きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
D&D GameDay 2008と第4版レビュー
 というわけで札幌「D&D GameDay 2008」行ってきたよ! (´∀`)b

 会場は「ワンダーランド札幌」というところで、なんつーか、山の中なのよね・・・事前に調べた(というか移動中も地図開いてた)のに、余裕で通り過ぎて北の沢まで行ってしまったよ! 遅刻しそうになった! ていうか会場についた後も「ココに・・・入っていいの?」って感じでよく分からなかったとゆーw 看板みたいの出してて欲しかったな。

 前日に4版簡易ルールが付属した「シャドウフェル城の影」を購入していたんだけど、今回プレイする
「シャドウハントの霊廟」でのルールも同じものを使用するようで、予習しておいて良かった。今回はコンベション形式なので周囲は知らない方ばかり! 以前お世話になってたサークルの方3人だけしか知らなかったヨw 基本的に顔見知りっつーか、相手を知らないと心を開かない人なので(苦笑)プレイ中はノン・ロールプレイでしたっ。プレイヤーの独白で終わった・・・ ・゚・(つД`)・゚・

 とりあえず、D&D GameDayのお話はおいといてー、入手可能な簡易ルールを交え、実際にプレイできた4版のレビューでもしてみようかしらねっ!

シャドウフェル城の影
ブルース・R・コーデル (著)、マイク・ミアルス (著)、桂 令夫 (翻訳)、岡田 伸 (翻訳)、北島 靖己 (翻訳)、柳田 真坂樹 (翻訳)


 まず大きく変わったと感じるのは戦闘だ。3.5版を数えるほどしかプレイしてないオレでも感じるくらいに変わっている。正確には「ざっくり」とまとまって、分かりやすく、プレイしやすくなった。ライト向け、かつ、よりミニチュア・フィギュアゲームっぽくなったと言えるだろう。

 3.5版をプレイしていた方ならすぐ気が付く変更点としては以下の通り。他にもあると思うけどw

■移動の際に斜めも1マスとなった。
■噴射や爆発の効果範囲が正方形になった。
■モンスターの識別が明確になった。
■「5フィート・ステップ」が「シフト」と呼ばれる専用の移動となった。
■HPが0の瀕死状態になった場合、毎ターン、セーヴィングスローを行う(目標値10)。3回失敗したら死亡。
■またマイナス重傷値(最大HPの半分)になっても死亡。
■突撃が標準アクションとなった。
■クリティカルヒットによるダメージが、その攻撃の最大値となった。
■技能でまとまったものがある(視認、聞き耳、捜索は「知覚」に。開錠、装置無効、手先の早業は「盗賊」に)

 4版から追加されたルールは以下の通り。

■戦闘では基本的に3種類のアクションを1回ずつ行うことができる。
・標準アクション?攻撃、底力、盾の装備・解除、突撃、ポーション飲ませる
・移動アクション?通常移動、疾走(移動速度+2マス)、シフト、立ち上がり、ほふく前進
・マイナーアクション?アイテムしまう、アイテム拾う、射撃装填、扉の開閉、武器の抜刀・収納、伏せ、ポーション飲む
■「標準アクション」を「移動アクション」にすることも可能(移動を2回等)、「移動アクション」を「マイナーアクション」にすることも可能(落ちてるアイテムを拾って、装備が可能)
■「底力」の使用で基本的に戦闘中に1回だけ、自力で決められた数値だけHPを回復可能。
■追加アクションが可能な「アクションポイント」の導入。
■「小休憩」と呼ばれる1日に何回でも可能な5分程度の休息がシステム的にある。
■「大休憩」と呼ばれる1日1回の6時間休息がある。これはこれまでの休息みたいなものね。
■「マイルストーン」と呼ばれるシーンの区切りがシステム的にある。
■「種族」「クラス」によって「パワー」と呼ばれる、必殺技的なものが用意された。
■「パワー」には基本的に3種類の使用制限が決められている。基本的に「標準アクション」になっている。
・無限回パワ?何度も使えるパワー。
・遭遇毎パワー?敵と遭遇する度に1回だけ使用可能となるパワー。
・一日毎パワー?一日に一回だけ使用可能なパワー。

