きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「ドラゴンズドグマ」クリアしたよ!
 しばらくはミスド食べなくても平気だな・・・

ドラゴンズドグマ
公式サイト】 XBOX360 / カプコン / \ 7,990


 更新休止中もボチボチ終わらせたゲームはあるものの何気に最近やっとクリアした「ドラゴンズドグマ」です。世間での評価は賛否両論・・・”悪い方”の意見の方がやや大きい感じなのかな? 個人的には非常に楽しめた作品ではありましたが!

 日本人には馴染み深いギリシャ神話のモンスター群に、定番中の定番な剣と魔法の西洋ファンタジー世界を下地にオープンワールドなフィールドでアクション要素の強いRPGです。主人公は自由に作成可能だけど、演じるべき役割を与えられ、まさにロールプレイング。クラスはファイター系・ローグ系・メイジ系と定番3種類をベースに派生してゆくパターン。冒険は一人ではなく仲間として3人まで同伴可能で、うち1人は相方・相棒として自作出来ます。残り2人はネットワークを介して迎い入れることも可能なところも、個人的には非常に評価したい部分です。仲間は「ポーン」と呼ばれる人は違う「永遠の命」を持つ種であり、自作したポーンは宿屋に泊まることで自動的にアップロード、仲間にしたい場合は条件設定による検索を行い、目的や仕様に合わせて可能になっています。他のプレイヤーにダウンロードされたポーンは、装備の変更や、ダウンロード先での冒険で知識を得たり、別れる際には評価やプレゼントも可能で、オレは操作を間違った以外には(戻ることが出来ないんだもん・・・)基本的に評価とアイテムプレゼントは行ってました。フレンドからお返しあった時は嬉しかったし、下着になって帰って来た時は大いに笑ったw

 TRPGから変わらず「敵を倒して経験値を得て、レベルを上げて強くなる」は基本ですが、戦闘は完全にアクションゲーム。敵には思考的行動パターンがあるので、闇雲に攻撃して来るだけではなく、行動による隙があったり間合いを取ったりと生き物感があります。そう言った部分で行動の見極めが必要になるので、戦闘の苦楽にはプレイヤースキルの比重が大きいので、立体的アクションが苦手な人は楽しめないし、視点を動かすことが多いので3D酔いに弱い人にも向かないでしょう。戦闘時の攻撃には大小の通常攻撃に加え、クラス毎に用意されているスキルを各ボタンに設定することで、基本的にワンボタンで発動させることが可能です。順番に押すコンボ的要素はあるものの、それ自体はそれほど難しいものではありません。また、日本人好みの派手さがあります。クラスによってゲーム的に有利・不利があるけど、そこまでシビアではないかな? 盾による防御、弓による間接攻撃、魔法詠唱、ジャンプ、アクションゲームとしては十分な挙動が可能だと思います。

 時間の経過もあるオープンワールドは、思ったよりは閉塞感はあるものの、かなり作りこんで構築されたものだと思います。メインとなるフィールドは地続きであり、ダンジョンなどはロードが入るシステムです。フィールドは大平原が広がっている、と言うよりも道によってエリア分けされている感じです。全体的に広くないとは言われているものの、目的地までの片道に10分以上かかることもあり(広くないと言うけど移動に時間かかると言う矛盾!)他のオープンワールド系のゲームだと理屈は無視して、地図上で好きなポイントに移動可能とか、魔法でポイントに飛べるなどの「システム」が存在するが故、その便利さが無いことでゲーム的な不満になっているようです。例え同じ景色でも楽しめる余裕が無いと、それはゲーム的に「面倒」なだけでしょうね。「世界」が舞台ではなく「国」が舞台なので、風景に大きな変化はありません(例えば日本的に言うなら北は雪、南は常夏みたいな?)。個人的に深い水に入ると魔物によって強制的に地上に戻される設定とシステムは、うまく考えたなと思ったりw

 肝心のシナリオはドラゴンに心臓を奪われ「覚者」として選ばれし者となり、そのドラゴンを倒すために冒険に出るところから始まります。その過程で様々な問題を解決していくことになりますが、その種類はそれほど多くありません。討伐、エスコート、探しもの系の似たようなサイドクエストは多いですが。物語の主軸、核心に迫るメインクエストの量としては、冒険する世界の広さ・ゲームのシステム的にいっても丁度よい感じだったと思います。選択を迫られるシーンは少ないものの、人との関わり・繋がりがテーマに含まれているためか、あらゆる住人との好感度が設定されています。特にシナリオに関わる重要人物は、クエストの有無、XBOX360の実績に関わるものもあったりで、なかなか面白い演出もあります。異性とのイチャイチャもあるしね! そもそもが日本人が好きそうな定番モノを詰め込んだゲームで、それをリアルな感じで仕上げて海外向けにしてある感じです。シナリオもドラゴン退治とか、もう剣と魔法のヒロイック・ファンタジーじゃ定番じゃないですか?w

 最後に個人的雑感。とにかく! も~雰囲気が最っ高ーに良かったです! 冒険をしている、旅をしている空気感が堪らないッ! 何十回と足を止めて景色を眺めたことか・・・。この雰囲気の良さは、間違いなく「現実」に近い自然を表現したグラフィックにあると思います。オレは昔からグラフィック=面白さ・楽しさの要素の一つと言ってますしねw まったりと遊べた理由の1つとしては、メインクエストはあるものの、切羽詰まった感じとか世界の終末とか魔王とか、そう言うのがなかったからかなぁ(中盤までは。だからか後半は一気に進めてしまったw だってそんな雰囲気なんだもんw)。クエストを1個終わらせたらポーンは総入れ替え、そのポーンも日本人に限定とか拘ってやってたしw スキルはもちろん外観もかなり選んだなー。つかみんなセンスあって選ぶの凄い大変だったw とにかく久々に遊びこませてもらいました!

