きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
タイタンの戦い
タイタンの戦い
サム・ワーシントン (出演), ジェマ・アータートン (出演), ルイ・ルテリエ (監督)


神とは、人間を守ってくれる存在ではなかったのか?あろうことか、ペルセウス(サム・ワーシントン)は、愛する家族を神に殺される―。
時は古代ギリシャ世界。神の王であるゼウス(リーアム・ニーソン)を頂点に、神々が君臨していた時代。
ゼウスは人間を創り、彼らからの崇拝と愛を糧に不老不死を保っていた。
しかし、傲慢で自分の欲望を満たすためには何でもありの神々に、人間は反旗を翻すようになっていった。
神と人間の争いは日常と化し、漁師を営むペルセウスの家族はそれに巻き込まれ、冥界の神ハデス(レイフ・ファインズ)に船ごと沈められたのだ。

オリンポスの神殿では、人間と和解しようと主張する12神と、それを拒むゼウスが対立していた。
そこへハデスが現れ、人間を懲らしめる時が来たと進言、その役を任せてくれと申し出る。
弟のゼウスに冥界へと追いやられたことを恨むハデスには、密かな企みがあったのだが、怒りで我を失ったゼウスは、ハデスの提案に乗ってしまう。
かねてより神々を侮辱していたアルゴス国の国王と王妃の前に出現したハデスは、10日後の日蝕の日に海の魔物にして、無限大の大きさを誇るクラーケンを放ち、都を滅ぼすと宣言する。
ただし、王女アンドロメダを生け贄に差し出せば、破滅は逃れられると―。

神々と互角に戦える男は、ひとりしかいない。神の血を引くペルセウスだ。
ペルセウスは、家族の仇を討つために立ち上がる。

あくまで人間として。世界の存亡をかけた戦いの行方は―?

Amazon 商品説明より



 オレがヒロイック・ファンタジー大好きであるのはご存知かと思う。中学生の頃、今よりも手軽にそういったジャンルの小説を手に取ることが出来なかったので(とは言え富士見FTや早川FTがあったけど)良く神話を読んではカッケー思ってた。なんで定番中のド定番、誰もが何となく知ってて生活の中にも(特に日本人には)根付いているギリシア神話は今更改めて書くまでもないですな。その中でも、特に冒険心をくすぐられる神々の戦いの一編を描いたのが「タイタンの戦い」だ。
 映画「タイタンの戦い」と言えば1981年に製作された、粘土を使用したストップ・アニメーションによる同名作品であるが、本作品はそのリメイクとなる・・・なっていると思っていたのだが! とにかく「今風」と言う印象が非常に強い。それが駄目とは言わないけど、なんか違う気がするんだ。神話に近い(原作もかなりアレンジはされているけど)知識を得られるのは旧作の方、こちらはアクション映画風で楽しむという趣向なのかもしれん。やけに安っぽくて出番のまったくない神々、ツッコミどころ満載の魔法使い、中途半端な演出・・・ギリシア神話と言う想像しかできない物語が頭の中にあるから、ついつい厳しく感じてしまうのかもしれないな。でもペルセウスは壁を使った三角飛び回避はしないと思うんだ! ま、リアルなモンスターとの戦いを描いたアクション映画として見れば、頭からっぽにして楽しめると思う。

 (´∀`)b

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1859-6fa18ed2
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。