きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
無限の住人 30
 雪、もう、マジ勘弁・・・

無限の住人 30
沙村 広明 (著)


 19年の永きに亘る連載、ついに完結! 本当にお疲れ様でした・・・

 連載誌を購入していた当時、あの絵柄と一癖も二癖もある剣士達に一瞬で魅せられました。単行本も何度と読み返したし、完結した今、また読み返します。

 凜の旅は終わり、卍の旅は続く・・・「死す者」と「生ける者」の物語。最後の戦いの後の”別れ”は、まさに生死を共にした二人だからこそ、読み手としては、なんとももにゃ~っとしますなぁ!w もちろん、甘いの好きなオレとしてはくっついてしまえとは思うんだけど、あの終わりで間違いないんだよね・・・。でも、カバー絵を見ると、あの後、追いかけて行ったんだよね!? とか思ってしまうのは楽観的過ぎますか?w ま、あの小刀を見るに布由はあの二人の・・・と言う妄想は打ち砕かれるわけですがねっ。

 そして語られる90年後、その小さな手を握る卍に、もう涙腺がヤバイことにッ!w 見事なまでの伏線回収、これぞ大団円。最後の最後まで、その見せ方、素晴らしかったですわ・・・。とりあえず、カバー外したあとの表紙絵でニヤニヤしたw

 「無限の住人」は終わってしまったけど、氏の作品はありますので、引き続き、楽しませて頂きます。

 何はともあれ、19年間、楽しませてくれてありがとうございました!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/2043-f240a600
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。