きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
宇宙ショーへようこそ
宇宙ショーへようこそ
黒沢ともよ (出演), 生月歩花 (出演), 舛成孝二 (監督)


 自然あふれる田舎に暮らす5人の少年少女が1匹の宇宙人と出会い体験する壮大な冒険ファンタジー。いわゆるジュブナイル作品だ。どんな作品か前知識皆無でCMで名前を見かけたくらいで見たけど、思ったよりは面白かったよ。

 夏の子供向けオリジナル・アニメーションなんだろうけど、なんか全体的にアニメ好きの大人もターゲットにしているような雰囲気もちらほら。共感とか感情移入して見れるほどの深さはないものの、宇宙を舞台に、その旅や異星での生活を描くなど、丁寧な描写も相まって(映画だからこそ?)「これは全12~24話くらいのTVアニメーションのが良かったんじゃね?」と思わずにはいられなかった。その方が「宇宙」の魅力を伝えられたんじゃないかと思うんだけど、それじゃアニメ好きしか見ないか? 子供達の心情と、現状からの和解に至るまでも、本来のターゲットである低学年層には難しいんじゃないだろうか(お金を稼ぐのにギャンブル、というシーンはどうなんだろw)。いわゆる「大きなお友達」を最初からターゲットにしていたら、スイマセン。ま、それはそれで中途半端な気もするが。

 あまり期待に胸を膨らませて見ると壮大な肩透かしを受けて、肩が外れてしまうかもしれないので、肩の力を抜いてだらだら見ると良いですよ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1945-287fa2b9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。