によって新たな曲がアンロック・・・つまり、ゲームのシステムも同じになちゃったのだ。いや?偶然ってあるもんだね(棒)。ま、RBもプレイしている身としては分かりやすいですけどもw
 エアロスミスと同様、メタリカの曲の場合には本人達が演奏する。ゲストの曲は、新たに作成するアバターが演奏することになる。曲を演奏することで、楽器やステージ、キャラクターなどがアンロックされる他、お金も得られれて、それで衣装を買うことが可能なのも、これまでのシリーズと一緒。だから、プレイすることに関しては、シリーズ経験者には分かりやすいと思う。

 あとは「メタリカ」を楽しめるか? であるが、メタリカ好きなら買って間違いない。音ゲー好きにもオススメしたい。曲の判定がちょっと甘いというのもあるけど、ノートがGWHTに比べて面白くて、弾いていて楽しいのだ。曲についてもヘヴィなイメージがあったんだけど、いやいや、スゲェカッコ良い曲が多いですわ! 少なくとも、今作に収録されている曲では、そう思った。うーむ、アルバムを1億枚売っただけあるぜ・・・

 そんな「Guitar Hero Metallica」の収録曲は以下の通り。

Metallica

"All Nightmare Long"
"Battery"
"Broken Beat & Scarred"
"Creeping Death"
"Cyanide"
"Disposable Heroes"
"Dyers Eve"
"Enter Sandman"
"Fade To Black"
"Fight Fire With Fire"
"For Whom The Bell Tolls"
"Frantic"
"Fuel"
"Hit The Lights"
"King Nothing"
"Master of Puppets"
"Mercyful Fate" (Medley)
"My Apocalypse"
"No Leaf Clover"
"Nothing Else Matters"
"One"
"Orion"
"Sad But True"
"Seek & Destroy"
"The Memory Remains"
"The Shortest Straw"
"The Thing That Should Not Be"
"The Unforgiven"
"Welcome Home (Sanitarium)"
"Wherever I May Roam"
"Whiplash"

Other Artists

"No Excuses" by Alice In Chains
"Turn The Page" by Bob Seger
"Albatross" by Corrosion of Conformity
"Am I Evil?" by Diamond Head
"Stacked Actors" by Foo Fighters
"Hell Bent For Leather" by Judas Priest
"Demon Cleaner" by Kyuss
"Tuesdays Gone" by Lynyrd Skynyrd
"Beautiful Mourning" by Machine Head
"Blood And Thunder" by Mastodon
"Evil" by Mercyful Fate
"Armed and Ready" by Michael Schenker Group
"Ace of Spades" by Motorhead
"Stone Cold Crazy" by Queen
"Mother of Mercy" by Samhain
"War Ensemble" by Slayer
"Mommy's Little Monster" by Social Distortion
"War Inside My Head" by Suicidal Tendencies
"Toxicity" by System of a Down
"Black River" by The Sword
"The Boys Are Back in Town" by Thin Lizzy

 

2009-03-26-01.jpg
オープニングやストーリーの方では、いつものように味のあるデフォルメされたアニメキャラ。似てるし演出が良くて好きなのだw

2009-03-26-02.jpg
今回もkiyuつくったよ! 衣装やパーツなんかはGHWTと基本的に同じ。追加されたって感じかな。

2009-03-26-03.jpg
調子に乗って難易度ハードで進めております。(`・ω・´) 今のところは全て星5つ評価(最高)クリアしてるけど、中盤くらいから壁が出てきそうです・・・ミディアムな難易度で5ボタンがあれば最高なんだがな!

2009-03-26-04.jpg
これぞメタリカって感じですよ! メタリカ知らないけど! 演出とか派手だしカメラワークも良いし、GHWTはアレだったけど、次回のGH新作には期待できそうですぞ!
3月購入CD そのに?
 ちなみに、注文して届いてないCDもあるんだけどな(!)。それは、まー4月になるんだけど・・・ていうか、もう4月か! 早ぇーなオイッ!

