きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Dragon Age:Origins」クリアしたよ!
 そこそこ今更感ありつつも!

Dragon Age:Origins
公式サイト】 XBOX360 / スパイク / \ 8,190


 やっとクリアした! つかスゲー遊びたくて仕方が無かったんだよね! MHFをちょっと休憩して積みゲー解消する時に「Mass Effect 2」とどっち先にするかスゲー悩んだもんね! 結局は少し遊んでいたMass Effect 2を先に終わらせて、Dragon Age:Originsはキャラクター作成から、しっかりじっくりとプレイしたわけですがー。

 兎にも角にも、非常に面白かったです。満足度、充実感がハンパネ~。大作ハリウッド映画を1本見終えた感じだな! その本筋と言えば「どっかで聞いたような」感は否めなかったけど、サブクエストもサブと呼ぶには濃い内容だったし、流石はBioWareな会話の選択肢の多さと自由度が、RPG感タップリで良かった。特に会話の選択肢によっては、他の選択肢の内容については一切聴くことができなくなったりするものが多く、これは再プレイ時の楽しみも増えていいねとか思ったけど、こんなに多かったら覚えてねーよな気がしないでもなかった。それでもメインストーリーの節々で大きな選択により展開が大きく変わるのは面白かったな。展開が気になって直前セーブで両方を体験してみたりしたよ! オレにしては珍しく。エンディングの分岐は途中経過はそれほど影響なかったので、かなり自由に、Dragon Age:Originsの世界に、キアスと言う名前のオレで、冒険を楽しませて頂きました。近代的要素皆無な剣と魔法の物語、最高ッス!

 基本的なシステムとしては割とスタンダートな古き良きTRPGっぽいんだけど、昨今風に言えばMMORPGっぽい感じとした方がいいか? 戦闘はほぼオートで、キャラクターの状況に合わせてどんな行動をとらせるか、と言ったコマンドを設定しておけるので楽に遊べる。実際、オレもクリアまで戦闘中にリアルタイムで仲間に指示することは無かった。主人公だけは自由操作で、状況にあわせてタウントして敵のヘイト上げたりとタンクっぷりを楽しませてもらったけどw PCゲームの「Baldur's Gate」「Icewind DaleII」に近いと思う。と書いても分からない人が多いかw 戦闘と言えば、クラスの種類は3種類しかないんだけどタレント(戦闘に使用するスキル)は多く、その全てを1ゲームで取得することは不可能で、でも攻撃魔法の強力なものなんかは仲間にもダメージ与えたりしたので使うことがなかったり、使い道が微妙なスキルも多かったりして雑多ではあったと思う。もう少し幅広く使えるようにするか、思い切って削って選択肢の自由度を上げて欲しかったかもしれない。この手のゲームでは、成長させるのも楽しみの1つなので。
 移動については3Dゲームっぽく俯瞰視点で、基本的にはダンジョン系のエリアを移動して、そこに居る敵とリアルタイムで戦闘を行ったりイベントが始ったりする。大きな地域の移動となる、いわゆるフィールド移動みたいのは地図上を辿る感じで表現される(映画っぽいですな!)。その移動時間が拠点を往来することが多くあったからか、ちょっと間があったり遠回りしたりでストレスを感じることがあった。雰囲気は良かったんだけどねw
 音楽なんかはゲームの雰囲気に非常に合っていたけれど、グラフィックは全体的にお察しな感じw この辺りは仕方が無いか! PC版は流石に綺麗だったりしたんだがな。グラフィックはさておきつつも、シナリオの展開や演出は流石と言ったところで非常にファンタジーで面白かった。その選択は、時に厳しく、命を犠牲にすることもあって、かなり悩むシーンが多かったよ。個人的には、移動中に他の仲間が会話するんだけど、その内容がスゲー面白かったw 特にモリガンとアリスターは、モリガンとラブラブなだけに嫉妬してしまうくらいだったぜw ただそうした噴出しメッセージは画面上でしか表示されないので、いちいち噴出しを画面に入れる必要があった。こういうのはチャットウィンドウに表示させて欲しかったわー!

 前述したようにハリウッドの大作映画を1本見たような感じのゲームだ。故に、それだけの時間や労力も必要となる。様々なイベントやアイテムの取りこぼしを失くそうと思ったら攻略本だけじゃ足りないくらいなのだ。また、正統派な剣と魔法のヒロイック・ファンタジーなので、そう言うのが苦手な方にはオススメできない。日本的、いわゆるマンガ・アニメ的な内容やビジュアルでもないので洋ゲー的な敷居は高い。それでも、日本国産のゲームでは得られない物語の展開や演出があるので、ゲーム、特にRPG好きならば1度は体験して欲しいと思う。この作品を完全日本語化してくれたスパイク様にはマジ頭あがらんです・・・2も期待してるし絶対に買うからねっ!

 とにかくアレだ、キャンプに戻る度にモリガンをテントに誘ったり、外でも強敵との戦闘後はキスしてました。最高に良かったです(故に後半のツン状態は結構ショックだったw)! あと、男同士で行為に及ぶのは、どうかと思いました・・・オレのキアス・・・GFNめー!

 ・゚・(つД`)・゚・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1921-f8d5d4da
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。