きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
Dungeons & Dragons Tactics
 今日は早く帰れると思ったら、なんか日中、忙しくて残業になってしまった。仕方がないけど。つか、早く帰ってもゲームして遊ぶ予定しかないんだけどさw
 最近、メインとなる主食がミカンになってる(!)。ミカン、うめぇ! 本当は10月頃のが美味いらしいけど。先々週くらいはリンゴばっかり食ってた。包丁を使ったんで(果物ナイフじゃないところが男らしい)洗ってたら、ずってなって、指を切ってしまった。といっても、ざっくりではなくバンドエイドすら必要ない程度。うっすら血が出た・・・というか滲んだ程度? でも、久々でビクッとなったよ! つか、洗物どんだけ下手だって話w


Dungeons & Dragons Tactics
公式サイト】 PSP / Atari / $ 39.99



 というわけで、PSPの洋ゲー3連続で紹介。何となく分かったと思うけど全て同時に購入していたのだ。正確には「Dungeon Siege Throne of Agony(これは去年の10月)」も一緒にだけどね。
 実はこの「Dungeons & Dragons Tactics(以下DDT)」が発売となり、欲しくなったんだけど「この1本だけ購入だと送料も馬鹿にならんしナァ?」と思って、他に面白そうなのないかなと思って選んだ。発売から時間が経過していたこともあって(・・・もしくは内容のせい?w)DDT以外はかなりお手ごろ価格だった。

 さて、DDTであるが、タイトル名から容易に想像できるように、世界的に有名なTRPGである「Dungeons&Dragons」を題材にしたゲームで、タイトル名にあるように「タクティクス」系のシミュレーションRPGである。D&DというかTRPGはシミュレーションゲームからの派生なだけあって、戦闘を盤上で解決する(出来る)システムは多い。D&D3.5版の戦闘は、まさにそれ。なので、シミュレーションRPGのタクティクス系ともなると、相性は抜群だ。

 問題なのは英語の壁かw ただ文字は大きめだし、そんなに文量が多いわけでもないので、頑張れば翻訳しながら遊べそうな感じがした。あとは「ルールの壁」かな? 間違いなく、TRPGを知っていた方が楽しいだろうし、すんなりプレイが出来る。ていうか、TRPGの日本語版ルールを持っていれば、シナリオはどうあれ、プレイ出来るのが強み。逆に、ルールがないと、どうしてこなるのか・専門用語が分からない、となるだろう。一応、用語集みたいのはあるんだけどね。

 クィックプレイでちょっと遊んでみた感じでは、動作がもっさり(アイテムを拾う動作など)気味だけど、じっくりと遊べそうで、凄い面白そう! パッケージの裏にはドラゴンやビホルダーとの戦闘画像が載ってたりで、往年のファンはニヤリとせざるを得ないであろう。憎いぜ! キャラクターは既に用意されているのだが、最初から作成も可能。キャラクターグラフィックは1種類しかないものの、性別・種族ごとに用意されていて、全て作成可能。しかもサイオニクスも作成できる。ただ自作の場合はルールを知らないと厳しい部分がある(TRPGは最終的に、どんなキャラにするかを見据えて、キャラ作成を行う)が、好きなキャラを作成できるのは嬉しいところ。ただし、自作の場合はマルチクラスが出来ないので注意だ(作成済みキャラはマルチクラスだった)! 

 TRPGのルールを知らないと難しいかもと書いたけれど、知っていればいたで、問題もある。人と人が対話して遊ぶTRPGということで、基本的なルールはがっちりとしている。がっちりとしているだけあって、かなり複雑だ。それをそのまま再現するのは、実際難しいだろう。過去のD&Dゲームでもそうであったように、このDDTでも、TRPGから省かれたり簡易化されたルールが存在する。故に、ルールに熟知した人であれば「え、なんでそうなるの?」な部分が不満になるんじゃないかな? ちょっとかじった程度で世界観が好きな人にオススメな気がする。

 ゲームの進行は、地図みたいな画面で「アドベンチャー」を選択することで、戦闘画面に。戦闘画面といっても、フィールドの移動も全て含み。敵を倒すなどの目的を達成すると、地図の画面に戻るので、新たなアドベンチャーに挑む・・・の繰り返しになる。もちろん、買い物だって可能だし、ダンジョンではアイテム収集の楽しみもある。レベル上げ目的な、何度も繰り返すことが可能なアドベンチャーもあるようだ。UIが若干使い難い気がするけれど、慣れることが出来そうなレベルw

 D&Dが好きで英語もへっちゃらな人にオススメできる洋ゲーだ! (´∀`)b

2007_12_24-01.jpg
TRPGのカバーっぽいタイトル画面が凄く良いw

2007_12_24-02.jpg
クイックスタートでのプレイ画面。メインとなるキャンペーンの最初のアドベンチャーでもある。ローグとバーバリアンがゴブリンの隠れ家を発見したっぽい。たぶんw

2007_12_24-03.jpg
アナログキーで画面をグリグリ動かせるのも良い。

2007_12_24-04.jpg
戦闘はちょっと地味。攻撃時にズームしたら良かったのに・・・。様々な判定を機械がやってくれるのはいいよね?。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/686-1140e300
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。