きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Jumper: Griffin's Story」クリアしたよ!
Jumper: Griffin's Story
公式サイト】 XBOX360 / BRASH ENTERTAINMENT / $ 19.99


 先日、久々に映画をみて、それが「ジャンパー」だった。映画自体はというと、1992年に発売された小説が原作で、瞬間移動の能力に目覚めた主人公と、その能力を「神のみ許された力」として、能力者ジャンパーを”狩る”パラディンと呼ばれる組織の死闘を描いた作品である。瞬間移動のビジュアルが中々楽しく、物語の方とか、設定とかに色々とアレだけど「そういえばゲームが出てたな!」というわけで、かなりお安かったので購入して遊んでみたのだ!

 さてゲームの方はというと、タイトルにもあるように映画の主人公の協力者? として登場するGriffinをメインにしてある。小説も出ているので、それがゲームの原案なのかもしれない。基本的に映画を追っているので、映画のシーン(を再現した演出)もある。とにかく用意されたステージに出てくるパラディンを倒しまくる、ステージをクリアすると切り絵風のアメコミのムービーが流れる、といった感じだ。XBOX360のA、B、X、Yのボタンが攻撃ボタンとなっており、目標を中心に前後左右に瞬間移動して攻撃する。コンボが用意されており、ステージのどこかに隠されているコミックを入手すると種類が増えて、組み合わせるカスタマイズ制となっている。4種類しかないけどね! 一応、2→2→3のコンボ、あまり気にすることないけど。特定の方向から攻撃するとゲージがたまって強力な攻撃を繰り出すことが可能になる。また発動条件は不明だけど、原作さながらに即死しちゃうような場所に敵を置き去りにしちゃうような止め技みたいのもあり、それが楽しかった!

 でも、まー、なんつーか、アレだ。ゲームとしてはイマイチだったw グラフィックはPS2レベルだし、キャラクターの動きやモデリングはPSレベル、操作感やカメラワークにも難あり。ボリュームも少ない。最後の方の難易度が高く、敵に理不尽になぶられまくって、途中で投げ出そうと思ったよw 原作が大好きで大好きで仕方が無い人にしかオススメできない。もちろん、日本語版はないぞ!

2008-12-26-01.jpg
スーパージャンプするのとか聞かれたけど、違うからな! テレポートだぞ!

2008-12-26-02.jpg
キャラクターが俳優に似ていないのも含め、全体的にやる気が感じられない作品ですw

2008-12-26-03.jpg
止めシーンだけは良く出来てた。これで制作費がなくなったのか? 空に瞬間移動で出現してからポイッ!

2008-12-26-04.jpg
高けぇえええええ! 映画でもコレだけやってれば勝てただろうに・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1076-5f809a57
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。