 しかし何故こんなにも受けいられない意見が多いのか? 好みの問題と言えばそれまでですけどね・・・よくフィールドが狭いとか街が少ないとか移動が面倒とか言われてますが、それらを解決したところで「万人に受け入れられるゲーム」にはならない。「じゃあオマエが考えてみろ」「オマエが絶賛するゲームなによ?」になってしまいますからねw もちろん、お金を払って購入する立場であるが故に、製品として販売するプロフェッショナルへの評価もしたくなるのは当然ですが。個人的には「絶対にダメ」って部分は無かったと思うんだけどねー。スゲー嫌だったのは、オープニングを歌うB'zと細切れDLC「異空より零れしもの」くらいか?w

 古典的な剣と魔法のヒロイック・ファンタジー世界が好きで、その架空世界を旅することに心擽られるような方には是非ともオススメしたいゲームです。風に舞う埃に目を細め、青い空を見上げてグリフィンを探し、両脇にそびえる崖の細い峠道を警戒しつつ進み、真の闇夜には心細いランタンの炎を知り、ポーンが呟いたように草原を意味もなく駆け、装備を万全に整えてドレイクの潜む森へ赴く緊張感、そして想い人の処へ足蹴に通う・・・


2012-09-30-01.jpg
音楽もゲームの雰囲気にあってて非常に良かったんだけど、オープニングのB'zだけはどうにも・・・イントロが長めなので、ボーカルが入るまでにゲームを始めるためボタン連打しまくりでしたw

2012-09-30-02.jpg
絶賛するだけあっての実績全解除です。久々だなーw

2012-09-30-03.jpg
遠くの景色もバッチリ映えるので天気の良い日とかは寄り道しまくり! 滝は少なめだけど崖は多めなのは個人的にポイント高いです。崖の上だと、たまにポーンが落ちるのがアレだけどw

2012-09-30-04.jpg
キャラ作成は凄い悩んだ。誰かがオレのキャラを雇う、それなら「Cirth」にすべきなのか? 悩みに悩んだあげく主人公はCirthにしましたけど。自分のポーンはお馴染みのLinzyに。装備は性能重視、ただし美容室には結構行って髪型だけでも見た目は気にしてみた。肩に担いで旅もしました! うはw 仲良しwww

2012-09-30-05.jpg
Linzyは攻撃魔法専門でしたので、後半はかなり派手に活躍してくれました。時には視界が見えなくなるくらいの魔法も! 雇ってくれた人は迷惑に感じたろうなぁw

2012-09-30-06.jpg
オンラインの協力プレイは無いものの、オンライン共有体力で挑むドラゴン戦はあり。これがめちゃめちゃ硬くて・・・結局、オンラインでは倒す機会に恵まれなかったので、オフラインで討伐しました。いつかは倒して石碑に名を刻みたいぜ!
スポンサーサイト
MHF 15狩目
 ビデオキャプチャで早速ゲーム画像しようと思ったらデバイスの認識しないキター! いや来たら困るちゅーの! ボード挿し直したり設定いじったりした結果、HDMIケーブルを接続してXBOX360を起動してからPC立ち上げてるとダメなこと判明。PC起動してからケーブル挿してXBOX360起動! で、大丈夫なハズw うーむ面倒だ。でも、流石にアナログよりは画像綺麗だし遅延も問題なさそうだ。久々に音ゲー動画でも撮ろうかな?

モンスターハンター フロンティア オンライン
公式サイト】 XBOX360 / カプコン / \ 6,090


 2010年6月からXBOX360でサービス開始となった「モンスターハンター フロンティア オンライン」こと「MHF」ですが今でも飽きずにプレイし続けております。流石に最近では、1日30分程度の1日に1回だけ受注できるお得クエくらいしかやってませんけれどw

 それだけの時間とそれなりのお金を注ぎ込んだ結果、それなりの装備やスキルも整い、始めた頃に比べればプレイヤースキルも上がりました(あくまで自分比較w)。ゲームの方も、今や本家と比べても全く別のモンハン、いやマップとかキャラクターデザイン、モンスターなんかが2(ドス)のままってことを考慮すると、なんかMHFこそ正当進化のような気がしないでもない気がしてくるけど、気のせいかw それでもモンスター倒してこそのモンハンは相変わらず(今ではその結果の報酬となる”紙”集めがメインとなって来ているけど)各武器もMHFならでは特徴あるスタイルで、今からでも新規の方は(周囲の声を気にしなければ)十分に楽しめる仕様だと思っています。課金サービスを併用すれば、あっと言うまに現状のプレイヤーレベルまで追いつきますしねw

 そんなMHFも生誕5周年となり、いよいよ2013年4月17日に「モンスターハンター フロンティア オンラインG」とシリーズ経験者にはお馴染みのG級となります。とは言え、超大型アップデートな感じで、クライアントやサービスは今までと同じ。グラフィックの高画質化は実装されないものの、待望の新武器、新モンスター10種類、新属性、新アクションと「フォワード」実装時よりも大規模なものです。・・・とは言え、全ての要素が初日から楽しめるワケじゃないのがね(新武器に至っては2015年予定!)。ま、気長にだらだらしつつ待ってますヨ!

 それまでは来月からのフォワード.5やイベントでお茶を濁しつつ、積みゲーを崩しまくろうと思ってますがw


2012-09-29-01.jpg
 秘伝防具生産も緩和され、太刀・ガンランス・双剣・弓を生産しました。ホントに生産だけねw 太刀は2色つくったよ!

