きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
第9地区
 すいません。またひと月程、放置してしまいました。いえね? マジで仕事で忙しかったのよ?

 すいません。GWはしこたまゲーム三昧でした。

 (-人-)

第9地区
シャールト・コプリー (出演)、デヴィッド・ジェームズ (出演)、ニール・ブロムカンプ (監督)


あるものはエイリアンによる侵略を恐れ、あるものは技術の革新的な発展がもたらされると期待したが、宇宙船はヨハネスブルグ上空に浮かんだまま、動こうとしない。
しびれを切らした南アフリカ政府は偵察隊を派遣。船内で彼らを待ち受けていたのは、弱り果てたエイリアンの群れだった。
彼らは故障した宇宙船に乗った難民に過ぎなかったのだ。

それから28年後、難民として生活するエイリアンと人間が暮らす共同居住区“第9地区”はスラムと化していた。
超国家機関MNUはエイリアンの強制移住を決定し、ヴィカスという男を現場責任者に指名する。
彼は立ち退きの通達をして回るうち、知らずに人類とエイリアンの歴史を変える大事件の引き金を引いてしまう―。

Amazon 商品説明より


 思っていたよりも全然面白かったよ! ドキュメンタリーみたいな撮影手法もさることながら”あの”ヨハネスブルグを舞台にしつつ「エイリアン」に置き換えての人種差別的な問題に触れ、そして最初から最後まで汚くw そしてグロい。明るいシーンでは一部だけCGだと違和感を感じることもあるけど、そういったものを感じさせない技術も素晴らしいと思った。何よりも「愛」が感じられて(作品に対して、ではなくてよ?)非常に良かった・・・。ま、いかにも「続編あるよ」的な引きは如何なモンかと思ったけど。最近はそういうの多いよね。でも、まー意外とヒューマン(エイリアン?)ドラマ系なんで。SF好きとかグロ耐性高い方にはオススメですです!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1815-5f0f70bc
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。