 Day at the Fairは爽やかなエモ。疾走感があって良いです。Houston Callsは重いエモ。ボーカルのキー高めなので全体的には重くないけどw KutlessはRockBandで知って気に入ってしまったのだ。ホント、ゲームで知って、CDを買うことが多いぜ?。


The Rocking Chair Years
Day at the Fair



A Collection of Short Stories
Houston Calls



To Know That You're Alive
Kutless



Day at the Fair- Remebering Britt

最初はピーってなってるけど、ちゃんとプロモ(?)だからねっw

Houston Calls - Bob and Bonnie


The Feeling- Kutless

弾けますとも! (`・ω・´)
3月購入CD そのいち?
 今年のサマソのヘッドライナー決まりましたネ! やはり目玉はBeyonce! スゲェ! でも物真似の人しか分からないんだけどもオレwww 流石に知ってる名前が多いけど、見たいな?っていうのはParamore、All American Rejectsくらいしかねぇw WOWOWで放送してくんねーかな・・・

 とりあえず3月も末なんで、今月買ったCDの紹介だ! ていうか毎月買ってるワケじゃないんだけどねw NFGは今更感あるけど、やっと購入したんだぜ。LSFは1曲目のイントロにやれらた! いいぞーいいぞー。Cruiserweightは女性ボーカルバンド。Paramoreを聴いてから抵抗がなくなった。メロディー良いならいいじゃない! ちょっと音が軽い感じがするけどParamore好きならイケるんじゃないかな。


Sticks & Stones
New Found Glory



All the Things You Said
Long Since Forgotten



Sweet Weaponry
Cruiserweight



Long Since Forgotten - Prize Fighter
Warhammer Online 27殴り
2009-03-23-01.jpg
 まったりプレイ継続中ですよ! サーバ統合されたりフリートライアルが提供されたりと、ちょっとアレな感じもするけど、まだまだ終わらんよ!

2009-03-23-02.jpg
 とはいえ一緒にプレイする人もいないので(時間が合わない)ソロプレイ。一人でも、なんとかギルドランクを上げてやるよ! (`・ω・´)

2009-03-23-03.jpg
 でかいmobだって・・・一人で平気だもん! Σ(´Д` )

2009-03-23-04.jpg
 新キャリアも使用できるようになったけどチョッパだからなぁ。スレイヤーと比べると見劣りしちゃうんだぜ! とりあえず「WARギルド探訪記」の取材が来たらどうしよう! と悶々してます。

 (´∀`)b
Darkfall 3PK
2009-03-22-01.jpg
 ドワーフでプレイ中! (`・ω・´)

2009-03-22-02.jpg
 相変わらず死にまくってますが・・・ Σ(´Д` )

2009-03-22-03.jpg
 サービス開始直後のQueuingがウソのようにログインできるようになったのは、サーバが強化されたのか人が減ったのかw とりあえず、個人的には微妙ですわ。UOというかSBかな? 戦闘の「アクション」もイマイチだし。雰囲気があの頃UO、というのも違った。これはプレイヤーの質や時代の流れ、があるんだと思う。UOもEQもDAoCも「あの当時だったからこそ」な楽しさ、まさに懐古というのを思い知らされる。
 故に、そういったのを期待してると肩透かしを食らう。とりあえずプレイ直後から戦闘がそこそこできるとかではないので、地味に?地味に?頑張るしかない。生産はお馴染みなものが揃っている。そういう見た目というか外観というか、形的にはUOっぽい。ただこの世界で生き抜くためには、一人では無理。ギルドに所属し、プレイヤータウンを形成し、戦争し・・・最終的にはSBになる。UOのように何でもアリな世界でまったりと生活できるほど、世界は優しくなく、何かしらのしがらみが必要というのは、昨今のMMOっぽいと思う。

 素直に「対人戦を遊びたい」なら、まだWARの方が良いかもしれない(ゲームバランスはさておき)。「対人戦を楽しみたい」のであれば、じっくりと腰を据えてプレイする必要がある。とりあえずグラフィックとか挙動のレベルが一世代前ですw UIもイマイチで、特に戦闘とルートの切り替えが面倒くせぇ! ヽ(`Д´)ノ
「Rock Band 2」 シンバルを入手する!
 というわけで、ついに買ったのだよ?!

