きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
不思議のダンジョン 風来のシレン3 ポータブル
 友人が買うんだーみたいなコトを言ってたので、これを機にオレもチャンレジしてみようと思い購入に至ったシレン。SFC版の1を途中で挫折してどれくらい経ったのだろう・・・

不思議のダンジョン 風来のシレン3 ポータブル
公式サイト】 PSP / スパイク / \ 5,040


 シレンシリーズについて説明することはないと思うんだけど、知らない人に簡単に書くと(知らない人が興味を持って、このにっきを読むかは別としてw)ダンジョンに潜って敵と戦い武具を集め、地上に戻ってはまた潜ってなアクションゲーム。最大の特徴は全ての行動がターン制であること。自分が1歩進めば敵も1歩進む。こちらが1回攻撃すれば敵も1回攻撃してくる。そして、ダンジョンで死ぬと装備を全て失うこと。敵を倒してレベルを上げる成長的なRPG要素もあるのだが、ダンジョンから地上に戻るとレベル1に戻る。のが、これまでのシリーズの特徴でもあったのだが、今作ではレベルは引継ぎ制になっている。アイテムを失う要素についても、死んだらセーブしたところかやりなおせるイージーモードが用意されている。ただ1回の行動が、生死を左右し、その死のリスクの大きさから、用意された様々なアイテムをいかに利用して困難を切り抜けるかも楽しいゲームであるらしい。

 「らしい」と言うのはですね、前にも書いたと思うんだけど、オレ、このシレンを一連とした「不思議のダンジョン」シリーズが好きじゃねーんだよねw 実はこの作品に於いてはクリアしたりもしたんだけど、やはり好きにはなれないわー。

 とりあえず愚痴については後述するとして・・・このシレン3はWiiからの移植作だったりする。で、Wii版の評価は、かなりよろしくなかったりする。このシリーズについては「シレンジャー」と呼ばれるコアなプレイヤーの呼び名が定着している程で、そういったプレイヤーからの評価は特に厳しかったようだ。1で投げ出したオレにはあまり関係のない要素かもしれないが。
 さて、実際にプレイしてみた感想としては、やはりSFC版の時に感じた印象そのままだなw 面白い・面白くない以前にオレには合わないわ。操作感については特に不便に思ったところはないけど、UIについては不満が多かったな。ディスクインストールができるのに読み込みがあったのも不満。音楽については特に印象に残らなかった。ゲーム中はイヤホンで音楽CDを聴きながらプレイしてたわ。個人的に良かったなーと思ったのは不評な物語w いや?壮大で良かったよ! ムービーとかイベントシーンなんかでは15分とか操作できずにウンウン見てるだけなのもザラ。主人公が喋らないゲームで、一緒にいる仲間が勝手に喋って話を進めて行くので、おいてけぼり感・一体感のなさがハンパなかったけどw それこそドラクエ9みたいだったよ。

 さて・・・不満、というよりもゲームがオレに合わないと言うのは、やはりその理不尽さかな。ダンジョンに仕掛けられた罠や敵の特殊攻撃がいやらし過ぎて、簡単に死んだり、強化した武具をダメにしてくれる。それらに対しての抵抗措置も用意されているが、その状態にするまでのハードルが高い。危機的状況を手持ちのアイテムで抜け出すことに楽しさを見出せると言っても、その手持ちの装備がままならん状態の方が多い。つまるところ、運の要素が大きすぎるのだ。運の要素が大きい=悪いことにあった時の印象が強くなる=CPCが不正に操作してる、という思考になってしまうのだ! あぁあああ! 「オレ強ぇ!」を目指すゲームなんだろうけど、そこに到達した時点で終わってしまうゲーム。マゾ度が高いゲームだ。

 ま、それじゃ全く面白くなかったか? と問われれば、そうでもなかった。ダンジョンの捜索には食べ物が必要で、いわゆる満腹度がステータスとして用意されており、それが0に到達すると、HPが減って行って、0になれば死亡するのだが、そうした危機的状況の中で「ついに食料が尽きてHPが減るしかない・・・あと何歩かは歩けるな・・・罠あるかもしれないからギリギリは危険だから、余裕を持ってHP回復アイテムを使用する・・・満腹度の僅かな回復でも今は必要だから、毒草も飲むしかあるまいッ! 無事に次の階への階段に到着した・・・次こそ地上であってくれ!」と言うシチュエーションで無事に地上に戻れた時には脳汁でたなーw でも、もうそんな経験はしたくない、とも思ったけどw

 これまでのシレンシリーズが好きな人にはイマイチなのかもしれない(世間の評価的に)けど、初めて挑戦してみようかな?程度だったら良いのかもね。ただし、かなりの覚悟は必要だぜ?w ダンジョンは潜る度に形を変えはするけど、基本的に同じことの繰り返しだしね。イージーモードがあるから、死んだらセーブした時点でやり直し、極端な話をすればダンジョンに潜る前からやり直しが可能だ。イージーモードを選んだことによるデメリットも全くないので気にせず遊べるしね。
 個人的に一番良いシステムだと思ったのは、ダンジョンの途中で良いアイテムを見つけて力尽きた場合、回数や進行度による制限はあるものの、ネットワークに接続することで、同じソフトを持ってる人に救出を依頼することができることだ。PCでサイトに登録ではなく、ソフト単体の機能として可能なので楽チンだなーと思った。サーバー用意されてるってステキだね!

 と言うわけで、同ソフトを所持していて、途中で力尽きた人は連絡くれたらオレ頑張るよ! クリア後が本番らしいんだけど、クリア後のイベントは何一つやってねーけどなっ

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1531-44ecf214
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。