きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サーガ 1
 なんだか日曜の夜ににっきを書くことが定番となってきてしまった(まだ3回目だけど)。
 ホントは昔みたく毎日更新したいんだけど、恐るべしはソシャゲですかね?
 ハハハハ(笑い事ではない)

サーガ 1
ブライアン・K・ヴォーン (著),フィオナ・ステイプルズ (イラスト)


 またアメコミの紹介です! アメリカの2大コミック賞を2連連覇し、SF・ファンタジー・ホラーな作品に贈られるヒューゴー賞まで受賞した「サーガ」は、「スター・ウォーズ」を代表とする宇宙を舞台とした冒険活劇モノ。冒頭から衝撃のセリフと共に始まり、新しいのか古いのか分からないデザインセンスの宇宙人、様々な思惑で動く勢力群(こういうのは海外ドラマでよく見るよねー)と、一気に読ませてくれる魅力が詰まっていました。帯の文句に躍らせられるのは好きじゃないけど、悔しいくらいに伊達じゃないなーと思い知らされましたわ。2巻はよ!
 カバーイラストから想像できるように、異種族による逃避行が基本路線で、そこに纏わる様々な偏見や差別、それに対する理解があったり愛を知ったりとかが主題になるのかな? テキストがそれほど詰め込まれておらず、絵も日本のマンガに見慣れた人にも受け入れ易い絵柄だと思います。168ページ、オールカラー、ソフトカバーで1,800円(税別)。ま、安くはないですね。・・・そういえばアメコミって性器のモザイクとかなくても平気だったっけ?

 そうそう、以前に紹介した翻訳版「マウスガード 1152年 秋」も届きました。原書のようなハードカバーだと思ってたら、これまた「サーガ」と同じソフトカバー(出版社が同じだから?)。翻訳は海外TRPGに携わった方がしておられるようで特に問題もなく(若干、吹き出しの中のテキストの収まり具合にセンスがない箇所があったけど)付録、ピンナップ・ギャラリーまで余すことなく、完全な翻訳版! 素晴らしい! そして「冬」の次巻予告がー!

 あまりに楽しみ過ぎて、明日からの一週間を思うと、ヘタってしまいますわー。とほほー。
スポンサーサイト
波よ聞いてくれ 1
 もう5月も終わろうとしているね・・・GWが、つい先日のことのようです。

 そろそろ雪の心配をすべきかしらね、フフフ(自暴自棄)。

 ↑次の更新が、そんな時期になりそうなことを匂わせつつ、自身に発破をかけてるみたいな?

波よ聞いてくれ 1
沙村 広明 (著)


 以前にも何度か書いた気もしますが、「にっき」と謳いながらも「紹介」になっています。ま、買ったものの紹介と思えば、そういう日記もあるか・・・いや、それじゃあ家計簿じゃん!

 と言うわけで、他にも紹介したものがボチボチあって「次は絶対にコレ書こう!」と思っているのに、なかなか手付けれずにいます。どうしても時事ネタっぽくなるんで、早く早くとは思うんですが、ほら、「時間を使う」ってことは「命を削る」ってことじゃないですか? いわゆる寿命ってヤツは、当然ながら有限であり、それを何に使うべきかを考えると、どうしても物事に優先順位をつけることになり、こと趣味人であるオレの場合は、ゲームとかゲームとかゲームとか・・・

 「波よ聞いてくれ」は上記のカバーイラストからも想像できるように「ラジオ」を題材としたマンガです。沙村 広明氏が短編などで描いていた(もしくは「おひっこし」的な)世知辛い、生々しい、オトナの日常ラブコメ・ドラマ的で、勢いがあってスゲー面白いです。やー久々に声を出して笑わせて頂きました。いちいち挟まれる小ネタがおっさん世代にドストライクなのが、まー悪く言えば古いノリではあるんだけど、読んでるオレもオッサンなのだから仕方がない。
 他にも紹介したい作品があるのに、それらを差し置いてこの作品を紹介したのは、まさにさっきAmaznonから手元に届いたってのもあるけど、舞台が札幌なんですねー! ちょうど仕事の都合で、ラジオ関係について調べる機会が先日あったので、まさにタイムリー。作中で使われる背景なんかも、知ってる場面が多くてうぉーってなりました。イイ、イイですよ! ほら、こういうマンガとかゲームとかアニメとかドラマとかって東京が舞台になるじゃないですか(最近は地方を狙ったご当地系が多いですけど)。だから、メジャーな作品で地元が取り上げられると、ちょっと嬉しくなるんですよね。フフフ。

 そんなわけで「波よ聞いてくれ」オススメです! (´∀`)b
驚異の螺子頭と興味深き物事の数々
 バリバリっと日々更新してやろうと思い立ったのに、あれよあれよとゴールデン・ウィークも過ぎちゃったよ! あれー?

驚異の螺子頭と興味深き物事の数々
マイク・ミニョーラ (著), 秋友克也 (翻訳)


 ミニョーラと言えばの「ヘルボーイ」は原案・作画は他者と、アメコミ定番のスタイルとなってしまったけれど、本作は紛うことなきミニョーラ本人の作画となる作品。こうして翻訳されて発売されるのは、ホントありがたいことで・・・それだけ日本でもミニョーラ作品は人気なのだろう、と思いたい!
 日本では当然新作ではあるけどアメリカでは2010年に発売された本作は、ヘルボーイとは無関係の6つの短編集。その内容はとてもユーモラスに溢れた、まるで、童話のような物語だ。その世界背景がオカルト風味なところは、やはりミニョーラ。初期ヘルボーイの短編とか好きだった方には是非ともオススメしたい。もちろん、あの独特の黒い影の描き方と、そこに絶妙にマッチしている淡いカラーは健在(作品自体は2002年に発表されてるから、とも言える)。
 全ページフルカラー、ラフ画込みで約100ページは読み応えたっぷり・・・とは言えないけど、ミニョーラファンにとっては、新作というだけで嬉々としてしまうのだ! きっと、売れ行き次第で「Baltimore」や「Witchfinder」「Lobster Johnson」も期待できるんじゃ~ないかな!?

 いや、ヘルボーイのスピンオフ系もマジ期待してますからー! それと、本のサイズを変えるのはマジ勘弁して頂きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。