きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
NO MATTER LIVE 2013
 今年も行って来ました、ライブイベント「NO MATTER LIVE」! 今年”も”とか書いてるけど、去年は行ってなかったんだな・・・なんで行かなかったのだろう?w

 出演6バンドのうち、4バンドはCDも購入してるくらい聴くバンドであり、残り1バンドはCD持ってないけど名前も曲も聴いたことありで、かなりお買い得度の高いライブでした。スクリーモ、メロディック・ハードコア系で構成されており、この手の音が大好きなオレとしては見逃すワケにはいかないと! 夏フェスも、色んなジャンルではなく、こんな感じで固めて欲しいわw

 さて、今回は開場時間が16時、前に来たときに寒い思いをしたのでギリギリの時間に行くことにした。と言うのも整理番号が付いており、なんと驚きの200番台! 余裕で前の方に入れました。開演は16時45分なので、今回も中央くらいのバーがあるところを確保して、6時間立ちっぱなしかなぁ~と思いつつ開演を待つことにしました。

 そしていよいよ開演! と思ったら、ステージ脇から2人のお姉さんが登場。来月、札幌ドームで開催される「TOYOTA BIG AIR 2013」の宣伝ガールズでした! 2日間に渡って開催されるイベントで、両日ともライブアクトがあるので、そのご紹介らしい。フフフ。言われなくても行く気マンマンだったけどね! で、ステージ上でバンド名を挙げるわけなんだけど、土曜日の「Fear, and Loathing in Las Vegas」「MAN WITH A MISSION」は呼ばれただけなのに大盛り上がり! しかし日曜日の「flumpool」「SKE48」でトーンダウンw 笑いまで起きてしまった・・・ま、今日のイベントを見に来た人にとっては、仕方のない反応だったんじゃないかな?w 

 その後、今年から新たにMCとなった「NO MATTER BOARD」のナビゲータ2人がご登場! 本当は3人なんだけど、都合により今回は不参加でした。HTBと言えばのマスコットキャラonちゃんが、美味しいところ全部もってく勢いのMCも終わり「NO MATTER LIVE 2013」が始まりました!


EGG BRAIN
 まずは神戸から「EGG BRAIN」の登場! CDは持っていないけど、よくAmazonのオススメやYou Tubeの検索にひっかかるので聴いたことはあるんだよね。かなり聴きやすいメロディーで、J-POP風かと思いきや・・・ライブのぶっ飛ばし具合はなんぞwww いきなりアゲアゲでした・・・チケットが完売しただけあり、会場は満員で、モッシュピットとなる前方を避けたのにも関わらず、飛ぶ飛ぶ押される押されるw 1発目からこのテンションで大丈夫だろうかと心配になった。それくらい盛り上がった! 良かったな~CD買おうかな~。

AWAKE



NOISEMAKER
 続いては札幌出身の「NOISEMAKER」! 去年に続いての登場であり、イベントの番組NO MATTER BOARDのオープニングを担当していることもあってか、認知度は流石に高く、テンション落ちることなく大爆発って感じ。ダイブする客が非常に多く、モッシュピットを避けたにも関わらず頭上を行かれたw けっこう痛かったですw NOISEMAKERはCD買ってるんで知ってる曲ばかりで楽しめました。カッコ良かったぜ~!

SOMEBODY WANTS DAYS YOU CLOSE



SiM
 昨年のJOIN A LIVEに参加しており、スゲー行きたかったけど、見たいバンドが分散され過ぎてて泣く泣く諦めていただけに非常に楽しみにしていたバンドの1つ! 生SiM、すげーカッコ良かったです。会場のテンションもさらに上がって、気を抜いたら押しつぶされてしまうくらい激しかった・・・MCでは先月亡くなられた「Pay money To my Pain」のボーカルKさんについて語ってくれました。

Amy



HUSKING BEE
 続いての「HUSKING BEE」は、すいません、名前と古いバンドくらいの知識しかありませんでした。にわかでごめんなさい! また日本でエモやスクリーモといった言葉が定着していなかった頃に、そんな音楽をやっていたバンドと言うことで、いわば代表格的な大御所だったんですね! しかし、他のバンドと比べて、なんつーか、ぶっちゃけ地味で・・・w いえ、曲はね、流石なものでアグレシッブな感じで悪くはなかったんだけど、やっぱり「90年代かな?」って印象はありました。2005年に解散し、昨年再結成と言うことで若者に負けずに頑張って欲しいです!

