きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
BONEDS
 ちなみに「昨年、最も良かった・嬉しかったカテゴリ作品は?」をテーマにお送りしております。

BONEDS


 このアルバムはオレ大好きな「AIR SWELL」「BLUE ENCOUNT」「MY FIRST STORY」に、元DOGGY BAGの兄弟が「SWANKY DANK」として活動しているバンドを加えた計4バンドによる「4 BANDS SPILIT ALBUM」だ! うおー! しかも、このスペシャルな面子でアルバムを出して終わりかと思ったら、ツアーもするし! つーか札幌来るし! つーかチケット買ったし! フフフ。昨年までは「NO MATTER LIVE」が年始め一発目のライブだったんだけど、今年は「NO MATTER LIVE Special」とかで真駒内セキスイハイムアイスアリーナで演るんだよねー。そっちはまだ先行抽選やってて当たってないっちゅーね?
 ライブは1月13日! スゲー楽しみなのです!

「BONEDS」trailer


 (・∀・)
スポンサーサイト
ヘルボーイ:疾風怒濤
 購入したものを紹介することで「いや~kiyuさんのオススメした作品、良かったッス! 人生が変わったッス!」「ワタシもそれ好きなんです! 趣味・・・っていうか感性が一緒なんですかね? 結婚して!」みたいなことが起こるに違いないとにっきを書き続けて約9年・・・まだまだそんな機会があるに違いないと確信しているので、今後も続けてゆく次第ッ!

ヘルボーイ:疾風怒濤
マイク・ミニョーラ (著), ダンカン・フィグレド (イラスト), 石川裕人 (翻訳), 今井亮一 (翻訳)


 待ちに待って、待ちすぎて忘れていた感もあったけど、ついに発売された「ヘルボーイ」の最新刊であり、長編3部作の最終巻ッ! ・・・いや、マジで発売してくれて良かったわ。昨年の夏頃に映画ヘルボーイ3の話があったから、もしかしてと思ったけど、映画公開に合わせてとかではなくて読めたのは嬉しい限り!

 3年ぶりの新刊は前述した通り、長編3部作の最終巻。この長編はミニョーラ原作、作画ダンカン・フィグレドと言うアメコミではお馴染みのスタイル。それでも1作品を1人の作画で通し、かつミニョーラがご指名しただけあって、抜群の安定感で絵柄も世界観も楽しめた。物語としては、個人的には当初の、世界中の様々な伝説や伝承、それに纏わる怪異現象を解決しまくる展開が好きだったけど、今回の長編はそれら短編作品の伏線を全て回収しつつ、避けられない問題への回答を出すためにいよいよって感じで楽しめたし、この先も非常に楽しみな展開となった。しかも、ミニョーラ復帰らしいので期待は高まるばかりなのである。

 じっくりと読み耽った後(また長編3部作を読み返した)、余韻に浸りながらも本棚に入れる・・・なんで今巻だけサイズが違うんすか! 飛び出るんですけどもー!?

2014-01-04-01.jpg

 とりあえず「アート オブ ヘルボーイ」が発刊するそうなので「B.P.R.D.」も出しちゃったら良いんじゃないですかね?

 (・∀・)
明けましておめでとうございます!
 今年も宜しくお願い致します。

2014-01-01-01.jpg

 (・∀・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。