きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
The Dark Eye:Drakensang
 XBOX360のゲームが積まれているというのにPCゲーが届きましたよ・・・

The Dark Eye:Drakensang
公式サイト】 WinXP・Vista / THQ / $ 29.99


 注文してたことをすっかり忘れてたんだけど、ドイツ産ファンタジーTRPG「The Dark Eye」をベースとしたPC用RPGだ(国産MMOのじゃないぞ!)。ドイツ圏では去年の8月に発売されてたんだけど、インターナショナル(つまり英語版)は今年の2月24日に発売されたのだ。TRPG原作のPCゲーといえばD&Dの「Baldur's Gate」が有名だけど、本作もそれを目指したらしい。ただプレイした感じは「Neverwinter Nights」だったけどね。基本的にはクリックゲーなんだけど、戦闘ではターゲットした敵に一定のペースで自動攻撃、タイミングを見てスキルを発動といった往年のMMORPGスタイル(感覚的にはやっぱりNWN)である。TRPGがベースなのでキャラクターのステータス分類は細かく、ストーリーを重視したシナリオのテキスト量は多く、最近のゲームということもあってフル3Dで表現された温かみのある世界観は素晴らしいと思う。主人公を含めた4人で冒険の旅に出れるのも良いですな。NWNみたくmodやGMプレイとかはできないっぽいので、あくまでもシングルRPGなんだな。

 The Dark EyeがどんなTRPGかよく知らなかったけど、ちこっと調べてみたところ本国ドイツでは人気のあるシステムの1つのようだ。つか1st Editionは1984か! 基本ロールがd20なところも含めて歴史を感じさせるねw Drakensangでは最新の4.1版をシステムとしてるのかな? 種族とかクラスとかは当然あって、スキル、タレントなどで個体差を出す感じ。スキルはツリー形式になっていて、それがTRPGが下地になってるのか今作独自の仕様なのかは不明w

 冒頭だけプレイしてみたけど前述したようにNWN2そのものな印象。もちろんベースとなるシステムは違うけどNWN2をプレイ済みならばすんなりと本作にも入れるだろう。クリック移動はもちろん、FPSではお馴染みのWSQE移動も可能。NPCと会話することでクエストを受領し、マップに表示される?アイコンが目的地として表示されるので赴き解決する。英語が分からなくても何とかなりそうだけど、NPCとの会話では選択肢が多岐に渡り量も多いので理解できた方が絶対に面白いと思う。その辺りは「Obvilion」さえもローカライズした有志による翻訳を待とうじゃないか!w 戦闘についてもNWN2と同じ、若しくはMMORPGでは定番のスタイルなので(操作で)難しいことはない。UIやアイコンも分かりやすくまとまってると思うけど、この手のゲームに馴れてない人には「?をしたいのに、どうこを見ればいいのやら」と感じるかも。

 TRPGが原作、しかも正統派ファンタジーとくると、どうしてもグッときてしまう浪漫派なオレとしては是非ともローカライズを期待したいところ。無理くさいけどw パッケージがDVDケースが紙ケースに収められている仕様だったんだけど、その紙ケースがPCゲーパッケージらしく、タイトル文字ポコポコの見開きタイプになってて感動したw デカイ箱は魅力的だけどスペースとるしねぇ(AD&DのPCゲーが邪魔ですw)。
 洋モノPCゲーといえばローカライズされた前作をクリア済みの新作「Sacred 2: Fallen Angel」があるんだけど、こちらは未購入。XBOX360版が発売されるということで、そちらを購入予定なのだ。発表があってから何度も延期されてて、かなり不安なんですけどねw 早く出ないかなー。

 The Dark Eye:Drakensangはデモの配信も行っているので興味のある方は「4Gamer.net」さんで確認してみてくだされ! (´∀`)b

2009-03-08-01.jpg
舞い散る葉と砂埃の演出もあり自然を感じさせてくれるよ!

2009-03-08-02.jpg
そしてオッパイ! (*゚∀゚)=3

2009-03-08-03.jpg
またオッパイ! (*゚∀゚)=3

2009-03-08-04.jpg
・・・ふぅ。女戦士っぽい人が仲間になってくれたので二人旅だよ!

2009-03-08-05.jpg
マップに表示されている?アイコンに向かうのだ。ちなみに川には入れなかった。残念。

2009-03-08-06.jpg
目的地の洞窟に到着! 入り口は吹き抜けがあって、天から刺す光と、そこに舞う塵の演出が憎いんだぜ?

2009-03-08-07.jpg
奥に進むとファンタジーTRPGでは定番の大ネズミ登場! 戦闘だ! 最初から武器を持っているけど装備するのを忘れずに。

2009-03-08-08.jpg
なかなか攻撃が当たらない! でもVCirthは魔法が使えたのです! ていうか戦士系を選んだハズなのにバリバリのサポ系キャスターだったよw

2009-03-08-09.jpg
仲間に装備をさせるのを忘れると素手で殴ってくれるよ! ・・・ゴメン! (;´Д`)

2009-03-08-10.jpg
大ネズミを難なく撃退し、さらに奥に進むと・・・クマでたー! お約束!

2009-03-08-11.jpg
そして全滅soooooooooon! これもお約束? ていうかクマ強ぇw 動物を大人しくさせる魔法もあったんだけどね。つか、何しにココ来たのか分かりませんwww

2009-03-08-12.jpg
クラスはそれなりに用意されていて男女の選択も可能。テンプレートが用意されてるけど、ダイスロールして細かく設定することも可能だよ。

2009-03-08-13.jpg
種族によっては固定されているクラスもある。ドワーフには女性なかった。つかドワーフかっけぇな!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1170-532985aa
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。