きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Kiss the Sun Goodbye
Kiss the Sun Goodbye
VAMPIRES EVERYWHERE!

 
 欧米でティーン・エイジャー達の間でちょっとしたブームとなった(過去形でいいよね?)ヴァンパイアをモチーフとしたエレクトロ+メタルコアなバンド。そのヴィジュアルも今風ヴァンパイアって感じでBlack Veil Bridesのような、なんつーか日本で言うトコのヴィジュアル系なんですかね? ま、音がカッコ良けりゃなんでもいいんですけども。スクリームもあるけど全体的に聴き易いと思う。Katy Perryのカバー曲も収録されてるよw

 (´∀`)b

Immortal Love
スポンサーサイト
The Flood
The Flood
Of Mice & Men

 
 ATTACK ATTACK!のボーカルが脱退して結成したスクリーモバンドの2枚目となるアルバム。ATTACK ATTACK!のピコピコ感を無くしてガッツリとスクリームしました! って感じでスクリーモ好きには堪らない1枚。ブレイクダウンのクリーンボイス、エモメロとか堪らんです・・・。相変わらずヘヴィかつコアな音で距離を置かせつつも美声で呼び込むって感じが好きだ!w 基本はスクリームなんですがネー。

 (´∀`)b

Second and Sebring
Burning at Both Ends
Burning at Both Ends
Set Your Goals

 
 前作の評判の良さでオレも購入した3枚目となるアルバム。メロディックパンクしていた前作に比べるとよりメロディックになりポップパンクって感じになった。かなり明確な音楽性の変化なので、ファンは賛否両論あるだろうなぁ~と思ってたら、やはり売れてないみたいね。個人的にはアリとは思うけど、やはり売れ線目指してるんちゃうのと思われるだろうなー。PVも古いのしか見つからなかったわ! きー!

 (´∀`)b

Echoes
war paint
war paint
The Dangerous Summer

 
 TDSのアルバムが2年振りに出た。相変わらずのエモエモメロにまったり・・・。うん、ホントにまったりしちゃうよ! ちょっと昔を思い出して購入してみたけど、もうあの頃には戻れないんだな~サヨナラ、オレの感性w そんな感じでこてこてのこれでもかってくらいのエモ。今年のWarped Tourに参加しちゃったりしてるんで、気になる方はチェックしとくんやで~!

 (´∀`)b

War Paint
Top Contenders: the Best of Strung Out
Top Contenders: the Best of Strung Out
Strung Out

 
 オレ大好きなStrung Outのベストが出たー! 新曲3曲を含んだ全26曲! 全てリマスタリングでこの価格・・・これぞベスト! やはりベストってこうあるべきだよなー! オレがStrung Out好きなのは泣きメロと疾走感と攻撃的なリズムなので、ぶっちゃけ新曲(未発表曲)はイマイチ感あり。それにしたってお得なのは間違いなので、気になってた方は是非ともこの機会に! マジで音質良くなってるんで過去販の盤を持っている方にもオススメ。

 (´∀`)b

Analog
ESKIMO CALLBOY
ESKIMO CALLBOY
Eskimo Callboy


 ドイツ発の6ピース、ピコリーモバンド。ベースとなるスクリーモはかなりコアな感じで、かなり激しくスクリームしております。デジタルなピコピコメロ、ブレイクダウンのリーンボイス、そしてエモメロ・・・まさに王道ピコリーモ! こういうの大好きデス。チャラさは薄くて激しさ(本来のスクリーモ味)が強いんで、最近の聴き易いピコリーモ好きだと受け入れ難いかも? そして何故Katy Perryのカバーをw

 (´∀`)b

Monsieur Moustache vs. Clitcat


California Gurls (Katy Perry cover)
Death Dealers
Death Dealers
ADEPT


 スウェーデン発の5ピース、スクリーモバンド。スクリーモと言ってもメロディーは北欧バンドっぽい叙情感があり、ソリッドな音質はメタルコアっぽくもある。最近のオレが好きな感じのチャラさは皆無w 前のアルバムのがメロ的には好きだったけど、コレはコレでカッコ良い。ジャケだけは擁護できんダメさがあるけどなw どうしてこうなった・・・