2012-09-29-02.jpg
 こちらは大人の事情で封鎖されてしまった戦闘街が久々にオープン! とは言っても、ツイッターのフォロワー3万人記念の期間限定イベントクエストですけどねw 報酬が太陽草(太陽→SUN→3)と言うところまでダジャレですか・・・しかし懐かしいw 大長老に会いたいよ!

2012-09-29-03.jpg
 癒し系マスコット「グーク」のレアカラーを出現させて、MHFの実績を全解除することがやっと出来ました! アップデートでまた実績は追加されるんだろうけど、オレがプレイし続ける理由のひとつでもありますw 

2012-09-29-04.jpg
 今では一人でも、AIキャラを3人加えてフルパーティーでそれなりに楽しむことが出来るようになってます。オレはと言えば、始めて間もない頃に誘って頂いた猟団(ギルド・クランのことね)に今も所属してます。去って行った方、新たに加わった方、同盟を結んだりしつつ細々と(猟団維持限界ギリギリの人数だけどw)遊び続けてるよ!


フォワード.5 プロモーションムービー
オーバーロード1 不死者の王
 やっと週末だー! ゲームしまくる! しまくると言っても左側に設置されているXBOX360のゲーマータグを見ても分かるように「キングダムズ・オブ・アマラー:レコニング」一辺倒ですけどもね! ウヒョー! ホントは他にちょっと心を奪われているゲームもあるんだけど(オイッ!)クリアしてから購入(新たに買うのか!)することにします、ハイ・・・

オーバーロード1 不死者の王
丸山くがね(著) / so-bin(イラスト)


 今回紹介するライトノベルも所謂MMORPGの世界に!系なのですが、ちょっと趣向が変わっています。導入設定なんかはお約束なのですが、サービス終了間際から物語は始まり、そしてそのままサービス終了と共にログアウトのはずが、ゲームの設定が生きていると思われる異世界に転移してしまうと言ったものです。主人公は、かつて全盛期だったころは、その名を知らぬものはいないくらいの有名ギルドの長であり、かつ世界設定的に「悪」に属する勢力だったので、その外観はスケルトンな魔法使い(ファンタジーで言うところのリッチ)なのです。だんだんログインしなくなる仲間・・・誰もログインしなくなっても一人で維持していたのです。仲間と共に建てた城、護衛として仲間が設定・作成したNPCガードと共に最後の刻を過ごすハズだったのが、転移した異世界で自身はアンデットになるわ、ガードは意思を持って絶対服従を誓ってくれるわ、高レベルなのはもちろんレア装備まみれでその効果も発揮しちゃって「オレ強ぇえええええ!」な状況で奮闘するお話です。

 これはMMORPGでギルドやクランと呼ばれるものに所属していた人には、かなりくるものがあるんじゃないでしょうかね? オレはやられちゃいましたが!w しかもですよ、仲間の姿はないけれど、残してくれたガードはちゃんといるとか、あの頃を思い出しておセンチな気持ちになるじゃないですかー。オレが大きなギルドにいたのは「Ever Quest」「Dark Age of Camelot」くらいですけど、前者は去った側で後者は最後まで残った側でしたけどねーw と言うわけでMMORGP色は強そうに見えますが「MMORPGの世界」ではなくあくまで「異世界」への転移なので、あまりゲームっぽくはありません。主人公の能力や装備はMMORPGのままなので、そういった部分ではゲーム的な話はでますが、城を守るクセはあるけど魅力的なガードの面々も意思を持って行動しますし(でも作成してくれたかつての主人公の仲間のことは覚えている)MMORPG的なクエストやらイベントも発生しません(そもそもサービス終了だったんだし、レベル的に手をつけれるクエストは全て終わらせてるっぽい)。
 個人的には、この手の小説にしては描写が非常に上手く、読ませる作品と感じたました。心情とか丁寧だし、シーンの切り方、見せ方・・・凄いなーと思ってたら、巻末の著者プロフィールでTRPGプレイヤーである記述を発見して納得。凝りたくなるよね?w

 イラストも作品に非常に良くあってます。見た目は「勇者に倒される側の魔王軍団」だけど中身(魔王)は普通のゲーム好きな日本人ですよ? なこの作品、物語はやっと始まったって感じで2012年冬発売予定の2巻が楽しみ過ぎるぅうううぅ!

 ちなみに同名の「魔王サマ復活ノ時」なゲームとは全く関係ありませんw
アルカナオンライン〈1〉嘆きの『恋人』
 最近、DVDレコーダーの調子が若干宜しくない。一度、HDDがダメになったことがあって、いい価格を請求されたんで、次ダメになったらTVごと買い替えかなーと思っていたんだけど、ちょっと今年は出費多すぎなんで勘弁して欲しいところ・・・ま、それが来年になったところで「ま、いいか!」となるわけはないけれどw 壊れてから買い替えよりも、壊れる前に買い替えのが賢いとは思うんだけどね。寿命なんかは使用頻度にもよるだろが、ちょっと調べてみたら2006年11月24日にテレビ買ったにっき書いてたわw テレビはまだしもHDDレコーダーの6年は、買い替え時なのかもしれんなぁ。ん~。

アルカナオンライン〈1〉嘆きの『恋人』
猿野 十三(著) / イシバシ ヨウスケ(イラスト)


