きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「レラカムイ北海道」騒動についてもにょもにょと
 そろそろ触れておくか・・・

北海道、JBLに譲渡へ=今季残り試合は継続

 1月17日に報じられたニュースで、バスケットボール男子の日本リーグ(JBL)のオレの地元チームである「レラカムイ北海道」が2億円超の赤字を抱えている問題で、運営会社の「ファンタジア・エンタテインメント」がリーグ側の提案を受け入れて、JBL直轄の日本バスケットボールオペレーションズ(JBO)にチームを譲渡する意向と発表したのだ。今季は「レラカムイ北海道」として残り試合を行うけれど、来季以降については19日に協議のうえのことと言うことで・・・

 そもそもファンの間では「JBLじゃなくてbjにしろよ」的な意見が設立時に既にあった(性質や運営の違いで)のだが日本の”公式な”バスケットボールのリーグはJBLだから(オリンピックに参加できる選手はJBLから選出される)と言うのと、まぁ、日本のバスケットボールのリーグが何故か2つもある要因の1つだとは思うけど「金」と「政治」が絡んでいたんだと思うけど、運営に余裕(スポンサー)が必要なJBL参加となった。
 で、今回問題となった赤字については、そのスポンサーがつかなかったことが最大の要因。プロスポーツなのに知名度の低さったらないのね! 道内有名企業はサッカーばかりだし・・・学生の頃はスポーツ系の部活の中でも、かなりメジャーかつ人気があるものだと思ったんだけどなぁ。全リーグ中随一の集客数を誇っていても、スポンサーがいなければ選手への給与もJBLへの年会費も支払えない状況だったと言うわけだ。レラカムイ北海道の場合はファンタジア・エンタテインメントが運営法人で興行権もチームで保持しており、選手もプロ選手のみで構成されている完全プロチームだったのだが、そういったのも仇になったんだと思う。んじゃbjだったらどうだったかと言うと、ホーム20試合での興行収入・広告費等で2億5千万?3億円の事業費、2,000人以上収容のアリーナが地域内にあること、既存チームを母体とする必要はないが、法人は複数資本による株式会社として設立することが条件であり、かつサラリーキャップを導入していたことから、まだ運営は楽だったんじゃないかなぁ?と思わずにはいられない(bjとJBLの選手では年俸の桁が1つ違うとかナンとか・・・それでなくてもレラにはスター選手が2名もね)。
 赤字経営だったのは以前より報じられていたし、給与未払いだとか練習できる場所が見つからないとかスポンサーがつかないとか「大丈夫かなぁ」と心配はしていたけど、いよいよもって表面化、かつ不安が現実のものとなったと言った感じですかね?

そして本日。

北海道の前運営会社を除名処分=バスケットボール男子日本リーグ

 前運営会社ファンタジア・エンタテインメントは中国企業に株式売却して経営権を譲渡することで自主再建を図ろうとしたが、正式にファンタジア・エンタテインメントはJBLより除名処分されることとなった。2年分の年会費の滞納、そして債務超過(累積で4億)の虚偽が除名理由となったようだ。仕方ないっつーか当然というか・・・。
 とりあえず22日から始まる今季リーグでは、JBOが新たな契約を結んでの継続となるが、来季以降は新たな運営会社を探すという方針らしい。設立時から就任していた東野HCは前季で退団、新たなHCにコービー・ブライアントの父でもありbjで東京アパッチで4シーズン勤めたジョー・ブライアントが就任していたが、こんな状態なので金銭面を理由に解任となった。新たにHCに就任するのは金田ACが昇格するという。残ったスタッフや選手はJBOと契約することになるのだが、どうなることやら・・・。

 何れにせよ最大の問題点は「日本人のバスケットボールへの関心の低さ」ですな。もっと人気があってお客さんが入って観る人が多ければスポンサーだってついたはずだから。とは言え、決算報告の虚偽は決して良いモンじゃないですがねー。JBLとbjが1つになれば、また違うんだけどな。

 日本人のバスケの関心の低さの小話を1つ。

 2006年にバスケットボール世界選手権が日本で開催されました。4年に一度、夏季オリンピックの中間年に開催されるFIBA(国際バスケットボール連盟)主催の公式戦の一つで、サッカーのワールドカップと同じように開催国を毎回変えて実施される大会です。札幌、仙台、さいたま、浜松、広島の会場で行われました。リーグ初戦である札幌会場はバスケと言えばのアメリカチームがゲームを行ったのですが、市民ならまだしも記者でさえ試合が行われている会場で、ゲームではなくテレビに釘付けでした。その日は全国高校野球選手権大会に出場している駒大苫小牧対東洋大姫路の試合(決勝再試合)が行われていたのでした・・・外人記者からは顰蹙を買い、外人選手は嫌な思いをしたんじゃないかな? まぁ野球好きの国民ですから「国民性」「文化」「大衆スポーツ」なんかと言ってしまえば仕方がないですけどね(この日ばかりは普段は野球を見ない人も観戦したり、話題にするからなw)。それでも「世界大会」なんだけどなぁ。

 ちなみに当時のオレのにっきはと言えば、野球の話題も書いてないけど、バスケのことも書いてないわwww 墓穴www
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1800-1ab2b6f8
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。