Rock Band 2 Double Cymbal Expansion Kit


 標準のドラコンは4個のボタンがドラムっぽく並んでるって感じなんだけど、当然ながら本当にドラムをやってる人にとっては、叩き難い事このうえないらしいw モノホンの楽器を叩いたことのないオレにとってはあまり関係なかったりしたんだけど、実物を購入してセットすると・・・違う。もう存在感が違うッ! ・・・けっこう大きくて邪魔ですwww

 さっそくプレイしてみたんだけど、けっこう叩きやすくなった! 凄いなw 変わるものだなぁ。配置的には左から2個目の黄色パッドが左上に(どっち叩いても反応はする)一番右側の緑パッドが右上になる。中央に青色1個を配置する「Triple Cymbal Expansion Kit」もあるんだけどドラム経験者に2個で十分とのアドバイスを頂いたので、その通りにしたー。

 実物はこんな感じ。

2009-03-21-01.jpg

 ちなみにドラムスローンは楽器店で(通販だけど)購入したwww

 さてRock Bandといえば毎週配信されている曲でありますが、先週はThe Offspringでクレイジータクシーでお馴染みの「All I Want」そして「The Kids Aren't Alright」が配信された! イェー! 今週はJames Brownの「"Get Up (I Feel Like Being a) Sex Machine - Pt 1"」が! ゲロッパ! Guitar Hero World Tourでは「The Rise Against Track Pack」「The Rasmus」をDLした。相変わらず寂しいw まRock Bandの方は微妙に選曲を外してる気もするがなw 好みの問題なんだけどさw 
今期、見ているアニメ
 というネタを書こう書こうと思ってたら、そろそろ終わりそうになってるじゃねーか! 危ない、危ない。ていうか終わってるのも・・・あるな?w

■続 夏目友人帳 
http://www.natsume-anime.jp/
-「続」ということで二期らしんだけど、一期を見てないw マンガが原作らしいけど、まったりしながら見れてるよ。ニャンコ先生がラブリー。

■とらドラ!
http://www.starchild.co.jp/special/toradora/
-ライトノベル原作のラブコメアニメ。いま一番、楽しんでるw 面白ぇw アニメ声とかにちょっとイラっと来ることあるけどw 川嶋の「人間らしさ」とか櫛枝の「本音」とか熱くて良いですわ。

■屍姫 玄
http://www.starchild.co.jp/special/shikabanehime/index.html
-「屍姫 赫」が終わって今は「屍姫 玄」となってる。前編・後編みたいな感じ? 内容的にイマイチというか別に女性じゃなくても良くね? サービスショットとかいらねぇ! あと声優も微妙じゃね? とりあえず惰性で見てる感じ。

■鉄腕バーディー DECODE
http://www.birdy-tv.com/
-二期目。あまり注目してなかったけど、思ったよりも「重め」なストーリーが良いでわ。マンガ原作だけどそっちは読まないと思う。

■ドルアーガの塔 
http://www.druaga-anime.com/
-一期を見終えた時にはどうなることやら思ってたけど、もう見れる日が来てるとは、時間の流れは無常じゃのぅ。相変わらずOPは好き。物語の方も、何がドルアーガなのかは分からないけど盛り上がってるぞ! MMO版をプレイしなきゃ?

■黒神
http://www.kurokami-anime.net/
-イマイチ見る気がしなかったけど物語の根底となる設定が面白いなぁと思いつつ、キャラもよく動くなー作画も綺麗だしーと惰性でそのまま。

■みなみけ おかえり
http://www.starchild.co.jp/special/minami-ke/3/
-二期目。一期目もけっこう好きだったんだよね! まったり見れるのが良いですなぁ。ED終わった後にも物語があることを最近知った・・・。原作の方は絵がダメな感じだったw

■鋼殻のレギオス
http://anime.webnt.jp/regios/
-小説のアニメ化。なんていうかノリノリで見れないお年頃になってしまったw そんな内容。見てるけどね! オレ的に「アニメらしいアニメ」だと思う。音楽が浅倉大介氏なことに驚いたw

■VIPER'S CREED
http://viperscreed.jp/
-絵が一昔前というか何と言うかハードボイルドなアニメ。でもCGがスゲェと思った。ただラストに向かっての、あの展開はイマイチ感動できないなぁ。