 気が付いた(思い出せた)部分はこんな感じ。特に「パワー」は大きな変更であり4版のキモでもある。とにかく、どんなクラスでも、戦闘で暇をもてあますことなく参加できるのだ。ウィザードはマジック・ミサイルを好きなだけ撃てるし(ただし今作からは抵抗される可能性もある)、ファイターのクリーヴが成功すれば隣接した敵に自動的にダメージを与えられるし、クレリックは敵にダメージを与えることで近くの味方を補助することが可能となる。

 実際にプレイした感想としては、前評判通り、やはりオンラインRPGを意識したとしか思えない作りになっている。そして1レベルから全力でパワープレイが楽しめる作品になっている(シャドウフェルのドワーフファイターPCのHPは初期値で31!)。「D&Dか、否か?」と問われると、セーヴィングスローや基本ロールはD20など、名残はあるものの、戦闘システム的に見れば「別の作品」と個人的には思う。もっと言ってしまえば「D&Dの名を冠する必要のない」システムなんじゃないかな? 赤箱を知ってるオッサンプレイヤーとしては、そう思わざるを得ないんだ。かつ昨今のオンラインRPGを彷彿とさせちゃうんだよね?どうしてもw 当然ながら世界観は「D&D」なんだけど!

 あまり参考にならないレビューだと思うけど、まー3.5版から変わったね?と感じられると思う。簡易ルールではキャラクターの作成方法も武器や防具の詳細データもなく、レベルアップも用意された数値とパワーを取得するのみとなっている。個人的には、4版は4版でアリっつーか・・・好きなシステムだな。オンラインRPG好きだしw だからコアルールブックが楽しみで仕方がないのだ!


 さて「D&D GameDay」の話に戻ろう。

2008-11-02.jpg

 実はまだ開催していない会場もあったりで(札幌も今月の下旬にもう1回ある)詳細を控えている方も多いんだけど、そこは空気を読まずにネタバレ全開で書いちゃうよ! だからD&D GameDayに行かない人、もしくは行った人だけ読んでね! (´∀`)b

 冒頭にも書いたように、あまりロールプレイが出来ずに(まぁ、コンベでなくてもそうだけど)終始ウンウンって感じだった。ダイス目も振るわず、とにかく1が出すぎた(涙)! 前半の山場であろう罠に盛大にハマって燃えたのも、申し訳ないって感じでしたわ・・・ぐほっ。それでも最後のエルフに対して、一日毎パワー「ヴィランズ・メナス」が決まり、ダメージも揮ったので気持ちよかったよw 苦労したシーンはあったものの、基本的には順調かつ気絶者を出すことなく終われたんじゃないかな? せっかくなんだから、もっと会話に加わりたかったのが残念なトコロだった! 早く終わった卓ではオマケ的にホワイトドラゴンと戦うシナリオも用意されていたみたいだけど、ウチは時間的にプレイできませんでしたのぅ・・・

 さて、今回はイベントのコンベション、4版の体験会みたいなもので、4卓あったけれどもシナリオは共通のものを使用した。ゲームの後、以前良くして頂いた友人らと4人でゴハンを食べに行って感想なんぞを話しあったのですが(全員が別卓で、1人はDM)いやー、やはりTRPGって面白いですな! 同じシナリオなのに、展開が全員違うという!w とりあえず棺の罠は、みんなひっかかってたようで安心したよw

 あと食後に、なんかゲームに関係のない普通の話でも大変、盛り上がったのですが、なんか曲解して記事にするとか宣言されちゃったんですけどw いや、確かに類似発言はしましたけどね?w

 TRPGやっぱり楽しいわー。久々にGMなんかもやってみたいかも!

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様ー!
楽しまれてきたようで、何よりです!
うちは、最後の最後まで旦那さまの予定がわからず、
結局参加できませんでした。残念です…。
こんど、また一緒に遊べるといいですね!!
それこそ、「シャドウフェル城の影」とか(^^)
2008/11/07(金) 12:45:08 | URL | リエ #SEFye3cg[ 編集]
でへへ
4版はオレ好みで楽しめそうです。
まー遊ぶ機会は・・・作らないと、ですけどねw

雪が積もらないうちに遊びましょう!w
2008/11/12(水) 00:46:58 | URL | kiyu@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1020-6b1cb655
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。