きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
DISSIDIA FINAL FANTASY
 3連休もあっという間だな! なんか歳重ねる度に、1日1日が短く感じるぜ・・・ていうか朝、起きれねぇええええw

DISSIDIA FINAL FANTASY
公式サイト】 PSP / スクウェア・エニックス / \ 6,090



 買う気はなかったけどMHPG2も一段落ついたし、お手ごろ価格で売っていたので購入しちゃった!

 ちうわけで、全く気にも留めてなかったので「FFキャラの格闘ゲー」という認識しかなかったわけだけど、こうして実際に手にとってプレイしてみると・・・フムフム。確かにタイマン格闘ゲーではあるが、アクションゲームっぽくもあるな!

 このゲームはタイトルにあるように「ファイナルファンタジー」のゲームである。んで、冒頭にも書いたように基本は格闘ゲームなのである。シリーズ・ファン向けモノ、ここに極めたりといった感じで1?12のキャラクター総出演となっている。といっても、各作品から(基本)主人公とラスボスの2人が出演なんで・・・24人使えるのかな? ま、それは最終的なお話ということで。

 システム的にはFFシリーズらしく、従来型・継承系の格闘ゲームとは、一味違ったシステムとなっている。操作キャラクターは光と闇に分かれて、まずは光側のみ。マス目となったフィールド上でキャラクター駒を動かして、目的地へ向かうことでステージクリアとなる。途中には立ちふさがるように敵がおり、倒すことで先に進めるようになる。途中には宝箱や召還獣なんかもあるけど、移動する回数が決まっており、その回数を残してステージクリアするとクリア後にボーナスポイントになったりする。1キャラクター5ステージで、ジャンルは違えども「見せる」ゲームらしく、ステージ開始前とクリア後には小芝居がある。戦闘では経験値を入手してレベルも上がるし、ギルを入手して買い物も可能。レベルが上がることで様々なアビリティを入手して、その組み合わせによって戦術は広がるシステムとなっている。そして、キャラクターごとのシナリオはクロスリンクしており、全員分を終わらせることで、物語は1つに繋がり、完結するようだ! 意外に先は流そうよ?w

 さて、メインとなる戦闘のシステムだけど、画面は3人称視点のポリゴン。SFCのバスタードっぽい! あ、古いかw えーと、セガのバーチャロンとか? 敵をターゲットしてロックオンも可能。防御もジャンプもある。あとはバシバシ殴りあうわけだけど、攻撃には2パターンあって、基本は「ブレイブ」と呼ばれる攻撃で、この攻撃は相手のHPを減らす効果はない。ブレイブを減らすことになるんだけど、この減らしたブレイブの値というのは、そのまま自分のポイントとなり、そのポイントを維持した状態で「HP攻撃」を行い、ダメージを与えることで、そのポイントのダメージを与えることが出来るのである。このブレイブ値は攻撃を受けると減ってしまう。相手のHPを減らすにはブレイブを貯めなければならない。貯めればダメージ大きくなる。でも敵の攻撃を受ければブレイブは減ってしまう・・・この辺りの駆け引きが、なかなか面白い。これとは別にゲージもあり、それが上限まで達すると、いわゆるサイヤ人モードとなる。といっても圧倒的というわけでもなく、攻撃が超必殺技になるのがポイントといえばポイントか。
 これが戦闘の基本となるわけだけど、これに様々な要素が加わり、かなりハイスピードかつ派手な戦闘となる。最初のうちはガンガン攻撃できて爽快感バツグン! 格闘ゲームというよりはアクションゲームっぽく感じるだろう。しかし、敵のレベルが上がると、様々な攻撃・対応をしてくるようになる。ストーリーとは別に好きな相手を選んで戦闘が可能で、それでレベル上げも可能なので、テクがなくても根気さえあれば誰でもクリアが可能だろう。

 ゲームとしてのシステムの他、戦闘で得られるPPと呼ばれるポイントを消費することで様々なオマケ要素をアンロックしたり、対人戦などに使用するカードのアイコン(なつかしのドット絵)の入手が可能だ。カレンダーの要素があり、ゲームをプレイする日を設定することで、様々なボーナスを得ることができたりする。これはチョコボが担当w モグは毎日届くメールで対応! メールも受け取ったり、時には選択肢あったりで、これもそれだけでオマケがあったりで嬉しいのだ!

 とにかく「格ゲー」と括るには、これでもかという程に遊びが詰め込まれており、また違ったジャンルではないかと思わせる勢いがある。初めてプレイすると、やること・やれることが多過ぎなんじゃないかと不安になるけれど、それらの要素は1つ1つアンロックされてく感じで、戦闘もチュートリアルあるし、好きな時にヘルプで確認も可能なので、ゲーム好きな人なら、すぐに馴染めると思う。

 グラフィックはもちろん、音楽も各作品のアレンジが効いてるほか、FFシリーズの小ネタが散りばめられていて、FF好きなら格ゲー好きじゃなくても遊んでみる価値はある。格ゲー苦手な人のために、コマンド選択モードまで搭載してあるぞw

 PSPという携帯機でここまで頑張れたら凄いと思う。作品としての完成度も高いと思うので、これだけで終わらせずにシリーズ化して欲しいね。出来れば据え置き機でw その際には主人公クラスのキャラクターをもりもりと追加して欲しいよ! 2のレオンハルトを使いてぇえええ!

2009-01-12-01.jpg
オープニング見応えあって良いです。みんな美形過ぎるけどw

2009-01-12-02.jpg
フィールドはワンボタンで壁を走ったりする。空中戦も簡単にできるぞ!

2009-01-12-03.jpg
各シリーズのシナリオも中々に熱いw FF好きならニヤリとできるハズ。1とか2のパッケージのポーズには、正直、やられたw

2009-01-12-04.jpg
カレンダー。遊ぶ頻度の設定が可能。日曜日にたくさん遊べるように設定してるので、日曜日がスペシャルデーだ!

2009-01-12-05.jpg
ここから様々なモードを選択する。といっても、さらにメニュー開くけどなw すれ違い通信でカードを交換することでアーティファクトの入手が可能らしいけど、まだすれ違ったことありません・・・

2009-01-12-06.jpg
これが1ステージ。けっこうサクサクと進めるけど底が浅いわけでもない。でも、まー格ゲーファンよりFFファン向けなゲームですな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1107-5c597aa7
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。