 (´∀`)b

The Ivory Tower
のりりん 3
のりりん 3
鬼頭 莫宏 (著)


 自転車、と言うよりはロードレースのマンガの最新巻! ロードレースなだけあって乗る自転車はウン十万のロードバイクと呼ばれるもの。日本では非常にありがちな話ではあるけれど、ヨーロッパなんかではサッカーに次ぐ人気競技で世界的に見ても人気のあるスポーツなんですがネー。
 3巻でやっとロードレース! この巻ではその決着までを描いているので一気に楽しめる。相変わらずのウンチクも面白いですw 知らないからこその楽しみかな。本格的にロードをやるのか、杏さんとはどうすんのかw 4巻が待ち遠しいわー。

 (´∀`)b
JOIN ALIVE 2011
 夏です! (・∀・)

 夏といえば「ロックフェス」

 北海道の定番フェスと言えばRSRことRISING SUN ROCK FESTIVAL。北海道どころか国内の野外邦楽フェスとして見ても最大級ではあるのだけど!

 昨年はRSRに行ったのだけど、今年は・・・アーティストがオレ的に残念過ぎて行く気になりませぬ。

 んでんで!

 野外邦楽フェスとしての歴史はまだ浅いものの(なんせ今年で2回目w)今年はオレ的にマストなアーティストが多数参加する「JOIN ALIVE」に行くことにしたよ! よ! (*゚∀゚)=3ムハー


NO MATTER LIVE 2011


 今年で2回目となるJOIN ALIVEは札幌から車で約1時間、岩見沢市にある「いわみざわ公園」の野外音楽堂キタオン、北海道グリーンランド遊園地内で行われる。既存のロックフェスに習い、複数のステージで同時進行する形態で音楽を楽しむ。JOIN ALIVEの主催者は元RSRの創立メンバーの方だったりと、まー色々と確執とか金とかあるんだろうけど、ここでは割愛。RSRに比べるて流石に小規模ながらも、参加アーティストは20~30代向け、海外アーティストの参加などの差別化は図られている。

 さて。

 オレのお目当ては本日1日目に集中していた。通して必ず見たいのは「Fear, and Loathing in Las Vegas」「coldrain」「the HIATUS」「THE MUSIC」の4バンド。これで十分元はとれるw あと時間合えば「OKAMOTO'S」「マキシマム ザ ホルモン」「SCOTT MURPHY+SPARKS GO GO」「雅-MIYAVI-」くらいかなぁ。ちょー残念だったのは2日目に「FACT」があること! これだけが残念無念ッ。FACTが1日目にあれば文句なかったのにな~。ジャンル的にも1日目に持って来て良かったんじゃね? と思えなくもないが。

 それでは時系列を追って感想を書いていこうと思いますよ(お! 日記みたいだね)!

 開場時間は遊園地ということもあって9:00からだ。フェス自体は11:00からのスタート。オレが見たいアーティストは12:20からだったけど、駐車場に入れることや昨年は渋滞した(と言っても事故があったからっぽいが)ことも考えて、9:15には自宅を出ることにした。まー早く着いたら冷やかし気分で(失礼だなw)Perfumeでも見てやろうかと思っていた。

 しかし!

 その「早く着いたら」っちゅー考えは非常に甘かった。いや、実際、そこまで甘くは見てなかったんだよ? 札幌から岩見沢までなんか車で1時間かからんし。しかも高速使ったからね! 高速使えば30分で行けるうえ、開場はインター降り口から近いんだよ。
 高速に乗り岩見沢ICの降り口で約1キロの渋滞。ここで時間は10:30くらい。ICから会場までは3キロないくらいの距離だ。しかし、これがまた面白いくらいに進まないッ! いや面白くないんだけどね(涙)? やっと高速から降りれたのが11:00過ぎ。たった1キロを30分・・・ヤバイ気がしてきた。しかも車も動かない。たまらず友人にメールしてみたりしてた。
 会場までのルートは基本1本しかないようで、フェスは当然ながら公園の利用者、また国道と言うこともあって激混みだった。ここまで動かないとは流石に思っていなくて、12:00を過ぎてからは諦めモードに入っていた。Las Vegasちょー見たかったけど、年明けに見たしなーと自分を誤魔化してみたものの、新しいアルバム出したからセットリストは新曲ばかりかー! と悶々としつつ、車中でそのCDを聴いて過ごしたw

