きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
マグナカルタ2
 どうでも良い話ではあるがXBOX360の信者、という程ではないがPS3やWiiよりは好きだ。売り上げに貢献してあげようとも思ってるのでソフトはなるべく新品で購入するし、売上数がカウントされるショップで購入している(ちなみにAmazonなんかはされない)。というわけで、最近までとある通販ショップを利用していたのであるが、ふとファミ通を見ると売上集計の加盟店から、その名前が消えていたのである。値引きもそこそこされていたのに残念だ! 発売日に遊べることを考えれば「ヨドバシカメラ」でも良いんだけど、面倒なんでw 通販生活やめられないです! というわけで、またAmazonに戻ってしまった・・・。Amazonでの売上も集計すれば良いのにねぇ。

マグナカルタ2
公式サイト】 XBOX360 / バンプレスト / 8,379


 XBOX360が発表され、かなり最初の頃から発売予定リストに名前が挙がっていたものの、何の発表もなく「中止じゃね?」と一時噂されていた、韓国との合作RPG「マグナカルタ」の続編がいよいよ発売となった。前作はかなりアレだったし、韓国なのもアレだったんだけど、RPG好きだしシステムも面白そうだったので購入したのである! ・・・RPG好きの割には「エム ?エンチャント・アーム?」「インフィニット アンディスカバリー」「ラスト レムナント」「Fallout 3」「Fable II」「スターオーシャン4」終わらせてないけどな・・・ (;´Д`)

 ストーリーは前作の続編ということはなく、今作は独立したものになっているので気にせずに楽しむことができるだろう。「愛と憎しみのRPG」ということで、なんとなく韓流ドラマを連想させなくもないが、きっとそんな感じなのだろうw 様々な種族が共に生活する地球に似た星が舞台の剣と魔法のファンタジーRPGで過去に大きな戦争があった歴史がある。とある島で記憶を失ったまま生活する少年が主人公で、平和に暮らしていたのだが、ある日「ガーディアン」と呼ばれる大戦で使用された兵器が発掘され、それを発掘に訪れた王女と出会う。兵器を巡る戦争、封じられた記憶を軸に物語が語られるのである。設定としてはお約束というかありがちなんだけど、この時代「斬新かつ全く新しい物語」というのが難し過ぎるから大目に見て欲しいw

 RPGのキモ(その多くに時間を費やすという意味で)である戦闘についてはエリアで区分けされたマップ上で視認可能な敵と、そのままの状態で行う。正確にはボタンを押すことで武器を抜刀し、戦闘状態に移行するのである。「ファイナルファンタジー12」っぽいというか、同じだ。実際の戦いは、攻撃ボタンを押すことで武器を振るったりするのでアクションっぽくもあるがスピーディーな感じではない。攻撃を続けるとゲージが溜まり、登録されたスキルを発動して威力の高い攻撃を繰り出す。基本的にはそんな流れ。仲間を含めて3人まで行動可能で、仲間はAIで自動的に行動するがボタン一つで操作を切り替えることが可能だ。マグナカルタ2独自のシステムとして、攻撃をし続けることで疲弊し、疲労度が最高値に達するとオ?バードライブ状態となり全ての攻撃力が上昇する。このタイミングで必殺技を使用すると効果的なわけだ。しかし、オーバードライブ後はオーバーヒートとなり一定時間行動が不能となってしまう。しかし他の仲間に切り替えてオーバードライブ状態で必殺技を繰り出すと、チェーンブレイクとなって、オーバーヒート状態から回復することが可能になる。この「チェーンブレイク」が戦闘の基本になるのだろう。また前作から存在する「カン」と呼ばれるものもある。要するに「その場に存在する霊的な要素」であり、敵を攻撃すると「力」が発生し、風が吹き抜ける場所では「風」があるのだ。これらのカンはスキルを発動させるために必要なもので、攻撃系の力以外は、発生させるために何かしらの工夫が必要となるだろう。戦闘は自動で行われないが、スピード感はないので、それなりに思案しながら挑むことができる。チェーンブレイクの操作も、慣れてしまえば難しくはないだろう。逆にアクション性が低く、パターン化された行動となるので、特に回数が多い戦闘の場合は中だるみの要因となるかもしれない。複数の仲間、多様なスキルが変化をもたらしてくれると良いのだが・・・

