きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
花のズボラ飯
 漫画原作者として有名な久住 昌之氏の原作による、新人漫画家 水沢 悦子氏が描くグルメマンガのご紹介。

花のズボラ飯
久住 昌之 (著), 水沢 悦子 (著)


 グルメマンガとか読まないんだけど水沢 悦子氏の作品に惹かれて購入しちゃったよ。その内容は、タイトルにもある通りにズボラ飯のご紹介、と言った感じ。主人公の駒沢花は結婚しているものの旦那は単身赴任でたまーにしか会えない日々。一人の生活が長くなると、オンナはこうも堕ちてゆくのか・・・そんな話。

 実際には冷蔵庫の残りものとか、そういった適当なもので適当に作った料理だけど、うまーい! と言うマンガ。具材の文字からマンガが始るので「この材料からか?」と言った楽しみはあるものの、実はそんなにズボラ飯でもない。ちゃんと料理してるからな。どっちかつーと、花の私生活関係がズボラなのだ。ご飯は全然、ズボラじゃないよ! オレなんかラーメンに野菜入れたりとかしないし、ポトフだって作らないし、茶漬けすら作るの面倒だし花ちゃんよりオレのがズボラ飯の参考になっちゃうよ!
 食べ物への愛情はタップリで、料理に対して一生懸命っつーか命かけてるくらいw でも「一人で誰に見られるわけでもないしいーじゃん!」なリアルな生活臭がタマランです。マンガのノリも「久住 昌之氏は料理の題材だけ考えたんじゃね?」ってくらいに、水沢 悦子節。キャラとか崩れ顔とか擬音とかヨダレとかぱんつとかが、どう見ても水沢 悦子氏が考えたとしか思えないクオリティーなのね。間違いなくそうなのだろうけどw 流石は水沢 悦子氏としか言えないね! ぶっちゃけ水沢 悦子氏が描いてなかったら買ってないしなー。

 でも、まー贔屓目なしにしても日常系マンガ好きな人にはオススメです。興味のある方は公式サイトで1話を読むことができるので、是非?。

 花のズボラ飯
 ソク読み「花のズボラ飯」←こっちの試し読みのが読みやすいです
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1767-609dfdce
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。