きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
「蟲」と「エア」
蟲師 8
漆原 友紀 (著)

 やぁ?やっと新刊でたですよ! でも、まー買い揃えたのが7巻出た頃だったんで、それほど待たず、かな? いやでも刊行ペースは遅いよね・・・。相変わらずの独特のタッチと色彩、作品の雰囲気にもあって良いです。物語りも基本的には1話完結なんで、難しく感じることもない。ただ世界設定の部分で知らないと「?」な部分もあるが。ヌシいいよヌシ! (*´д`*)  あと最後のお話が、作者の方も書かれていたように、珍しく後味の悪いような感じだった。でも面白かったぜ! てか、漆原氏って女性だったんですな。


エア・ギア 16
大暮 維人 (著)

 相変わらず大暮氏の構図・見せ方が超絶だ! あまりに立体的、かつ目まぐるしいので読みにくいコトもあるが、基本、スゲェと思う。あとトンデモ理論とかも面白いw 一瞬、ナルホドー! ってなっちゃうもん。ストーリーの方は、いろいろと張られていた複線がかなり解決したっぽいので、そろそろ新たな謎がって感じになるんだろうか? ムフー!

 (*´д`*)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/445-6e102e45
この記事へのトラックバック