きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ブラッドハーレーの馬車
 今週で仕事も終わりだー。6日まで休みなので9連休! 今年も実家に帰らずに遊び尽くす予定。ただ、色々とやりたいコトがあるんで、ゲーム三昧とはいかないかも。あとカニが届くので、友人と鍋を囲みつつカニを貪りたい次第!

ブラッドハーレーの馬車
沙村 広明 (著)


 度々「無限の住人」を紹介していることもあり、沙村氏の作品が好きなワケであるが、この作品はたまたま書店に寄った時に、発見したのだ! え、無住以外になんか連載してた? 短編集? とか思ってたら「エロティクス・エフ」で連載してたのね。雑誌の名前や内容は知ってたけど読んだことはない。やっぱエロだな! エロなんだよなー!? と、若干のエロを期待して購入してみたのだが・・・なんだ、全体を100とするとエロは5くらいだったw

 内容の方はというと、あとがきに著者も書いてあるように1台の馬車と、巡るブラッドハーレー聖公女歌劇団に纏わる物語だ。資産家であるブラッドハーレー家の養女になることで、歌劇団に入団できる。孤児院の少女たちの憧れの舞台でもあった。が! ・・・うん、なかなかエグい。特に最初が一番酷いので、その尾を引いたまま、最後の物語を終えるのだが、なかなか後味が悪い感じだ。単純に「無限の住人」が好きだったからな感じで読むと痛い目にあうと思う。

 とりあえず、史実に基づいての作品じゃなくて良かったなぁって感じ。でも、似たようなことがあったかもしれない、と思わずにはいられなかったり・・・。しかし、あれだ・・・まぁ作品的に仕方がないのかもしれないけれど、数多くでてくる女性の顔が、どれも同じに見えるw 書き分けって難しいよねぇ。

 あの後どうなったのか、どうなるのか、自分が同じ立場だったらなどと考えすぎると、胸が苦しくなる作品。でも面白かったよ!

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/690-7e433a28
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。