きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
はじめての「Guitar Hero」
 9月1日の発売日がいよいよ迫った「Guitar Hero5」ですが、この作品から「Guitar Hero」デビューする方へのメモ的なアレ。 (´∀`)b

Guitar Hero5
公式サイト】 XBOX360 / ACTIVISION / $ 59.99


 GHは既に発売されているものがありますが、基本的に「専用コントローラー」がないと遊ぶことができません。XBOX360では2、3、World Tour(これが4にあたる)のナンバリングタイトルと、Aerosmith、Metallica、Smash Hitのサブタイトルが発売されており、2・3に関しては附属コントローラーでプレイが可能になっていますがプレイできるパートはギター(ベースも兼ねます)のみで、2人プレイのみです。Aerosmithは専用コントローラーが必要で、パートはギター(ベース)のみです。

 オンラインで友達と楽しみたい場合にはギターの他、ドラム、マイクといった専用コントローラーを所持している必要があります。同じ楽器では基本的にプレイできません(対戦は可能)。しかしGH5ではギター4人等、同じパートでプレイが可能となっています。

 専用コントローラーは既に発売済のタイトルの物も使用できます。ただし、2・3・Aerosmithに関しては以降のシリーズで新たに追加された「スライドバー」がありません。無くてもプレイできます。古いタイプのギターなので、ネックと本体を接続するタイプとなっており、長時間の使用等で接続部分の接触が悪くなる可能があります。個人的にはWorld Tour以降のタイトルに用意されたギターを強くお奨めします。ギター以外のドラム、マイクに関してはWT・Metallica・Smash Hit・5のみに対応しています(それ以前のシリーズにはパートそのものが存在しないため)。

 プレイするには、それぞれのタイトルで起動する必要がありますが、GH5はWorld Tour・Smash Hitに収録されている楽曲をインポートすることで使用することが可能になっています(ただし全曲ではなく、また有料サービスでありソフト附属の説明書に明記されているコードが必要)。また毎週木曜日に定期的に配信されている追加曲が既に150曲以上ありますが(World Tourのみ対応)これらもGH5で使用することができます(これも全てではない)。2・3用の配信曲もありますが、それはタイトル限定のものになっています。ギターパートのみだった時代の作品ということもあり、他パートが存在する最新作には対応していない、という考え方です。ただし、そうした過去シリーズから曲をチョイスして、他パートにも対応させた作品がSmash Hitです。これまでのリリース数を考えると収録曲は少なめですが、気になる曲があるならGH5にインポートが可能なので、購入しても良いかもしれません(ただしインポート可能な曲は多くないとの話)。共通して言えることは「演奏の際には全員が同じ曲を持っていなければならない」です。

 GH5のリージョンですが日本語版の発売予定はありません(3・Aerosmithは既に発売されてます)。これまでのシリーズは北米版でも国内本体で起動し、アジア版も発売されていました。GH5に関しては、確定情報は出ていないのですが、まず問題ないだろうと思われます。ソフトの購入に関しては難しくはありません。
 問題は専用コントローラーです。国内でも取り扱っている店舗は多くなく、大きさの問題から価格も割高になっています。専用パートごとの別売り、全てがセットになっているBand Kit、ソフトとセットになっているバンドル(ギター同梱)があります。以下に主な取扱い通販ショップを明記します。

■Hexagonny
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hexagonnystore/index.html

■March and February
http://march-february.com/

■Play-Asia.com
http://www.play-asia.com/

■WORLDfun
http://www.worldfun-japan.com/

■RaylBoxx
http://store.shopping.yahoo.co.jp/raylboxx/index.html

 他にも輸入ソフトを取り扱っている店舗であれば購入できます。ただし在庫をかかえてる店舗は多くなく、今は取り扱ってないか、注文してからの発注となる場合が多いようです。都心に住んでいる方は直接、取り扱っているであろうショップに買いに行くほうが早いかもです。通販ですと価格的には「e-Bay」を利用するのが、送料を考えても代理店を通すより安くなりますが、自己責任となりますのでご注意ください。
 また海外の音ゲーとして双璧を成している「Rock Band」にも同じパートの専用コントローラーがあり、そちらも使用することが出来ます。ただし構造の違いもあり(特にドラム)やはり対応したゲームの専用コントローラーを使用するのが一番かもしれません。どちらも実際のブランドモデルをベースにしていますので、好みで選択するという手もあります(GHはGIBSON、RBはFender)。両方使って見てギターはRBの方が好き、という方が多いようです(オレは最近のGH専用のコントローラーを使用したことがありません)。ドラムに関しては専用の方が良いです。マイクは附属のヘッドセットでも使えます。

 長々と書きましたが簡単に纏めてみます。

・最新作「Guitar Hero5」は9月1日発売。
・遊ぶには専用コントローラーが必要(ギター兼ベース、ドラム、マイク)。
・GH5は同じ楽器同士でプレイが可能。
・GH5はWorld Tour・Smash Hitに収録されている曲をインポートできる。
・GH5はWorld Tourの配信曲を使用できる。
・演奏には全員が同じ曲を持っていること。

 Guitar Heroは「音楽を楽しむ」ゲームです。実際の楽器は扱えないけど弾いてる感じになれる、好きな音楽を弾ける、何度も遊ぶことで難しかった曲も弾けるようになる上達・達成感を味わえるといった自己陶酔にも似た(苦笑)感覚を楽しめると思います。ゲームが好き、友達と遊べる、という理由だけだと「楽しめるか」は正直、ちょっと微妙だと思います。でも「音楽が好き」であれば(好きな曲が収録されているのであれば)是非とも遊んでみて欲しいと思います! GH5ではこれまでのシリーズ同様、自分のアバターを作成して、演奏することで得られるお金で衣装を買ったり楽器を購入したりが可能ですが、XBOX360アバターも使用することができたりします。

 みんなでワイワイ楽しみましょう! (*´д`*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1340-6eeb72c4
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。