きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ドリーミングダーク第1部 シャーンの群塔 下
ドリーミングダーク第1部 シャーンの群塔 下
キース・ベイカー (著), 菅原 健 (イラスト), 矢野 真弓 (翻訳), 待兼 音二郎 (翻訳), 渡部 夢霧 (翻訳), 鵜江西 昌弘 (翻訳)



 さくっと読み終えた! これで第1部完! いやぁ、なかなか面白かった。特に後半・・・うぅ、あまりの衝撃ッ。最後は、どうにかなると思ってたのに、あのまま終わるのか! 物語の進行も、ホントにキャンペーンって感じで、ラストバトルも熱かったぜ。ただ、伏線を張りすぎだなw 忘れないうち、熱が冷めないうちに第2部を出して欲しいところだ。

 小説を読み終えて、それまで実はあまり興味のなかったエベロンに興味がわき始めた。ふふ、HJにハメられた気分だぜw ウォーハンマーノベル(ジュヌヴィエーヴ・シリーズ)と違い、エベロンという世界観(主にシャーンの街)を魅力的かつ前面に押し出してることもあり、イメージが非常につかみやすい。DMをやろうと思うのなら、必読かもしれん!
 今月末にはサプリメント「シャーン 塔の街」も出ることだし小説の舞台がもっと知りたい方、小説の舞台で冒険をしたいDMは買いだな。洋書だけど「City of Stormreach」も月末に出るなぁ。コッチはオンラインゲームであるD&Dの舞台となってる街のサプリなんだけど、なんとオンラインゲームの方からフィードバックされてる設定も多いらしい。DDOのサービスが終了する前に、翻訳されるといいねぇw

 下巻も巻末にエベロンについての解説が掲載されてるんだけど、下巻の方は単語ごとの解説になっていて、上巻のよりも読みやすいかもしれない。しかも約60ページにも及ぶ。TRPGのサプリメントにも使われていたイラストも載ってた。

 何度も書くようだけど、エベロンに興味のある人、エベロンで冒険をさせたい・したい人にはオススメだ! あぁ?続きが気になるぜ?!

 (´∀`)b
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/740-395a5828
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。