The Sun and the Moon



FACT
 4ヶ月ぶりの「FACT」来たー! HUSKING BEEでちょっとテンション落ち着いたのに、ここで大爆発w 周りの人に流されまくったですw それにしても相変わらずFACTはボーカルが聴きにくいっつーか、爆音過ぎてメロディーもイマイチ掴み難かったり・・・それでも、大盛り上がりでしたけどね! FACTも「Pay money To my Pain」のボーカルKさんについて語ってくれました。本当に残念だ・・・。来月からUKツアーだそうなので、気をつけて行って来てください。んで、帰って来たらアルバムお願いしますw

Crying (...in Bangkok)



MAN WITH A MISSION
 今年のトリは「MAN WITH A MISSION」! 初狼だ! 会場のテンションもマックス! 攻めて煽ってくる曲ばかりで、モッシュも大変なことになってましたw 代表曲ばかりでスゲー楽しめたし、個人的には「Smells Like Teen Spirit」をやってくれたのが嬉しかった。ミクスチャー良すぎるよぉ・・・トリバンドには恒例のアンコールの1曲後、1.2.3.ガオーやりましたw

DON'T LOSE YOURSELF



2013-01-23-01.jpg
 先月からすごく楽しみにしてて、当日は吹雪とか勘弁~! と思ってたけど天気が良くて助かった。久々のプラス気温。おかげで雪がザクザク・・・そのせいで車が駐車場から出れなくなったけどね。フフフ。今年、早くも2回目のJAF使ったよ! うおーん!

 今年は「NO MATTER LIVE 2013」で始まった音楽ライフ。既に来月の「TOYOTA BIG AIR 2013」のチケは確保済み。今年も「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2013 in EZO」は開催されるし、「JOIN ALIVE 2013」はなんと2週に渡っての4日間開催とか・・・これ大丈夫なのか?w バンドはバラけまくりそうだし、金もかかるなー。でも洋楽枠が増えるのは、ちょっと期待しちゃう? まだアーティストの発表はされてないので、行くかどうかは未定ですけどね! しかし「SUMMER SONIC 2013」の「METALLICA」「MUSE」は思い切ったなぁw

 ちなみに今回のライブイベントの模様は3月28日(木曜日)の深夜1時5分から放送予定です。もちろん北海道ローカルですけどねw
スポンサーサイト
FINAL FANTASY ALL THE BRAVEST
 カテゴリに「ゲーム -iOS」を追加しました。ぼちぼち遊んでたりするんだけど、そういえばレビューとかしてなかったんで、一応ね? レビュー頻度は高くないかもだけど!

