きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プリンス・オブ・ペルシャ
 当初は買う予定はなかったんだけど(と言ったらガンダム無双2も買う予定にはなかった)レビューとか見てたら面白そうで、ついつい予約してしまっていた・・・

プリンス・オブ・ペルシャ
公式サイト】 XBOX360 / ユービーアイ ソフト / \ 7,329


 プリンス・オブ・ペルシャといえば様々な機種に移植された動きがちょーリアルな2D横スクロールタイプのアクションゲームであるが、コレはその3D版であり、PS2で発売された「プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂」いわゆる「時の砂」シリーズを継承した(でも無名に戻った)プリンス・オブ・ペルシャなのである。

 ゲームの目的はいたって簡単で、目的地まで移動すること。それが1ステージのような区切りとなっていて、それらが組み合わさって、冒険の世界となる舞台を作っている。この目的地までの移動が、実に多彩なアクションを必要としており、壁を登るのはもちろん、壁を横走りしたり、淵にしがみ付いて移動したりと、同社の「アサシンクリード」やPS2でSCEから発売された「ワンダと巨像」を彷彿とさせるシステムとなっている。簡単な操作でアクロバティックな動きをするのは、見ていても楽しく、また基本的にゲームオーバーがない(後述)のは、カジュアルプレイヤー向けであり、前作までのシビアなゲーム性はどこへやら、といったところだ。この辺りは賛否両論なのだろうが、個人的には簡単に楽しめた方が良いので嬉しい仕様変更だと思う(だから購入した)。

 アクロバティックな動きは移動だけではなく戦闘にも見られる。従来のアクションゲームでは見られない、それこそジャッキー・チェンの映画のような「見せる」戦闘もウリだ。今作では、ちょっと抑え気味になり、数種類の攻撃ボタンの組合せにより、一連の攻撃となってダメージを与えるシステムになっている。

 物語の方はというと、ざっくり言ってしまえば「解き放たれた悪魔により穢されてしまった神殿を浄化する王女と、それに巻き込まれた主人公」といったところ。穢された部分には黒いスライムのようなものが貼りつき、穢した神殿の最深部にいるボスを倒すと、それまで暗かった世界が色付いて草木が生えるところはPS2でカプコンから発売された「大神」を彷彿とさせた。ていうか、まんま?w
 主人公と王女、2人が協力し手と手をとりあって進むのは楽しくて、導入分の展開なんかは「ちょwww これ、なんてディズニーの映画www」とか思ってしまった。そんな関係なのも、見ていてほのぼのするのだ。ローカライズもされており、吹き替えもしっかりされているが、主人公に比べて王女の方が、ちょっとイマイチ・・・良く知らないんだけど、女優さんを起用しているっぽい? 主人公が上手いから余計に気になるのかもしれないw コレ、声は英語にできないのかなぁ?字幕日本語あるんだからさw

 独特なトゥーンレンダのグラフィックは美しく(パッケージ絵に比べるとゲーム中のキャラクターは、やはり洋ゲーな感じだけどw)アクロバティックな動きでピョンピョン、するり、ガリガリと神殿内を移動する楽しさは、このゲームでしか味わえない。移動できる場所を探すという点から見ると、パズルゲーム的な部分もあるかな? アクションゲームって苦手なんだよねーって人にこそ、オススメしたい。ただ突き詰めてしまうと同じコトの繰り返しにはなる。ステージごとの独特なギミックなどはないと思われる。あとコアゲーマー(前作までのシリーズが好きな人)には物足りかもしれないね。

2008_12_20-1.jpg
幻想的な雰囲気と演出にグッときてしまう!

2008_12_20-2.jpg
グラフィックもなかなか綺麗!

2008_12_20-3.jpg
身に着けている衣類のヒラヒラ感、細かさも良い感じ。

2008_12_20-4.jpg
先に進むためのルートを探し、ピョンピョンと移動するのは楽しい。でも変化が乏しいといえば、乏しい感じ。ヒントやチュートリアルは丁寧。

2008_12_20-5.jpg
壁走りとか最初は手こずったんだぜ?w 何度挑戦しても失敗してた・・・

2008_12_20-6.jpg
戦闘はある意味ターン制。雑魚とかはいないのだ!

2008_12_20-7.jpg
文字通り神殿が色づく瞬間。ていうか、主人公が王子(プリンス)じゃないのが気になるぜ・・・いや実はってオチなのか?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1071-80c6639d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。