 結局、時間に間に合わなかった。が、問題は次だ! Las Vegasの次のcoldrainは初だし見逃すわけにはいかん。しかし・・・Las Vegasには間に合うと思ってたんで次の時間をまったく考えてなかった。タイムスケジュールも会場でもらえるからとプリントアウトしてこなかったし。友人に確認してもらうと、なんと13:30から! 駐車場はこちらの看板が見えて来て、なんか長閑な風景は広がっているものの、時間は13:00過ぎてる・・・。車の列はずーっと続いてはいるものの少しづつ進んでいる。いや少しじゃヤバいからー!
 周りを確認してみると車の列は北海道グリーンランド遊園地の入り口に向かっているようだ。確かに、あの入り口にはAとBの近い駐車場があった。でも台数制限とかあるから既に埋まっている気がする。となると離れたCの方に行くべきだと思うんだけど、そちらへの誘導はない。と言うことはAかBにまだ余裕があるんか? うーん。と、ふと見ればC駐車場への案内看板があるじゃん。もう面倒だったので、車の列から抜けてC駐車場へと向かうことにした!

 あとは非常にスムーズに。駐車場入り口の方に駐車券を渡して、RSRの時のような芝上に車を止める。会場まで遠いC駐車場には、入り口までのシャトルバスが運行している。それがちょうど停車していたのでコレキター! と思ってたら、なんか会場入り口じゃなくて、ちょっと遠くの方に止まるとか、1台でしか運行してないとかで時間かかりそうだったので、もう徒歩で行くことにしたよw

 かなり膀胱が限界だったけど友人の励ましもありw 無事に会場に到着したのは13:30。札幌から岩見沢まで約4時間とかネーヨ! (´・ω・`) 入場口への列に並び、チケットと引き換えにリストバンドを巻いてもらったら即行でトイレにw 時間的に開演しちゃってるけどcoldrainのステージであるVELVET CIRCUSへダッシュだ!

■coldrain
 初めてということもあり見逃したくなかったバンド。ステージのVELVET CIRCUSは遊園地内にあるテント小屋(サーカスとかショーとか普段やってる)で収容人数は約4,000人とのこと。既に曲は始まっていたけど半分もいなかったなー。それでもスタンディングエリアは大盛り上がりだったので、モッシュなどに巻き込まれないようw そこそこの位置でガン見しつつ暴れておきました。coldrainも新譜出してたけど、1stアルバムの曲も歌ってくれたりでスゲー良かった! 生音カッコイイ! ボーカルは最後はステージから下に降りてたしw 暑かったけど(空調とかガンガン効かせて欲しかった)熱いステージだったぜ。


NO MATTER LIVE 2011


 本当なら同ステージで12:20からのLas Vegasから引き続きで興奮冷め止まずだったんだけどな。あとは17:00までをだらだらと過ごすことにする。とりあえず遊園地から出てキタオンへと向かう。キタオンまでは駐車場を柵で囲って通路とし、それぞれの入り口でリストバンドの確認を行うことで自由に出入りが可能となっている。キタオンはROSE STAGEと呼ばれる野外ステージで収容人数約14,000人とJOIN ALIVEのメインステージとなっている。キタオンへと向かう途中の駐車場一画をオールスタンディングとしているのがFUTURE FLOWERSと呼ばれるステージ。収容人数は約3,000人だけどROSE STAGEに向かう途中で強制的にw 聴くことができるので、気になったら立ち寄れたりもする。FUTURE FLOWERSからROSE STAGEの間は飲食や喫煙などの企業ブース的な区間となっている。
 とりあえず何か食べようかと思って立ち寄ってみたけど、どこも値段が高いな! お祭り価格とはいえ200~300円くらいのものが500円とか酷いw 出店している飲食店は地元が多いのかな? カレーとラーメンが異常に列をなしていた。飲み物は持参してたんで、食べ物は久々にジンギスカンを食べた。松尾うめぇ! ちなみにゴミ捨て場がかなり分かり難かったんで、せめて飲食ベースの出入り口付近にも用意すべきと思ったわ。