FINAL FANTASY ALL THE BRAVEST
2013-01-19-001.jpg
公式サイト】iOS / Square Enix / \ 350

 という訳で記念すべき一発目は先日配信されたばかりの「FINAL FANTASY ALL THE BRAVEST」です。

 ま、知らない人はいないと思うけれど「iOS」について補足しておきます。いわゆる「スマートフォン」と呼ばれているPCをベースに作られた多機能携帯電話のOSの一つが「iOS」です。このOSはPCのように何種類かありますが、有名どころでは「Android」があり、まー要するにPCでいう「Mac」と「Windows」ですね。これらOSに対応したアプリケーションは有料で高い部類でも1,000円くらい(もっと高いのもあるけど)で、無料というものもかなり多いです。ただし、この「無料」ってのがクセもんで。あくまでも「基本無料」で、ゲームに必要なアイテム、ゲームの時間効率を進めるため、次の物語のためなど、色々な方法の「課金」が用意されています。ま、ゲーム開発だって(内容や質はどうあれ)機材や人件費などかかるわけで、製作資金は回収しつつ利益を出さねばおまんま食えないですからね。コンシューマー(XBOX360やPS3など)のゲームとの違いは「課金したら終わり」ではなく「限度なく課金が可能」なことですね。去年やっと問題になったり、今年も早々に問題になってましたね。もちろん、課金するかしないかは個人の問題ですが、携帯電話と言う手軽なガジェット・アプリゲームの気軽で簡易的な内容(ヘビーユーザー向けのもあるけれど)・1回の課金額の少なさ(もちろん高いのもあるよ)等が「課金なんてバカらしい」と言う壁を容易に崩してくれるんですね。また、携帯電話と言う媒体を使うことでインターネットを利用したシステムも多く、他人との協力や戦い(そして収集欲)を煽る一因としてます。
 もちろん、課金せずとも楽しめるアプリは多いし、無料アプリでも少しの課金くらいなら「楽しませてもらったお布施」と割り切れるものもあるので、何がダメとか悪ってことはなく、結局は「扱う人の問題」なんですけどね。中には、酷いアプリもありますけどw

 さて長々と書いてしまいましたが前置きはこの辺で。

 このアプリ、配信数日前から公式サイトでカウントダウンが始まり、「FINAL FANTASY」の名前を冠することからゲーム関連サイトでは「新作か?」「移植か?」などと賑わせていましたが、大方の予想どおりの携帯アプリでしたw ま、コンシューマーの新作とかなら、もっと大々的に発表するものね。過去作品の新作なんかは最近はアプリでした~ってケースが非常に多いので、諦めに近いものもあり?

 そんな、大きな期待もされずに配信となった「FINAL FANTASY ALL THE BRAVEST」は、お手軽なアプリに相応しいゲームになってます。

2013-01-19-006.jpg
 ストーリーはオープニングにテキストで語られるのみ(しかもファミコンの説明書レベルだよ!)で、こんなフィールドから始まります。モンスターアイコンをタップすると、主人公キャラが移動して・・・

2013-01-19-002.jpg
 戦闘が始まります。この戦闘は数回のウェーブがあり、それに全て勝つ必要があります。攻撃方法はいたってシンプルで、FFならではのATB(キャラクター上のゲージ)が一杯なったらタップするだけ。キャラクター固有の攻撃を行ってくれます。

2013-01-19-003.jpg
 圧巻なのはキャラクターの数ですね! これら全部をタップしてバシバシと攻撃をし続ける、言ってしまえばただそれだけのゲームです。

2013-01-19-004.jpg
 敵を倒すことでマップの先に進めるようになり、戦闘で得た経験値でレベルアップもします。コレクト要素としては、キャラクターのジョブ集めがあります。戦闘に参加するキャラクターはランダムで選ぶことは出来ませんが、レベルが上がるにつれて強くなっていくし、結局は火力押しなんで選択する意味もないです。白魔道士も説明にあるように攻撃しかしませんw

2013-01-19-005.jpg
 他のコレクト要素として装備とモンスターがあります。装備は武器しかなく戦闘後にランダムで入手でき、その武器に対応したジョブの攻撃力が上がるアイテムとなってます。モンスターは出会ったモンスターであり、入手可能なアイテムの確認ができます。「こうてい」の説明でウボァーを使うあたり、このアプリはFFのファンアイテムと思って問題ないと思いますw

 アプリ本体は350円ですが、しっかりと課金要素も用意されており、新たなマップの追加、ジョブではなくシリーズで登場した主人公の追加、戦闘時に敗北した時に復活時間を短縮させるアイテムが販売されています。課金要素のうち新マップと追加キャラクターは、シリーズファン向けって感じです。追加キャラはジョブキャラよりも攻撃力は高いですが、ジョブもレベルが上がると火力が上がるので特に必要ないかもしれないです。ただし、やれることが上で説明したことが全てなので、そこまでモチベーションを保てるのかって問題もありますがw せめて追加キャラと関連のあるボスキャラの掛け合いみたいのあったら良かったのにな。それでも懐かしい音楽、ドット絵キャラ(FF7以降もドット絵)、派手な戦闘とFFファンの心を擽る要素はあると思います。

 でもやることは本当に単調なんで(オレも基本的にはながらプレイですw)動画なんかで満足しておくと良いんじゃないかな!w

for iOS Launch Trailer
雪! 雪!
 うわぁあああ! 大雪過ぎるぅうううう!

