きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
絶対ヒーロー改造計画
 「ヒーロー」なら遊ばないワケにはいくまいッ! と言ってもジャパニーズなヒーローものなんですけどね。

絶対ヒーロー改造計画
公式サイト】 PSP / 日本一ソフトウェア / \ 5,229


 この作品はタイトル名の通りにヒーローを改造する(そして強化する)ことが目的となっているアクションRPGである。アクションRPGと言うか、ぶっちゃけ「シレン」シリーズとか「トルネコ」シリーズなどの「不思議なダンジョン」ゲームなのだがw

 物語としては現代の地球が舞台で、世界を滅ぼす力を持つボスが、世界を守る無敗のヒーローと最後の戦いを行う当日から始る。しかし、その決戦の当日、ヒーローは遅刻をしてしまう。決戦の場に急いで向かうヒーローは、なんと途中で交通事故にあって死んでしまうであった。その場に偶然居合わせた主人公は、ヒーローから志とスーツを譲り受け、とりあえず決戦の場に向かう。そして、ヒーローの代わりとなった主人公はあっと言う間に倒されることになるのだが、その死に至るまでのわずか数秒の合間、裏地球と呼ばれるヒーロー養成所みたいな世界へと呼ばれることに。時間の流れが違う裏地球は、世界観も住人もまったく違うのだが、表である地球とどこが繋がりがある。裏地球の住人を救うことが、地球の住人を救うことに繋がる。死亡したヒーローは主人公の守護霊となり、ラスボスとの戦いのために主人公をサポートしてくれることなり、目覚めた時には「絶対ヒーロー」として、戦いが始る・・・と、こんな感じの流れになっている。

 流れと言っても、基本的には「不思議のダンジョン」なので、入るたびに形状の変わるダンジョンに挑戦するのを繰り返すことになる。ヒーロー養成所っぽい場所がベースとなる拠点で、ダンジョンに入るのも戻るのもベースから。ダンジョンから帰還するとレベルは1に戻ってしまうが、レベルを上げた時に上昇する基礎能力値は継続されるので、繰り返せば繰り返すほどに着実に強化はされるシステムとなっている。また、実際に「人体改造」も可能となっており、人体を模したパネルに、様々な効果を持ったチップを配置するこが可能となっている。
 ダンジョンの敵は、戦隊ものに登場しそうな全身タイツのアレとかだけど、こちらの装備なんかは西洋武器やら銃やらキャタピラやら、世界観的な統一は特にない。遊び方は、本当に不思議のダンジョンシリーズと同じなので、経験者ならすんなりと遊べるだろう。世界観を受け入れられるかは別として。

 このゲームの最大の特徴は、そのノリにあると思う。独特なコミック・アニメっぽいノリは好き嫌いが大きく分かれる。あちこちにゲームやマンガやアニメのパロディネタがあるし、製作会社の代表作である「魔界戦記ディスガイア」のキャラクターが登場したりもする。きっと「萌え」がウリなのだろう。ヒーローものなだけに、熱い展開というかセリフがあったりもするんだけどね・・・。あとベースでは、問答無用で嫁と娘が用意されるw

 また有名作品とのコラボとして、作品の登場人物のコスプレが可能となっている。そのコラボ作品は以下の通りで・・・

※全身パーツ
・灼眼のシャナ
・狼と香辛料
・撲殺天使ドクロちゃん
・とらドラ!
・アクセル・ワールド
・とある魔術の禁書目録
・ブギーポップは笑わない
・いぬかみっ!
・アスラクライン
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない
・キノの旅
・しにがみのバラッド。
・デュラララ!!
・乃木坂春香の秘密
・ラッキーチャンス!
・バッカーノ!

※武器や小物パーツ
・学園キノ
・タロットの御主人様。
・ほうかご百物語
・嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
・森口織人の陰陽道
・パララバ -Parallel lovers-
・ソードアート・オンライン
・電波女と青春男
・吸血村へようこそ
・断章のグリム
・ラプンツェルの翼
・アカイロ/ロマンス
・ロウきゅーぶ!
・「オオカミさん」シリーズ
・ウィザーズ・ブレイン
・ウェスタディアの双星
・空ろの箱と零のマリア
・ご主人様は山猫姫
・C3?シーキューブ?
・タザリア王国物語
・ダブルブリッド
・付喪堂骨董店
・MIB
・輪環の魔導師
・イスカリオテ

 全部知らねぇえええwwww アニメで「とらドラ!」と「アスラクライン」は見たけど原作は読んだことない。どれもライトノベルなのかな? ま、上で紹介した作品のファンなんかも購入のターゲットとしてるのかもしれない。

 数時間しかプレイしてないけど、とりあえず喋りまくるのスゴイな。アニメみたいw ダンジョン攻略は普通に面白いんだけど、斜め見下ろしの画面が非常に分かり難い。行きたい方向に進めないのは、まぁ、遊んでるうちに馴れるだろう・・・。ワンキーで隣している敵の方向を向けなかったり、斜め移動ができなかったり、武器や防具に耐久度があってガンガン減るのが不満点。でも、死んでも基礎能力は上がるし(アイテムは無くなるけど)派手な必殺技があったりと、従来の不思議のダンョンよりかは気楽に遊べる。ダンジョン攻略の基本が脳筋で何とかなるからだろうか?w ノリも含めて、オレはそんな嫌いじゃなかったよ!

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
はい、全てラノベです。
てか、スゲーなw
2010/04/06(火) 23:35:29 | URL | Burionea #-[ 編集]
やはりラノベなのか! 漫画で見かけるタイトルなんかも原作アリなのね。

おっさんは最近のラノベはサッパリだが、とりあえずゲーム内容に関わるもんじゃないから関係ないぜ。

でも好きな人には気になるだろうな~。海外ファンタジー小説(ドラゴンランスとか)とのコラボだったら、オレ、鼻血でる!

(*゚∀゚)=3
2010/04/09(金) 00:09:23 | URL | kiyu@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1533-a4ca68ba
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。