NO MATTER LIVE 2011


 ROSE STAGEに到着・・・ていうか人、多いッ! スゲーなw ステージに向かってすり鉢状になっており、上の方は芝生でごろんできるから「とりあえず飲んで食っておくかー」な程度ならばいい場所かもしれないね。メインステージだから有名な人くるし。スガシカオが演奏してたけど曲知らなかったし、時間的にOKAMOTO'Sが始まってたんで、またVELVET CIRCUSへ戻ることにしたw


NO MATTER LIVE 2011


 VELVET CIRCUSの前は物販ベースとなっている。あまり広いとは言えないスペース、どこに何が売ってるのか良くわからん感じで大混雑してた。リストバンドでもあれば買ってたかもしれないけど、そういうの無かったので今回はスルーした。
 聴きに向かったOKAMOTO'Sなんだけど、ジャンル的には好きじゃない、と言うか惹かれない音なので基本的には行く気もなかった。でも、やはりダウンタウンの浜ちゃんの息子は見ておきたいじゃない?w と言う軽い気持ちで入ったんだけど・・・なにこの人の多さw スタンディングエリアはもちろん椅子まで全て埋まってるってカンジじゃねーかw そんなに人気だったんだ。まー横ノリ系でポップ好きな若い人にはウケるのかもしれん。でもオレは1曲も聴かないで退散してしまった・・・すまない!
 また暇になってしまった。次はマキシマム・ザ・ホルモンでも見ようかしらと思い、休憩してからROSE STAGEにまた戻ることにしたw FUTURE FLOWERSでナオト・インティライミが演奏してたので少し聴く。時間になったのでROSE STAGEのスタンディングエリアに降りて登場を待ってMCを楽しんだw スパゴーの時間になったのでVELVET CIRCUSへと移動。ちょっと人が少なく感じたけどスタンディングエリアで曲を楽しむ。今回のSCOTT MURPHY+SPARKS GO GOはALLiSTERというUSのポップパンクバンドのボーカルと組んでの演奏だ。ALLiSTERはエルレとツアーしてたくらいしか印象なかったりするw スパゴーは高校の時に好きでCD持ってたりする。やはり同郷モンとしては応援したくなるじゃない?w スパゴーの曲やったりバンドとしての新曲やったりで面白かった。日本語もばりばり話してたしねw 最後まで見たかったけどthe HIATUSの時間が迫って来たので移動。その時、初めて振り返ったけれど人がたくさんいて驚いたw いつの間にw


NO MATTER LIVE 2011


■the HIATUS
 ROSE STAGEの中央でモッシュに巻き込まれない程度に前の方で陣取る。メインステージだけあってか流石にスタンディングアリアの人は多い。ちらちら周囲を見ると若い人が多いなw でも明らかにオレより上の人もちらほらで、ちょっと安心?w 肉眼でメンバーの表情見えるくらい前の方にいたので、演奏の開始と同時に波に飲まれる。うむ、いつものことだ。しかし相変わらず細美さん爽やかだ。MCがちょー気持ちいいとか最高とか、そんなんばっかりだったけど、まー楽しんでいるようで何より。聴いてるウチらも楽しませてもらったよ。もちっと激しいセットリストでも良かったと思ったけどね。個人的に。


NO MATTER LIVE 2011


 各ステージは約1時間とあって、かなり早く感じる。通常のライブ感覚だと物足りなさ全開ではあるな。次に見たいステージはこのままで、30分後にスタートだ。時間つぶしに他のステージにでもと思ったけど、それほど見たいのもなかったし、ちょっと小腹が空いて来たから何か軽く摘まもうかとウロウロしたけど、やはり価格を見るとイマイチだなw ビールでも飲みながらなら串モノとかもありだったか。
 群青色の空を見ながらウロウロしてたけど、早々にROSE STAGEに戻って良さそうな位置を確保することにした。


