きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
 起きて仕事いって帰宅してゲームして寝る。同じことの繰り返しで特記することもないんだけど、毎日更新してネタに溢れてる人はどんな人生を送っているんだ!? ちなみに、こんな平凡な毎日が超絶大好きデス☆

 今回も今更ながら実は読んだのは最近な小説をご紹介。いや、もう積んでる小説とか、昭和時代からのもあったりするから、そんな前フリもいらないんだろうけどw

まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」
橙乃 ままれ(著) / toi8(イラスト)


 アニメ化が発表となった2ch発のライトノベル「まおゆう魔王勇者」を大人買いして読みました。大人買いと言っても外伝2冊は未購入ですが。この作品の前に、同著者の他小説を読んだのが先だったりするんだけど、やはりこちらも押さえておくべきかとポチったのですよ。

 説明するまでもなくメジャー作品(特にネット利用してたり、ウチのサイトを定期的に読んでるような方には)だと思うのですが、一応ね? 2ch発と前述したように2chに投稿されたテキストをまとめた作品です。2chと言うこともあって、お馴染みの会話形式の物語であり、所謂「地の文」がないTRPGリプレイとか対談みたいな感じになっております。物語は「ドラゴンクエスト3」を下地に、男勇者が女魔王と対峙、女魔王曰く「私を倒せば人間界に平和が訪れるかもしれないが、その後、国としてはどうするのか、生き残った魔界の住人はどうなるのか」と言う問題提示から、それを解決するため・その先を見るために、女魔王がその知識を使って世界を進化させたり奮闘したりイチャイチャする感じです。

 2ch発と言うこともあり、今でも「まとめサイト」として全文を読むことが可能なので、ちょっと気になる方は検索して読むことが可能です。文庫化に伴い、修正や加筆などするのは定番で、そちらで読んでみたいのなら、単行本も如何? って感じですかね。ただし、この単行本、大きな問題があって・・・何故か関わる人間が多い。絵師がついたのは非常に良いです。すごく作品の雰囲気が出ています。だが、何故かこれに加えて「キャラクター原案・本文イラスト」「脚注・設定監修・地図作成」「脚注・設定監修」「総監修」5人の名が連なります。まず「キャラクター原案・本文イラスト」はなんのために必要があったのか意味が分からないです。カバーの絵の本文イラストと思ってたら、かなり肩透かしを食らうくらいイメージも雰囲気も(この作品には)あったもんじゃないです。「脚注・設定監修・地図作成」「脚注・設定監修」の「脚注」や「地図」「設定」も必要ないと思います。全巻出た後に別冊として1冊出した方が良かったと思うな。ちなみにオレは読んでません。「総監修」については「オレが単行本化までしてやったんだぜ?」的な空気がプンプンで、巻末解説やら対談やら企画してます。が、これも不要。この辺りはAmazonのレビューでも書かれており、みな思うところは一緒なんだなと思ったり・・・w
 つまりは、絵師つけて修正・加筆だけして発刊していれば良かったと思うんですよね。だって、その方が1冊の単価だって安くなるし、作者の印税だって多く入るんじゃないの? 正確には「他の人間が介入することで高くなったんじゃないの?」ってことです。関わってる人らについては、他の作品として触れたことがある方ばかりなのですが、なんだかなーって気持ちになりました。まぁ、作者が望んだうえでの形だったのなら、読み手としては文句は言えないのかもしれませんが。なんか作者と絵師以外の内輪で盛り上がってる感がするんだよねー。

 既に完結している作品であり、それこそ前半~中盤あたりは非常に面白いノリなのですが、中盤以降は普通の剣と魔法のヒロイック・ファンタジー小説になるのが残念だったかな? それでも一気に読めるし、読み応えもあります。もちろんアニメも楽しみにしているよ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/1973-f5da19f4
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。