きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
当て屋の椿 4
当て屋の椿 4
川下 寛次 (著)


 「今、一番売れている 和・ミステリー」と帯に書いてあったけど、かなり懐疑的なんですがーw 超常現象紛いの怪奇・猟奇殺人事件をトンデモ理論で解決する物語の最新刊です。相変わらずシッカリとした線で丁寧に描かれており、マンガとしては読み易いと思うんだけど、内容の方は益々過激にエログロw 今巻はグロ要素が強いかな?「これはマンガだから!」と深く考えず、ざーっと読めればきっと平気! うん! ・・・たぶんw 1巻でちょうど1つの物語で、続きは次の巻でって歯切れの悪い構成ではないのは好感が持てる。ま、大抵は寂しい物語なんで、読み終えた後には後髪を引かれるような後味の悪さがちょっと残るのがね・・・。純粋なミステリーが好きな方には受け入れられないだろうけどw 先の展開が読みにくいミステリーではあるかな! 今巻は、読了後に蚕を飼ってみたくなったですよ(飼育セットとか売ってるんだよねー)w

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1693-12a9c2f9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。