 仮想世界にダイブしてMMORPGをプレイするも現実世界に戻れなくなったと言う定番モノです。仮想世界へダイブするための技術や理論なんかは「ソードアート・オンライン」には遠く及ばないが(あの作品はMMORPGだけの技術で終わらずに、その到達すべき未来も提示している)「MMORPGの世界に入っちゃった」小説としては、かなり面白かったです。特にシステムがしっかりとゲームしており、古くはUOを彷彿とさせるスキル制のゲームと言うのをうまく表現していると思う。
 帯に「~我が道を行く!」とは書いてるけど、コアなMMORPGプレイヤー視点から言わせてもらえば、そんなに奇抜なものではない。しかし「無料企画体験に当選」と言う予防線を張ることで、主人公のような行動を取るプレイヤーは少なくなるであろうことは想像に難しくはない。例え”死にスキル”であっても取得とかは、割と普通だとは思うんだけどね? ええ「City of Heroes」で「Group Fly」を取得しましたけど何か?
 そんな感じでツッコミどころは多々あるけれども、小説として見れば「それもありかな」と言った感じ。個人的に良かったのは、ゲーム内で利用できる掲示板と言うのがあり、その記載内容が2chのスレそのままって感じで(所謂2chのネトゲスラング)それが「あるある!」と言う一体感を得られたことw そう言った(良くも悪くも)現実のMMORPGプレイヤー視点な楽しみ方もできるかな。

 MMORPGならではの問題、現実世界へ戻るための謎、全くイチャイチャが皆無(ただし女性との出会い率は非常に高い)なシリアスではなくコメディ寄りの「ゲームしてるMMORPG小説」です。続刊が非常に楽しみ!

 ちなみに、この作品も無料で配信されていたものですが、単行本化に伴い、掲載されている部分は「妹視点によるあらすじ」になってしまっています(つまり、この小説の続きは無料で読める)。単行本を読み終えた後、サイトで読むことオススメですw
まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
 起きて仕事いって帰宅してゲームして寝る。同じことの繰り返しで特記することもないんだけど、毎日更新してネタに溢れてる人はどんな人生を送っているんだ!? ちなみに、こんな平凡な毎日が超絶大好きデス☆

 今回も今更ながら実は読んだのは最近な小説をご紹介。いや、もう積んでる小説とか、昭和時代からのもあったりするから、そんな前フリもいらないんだろうけどw

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
橙乃 ままれ(著) / toi8(イラスト)


 アニメ化が発表となった2ch発のライトノベル「まおゆう魔王勇者」を大人買いして読みました。大人買いと言っても外伝2冊は未購入ですが。この作品の前に、同著者の他小説を読んだのが先だったりするんだけど、やはりこちらも押さえておくべきかとポチったのですよ。

 説明するまでもなくメジャー作品(特にネット利用してたり、ウチのサイトを定期的に読んでるような方には)だと思うのですが、一応ね? 2ch発と前述したように2chに投稿されたテキストをまとめた作品です。2chと言うこともあって、お馴染みの会話形式の物語であり、所謂「地の文」がないTRPGリプレイとか対談みたいな感じになっております。物語は「ドラゴンクエスト3」を下地に、男勇者が女魔王と対峙、女魔王曰く「私を倒せば人間界に平和が訪れるかもしれないが、その後、国としてはどうするのか、生き残った魔界の住人はどうなるのか」と言う問題提示から、それを解決するため・その先を見るために、女魔王がその知識を使って世界を進化させたり奮闘したりイチャイチャする感じです。

 2ch発と言うこともあり、今でも「まとめサイト」として全文を読むことが可能なので、ちょっと気になる方は検索して読むことが可能です。文庫化に伴い、修正や加筆などするのは定番で、そちらで読んでみたいのなら、単行本も如何? って感じですかね。ただし、この単行本、大きな問題があって・・・何故か関わる人間が多い。絵師がついたのは非常に良いです。すごく作品の雰囲気が出ています。だが、何故かこれに加えて「キャラクター原案・本文イラスト」「脚注・設定監修・地図作成」「脚注・設定監修」「総監修」5人の名が連なります。まず「キャラクター原案・本文イラスト」はなんのために必要があったのか意味が分からないです。カバーの絵の本文イラストと思ってたら、かなり肩透かしを食らうくらいイメージも雰囲気も(この作品には)あったもんじゃないです。「脚注・設定監修・地図作成」「脚注・設定監修」の「脚注」や「地図」「設定」も必要ないと思います。全巻出た後に別冊として1冊出した方が良かったと思うな。ちなみにオレは読んでません。「総監修」については「オレが単行本化までしてやったんだぜ?」的な空気がプンプンで、巻末解説やら対談やら企画してます。が、これも不要。この辺りはAmazonのレビューでも書かれており、みな思うところは一緒なんだなと思ったり・・・w
 つまりは、絵師つけて修正・加筆だけして発刊していれば良かったと思うんですよね。だって、その方が1冊の単価だって安くなるし、作者の印税だって多く入るんじゃないの? 正確には「他の人間が介入することで高くなったんじゃないの?」ってことです。関わってる人らについては、他の作品として触れたことがある方ばかりなのですが、なんだかなーって気持ちになりました。まぁ、作者が望んだうえでの形だったのなら、読み手としては文句は言えないのかもしれませんが。なんか作者と絵師以外の内輪で盛り上がってる感がするんだよねー。

 既に完結している作品であり、それこそ前半~中盤あたりは非常に面白いノリなのですが、中盤以降は普通の剣と魔法のヒロイック・ファンタジー小説になるのが残念だったかな? それでも一気に読めるし、読み応えもあります。もちろんアニメも楽しみにしているよ!
Fight Or Flight
 やばい、本格的に寒くなってきた! 嫌だ~雪嫌だよぉおおお!

