きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Steins;Gate」クリアしたよ!
 久々にゲームのお話。しかもクリア済~! (*゚∀゚)=3

Steins;Gate
公式サイト】 PSP / 角川書店 / \ 6,090


 XBOX360通信で見た時にタイトル名に惹かれアドベンチャーゲームだけど久々に購入しようかなと(タイトル名だけで購入かよw)思っていたら体験版が配信され、一応プレイしてみたら「ないわーw」となっていたのだが・・・

 春から放送されたアニメが好評だったのとハードSFな設定とXBOX360のフレンドのオススメもあり、PSP版がちょうど発売されたので購入してみた! ちなみに北海道ではアニメは放送してないし、ハードSFと言ってもネタがアレだし、フレからオススメされたけどギャルゲームだから葛藤したんですがねw

 と言うわけで一部で有名なADG「Steins;Gate」をクリアしたよ! しかも人生初のギャルゲーだ! ま、Wikipediaなんかには「想定科学ADV」とか書いてるけど、エンディングの分岐が「どの女の子との”これから”を選択するか」なんで、どう見ても美少女ADGゲームですネ。ま、エロシーンは皆無なんで一般的認知の美少女ゲーム=エロゲーではないですがw
 ADGではあるんだけど、よくある「見る」「聞く」「話す」と言った選択肢は無い。と書くとちょっとアナログ過ぎるんですかね?w 最近のADGはよく知らないがADGは「事件」に対して「謎」を解いていくもんだと思ってたんだけどSteins;Gateは基本的に見るだけ。CG動画ではなく、CG絵とテキスト(フルボイス)をボタンをポチポチ連打しながら読み進めるだけ。これが非常に楽で良かったw もちろん物語には分岐があり、その分岐には携帯電話で受信するメールに対し、本文にいくつかピックアップされている単語に対して返信を行うことで行われれる。返信内容を入力する必要もなく、ただボタンを連打するだけだw 物語の主人公が「自分」ではないこともあり小説とかアニメを見ている感覚で気軽に楽しめた。

 物語については基本はタイムマシンもの。過去に戻ってやり直して~のアレ。未来には基本行かない。時代背景は実際の秋葉原を舞台としており(ちょっと違うけど)著名な店舗はおろか、現実に起きた事件や事象についても反映されている。反映って言うか、物語のキモ・核心である部分が、そのまんま使われている。またH・G・ウェルズの小説を原作としたリメイク版映画「タイムマシン」や映画「バタフライ・エフェクト」を彷彿させるネタあり、ぶっちゃけ物語の背景的にはオリジナリティは薄い。「タイムマシン」については漠然としたものや事象としてではなく、相対性理論を基礎とした様々な理論展開を行っており、その辺りはハードSF要素(とんでも系ではあるけど)で興味深いものがあった。
 問題は日本が誇る巨大掲示板「2ちゃんねる」に依存し過ぎているところだw 笑いどころのネタ、テキストの話口調、表現方法等々とにかく2ch! 故に2chに理解がないと楽しめない部分がある。て言うか楽しめないだろう。しかもただの「理解」ではなく、そこそこコアでなければ理解は難しい。きっと「ゲーム」であることが要因だと思うんだけど、ゲーム板そして2chでネタとして楽しむならのvip、その辺りをそこそこ熟知してないとネタに笑えないだろうなぁ。マンガやアニメ、時事ネタも多く、ギャルゲーでありつつ2chゲーであり、つまるところ真のオタクゲーなのであるw

 何はともあれ、プレイする前は体験版で引いてた気持ちもあったけど、実際にプレイしてみたら面白かったわw 音楽も効果的で良かったし、フルボイスについてはキャンセルで飛ばすこともできるけど、プロ声優ってスゲーと実感できる(テキストゲームだからこそ)状況に応じた「アニメ」らしい使い分け、流石でした!
 とりあえず本筋に沿っての幼馴染とのエンディングを迎えて終了。他の女の子のエンディング、真のエンディングについてはXBOX360版を買うことにしたんで(!!)そっちで実績解除しながら楽しもうと思う。ちょっと気になってる方、ADG好きは大前提として2chに抵抗がなければオススメ。2chが大好きで所謂ライトノベルが好きな方にもオススメです!

 ちなみにオレが好きなシーンは、 岡部 倫太郎のギャグ会話時のシーンと、椎名 まゆりが肩を掴まれてガクガクされながら喋るシーンです。声ネタかよッ!

 (´∀`)b

2011-07-16-01.jpg
クリアしてみるとオープニングムービーってネタバレ満載だよな。映画のPVとかもそうだけどさw

2011-07-16-02.jpg
岡部 倫太郎の厨二病は「気にならなくなる」とか「最後はカッコ良くなる」とかwebで見かけたけど、そんなことは全くなかったです。2chへのゴマすりにしか感じなかったわ。

2011-07-16-03.jpg
ダルのキャラは非常に良かった。かなりのご都合キャラではあったけどw あと美少女の幼馴染とかウラヤマシイ!w

2011-07-16-04.jpg
こんな感じでメールを受けて返信するキーワードの選択で物語が分岐する。「行動の選択」ではないけど、選択であることはADGの基本ですな。でもほとんど見るだけだし、メールでの返信が自然でじっくり楽しめたよ。

2011-07-16-05.jpg
2chとか専門用語に不安があっても、こんな感じで用語解説が好きなタイミングで(発信された時点で)確認も可能。ま、それでも単にADGが好きなだけでは超えれない壁はあるんだけどねw

2011-07-16-06.jpg
22時間か・・・がっつり遊んだなw 残りのエンディングはXBOX360で見てやるんだぜ!

 んでもって、ネタバレ感想なんぞ・・・
 と言うわけで最後までしっかり遊んだ! て言うか「ジョン・タイター」絡んで「IBN 5100(正式名称はIBM 5100)」「SERN(正式名称はCERN)」「300人委員会」「エシュロン」で吹いたwww 本文にも書いたけど、物語の根本的なネタについてのオリジナリティは皆無と言っていい程。だけど、そういった現実世界の陰謀論的なフィクションをノンフィクションとして仕立て上げ、その渦中へと巻き込まれるストーリー展開には、正直グッと来るものがありますなw 所謂厨二的な設定は燃えるよな?w 何故か美少女に囲まれてるのも含めてw

 エンディングはまゆりルート選択、正確には本能に従ってプレイしたら到達したんだけど、実はかなり満足してしまったw だって、あの話の流れから行ったらまゆり以外なくね? て言うか他のキャラにそれほど愛着も生まれなかったんだよね。そもそも、もしオレがラボメンから選ぶとしたら萌郁だしなー。女子高生とか男子高校生とか、イマイチ。そんなキャラ萌え的な感情が希薄なんで、普通にまゆりで満足したw

 とりあえず他のキャラルート、真のエンディング(まゆり以外に何があるんだ?)が気になるんでXBOX360で残りはプレイすることにしたよ。実績も獲得できるしね!w

 それにしても平行世界の世界線、記憶を飛ばすタイム・リープ、精神の在りどころ、興味深くて良かったわ。2ch脳で良かったw

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1866-3bdeae38
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。