 この他には終わってしまったけど「フルメタル・パニック?ふもっふ」は楽しめたよ。無駄なお色気は蛇足だと思ったが。再放送の「蟲師」「ふしぎの海のナディア」「機動戦士ガンダムSEED」はDVDの番組表に今週は載ってないんだけど、もう終わったのか!? 「交響詩篇エウレカセブン」の再放送も見たいんだけど放送してる時間に帰れてないからなぁ・・・なんで今頃エウレカかと思ったけど、劇場版やるんだっけね! DVDを予約しといたよw エウレカといえばPS3限定配信だった「亡念のザムド」は結局、TVで放送されるとのことで嬉しい限りw 北海道でも見れるのかは謎だけど!

 4月からで気になってるのは「鋼の錬金術師」「グイン・サーガ」「シャングリ・ラ」「東のエデン」「亡念のザムド」かな。とりあえず余程じゃない限りは全てチェックするので他にもアタリがあれば良いなぁ?まったり系があると良いなぁ?思ってる!

 ま、アニメはいつも通り、PC作業中に見る(聴いて)モンだがねw
怒矮夫風雲録 闇の覇者
 怒涛の一ヶ月もやっと落ち着きを見せ(いや、まだ忙しいんだけどね・・・)明日の3連休は、久々にゆっくりできそうです。

 なんか読みかけの小説も数冊あったりするんだけど、久々に新刊を購入だ! といっても発売されたのは去年の12月26日なんだけどw

怒矮夫風雲録 闇の覇者
丸楠 早逸 (著)、酒寄 進一 (翻訳)


 ドワーフが完全主人公のこのファンタジー小説、原作はドイツでシリーズ累計120万部を突破している人気作で映画化も決定している。ドワーフが主人公となれば注目せざるを得ないだろう! というわけで喜び勇んで手に取った(注文)したのであるが・・・なんかタイトルおかしくね?

 そう・・・この翻訳者、何を思ったのか「ドワーフ」を「怒矮夫」と翻訳してしまってるのだ! いや、翻訳じゃないですね。当て字ですねw でも当て字で済まされるレベルだろうか?w というわけで作中ではドワーフの他、お馴染みのエルフも登場するんだけど「枝流風」となっているw オークは「小鬼」、ゾンビは「屍鬼」この辺りは定番っつーか、分かるんだけど・・・怒矮夫ってw ちなみに、登場人物の名前も全て漢字にされている。バリンディスは「葉鈴貞」、グンドラブルは「軍怒羅」、ガンドガルは「巌雅」、ゴイムガルは「鉱雅」といった風だ。ま、全員ではないんだけどね(主人公はカタカナ表記だ)。ただ、ちょっとやり過ぎじゃないかと思うのは、作者のマルクス・ハイツ氏の名前さえも「丸楠 早逸」としてしまっているところだw

 700ページということもあって、まだ読みきれてないんだけど(連休中に読み終えれたらイイナー)なかなか面白い。シリーズということもあって、次が発売されるのかが心配だ・・・。アスキー・メディアワークスのD&D小説サイトの更新も停滞したままだしな。って、人のこと言えないな!

 とりあえず映画が楽しみです。 (´∀`)b
BECK
 「20世紀少年」を大人買いした時に、どちらを買うかで悩んだ、もう1セットがこの「BECK」だ。いや?最高に面白かったよ!

BECK
ハロルド作石 (著)


 ジャンルとしては少年マンガではあまり見ない「バンド」をテーマとしている。バンドを継続する苦悩、人間関係、ラブコメ、挫折、達成感などが詰め込まれており「最初は音楽に興味なかった少年が・・・」というサクセス・ストーリーな辺りは少年マンガの王道、とも言えよう。個人的にはラブコメ(特に後半)にモヤモヤしちゃったよw
 バンドがテーマということもあり作中では実在するアーティストも扱われている。それは洋楽がメインであり(中表紙が実在しているジャケのパロディだったり)洋楽好きな人は、より楽しめると思う。ただジャンル的にはグランジ、クラシックロックとかなので、マンガを読んでいても頭の中に流れる音楽も、そうなってしまったw

 これは手元に残しておきたいマンガだなぁ。読み終えた後「Rock Band」を無性にプレイしたくなったぜ!w
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。