きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
うさぎドロップ 6
うさぎドロップ 6
桑田 乃梨子 (著)


 オレはね、小さなりんちゃんが成長するのを見守るマンガだと思ってたのよ。そしたら小学生高学年から中学生を一気にブッ飛ばして高校生になったじゃん? ダイキチはあっという間にオレの年齢を越しちゃってるしw ま、それはそれで。

 今回は、そのブッ飛ばされた中学生時代の回想を交えながら、高校生ならではの恋愛問題が1つの終わりを迎えるわけです読み終えても、なんかスッキリしたようなしないような・・・ちょっとキューってなる終わり方するんスよ! いや、ぶっちゃけ納得いかねぇw

 とりあえず高校生組みの問題。コレは全面的にコウキ悪い。同じ男の立場として考えても分かる。ああいう結果になるのは必然的で、己の後先を考えず軽薄な行動を後悔しつつ反省してもらいたい。「守る」という言葉の意味と重さ。そしてもっとダイキチを頼れば良かったのになーとも思う。つか、りんちゃんが、どんだけ大人かっつーコトですよ。まー、高校生くらいの男は、まだまだガキですけども。

 納得いかんのは大人組み。ていうか二谷さん。全くもって意味が分からない。その答えに至るまでの経過が不明なので(しばらくは2人とも脇役だったし)ナンとも言えない部分はあるんだけど、あまりにも「大人としての答え」としてアレじゃね? ていうか「逃げ」でしょ。「40過ぎても、おばあさんになった姿を見られる覚悟ができない」というのは、やはり「本当に好き」じゃないんだろうな。好き、かもしれないけど、そこ止まり。でも「お付き合いと言ってくれる方」には、その覚悟がおありなんですね? オレ、二谷さんは、もっと「大人」だと思ってたんだけどなぁ・・・自分のことしか考えてないように見えるよ(その結果、コウキがああなったのか)。でも、まー、人間らしいというか、一人の女性、としてアリな姿だと思うので、そういった意味では間違ったキャラではない。それがニクイw くそーw

 と、こんな感じで熱くなれるラブコメ・マンガです。 (`・ω・´)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1375-7170df53
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。