きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
クラシックダンジョン 扶翼の魔装陣
 久々にハック&スラッシュを遊びたくなった! ていうか山積みになってるのけど良いの!? 良いの。だって予約しちゃったんだもの!

クラシックダンジョン 扶翼の魔装陣
公式サイト】 PSP / 日本一ソフトウェア / \ 5,229


 上から見下ろしたダンジョン内部を移動と攻撃で突き進み、レベルを上げたりアイテムを手に入れるオーソドックスなアクションRPG、それがこの「クラシックダンジョン」である。ちなみに、何がクラシックなのかと言えば、パッケージを見ての通り、雰囲気。ドット絵であったり音楽がクラシック・・・と言うかファミコン時代を彷彿とさせているだけで、内容は今風のアクションRPGだよ。

 世界観は剣と魔法のヒロイック・ファンタジーと王道であるんだけど、なかなかに唐突というか強引というか。かなり軽いノリで、いわゆる昨今のライト・ノベルな雰囲気とでも言うのだろうか(読んだことないけど)? とにかくノリが軽い。ダンジョン攻略ゲームということもあって、拠点となる「世界」があり、そこに集う仲間と共に、様々な目的や思惑でダンジョンを攻略することになる。
 操作については至極シンプルで、基本的には移動と攻撃のみ。必殺技みたいなのがあって、それをボタンに登録することで使用することが可能だ。ダッシュ、そこからのスライディングなどがあり、特にダッシュはこのゲームでは重要な要素の1つとなっている。ダンジョンの床には罠が無数に仕掛けられている。ダッシュは移動には便利ではあるが、そのままの状態だと罠の上を通るとダメージが大きくなる。ジャンプもできるので、うまく回避することがダメージを少なくする=生還する秘訣となるのだ。ただし、ゲーム要素的に、ダンジョンがいかに早くクリアできるか? と言うレコード要素があり、それに対する見返りもあるので、結局は「腕」の問題になるんだと思う。
 ゲームシステムとしてはサブタイトル「扶翼の魔装陣」が重要なファクターとなる。魔装陣と呼ばれるシステムは、様々なキャラクターが登場するのだが、その個々に用意された、いわゆる陣形みたいなものである。選択したキャラクターを主人公として中心に、その周囲に他のキャラクターを配置することで、主人公の能力を底上げすると言うシステムだ。配置するための形状や、配置することによるメリット・デメリットは様々。さらにアイテムを配置することで強化ができる。配置した仲間はダンジョン攻略中には登場しないが、主人公がダメージを受けると身代わりにダメージを受ける。HPが0になると、主人公の能力を底上げしていた効果が無くなる。無傷でいることが強さであるゲームなのだ。敵を倒したり、宝箱を入手したり、ダンジョンをクリアすることで武具やお金を入手して、ダンジョンを攻略するゲームなのである。

 1つのダンジョンの攻略時間は長くない。ものによっては数秒でクリアできてしまう。故にちょっとした時間でも、ちょっとだけ遊べるというお手軽さは魅力的だ。繰り返しダンジョンに潜るのも苦ではない。シレンに比べたらマゾ要素は無に等しいぜ! ダンジョンの途中で倒れたとしても、途中までの経験値は入るし、やる気が失せることはないだろう。ま、そのための繰り返しが作業と思えるかもしれないが。

 ドット絵のキャラクターは自作が可能だったり、音楽を8bitモードに変更できたりとお遊びの要素もあり、気軽に挑戦できるハック&スラッシュゲームだ。魔装陣の組み合わせに悩んだり、より強い武具を探したり、アクションRPGが好きなら楽しめると思う。ただし、かなりクラシックなので、その辺りは覚悟して欲しいw あとは物語のノリかしらね? こればっかりは公式サイトを見て欲しい。ダメな人はダメだと思うんでw

 ちなみに10時間はプレイしてるけど、やはり積んだままです。

 (´・ω・`)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1532-a8ec9222
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。