きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
GANTZ/OSAKA 1
GANTZ/OSAKA 1
奥 浩哉 (著)


 本編の大阪編に描き下ろし・加筆修正・雑誌サイズのB5判特装版ということで「あの濃い面子でか!」と期待していると、大きな肩透かしを食らいます。先に書いておく。肩透かしまくって前転しちゃうよ!

 まず「大阪チーム視点の描き下ろし」がね、メンバーが集まる前の状況を描いているんだけけど、あまりに客観的過ぎて面白みがないw これなら各話間を描くか、コマ間をもう少し詳細に描いての増ページのが良かったと思う。加筆修正についても読み込んでなければ分からないんじゃないかと言うくらいの程度で「バスタード 完全版 vol.1」レベルの加筆修正を期待していたオレとしては、肩透かしまくって前転してしまったのである。劣化し難い紙質になっていたり、大判になって繊細な絵を楽しめるようになったとか悪い部分だけじゃないけれど、ぶっちゃけ、余程ガンツが好きじゃないとオススメはできないなーと思う内容だった。2巻以降に期待したい。

 (`・ω・´)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1701-1a8e7f66
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。