 メインとなるストーリーは演出やテキスト量が多くて密度が濃いものとなっている。会話時にはキャラクターの全身が表示されたり、声もあてられているのでキャラクターゲームと言えなくもないか。キム・ヒョンテ氏の描くキャラクターは(ていうか、相変わらず構図が奇抜すぎるw)なかなか魅力的ではあるが、何故かゲームではうまく表現できていないのは残念だ。装飾は頑張ってるんだが、顔が・・・w スターオーション4の時にも思ったけど難しいものなのかねぇ? イメージイラストと同じに、とまでは言わないけど、なんとかなりそうなものなのだが。つかその点ではファイナルナファンタジー12とかは凄いと思った。これならまだMMORPGのキャラクター方がデザイン(バランス)的に良い気がするぜ。話がそれてしまったが、メイン以外には多くのサブクエストが用意されている。なんとなくMMORPGっぽい感じで、おつかい感たっぷりと言えばそれまでだけど、ミニゲーム的なものもあるので安心して欲しい。ま、ストーリー感してはクリアしてから再評価ということで。

 グラフィックについては最近のゲームにしてはイマイチな感じ。発表の時期を考えると、開発期間が長いので仕方がない部分もあるのかな。上にも書いたけど。せっかくのイメージイラストとCGキャラが似通ってないとか。フィールドに関しても遠景の表示が特に目につく。彩色が豊かに感じられないのは、そういう表現をとってるのか、最初だからなのかは分からない部分はあるんだけど、個人的にはイマイチ。架空ではあるけど、ここにもう一つの世界が存在して、そこに立っているんだ感がないんだよね。3Dポリゴンで全て表現されているが、視点は若干遠めの真上から気味。自由に視点を動かせないこともあって、戦闘はスピード感のないディアブロとかやってる気持ちになる。パーティ組んでのリアルタイムな戦闘だから全体を把握する必要があるシステムなんで仕方がないのだろうけど、ちょっと迫力には欠けるか。シナリオ上の演出シーンとかは悪くないと思う。CGキャラの造形が嫌でなければ。
 音楽についてはオープニングがGLAYとかで驚きw GLAYは嫌いじゃないので良いんじゃないかなw その他の曲については、まだそんなに進めてないので、まだ印象にのこる曲はない。うへ。
 UIに関してはシステムのチュートリアルも含めて分かりやすいと思う。独自のシステムが多いので覚えることも多いけど難しくはないし。ミニマップが常時表示され、MMO的にサブクエストの位置や、メインクエストの位置も表示されてるので迷うことはないと思う。読み込みも長くないし、操作に関してストレスを感じることはないと思う。

 最近はFPSばっかり遊んでるんで、じっくりとRPGで遊んでみようかと思う(DQ9は?)。

2009-08-09-01.jpg
ちなみに前作の戦闘は目押しボタン押し系で早々に挫折しますたw あのシステムを継承してなくて、本当に良かった・・・本当にッ!

2009-08-09-02.jpg
天候が悪いのか彩度の低いグラフィック。

2009-08-09-03.jpg
海がなんだかオホーツク海っぽいです! (´・ω・`)

2009-08-09-04.jpg
装備箇所はそれほど多くなく武器と盾くらいしかグラフィックは変化しなさそう。敵から受けるダメージがけっこう多い気がするんだ!

2009-08-09-05.jpg
スキル使用時の演出効果は派手な感じに。でも演出が長いとかはなく、連続で使えると、それなりにスピード感があって(ダメージも与え続けられて)気持ちよいかな!

2009-08-09-06.jpg
主要イベントの会話シーン。装飾とかの表現は素晴らしい。ただ顔がイマイチ。表情も硬いし。でもストーリーは楽しそうだ!
コメント
この記事へのコメント
私も前作の戦闘システムにはなじめなかったよ。ストーリーは面白そうだったけど、どうにも戦闘がダルくてあんまり遊ばないで売っちゃったー(^^;
あと、グラフィックも確かにもう少し何とかなりそうな感じだよね(笑)。せっかくキャラデザがまあまあかわいいのにもったいない・・・。
2009/08/13(木) 10:00:16 | URL | サラ #Ld0RxWao[ 編集]
前作の目押しはなかなか難しいよね!w 戦闘も時間かかるしー。グラフィックがアレだったのはPS2だったからに違いないッ!
2009/08/14(金) 00:13:51 | URL | kiyu@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1331-efcd2c01
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。