Fight Or Flight
hoobastank


 昨日に引き続き日本でもメジャーなhoobastankの3年ぶりとなる5枚目のアルバム。1曲目で「原点回帰キタコレ!」とか思ったけど、それだけでしたw それでも明るいエモ曲、暗いバラードなど全体的にバランスが良くて日本人受けが良さそうな感じです。日本盤のみのボーナストラックはプログレっぽい感じのスローテンポな曲なので、お好みに合わせてご購入を。またデラックス・エディションには、2009年のサマソニの映像が3本収録のDVD付、これで2,000円くらいなのはお買い得だと思う! そういえば今年のサマソニにも参加していて、WOWOWで放送されてたのを見たけれど、新曲もやってたのね。つか定番曲も生音とか羨まし過ぎるぅ~

This Is Gonna Hurt
Southern Air
 土曜日に注文したビデオキャプチャがもう届いた! ケーブルに至っては翌日に・・・あ、札幌店から発送されてたんかw と言うわけで先ほど組み込み接続設定が完了。ゲーム日記が書ける日も遠くないであろう。時間さえあればな!

 月曜日は映画の日だから映画について書こうと思ったけど時間なかったので、1月以上前になるけど購入したCDの中では比較的新しいモノを紹介するよぅ。

Southern Air
Yellowcard


 もう説明の必要はないくらい国内でもメジャーになったオレ大好きなYellowcardの8枚目になるアルバムです。2008年に活動休止を発表した時はどうなることやらと思ったけど、2年後には再開してくれてマジ嬉しかったなぁ! 今回のアルバムもYellowcardらしい疾走感溢れる曲が多くて非常に聴き易い1枚。流石に初期のハードコア、パンクっぽさは影を潜めてはいるけど、全然余裕で聴けますよ! ワールドツアーでは先々週に来日もしてくれたしね。日本のファンのことも思ってくれてる海外アーティスト、大好き! 国内盤は2曲のボーナストラック付って、アコステなだけじゃんー! それでも良いってんならちょっと高い国内盤、アコステは別にいいやって方は海外版で無問題です、ハイ。

Always Summer
The Secret World 秘密その1
 もう夜にTシャツ・ハーフパンツで近くのコンビニに出歩くには寒い時期になってまいりました・・・

The Secret World
公式サイト】 Windows 7,Vista,XP / Electronic Arts / $ 49.99


 実はサービスインから遊んでいたので今更感は拭えないんだけど、絶賛プレイ中の「The Secret World」です。みんな大好き「Anarchy Online」や「Age of Conan」のFuncom開発の大型(・・・だよね?w)MMORPGで、現代2012年を舞台にあらゆる神話・伝承・伝説が事実となる世界、その終末を目前に秘密結社が暗躍すると言う感じの現代ホラー作品です。プレイヤーは異能力に目覚め、「Templar」「Illuminati」「Dragon」と呼ばれる3つの組織から勧誘され、どれか1つの勢力に所属することになります。

 ゲームシステムなんかは基本的に既存のMMORPGと同じなのですが、所謂「WoWクローン」だらけの業界で久々に独自色を出した作品なんだけど、出しすぎてワケわからん感じですw 様々なゲームを遊んでいれば、その経験から何となく分かるんだけどねぇ(分かってしまう自分がとっても大好き☆)。しかし、ただでさえ英語できないっちゅーのに、ミッション(クエスト)が複雑なのがなー。ゲームの背景が背景だけに、すごいお話もオレ好みっつーか面白いと思うんだけど、100%楽しめないのが非常に残念ッ! あ、それとミッションの内容とか、すごい言葉が汚いっつーか、ファック言い過ぎなゲームですw

2012-09-23-01.jpg
 リアルで眼鏡はかけてないっつーか絶望的に似合わないんだけど、眼鏡男子にしてみた! ・・・笑福亭笑瓶じゃないよ!?


I swear, This is All That I Need
 今日はゲームのことでも書こうと思っていたら・・・新しいPCにビデオキャプチャが取り付けられない! ぐあっ。あまり考えてなかったけど新しいPCのスロットは全部PCI Expressなのかー。つか愛用していたMonsterTV、そもそもWindows7では動かないとか! と言う感じでビデオキャプチャも買い替えることになりましたとさ。今までアナログ接続オンリーだったけど、HDMIも接続できるようになるからゲーム画像が綺麗になるかも。とは言え、いつもブログ幅に修正してるから意味ねーか!

 と言うわけでビデオキャプチャー届くまでマンガとか小説とかCDでお茶を濁しておきますよ。

I swear, This is All That I Need
Oh!! Everywhere Their Exploding


 名古屋で活動している平均年齢21歳(若ぇええ!)5人組のハードコアバンド「Oh!! Everywhere Their Exploding」が1st demoを無料配布しており、これが悪くない感じだったのでご紹介。骨太なスクリームにメロディアスなクリーンボイスと、昨今のスクリーモシーンの定番と言えば定番な音ではあるけど、こういの大好きな人には是非ともオススメしたい1曲。これだけで埋もれてしまうのは勿体無いと思うんで頑張って欲しいな! しかしカッコイイなぁ。

I swear, This is All That I Need
ソードアート・オンライン
 本日はiPhone5の発売日と言うことで、たかがスマートフォン1機種の発売がニュースとして放送されちゃったりして(それを言ってしまえばゲームの発売日の行列なんかも大概だが)「日本て平和だなー」と札幌から南西の方を向いて思ったり・・・。ちなみにオレは4年くらい同じ携帯電話を使い続けています。電話とメールくらいしか使ってない(しかも使用頻度低いw)んで綺麗なモンですよ?

