きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヘルボーイ:壱 / 弐
ヘルボーイ:壱 破滅の種子/魔神覚醒
マイク・ミニョーラ、Mike Mignola (著), ジョン・バーン、John Byrne (著), 堺 三保 (翻訳)



ヘルボーイ:弐 チェインド・コフィン[縛られた棺]/滅びの右手
マイク・ミニョーラ、Mike Mignola (著), 堺 三保 (翻訳), 海法紀光 (翻訳), 添野知生 (翻訳)


 入手困難だった「ヘルボーイ」の4冊がそれぞれ壱・弐と2冊が1冊にまとまって、分冊されて発刊されましたよ! ヘルボーイに興味のある方、買い逃していた方、欲しかったけどプレミア価格で手が出し難かった方などこれを気にどうぞ! 最新刊(現行シリーズ)はJIVE株式会社から出版されているけど、古いシリーズは小学館集英社プロダクションからだったんだよね。今回も小学館集英社プロダクションからです。古い作品だけど、やはりシリーズとして売れているとなれば再販もするってコトなんですな!
 2冊が1冊にまとまっているので、ちょっと厚めで見開くのが怖いのと、お値段が高めではありますが(2冊分と思えば普通?)あのマイク・ミニョーラ全盛期の作品ですからマンガ好きの方にはオススメしたいです。独特のタッチと世界中の神話・伝記を下地にしている濃厚な物語。これぞまさしくダーク・ファンタジー。アメコミが苦手な人でも読み易いと思う(前も言ったか?)。文字は多いけどねw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1696-7c944aa2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。