きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Dragon Age:Origins ウィッチハント」クリアしたよ!
 もりもりプレイ中! (`・ω・´)

Dragon Age:Origins ウィッチハント
公式サイト】 XBOX360 / スパイク / 560 MSP


 先日、無事にクリアした「Dragon Age:Origins」なんだけど、日本語版には海外では有料配信されたDLCのうち6個が同梱されている超お買い得製品であった。今回は、日本国内では唯一の有料シナリオDLCである「ウィッチハント」をクリアしたのである!

 同梱されているDLCのシナリオは、本編の話の流れ上にあって問題がないどころか、新たな仲間、過去の想い、新たな施設などかなり重要なものが多かった。個人的には「レリアナの歌」は演出や仲間の掛け合いも含めて非常に好きだったなー。しかし「ウィッチハント」は本編の続編となるDLCなのである。これがねー、もー、スゲー良かったのよ? 5回くらいこのDLCのエンディングを見たものw でもこの続きって、本編でいくつか用意されている結末のうちの1つを的に絞ってるんで、それ以外の結末しか見てない人がプレイしたらどうなるんだろう・・・その辺りはしっかりと補完されて遊べるようになってるんだろうな、きっとw

 同社製品の「Mass Effect」もそうだけど、続編にはそれまでのプレイの結果が大きく反映されるので、なかなか終わり方についても悩ましいと言うか拘りたくなる。シナリオ重視のRPGだからこその、楽しい苦労だと想う。タイトル通りにモリガンの本編結末後を描くDLC、彼女へ想いを馳せて冒険を終えた方には是非ともオススメしたいDLCだ。オレなんか最後の最後まで未練がましくウジウジしてたからなw 故に、このDLCの結末は、非常に満足するものであった・・・ニヤニヤ止まらんかったよ!w

 (´∀`)b

 そして、最後の最後に”あの後”の考察なんかを。もちろんネタバレです。
 アーチデーモンの呪いは回避したものの、魔女から逃れる術がないことを知った彼女は、その魔力の手さえも及ばない処へと向かう。太古のエルフの書物を強引に奪い取り、その力で発生させたゲートを通ることは、文字通りに世界を”去る”こと。二度と戻れない、全てを失うと言うその世界へ、キアスと共にならばと最後の最後には受け入れてくれたツンデレなモリガンはたまらんです。もっかい言う。たまらんです! (*´д`*) せめてイメージイラストを忠実に再現できるくらいのグラフィック表現力あればなーと思わずにはいられないw

 オレはモリガンと共に行くことを選んで「Dragon Age:Origins」の冒険を終えた。

 ではその向かった先とは?

 この手のファンタジーでは割と定番なオチかもしれないけど「現代の地球」なんじゃないかな~と。アダムとイブ、にするにはちょっと大げさ過ぎるしー。ま、単に魔力のない似たような世界なのかもしれないけど。ま、あの格好でアメリカのコミケにでも登場すれば「また質の高いコスプレだなー!」と普通に受け入れられるかもしれんw

 ま、何にせよ2人には幸せになって欲しいと願うばかりです。

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1934-01763d1a
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。