 にっきの更新は停滞していても、オレの行動・生活には一切変化がなかったんで、当然のようにアニメも見ておりました。今期放送されてたアニメの中でも「ソードアート・オンライン」はMMORPGを題材にしていることもあり、1話目で先の展開とか気になって、小説を大人買いしてしまったんじゃよ・・・

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド
川原 礫(著 / abec(イラスト)


 そもそもwebで無料公開している時から名前は知っていたんだけど「ライトノベル」と言うだけで食わず嫌いをしておりました。しかし、最近のアニメったらラノベ原作ばかりなんで、嫌でも見ることになるんだよね。で、なかなか見るに耐えな・・・オレの趣向に合わないのもあるわけですよ(今期だと「この中に1人、妹がいる!」「だから僕は、Hができない。」が駄目だったー)? そんな中でも、この作品は楽しそうだなーと思い至ったわけであります。ま、ご存知の方も多いとは思いますけど、そもそもMMORPGは好きだし、剣と魔法のヒロイック・ファンタジーも好きだしねっ!

 物語は遠い未来の日本、五感をゲームの世界で体験できちゃうようになったと思ったら、製作代表者が「ゲームから出れません、現実の世界に戻りたかったらゲームをクリアしてください」とお約束な展開になり、主人公キリトがゲームを攻略したり、女の子を攻略したり、女の子を攻略したり、女の子を攻略したり・・・いや基本的には(ツッコミどころは満載だけど)MMORPGの世界をしっかり構築しているし、とんでも理論ではあるけど、それなりに理屈が通る形のリアリティを出している。それでも、オレ強ぇええええでモテモテな主人公とかヒロインとの展開を見ると、どうしても、童貞中学生の拗れた妄想としか思えないのですw いや、でも楽しく読んでますけどね?w

 10巻まで発売されてるけど、思わず目から汗を流してしまったのもあるし、刊行中最終章のSFな設定とかはなかなか興味深い感じで(昔からあるネタではあるけど、やはりその時代時代に合わせて、より現実味が増すのが面白いと思う)続巻がとても楽しみなのです。
 ちと調べてみたけど、こういうMMORPGなヴァーチャル世界に囚われる「デスゲーム」設定な小説って、もりもりあるんだねー。洋書ばかり漁ってて気がつかなかったわ。
 実際に数冊は購入して読んだけど、ライトノベルって言うだけあって、ものの数時間で読み終えることが出来るってのは、時間の節約になると言うか、値段の割りにコスパ悪いっつーかw あ、ライトってそういう意味じゃないの?w でも面白いのが何冊かあったので、機会があれば紹介したいと思います。もちろんイマイチなのもあったけどw イマイチなの読むと「オレでも書けるんじゃね!?」って思えてしまう不思議ww

 剣と魔法のヒロイック・ファンタジー小説のオレ的原点は「ロードス島戦記」だったりするんだけど、どうやら書き直して「リメイク」として発売する予定があるそうなw 確かに今読み返すとオレでも「あちゃー」な感じしちゃうもんなぁw 新作じゃなくリメイクってのが良いよな!w 似たようなTRPG題材小説の「聖刻1092」もリメイクされたもんね。4年くらい前の話だけどw

 そんな感じで、最近、また活字中毒気味です。読むって素晴らしいよなっ!
ウォーキング・デッド
 もう9月も下旬になろうとしているのに暑い日が続く札幌・・・ごめんなさい! 25度超えたくらいで暑いとか言っててごめんなさいっ!

 随分と前から友人にオススメされていた「ウォーキング・デッド」、ドラマではなく原作コミックの方を先に読破させて頂きました! やべぇ・・・これ面白いわ!

ウォーキング・デッド
ロバート・カークマン(著) / 風間賢二 (翻訳)


 海の向こうではドラマが大ヒットしているゾンビもののアメコミだ。作者が自らコメントしているように、ゾンビ作品としては定番の「ゾンビなんかよりも人間の方が怖いんだよ」をテーマとしている。基本的にモノクロで、海外コミック独特のちょっとクセのある陰影のハッキリした写実的な”グラフィック”と吹き出しのテキスト量はちょっとした”ノベル”並であり、まさに「グラフィックノベル」である(当然ながら、アメコミはアメリカン・コミックの略であり、アメリカと他の国のコミックを区別するための呼称にしか過ぎない)。

 物語は、田舎で保安官をしている主人公リックが事故による昏睡状態から目覚めると、周りはゾンビしかいねーよ状態から始まる。最初からゾンビだらけ! なんでゾンビだらけになったかは謎のまま、最愛の家族を、生きている人間を探して街を彷徨うのである。そうして出会う様々な人間と、このゾンビだらけの無秩序状態に於いて「どれだけ人は人でいられるか」「どこまでを常識として捉えらるか」「生きる覚悟」などを、現実に近い視点から綺麗ごとではなく”生々しく”描いているのである。

 まだ海外ドラマは未見だけど、ちょっと調べたところ、原作とは少し物語が違っているようで(生きてる人、死んでる人が既に違う!)そちらを見るのも非常に楽しみである。逆に海外ドラマしか見てないファンの方には、是非とも原作をオススメしたいと思う。

 海外ドラマは打ち切りとかでガッカリなることが多々あるけれど、翻訳コミックの場合は売れ行きが良くなければ続刊とか余裕で出さないから、そっちのが気になったりしてw とりあえず来月発売予定の3巻で一区切りするっぽいけどね(もちろん、海外では続刊中)。しかし、2巻のあの内容、マジでドラマ化できんの?w あれを再現してこその「ウォーキング・デッド」だと思うけどね!
FACT JAPAN TOUR 2012 -burundanga-
 先々週のお話となりますが。

 FACTのLIVE行ってきました~。

2012-09-19-001.jpg

 今年の国内フェスに名前を見ないな~と思っていたらワールドツアー行ってらしたようで。9月は日本ツアーで札幌でも演ると言うことで、行かねばならんでしょう!