 明日、明日は仕方がない!

 でも明後日の日曜日は止んでくれぇええええ!

 あと異常気象で夏日になったりしませんかね?
明日の天気
 週末にかけて天気がよくないとのことで非常に不安です・・・

 つか雪とか堪忍してぇえええ
自分に言い聞かせる
 このお腹の脂肪は、寒さから身を守るためと、癒しのためなんだよ!
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア
 ベータテストの募集に応募しといた!

 とりあえずアンケートに答えておいたけど「これまでにプレイしたことのあるオンラインゲームを教えてください」の項目で「The Tower of AION」だけチェックを入れれなかったのは、ちょっと悔しかったので、そのうちやろうと思った。

 え? 「ドラゴンクエストX」?
「ROBOTICS;NOTES」クリアしたよ!
 凍える、痛みさえ感じる寒さを。
 雪で真っ白な外を、暖かい部屋の窓から見ると、少し幸せ。
 まだ1月だけど、あと3ヶ月もすれば、この雪も消えてしまうだろう。
 そうなると、少し寂しく感じる。
 凍える、痛みさえ感じる寒さを。

ROBOTICS;NOTES
公式サイト】 XBOX360 / 5pb. / \ 7,140


 2013年一発目のクリアしたゲームは、絶賛アニメ放映中、舞台化も決まった、あの大ヒット作品「STEINS;GATE」に続く、科学アドベンチャーシリーズ第3弾「ロボティクスノーツ」です! 他にも積んでるゲームは山盛りあるんだけど「録画してるアニメを消化して、レコーダーの空きスペースを確保したい」と言うアレな理由で手をつけました。えへへ。

 「ロボット」「拡張現実」「夢」をテーマに「99%の科学」と「1%のファンタジー」で展開される物語は、近未来の種子島を舞台に、中央種子島高校の「ロボット研究部」の猪突猛進のダメ部長”瀬乃宮あき穂”とロボに興味はないけどロボ格闘ゲームに夢中な”八汐海翔”の幼馴染な2人を中心に、ロボ部廃部の危機を避けるため9年前に同部を設立して製作を続けている巨大ロボットの完成を目指すが・・・と言った感じもの。科学アドベンチャーシリーズとして銘打っているけど、ゲームの根底に関わるようなシリーズ的な続編ものではなく、世界設定やオマケ部分で第1弾や第2弾の話・・・と言うか「ネタ」が出てくる程度なので、今作から手をつけても全く問題ないのは嬉しいところ。

 テキスト型アドベンチャーゲームではあるものの、この手のジャンルでは定番の「選択肢」は存在せず、「フォンドロイド(ポケコンと呼ばれている)」と呼ばれるスマートフォンっぽい携帯端末にインストールされている「ツイぽ」と言うTwitterまんまなアプリ上で返信を行うことでルート分岐が発生する。同じく、ポケコンにインストールされている「居ル夫。」と呼ばれるARアプリ、これはカメラを通して見える風景にアノテーションを付けて情報を見ることが出来る・・・アニメでいう「電脳コイル」とか「東のエデン 」のアレを利用しての探索がある。システム的アイデアは既存のものでオリジナリティーは希薄であるが、実際にゲーム上で行ってシステムに取り入れており、それを行使させる目新しさはある、かな?