NO MATTER LIVE 2011


■THE MUSIC
 今回、かなり期待していたバンド。そもそも海外バンドの生演奏を聴くのは初めて! 開演前の下準備で忙しそうなローディも当然ながら外人なのねw その合間にこちらに向かって写真を撮っていたりした。あとでサイトを確認したけど、当然ながら写ってなかったわ(もしくは豆過ぎてわからんw)。
 すっかり日も落ちて暗くなったROSE STAGEに、ノリノリなグルーヴ音が鳴り響き、ダンサンブルなリズムに合わせ照明が辺りを照らす・・・もう、なんつーかニヤニヤが止まらない! 最高だった~w 好きな人は1stの曲がイイとよく聞くけど、オレは2ndや3rdのが好きなので、新しい曲が中心のセットリストで非常に楽しめた。日本とイギリスで行われるツアーを最後に解散とか寂しい・・・。それでも、日本でブレイクの切っ掛けとなったフジロックで、日本最後のライブをグリーンステージ(40,000人以上収容可能なメインステージ)でクロージングアクトを務めるとか、ファンとしても感無量ッ。


NO MATTER LIVE 2011


 始ってしまえばあっと言う間の約7時間だった。この日はまだ3バンドが残っていたけど、見たいバンドは全て見たのでサクッと帰ることに! 帰りに混んでも嫌だしね?w
 しかし帰りは意外とスムーズだった。会場から駐車場へ向かうバスにタイミングよく乗れたし、真っ暗の中でも無事に車にたどり着けた(アレはいかんと思うw 来年も同じ場所でやるなら照明容易すべき)。帰りは時間かかってもいーやと思って高速に乗らなかったけど、今朝の混み具合はなんだったのって感じで22:30頃には自宅に到着してしまった。うーむw


NO MATTER LIVE 2011


 渋滞さえ無ければ最高の1日だった。国道とか思いっきり渋滞させて一般や運送車を相当巻き込んだと思う。会場までのルートは1本じゃないんだから、少し遠回りでも目的に合わせてルート分岐をすべきだったな。もちろん、そうなれば誘導人員とか増やす必要はあるから人件費やら経費やらも嵩むだろうけど「次のため」にも考慮して来年以降も続けられる野外ロックフェスとして定着して欲しいね! 個人的にポストハード・コア、スクリーモ枠は非常に良かったし海外アーティスト枠も楽しめた。昨今のブームに合わせて来年の海外アーティストもその辺りを是非・・・w 今年のWarped Tourなんかは聴いたことのないバンドの方が少なかったくらいにマストなアーティストばかりだったからなー。いつか行ってみたいぜ!

 来年も北海道のロックフェスに行けたら良いなぁ!

 (´∀`)b
Number(S)
Number(S)
Woe Is Me


 アトランタ発の7人組スクリーモバンド。ピコリーモほどのチャラさは無く、かと言ってコテコテのクリーモでは無く、今時っぽいシンセの使い方とピコピコ、クリーンパートのエモとブレイクダウンで構成された音作りをしている。ベースは典型的なスクリーモと言っても差し支えはないだろう。マイナーなメロも心地良く、個人的にはピコリーモ、スクリーモ、どちらが好きでもオススメしたくなる1枚かな。まだメンバー若いんで今後も大いに期待ッ!

