きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
告白
 そろそろ買い物したもの日記のネタも尽きてきたんで、月曜日は映画紹介に戻ろうと思うよ!

告白
松たか子 (出演), 岡田将生 (出演), 中島哲也 (監督)


ある中学校、雑然とした教室。
終業式のホームルーム。1年B組、37人の13歳。
教壇に立つ担任・森口悠子が語りだす。
「私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、
娘は事故で死んだのではありません。
このクラスの生徒に殺されたのです」
一瞬、静寂に包まれる教室。
物語は「告白」から始まる。

Amazon 商品説明より


 テレビで予告を見た時には、それほど、気にもしなかった。そもそもオレは邦画に偏見持ってるってのもあるしな。それでも、キャッチコピーとか映像の演出とかに、ちょっとひっかかるものはあった。

 そして、見た。

 いやー思ってた以上に面白かったわ!w オレこういうの大好き! ま、率直な感想として、やはり映画館で見るほどでもないなーとは思うけれど、それでも扱ったテーマ、原作小説の雰囲気を生かした映像化、特に個人的には結末が非常に良かった。この場合の「良かった」は、見終えた後の充足感であるのだが、要するに「スッキリした!」んだな。

 よくあるキメセリフに「復讐は、復讐しか生まない」って言葉で、復讐を押し止めたりするけど、あまりの綺麗事と潔いまでの他人事と、陶酔感にウゲーってなるんだよね。だから、この目には目を~な展開とその結末に、非常に満足したのである。やはり物語はハッピーエンドに尽きるもんかーと、思ってしまった。

 ちょっと現実離れた展開ではあるけど、考えさせられる(他に置き換えて考えさせられる余地がある)内容であり、少々過激かつ行き過ぎた思想(と演出)もあるが、是非とも同年代の子供が見るべき作品なんだと思う。

 これだけに限らずだけど、他人が作った物語(思想)を見て、感じて、考えることが大事なんだと思うんだ。そんな作品の中には、目を背けたくなるようなものもあるけど、正面からガッチリと組み合えば、何かしら得られるものがある。ホラー作品やAV作品にだって「恐怖」や「性欲」と言った人の五感に訴えるものがあるんだから!w

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1933-748b86ab
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。