 グラフィックは定番の1枚絵ではなく(そいうシーンも多々あるけど)基本的には背景絵に、3Dモデリングされたキャラが、物語に合わせて動くと言うのがほとんどだ。アドベンチャーと言うことで字はしっかり見やすく、ほとんどのセリフが音声ともなっている。特に問題になるほどではないが、正直、3Dモデリングキャラの精度は高くなく、表情や動きもパターン化されたものであり、時には物語と合っていない表情や動きをうることもある。個人的には1枚絵演出でも良かった気がした。

 音楽については「普通」と言ったところ。可もなく不可もなく。たぶん、これは物語が盛り上がればそれに合ってグッと来る部分であると思う。つまりは、そういうことと感じた。レポート閲覧時の不安気なシーンの音は良かった。

 熱中度としては、やはり小説を読んでいる感覚なので一気読みしたくなるものではあった。アニメと平行しながらプレイしていたので、プレイの際に間があったりしたけど、そこはアニメで補完したっつーね?w

 ゲームバランスはアドベンチャーゲームとしては高い方、というか悪いに入るのかな? 基本的にこの手のゲームでド定番となっているのが「真のエンディング」と言うものだ。結局のところ、ここに到達しなければ、あらゆる伏線が回収されずに終わるのでゲームとして、物語として見なければならないもの・意味のないものであるのだが、それが非常に困難と言うか難しいと言うか面倒なのである。製作者側としても「見て欲しい」ものだろうに、なんでこんなことになってんのか凄く不思議です・・・。このゲームに関しては、あるタイミングで、ある人物のツイポに返信することがフラグになるんだけど、攻略サイトでも見なければやってられん感じです。加えて、このゲームに関しては「ルート分岐」ではなく「物語が進む」と言う感じなので、偶然に偶然が重なって、真のエンディングルートに到達した場合、その真のエンディングの始まりまでの物語が、なんのフォローもなくすっ飛ばされて話が進んでしまうと言う感じになります。せめて指針や明確なヒントは必要だと思う。

 ゲームボリュームはアドベンチャーゲームとしては短めだけど、自分にはちょうど良かったかな。文庫小説を数冊読む程度で、価格的に考えると、まーゲームの方が割高ですけどねw 

 ストーリーについては「99%の科学」と「1%のファンタジー」と言うことで、色々と身近なものがガジェットして語られ現実感があり、物語への入り込みは悪くなかったです。もちろん個人の基礎知識みたいのもありますが、携帯端末やツイポなどは分かりやすかったと思います。オレはどっちも使ってないけどw 今回のキーアイテムについては凄いんだろうけど、凄さが分からないと言うか地味な演出で終わったなー感が凄かったですw
 そしてストーリーを創るであろうキャラクター達、これがあまり良くなかったと思う。ゲームである以上、それをプレイすると言うことは、傍観者でありつつも「操作」することから、大なり小なりある程度の感情移入は行われる。そう言った観点から見て、ツッコミどころ満載っつーか、しっくり来ないと言うか、苛立ちを感じると言うか、そんなキャラクター・・・と言うか物語の中心でもあるヒーロー/ヒロインだったのである。もう、ただただ面倒くさい人って感じで、この性格に明確な理由があるとか最後に化けるとかなら「おぉ」ってなるけど、そんな展開もなく同意もできず・・・
 真のエンディングまで到達しても、ぶっちゃけイマイチでした。楽しめたことは楽しめたけど、あまりにあっさり終わってしまって「これで終わり?」感がハンパなかったです。消化不良気味っつーか、あそこまでキャラ立てておいて「後はご想像にお任せします」ってことのなのかしら? つまり、そんなストーリーでしたね。


 と言う感じで「Xbox360mk2」っぽくレビューしてみた! 長すぎだな、うん! 読む気しねーよw 結局、何が言いたかったっつーと、イマイチだったよってこと。そして「STEINS;GATE」は凄かったな、てことかな。オレはこのロボノ以上の物語を創ることは不可能だ。創り手ではなく読み手、だからこそ読み手を満足させる作品を期待するのである。実際「STEINS;GATE」にあれほど感銘を受けたからこそ、ロボノを買ったんだしね。故にシュタゲの科学アドベンチャーシリーズの続編と言う期待もあったし、評価して比較してしまうんだけど、でもそれを抜きにしても、主人公達がイマイチ過ぎたと思うんだな。これがグッと来る作品で終われば、小説だったり、そのうち出るであろうファンディスクも買う気にもなるんだけど、今のところシュタゲの時のように買う気になりませぬ。せめて、後日談的なものがあればな・・・

