きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
サーガ 1
 なんだか日曜の夜ににっきを書くことが定番となってきてしまった(まだ3回目だけど)。
 ホントは昔みたく毎日更新したいんだけど、恐るべしはソシャゲですかね?
 ハハハハ(笑い事ではない)

サーガ 1
ブライアン・K・ヴォーン (著),フィオナ・ステイプルズ (イラスト)


 またアメコミの紹介です! アメリカの2大コミック賞を2連連覇し、SF・ファンタジー・ホラーな作品に贈られるヒューゴー賞まで受賞した「サーガ」は、「スター・ウォーズ」を代表とする宇宙を舞台とした冒険活劇モノ。冒頭から衝撃のセリフと共に始まり、新しいのか古いのか分からないデザインセンスの宇宙人、様々な思惑で動く勢力群(こういうのは海外ドラマでよく見るよねー)と、一気に読ませてくれる魅力が詰まっていました。帯の文句に躍らせられるのは好きじゃないけど、悔しいくらいに伊達じゃないなーと思い知らされましたわ。2巻はよ!
 カバーイラストから想像できるように、異種族による逃避行が基本路線で、そこに纏わる様々な偏見や差別、それに対する理解があったり愛を知ったりとかが主題になるのかな? テキストがそれほど詰め込まれておらず、絵も日本のマンガに見慣れた人にも受け入れ易い絵柄だと思います。168ページ、オールカラー、ソフトカバーで1,800円(税別)。ま、安くはないですね。・・・そういえばアメコミって性器のモザイクとかなくても平気だったっけ?

 そうそう、以前に紹介した翻訳版「マウスガード 1152年 秋」も届きました。原書のようなハードカバーだと思ってたら、これまた「サーガ」と同じソフトカバー(出版社が同じだから?)。翻訳は海外TRPGに携わった方がしておられるようで特に問題もなく(若干、吹き出しの中のテキストの収まり具合にセンスがない箇所があったけど)付録、ピンナップ・ギャラリーまで余すことなく、完全な翻訳版! 素晴らしい! そして「冬」の次巻予告がー!

 あまりに楽しみ過ぎて、明日からの一週間を思うと、ヘタってしまいますわー。とほほー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/2080-e13674ab
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。