 ツアーはワンマンではなく海外では良く聞くスタイル、つまりいくつかのバンドとの共演な感じで行われ、しかもしかも! FACT以外もオレ好きなバンドがー! さらに札幌はweekend special actとして計4バンドの演奏が楽しめるというボリューム。た、堪らんッ!

 既にチケ完売な地域もあったけど札幌は開催日まで売り切れることはなく、当日も混雑することなくスムーズに会場入り。後ろの方は若干スカスカしてたけど、前の方はぎゅうぎゅうで、大いに盛り上がったLIVEでした。

 まずは札幌限定のスペシャルアクト「LOST」から。オレは知ってる曲ばかりでウヒョーだったけど、ぶっちゃけ会場内に知らない人のが多そうで驚いた。スクリーモ系好きならとりあえず手を付けるもんじゃないの? あ、オレが無差別過ぎるんですかね?w ちょっとノリが悪い感じで「すまん! すまん!」と何故か思ってしまった・・・いや無反応ってわけでもなかったし、前の方では盛り上がってた人もいたけどね?

 続いては札幌は初と言う大阪の「waterweed」。こちらはフルアルバムが出ておらず、オレも数曲しか知らないんだけど「速い曲をやる」と言ってくれて、どの曲もスゲー良かったですよ! バラードなんか不要とか思っているオレ得なセトリだったと思われるw 早くフルアルバム出してねっ。

 UKから「Your Demise」。今回のツアーで初めて知ったバンドだけどハードコアな感じでノリノリな曲ですな。だんだん温まって来たのか、前2バンドよりも盛り上がってた印象。当然、MCなんかは英語なんで、ぶっちゃけ何言ってんだかワカンネ状態でしたw 「sit down」と「アリガトー」だけは判りましたがw

 そして、いよいよ「FACT」の登場! 盛り上がりは絶頂に!! 空気人形やボールが飛び交うw ツアータイトルにもなっている今年の1月に発売されたアルバム「burundanga」の曲はもちろん、定番曲「a fact of life」も演奏してくれたりでスゲェ楽しかったよ~。アルバム発売後、新たにギターを加えてトリプルギター体制となったFACTの音はさらに深みを増し、6人になった新曲が早くも楽しみです。日本語が流暢なイギリス人のAdam、きっと海外ツアーのMCでも盛り上げてくれるに違いないw

 weekend special actは会場によって違うどころか、無い会場もあったので札幌は恵まれていたと思う。個人的には金沢の「SNORT」が羨ましく思ったりw 海外バンドはツアーの前半後半で変わって、後半はUSから「Our Last Night」が参加! ぐわー! こっちはCD持ってるのに~と思ってしまったw それにしても、もっともっと人が入っていればなー! また札幌でツアーやることあってもZeppではやらないんじゃないかな?w


LOST - Cheers To The Blossom


waterweed - revelation


Your Demise - Miles Away


FACT - pink rolex
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO
 ちょっと古いお話となりますが。

 今年は「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2012 in EZO」略してRSR行って来ました! 昨年はRSRには行かず「JOIN ALIVE」略してJOINに行き、実は今年もJOINに見たいアーティストが揃っていたので行こうかと思案したのですが、見事に2日間でアーティストがばらけてしまっていたので「通しで行く程ではな~」と断念したのでした(SiM見たかった・・・)。で、RSRはどうしようかと思っていたら、土曜日が良い感じになったのでサクッとチケを購入したったのですよ! ウヒョー!

201208111113000-01.jpg
 今年は会場の配置を大幅リニューアルと言うことで駐車場から会場までのルートも近くなってました。それでも両日通しで2,000円は変わらず。1日しか行かないんだから半額とかにしてくれよ。あ、今年はチケを持ってくるのを忘れる失態はしなかったぜー!w

201208111227000-02.jpg
 土曜日は13:00から見たいのあったけど、昨年のJOINの失敗を繰り返さないためにと11:00過ぎには到着! 流石に早すぎたかw と思いつつ物販に並び、その長蛇の列に辟易しつつ友人にメールを送って暇な時間の相手をしてもらったりしてたw しかし・・・1時間くらい並んだのに欲しいものは買えずッ! ちょっと数少なくね? 上の画像はメインのSUNSTAGE開会のご挨拶の様子。

201208111239000-03.jpg
 SUNSTAGEいよいよスタート! オレのRSR2012が始まるぜーと思ったら、違うアーティスト出てきたw やべぇ間違ったw みんなノリノリの中を一人逆行してEARTHTENTへw

201208111419000-04.jpg
 暇な時間を友人とのメールで過ごそうと思ったらお出かけするとのことだったので、空気を読んでメールするのを止めてどうしたもんかなーとさ迷いつつ撮影。ここで会社の同僚がRSR2012に来てるとのことで合流することにッ! やたっ!