 あ、ただアニメはゲームほど悪印象なく楽しく見れてますw なんでだろ?w

ROBOTICS;NOTESオープニングムービー



 最後にネタバレを含めたキャラ評なんぞをw
Captors
 ここ2週間ほど録画したまま見てなかったアニメを消化しつつMHFをずっとやってた。アニメ終わったら他のゲームしようと思ったけど、アニメが終わらずに、実に8時間近くのマラソンとなってしまった・・・。猫物語(黒)、面白かったなぁ! ちと原作も読みたくなってくるねw

Captors
Wolves at the Gate


 オハイオ州出身の5ピース、ポスト・ハードコアバンド。昨年(2011年)発表されたEP、We Are The OnesのPVでもあるHeraldsをYouTubeで聴いてから一目惚れ、アルバムの発売を楽しみにしていたんだけど、待っていた甲斐があったってモンですよ! ま、このアルバムには収録されてないんですけどネー(涙)。しかし、このアルバムに収録されている曲も、ハードなカッコよさと力強さ、そしてクリーンパートのエモメロとボーカル、どれも極上! 久々にいい買い物したわ。

Dead Man
Infamous
 今日は仕事でした。休日出勤日は上司もほとんど出ておらず服装もラフでOKなんで、かなり気楽。外から電話が来ることも皆無なんで、音楽聴きながら仕事に集中できるので、平日よりも捗る不思議w

 1日中Pay money To my Painを聴いてたよ!

Infamous
Motionless in White


 2枚目となるアルバムが発売。相変わらずのゴシックでメタルなサウンドにピコピコがたまらなくカッコ良い! 改めて書くほどピコピコはしてないけどね、今作も。スクリームからエモへのブレイクダウンとか堪らんです・・・。ただその・・・紙パッケが非常に開け難いっつーか、スムーズに戻せないのは如何なものかと思ったりw 鮮烈で見る人によっては嫌悪感しか抱かせないPVも相変わらず。ウヒョー。下の動画も注意なんだぜ!?

Devil's Night
訃報 Pay money To my Pain
 Pay money To my PainのボーカリストKこと後藤慶氏が平成24年12月30日、急性心不全のため自宅で逝去されたことが本日、公式サイトで発表されました。
 昨年は精神的な疾患による体調不良で全国ツアーがキャンセルになったりと、その活動自体にも心配していたのですが、イベントで姿を見せるようになり、10月にはベストアルバムが発売と、4枚目となるアルバムもそう遠くではないだろうと楽しみにしていただけに本当に残念でなりません。
 享年31歳というあまりにも早い別れに、1ファンとしてただただ寂しいばかりです。

Breakfast
Pay money To my Pain


 GUN DOGから入った口だけど付き合った期間は3年くらいと長くはなかっただけに、これからまだ新譜を出して欲しかったしライブにも行きたかった。

 ご冥福をお祈り致します。


Sweetest vengeance



Deprogrammer



PICTURES
THE ONE
 ちょっと仕事が忙しくなりそうな気配。更新もだけど、ゲームとか小説とか積んでるものに手をつけようと思った矢先に・・・!

 ところで年末に買ったマンガが行方不明なんだけど、どこいったか知らない?

THE ONE
UVERworld


 2005年の初夏にメジャーデビューを果たしてから通算7枚目となるアルバム。もはや説明の必要もないくらいメジャーになりましたね。7年ずっとおっかけてたかと思うと感慨深いものがありますが、その最新アルバムは、マンネリ化するどころか、ここに来てさらに進化を見せた。それこそメジャー感溢れるポップなメロのミクスチャーがここ最近は多かったけど、このアルバムにはあらゆる「音」が詰め込まれた、これまでとは違う、でもUVERworldらしい1枚となっている。正直キャッチーとは言えない曲が多いけどカッコイイ、まさにスルメなアルバムですよ!