 (´∀`)b

[&] Delinquents
To Our Forefathers
To Our Forefathers
I Am Abomination


 ミシガン出身の5人組スクリーモバンド・・・だと思うんだけど、スクリームがほとんどなくてクリーンボイスでほとんど歌っている。メロディーはスクリーモっぽいので、こうなるとポスト・ハードコアと言う位置づけになるんではないか? スクリームも皆無と言うわけではないけど、かなり聴き易いのでジャンル的に気になっている方には安心してオススメできる1枚。とりあえず新譜はMP3じゃなくてCDで販売して欲しいわ。 

 (´∀`)b

Since 1776
Shivers
Shivers
HELIA


 イタリア発の5人組スクリーモバンド。エレクトロ、トランスを意識した鉄板なピコリーモ・ミュージックは同系統好きならは押さえて置いて間違いはなし! 意外とリズムはヘヴィで、メタリックな感じ。なかなかカッコイイんだぜ? そろそろ新しいアルバムが出ても良い頃だと思うんだけどなー!

 (´∀`)b

Str8 to North-East Lights
Panda Loves Penguin vol.2
Shivers
Panda Loves Penguin vol.2


 フィンランド発の5人組みスクリーモバンド。と言ってもエレクトロな音は多彩、クリーンパートはエモと言うよりはポップ。基本的にはピコリーモと思ってもらっていい。好きな人にはオススメできる。ただyoutubeのpvを見てもらえると分かるんだけど、グロいw 無害そうなポップなメロディーにアグレッシブなスクリーム、まさにスクリーモを体現しているバンド。こういうアブノーマルさは嫌いじゃないんだぜ? 来月には新しいアルバムも出るみたいなんで楽しみだー! ちなみにアルバム名にあるvol.2、1にあたるのはepとなっているけど入手無理ぽい。

 (´∀`)b

!liaF cipE
「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」クリアしたよ!
STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん
公式サイト】 XBOX360 / 5pb. / \ 6,090


 興奮とか熱意は冷めない内に次のステージへと昇華させるべきなのである。特にオレは! 何事にも飽きっぽくて新しいモノ好きなのは参ったモンである。中途半端で積んでるゲームは今夏中に消化するのが目的だ。小学生の夏休みの目標かよっ!

 と言うわけで「STEINS;GATE」のファンディスクである「STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん」をプレイしてクリアしたぜ! 全ての実績も解除した。大満足だ。・・・続編はまだですか?w

 ファンディスクと銘打っているだけあって各ヒロインのエンドルートを、より恋愛要素を色濃く描いた作品だ。当然ながら原作との繋がりは非常に強く、原作では描かれなかったキャラクターの設定もちらほら。何よりも、各キャラクターのルートではシリアスでしかなかった(しかも重めの)原作に比べ、終始ギャグパートな感じと思ってもらって良いw シリアスシーンもあるけど、告白の時っていうね?w 岡部 倫太郎のギャク声が好きだったオレには非常に楽しいゲームであった。何よりも桐生 萌郁ルートがあるっていうのが! (*゚∀゚)=3

 原作好き、特にキャラクターが好きとか軽いノリのが好きな方にはオススメ! ただ原作のハードSF的なノリやシリアスなのは皆無なので、そういうの期待しては駄目デスw 読んだことはないけど、アニメでやってるような”ライトノベル”なノリなんで。あと、シナリオとか一部キャラクター絵が原作と違うこともあって、その部分で不満も多いみたいなんで、キャクターを(あくまで”作品”ではなく)過度に愛し過ぎてる人も注意か。ちなみにオレは一切、気にならんかったw

 それにしてもタイトルの「だーりん」って何かと思ったけど・・・あのネタは最近の若者は分からなくね?w オレでもギリギリっつーかリアルタイムで知らないんスけどw

 (´∀`)b

2010-07-17-01.jpg
基本的に「STEINS;GATE」と同じなんで特筆すべきこともなしw

2010-07-17-02.jpg
実績とるのが意外と大変だった。テキストは早送りできるけどメールを受信してからテキストを進めてしまうと返信フラグが消えてしまうからだ。メールが来るタイミングを見計らってデータを保存しては早送りせずに・・・を何度も何度も繰り返したぜ~

2010-07-17-03.jpg
桐生 萌郁は、このシーンが一番好き。何気に天然なところが好きなのかもしれん。でも、やはり大人の魅力かなー。いや、リアルで考えると、かなり小娘なんですけどもw



 ネタバレ上等のルートエンディング感想☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。