きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
そんな未来はウソである 1
そんな未来はウソである 1
桜場 コハル (著)


 「みなみけ」の桜場 コハル氏の新連載作品の単行本第1巻。絵に変化が無さ過ぎるっつーのはさておき、こちらの作品は物語がきちんとあって、それを前提とした続き物となっている。他人の目を見るとその人の未来が少しだけ見えてしまう、他人が嘘をつくとそれが嘘と分かってしまう、そんな2人の女子高校生が出会い、ある日、未来が見える少女は同級生と将来結婚する未来を垣間見る。それは、もう一人の少女が見せた手鏡が原因だったのであるが・・・。その事実を知ることが無ければ結婚していたであろう2人だが今の接点は限りなく0であり、彼女は気にも留めていない存在だった。これが(知ってしまったことによる)切欠で「結婚することが確定していた未来」が変わってしまう。そのことに責任を感じ、何とか”少女の見た未来の通りになるように”奮闘する、ドタバタ系のギャグマンガだ。ラブコメ要素もあるけどベタベタした感じではないので爽やかにアホっぷりを楽しめるよ!w ノリは「みなみけ」と同じなので、同作品が好きならオススメです。

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1824-983c0520
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。