きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドレスデン・ファイル
ドレスデン・ファイル


 海外ドラマのDVD積みまくってるというのに! (;´Д`)

 「ドレスデン・ファイル」はジム・ブッチャー氏よるファンタジー推理小説が原作となっているテレビドラマだ。現代のシカゴを舞台に、私立探偵である主人公のハリー・ドレスデンが謎めいた猟奇殺人事件の解明に挑むのだが、実はハリーは魔法界の最高評議会に認められた「魔法使い」なのである。ドクロに封じられているボブ、シカゴ警察局の警部補マーフィらの協力を得ながら、事件の背後に暗躍するモンスターを退治する、というのが物語の大筋だ。小説は日本でも翻訳されて発売されている。原作は人気シリーズだと思うんだけど、ドラマは全12話で完結してるっぽいので・・・いや、面白いんだけけどねぇ?

 なんとなく「スーパーナチュラル」っぽく感じるかもしれないけど、大きな違いとしてはスーパーナチュラルは”普通の人間の兄弟が知識と道具(銃とか塩が多いw)で、悪霊や超常現象、UMAなどと戦う”のであるがドレスデン・ファイルは”魔法使いが知識と魔術で、悪霊や闇の眷属と戦う”のである。またスーパーナチュラルには”父親を探す”という目的があり、その道中で遭遇する困った人々を助けるわけであるが、ドレスデン・ファイルは”電話帳に魔法使いと記載されている”だけあって(探偵だしね)依頼が舞い込んで、解決に挑むのである。ただ、炎を手から出したりとかの派手な魔法戦闘がなく、戦闘では痛めつけられることが多く、その辺りは似ているw 助言してくれる亡霊のボブがいい味出してたり、闇の眷属が存在するところは「ファンタジー」って感じがプンプンするね。個人的にはライトノベルとかマンガっぽい設定が嫌いじゃないんだな。TRPGの現代モノでは、こういうパターンの多いしね?w

 原作好きはもちろん、上記の設定が好きな人は楽しめると思う! ちなみにニコラス・ケイジが製作総指揮なんだぜ! さすがアメコミ、カルト映画好きなだけあるw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1166-cf0286e0
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。