201208111823000-05.jpg
 RED STAR FIELDは奥の方にあるステージなんだけど屋外で開けているからなのか、EARTHTENTよりも人が多そうなイメージ。合流した同僚と一緒に見たのはこのステージだけw あとオレのが先輩なので食べ物は全部ご馳走してあげましたとも! ぬぐぐぐ・・・

201208112003000-06.jpg
 会場の外に政府指定の倉庫みたいのが並んでいて、その壁にRSRのライトが映っておりました。節電もなんのその!w 最後に見たいのは1:40スタートなのに、19:10スタートのを見たら後は・・・ってのがキツかったとです。同僚は22:00にはバスに乗って帰宅しちゃったし。あと足が痛くて痛くてたまらんかった。もっと普段から動いてないとだめだな。よぼよぼ。ま、楽しみましたけどね! それでも駐車場で車に乗った時「もう・・・歩かなくていいんだ・・・」と心底ホッとしたりもしましたがw

 でもでも、来年も、見たいアーティストさえ来るのなら行きたいと思うよ!

 最後に見たアーティストの雑感など。


■the GazettE
 V系とか最近はすっかり聴かなくなったけど、嫌いじゃないし、今でも古いのは余裕で聴くどころか再結成でCD出たら買ってますけどね? なもんで行かないわけにはいくまいッ! とSUNSTAGEで待機してたら「PRINCESS PRINCESS」が出てきて「ダイアモンド」を歌いだしてびっくりしたw ぶっちゃけ知ってる曲はなかったけどエモくて良かったよー。ロック・ポップ勢の中で自分たちが異色なことをMCで語ってたのは笑ったw 個人的にはスピーカーの上などに各々のスタンドミラーが置いてあったのが良かったですw そうでなくちゃね?w

■アンジェラ・アキ
 眼鏡なお姉さん(もう人妻だけど)の、いまアニメでやってる「宇宙兄弟」のエンディングテーマ「告白」を聴きながら「好きなって構わへんで!?」と心の中で絶叫しようと思ってたけど「the GazettE」と時間がかぶってて「告白」は聴けませんでしたw 正確にはこのタイミングで同僚と合流をし始めたので「どこいんの~?」でウロウロしまくってました・・・アンジェラ姉さん、ごめん!

■ザ50回転ズ
 同僚が見たいとのことで、ヒマだったのでお付き合いしました。

■SCOOBIE DO
 RSRではお馴染みのスクービー! 同僚も好きなので一緒に楽しみましたヨ! 相変わらずのノリと小山さんの白スーツ、MOBYのアフロ! やっぱMC面白いw 知ってる曲でライブを楽しめるってのは最高ですわ。「怒髪天」のカバーやったのは驚いたw ただ、ショックだったのは、後日知ったんだけど、リハで1曲やってたみたいなのよねー。しかも「RIDE ON TIME」を・・・コレには同僚と二人でガッカリw 「ザ50回転ズ」行かなかったら見れたのにw

■THE PREDATORS
 見たかったんだけど「SCOOBIE DO」と10分差でのスタートとか見れるわけないし! 久々に生JIRO見たかったのになw

■9mm Parabellum Bullet
 RSR2010に行くことにしたのは9mmがその原動であったんだけど、今回も間違いなく! 「SCOOBIE DO」もそうだったけど、定番曲ばかりってのがスゲー良かった! 盛り上がる盛り上がるw と思えば、まだ出てないシングルの新曲もやっちゃったりで! MC中にSUNSTAGEから聴こえる音を演奏しはじめちゃったりしたのはウケタw でも、そうなんだよねー。ステージごとの間隔は近くはないと思うんだけど、ずいぶんと聴こえてたなー。

■ROVO
 ロックと言うよりはトランス系だと思っている「ROVO」で、しばらくぐるんぐるんしたw 疲労困憊な感じだったんでスゲー効いたw 2ドラム(ステージの上に、本当にドラムスが2人いる)の高速ドラミングはたまらなかったです・・・エレクトリック・ヴァイオリンも良かったなぁ!

■BRAHMAN
 SUNSTAGEの横に設置された大型液晶モニターに曲名とかイメージPVを流したりと凝った演出をしてた。と思ったら、なんかMCで説教みたいなことを始めたので早々に離脱しましたw でもJOINとアーティスト取り合うようなことは止めろって言ったのは流石と思ったw

■ONE OK ROCK
 初めてのRSRはCRYSTAL PALACE(初日だったから行けなかったのよね)、去年はEARTHTENT、そして今年はメインのSUNSTAGE。着実に売れてってんだなー! 定番曲にCD未発売の新曲と悪くないセトリだったけど、個人的にスローな曲はいらなかったと思うんだよねー。時間も時間だし、まったりではなく盛り上がりたいじゃん!? オレだけですかね?
くっ
 長らく放置申し訳ありませんっ!

 アクセス数とか見ると20人前後は毎日見てくれてるのね・・・とても胸苦ですぅううううう~

 いや、対応してないから口だけだっすねw

 実は、突然PCが起動しなくなってしまって、それで更新ができずにおりました。

 ・・・すいませんんんん~起動しなくなったのは8月末の話でぅすぅううううう~

 うぅぅ(涙)

 ・・・心情を表してるだけでホントに泣いてるワケじゃないんだからねっ! 嘘泣みたいなものか! 欺瞞だー!


 と言う訳で5年ぶりくらいにPCを新調しました。せめてOSはSSDにインスコとか、グラボは600シリーズにとか、メモリ16GBいっちゃうかとか思ってたんですが、今年は車も買い替えたりで出費が多いので、そこそこに抑えました。とりあえず安定動作しなかった「The Secret World」がグラフィック最高設定でサクサクぬるぬるになったので満足! 年末のFF14も問題ないだろう!

 と言う訳で、最早なんの期待もされていないと思うのですが、ボチボチ更新再開したいと思います。

 いや~言う(書く)だけなら簡単ですよねっ。

 ふぅ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。