きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ログ・ホライズン 1
 PlayStation Vita値下げキター! と言っても19,980円でまだ高ぇえええ! 専用のデータ保存用メモリを購入したら2万超確実。いや、性能からすると安いくらいなんだろうけどねw 何れにせよ、欲しいソフトが無いのでやはり買う程ではないってのが正直なところ。「デモンゲイズ」はちょっと遊んでみたいけど。しかし「デビルサマナー」が発表されてサターン本体購入に至るまでの購買欲は沸かないんだよなぁ。「真・女神転生IV」のために3DSを買おうとは思ってるけどw DSと互換あるから良いよね。Vitaはな~あと3、4本くらいは欲しいソフトがあればな~と思うよ!

ログ・ホライズン 1
ハラカズヒロ (著), 桝田省治 (監修), (原作)橙乃ままれ


 「まおゆう魔王勇者」で有名な橙乃ままれ氏の同名小説を、イラストを担当したハラカズヒロ氏がコミックとして手がけた作品が、この「ログ・ホライズン」です。MMORPGの世界に突然入り込んでしまい、脱出するための手がかりを掴むため、世界の謎に迫ると言う物語で、この手のジャンルとしては食傷気味な感じはあるのですが、ギルドと言う大人数で語られ(物語の性質・都合上、少数精鋭な1グループ規模となってしまっていますが)世界観の構築を、しっかりとゲームらしく仕上げています。・・・故に、原作小説の1巻は、解説だらけで単調になっていますが・・・。

 原作のイラストを担当している方が描いているだけあり、作品のイメージ(本当に見た目と言う意味で)は崩れておらず、原作の物語をうまく再現し、マンガ的な見せ方もしっかりした作品となっています。個人的には、セクハラ発言しまくって、相手が「言うな!」と言ってるのにしつこくコンプレックスをネタにする、まさにKYな主人公の仲間が、ほとんど喋らないのが非常に良かったです。
 これらの発言に於いては、著者はMMORPGやったことないんじゃないだろうかと、原作小説を読んだ時に思いました。それと「腹黒」キャラとして名を馳せているらしい主人公が、やはりコミックスでも全く腹黒くないところも気になります。そして、主人公のクラスが「一人じゃ何もできない地味なクラス」として紹介されてますが、小説を読んだりコミックスを読む限り、全くそんなことがありません。そもそもMMORPGなので、サポートクラスと言うのは人気があるのが普通です。しかも老舗MMORPGという設定、拡張パックは12個、日本人だけで推定3万人のアクティブプレイヤーがいるような超大規模MMORPGで、その重要性が見逃されることは皆無です。まったりワイワイと楽しむのがMMORPGですが、いかに効率良く、早く、楽にと言う側面があるのも確かですからね。このツッコミ甲斐のある穴ぽこ(あれ、この表現は昨日も・・・)は個人的には非常にもにょもにょする部分ですが、エンターテイメント上の主人公と思えば「あまり使われないクラスを使いこなしてて強ぇ~」な設定にしてるとは思うのですが・・・

 小説の方は、いよいよ世界の謎に迫りそうな展開のまさに導入と言うところで、第1部完となり早1年が過ぎました。さらに今秋にはアニメ化と、かなりハードスケジュールで大変そうだな~と思いますが、第2部の再開も宜しくお願いしたいと思います。コミックスでも原作の雰囲気は十分に楽しめますが、小説版もオススメしたいです(ページ毎の余白がすごいですが)。

 とりあえず「まおゆう魔王勇者」のように作品を乱発するのは止めて欲しいなぁ~と思うのですが・・・既に出ているのですねw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/2036-a2459b1e
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。