REVERSI
MASCHERA HISTORY 1996-2000
 今日は、少し、暖かい・・・日差しとか。

 でもまだ足りーん! 夕方の外に1~2時間立ったままでも平気なくらいになってくれー(そんなムチャな!)

MASCHERA HISTORY 1996-2000
MASCHERA


 オレ大好きなヴィジュアル系ロックバンド「MASCHERA」が2000年に解散してから12年、2012年は限定復活して12月1日をもって活動停止とした(停止ってことは期待していいよね!? つか限定CDを一般流通、せめて通販してくれぇええええ)。それに合わせるかのように2枚組、全33曲のベストアルバムが発売された! メジャーは当然ながらインディーズ時代の曲も含めてのデジタルリマスタリング。しかし! しかし、このベストの真価と言うか最大のウリは、VHSでしか発売されていなかった「SCOPE FILE ZERO」「SCOPE FILE ONE」がインタビューなんかを交えて完全DVD化! うぉおおおお! まさに完全盤! 故に「最後感」がパなくて寂しい・・・。問題点はジャケットが激しくダサいことかなw このセンスの無さったらアンタ・・・せめて過去写真無ければなー。
 MASCHERAはオレ的にヴィジュアル系ロックの最到達点であり、解散から新たにヴィジュアル系を手にとって聴くことはなくなってしまったくらいだった。それくらい、メロディーも歌詞も、ビシッとはまったんだよねー。札幌の握手会とか行って、抽選のサイン入りポスターをメンバーから直接もらったりしたしな(まー当然、握手もしたけどw)! ウヒョー懐かしい! ちなみに一番好きな曲は「Reality for Realism」、これぞ至高・・・!

20130109-01.jpg
 今でも大事に持ってますし、CDも普通に聴いてますけどね! こうして並べて見ると壮観だぜ・・・インディー時代の絶版CDとかそこそこ自慢モノだったんだけどな~当時はw そう言えば、今の若い人は細長いケースの8cmシングルとか知らんのか!?


ゆらり


ラストフォトグラフ
re:euphoriaofeuphobia
 寒い。なんかスゲー寒いんよ! 早く夏きてくれー!

re:euphoriaofeuphobia
white white sisters


 ロック+エレクトロニカな2人組のバンド。電子音のエレクトロサウンドがたまらなくカッコイイ! ドラムとギターの生音がしっかりと生きてるのもいいよね! 紹介したCDは2010年に発売した1st音源、いわゆるマキシシングルのリミックス。フルアルバムを早く出してくれー!

imperfect conflict
EMPTY BOX
 新学期!

 ・・・じゃない(つか何十年前だよ)仕事始めだった今日!

 連休の遅起遅寝習慣もなんのその、いつも通り目覚ましより先に目が覚めて、ふつーに仕事に行けました。人間ってスゲー!

 でも頭痛がして体調良くなかったなー。連休で冷え切った職場環境も良くなかった。むぐぐ。

 皆さんは平気でしたか?

EMPTY BOX
NOISE MAKER


 北海道は札幌出身の4ピースバンド。地元出身となれば応援したくなっちゃうじゃない?w ラウドロックな音でヘビーだけど、重過ぎずこの手では定番なスクリームのないボーカルとか「渋さ」を感じるカッコ良さがある。疾走感のある曲やエモっぽい曲、ミクスチャーな曲などバラエティーに富んだ曲作りが出来るとこなんか、もうこれからの活躍を、より期待しちゃうよ! 国内ボーダーを尋ねるヨコノリ系な北海道ローカル番組「NO MATTER BOARD」のオープニング曲を演ってたりもする。今月、LIVEに行くんだ~。チョー楽しみ!

platinum shoes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。