きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
のだめカンタービレ 24
 完結した”のだめ”の新刊ですが。

のだめカンタービレ 24
二ノ宮 知子 (著)


 新刊と言っても「アンコール オペラ編」と言うことで外伝みたいな扱い。でもナンバーは続刊というところがイヤらしいと思うのはオレだけでしょうか? とりあえず”フィナーレ”からの続きで色々と話はブッ飛んでますが物語は進むわけですな(黒木くんの話とかチョー読みたいんですが!)。

 番外編だからなのか、本編の頃のようなパワーを感じられずに淡々を読み終えてしまった印象、うーむ。「以前から描きたい」とは本人の弁らしいけど、本当かしらねーと邪推したくなりますな。映画もあることだし? 何れにせよ本編がブツ切れで終わった感じだったので、そっちをどうにかして欲しいと思う人は多いと思うんだがな。せめてヒーローとヒロインの結末に形を作るべきだったんじゃないかね? ま、今更ですがw

 続きのようで続きじゃないので「終わってなかったんだー!」みたいなノリで楽しみにしてると壮絶な肩透かしを食らうのでご注意を。