きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
追記 月曜日は魔法使い
 くそ! 昨日紹介した「月曜日は魔法使い」のプレビューが公式サイトに掲載されてたんだが、ツッコミどころ満載じゃないか!w

 WoCに勤めてて?ということで、少なくとも「商品知識のある」普通のOLだと思っていたのに「元カレはWoWのraidのための戦略会議のためにU2のコンサートに行くのを断った」とか「車がパンクしたので助けて欲しくて(元)カレに電話したのにWoWのZG raidで忙しくて対応してくれなかった」とか、元彼氏、真性のゲーマーじゃねーかw つか廃人の一歩手前じゃね?w ゲーム(RPG)と関わり合い深そうじゃん(少なくと”理解”があって偏見とかないワケだな)!
 あと「自分はこんなにオシャレっていうか、サブカル好きで、ゲームには全く興味ないのよ!」みたいな自己紹介がウゼェw 流石に自分で書いたわけじゃないだろうけど(と信じたい)。自分で書いてたとしたら・・・やっぱりスイーツ(笑)な人なんだろうなぁw でも「じゃあ、どう書けば良いのか」と問われると答えられないので、ちょっと誇大表現っぽいけど無問題か!
 それと前からタイトルが気になってたんだよね。「平日は普通のOLで、休日とかにTRPGをプレイするだろうから”土日祝日は魔法使い”になるんじゃね?」と思ってたのだ(日本っぽーいw)。しかし、プレビューを読んで納得。そうか、会社がWoCだものね。初めてD&Dをプレイしたのが「月曜日」だったわけだ。しかし「メルローズ・プレイス」を見る予定が潰れたとか・・・コレいつの時代の話だよw とか思ったけど、再放送とかレンタルしてきたとか、そういうコトだったのかな? エベロンの話もあったし(エベロンの初出は2002年)。

 「D&Dガイド」と書いてあるけど、エッセイ本にしか見えないなw やっべ、かなり楽しみになってきたww Σ(´Д` )

月曜日は魔法使い
シェリー マザノーブル (著)、滝野原 南生 (翻訳)



 TRPGといえば「ウォーハンマーRPG」の日本語版公式サイトにMMOのWARのリンクが貼られていた。DDOのような展開になれば・・・いいか? な?


 それと、今でもリンクを辿って当ページに来られる方(多謝!)も多い「La Mirage」さんのサイトが、久々に、ひっそりと更新されてます。今回のMMORPG Reportは「The Lord of the Rings Online」ということで、先を越されたッ!w 相変わらずのクオリティー!
 うーむ・・・オレの本サイトのMMORPGプレイ日記といえば「更新するする!」言って、全くやってないな! 画像の切り取りは終わってるのに、文章を書いてない。そのうち、プレイした内容を忘れてしまう! ダメだ! これじゃあ「するする詐欺」だな! 訴えてやる!(オレの良心に(良心があればな(えー)))

 ・゚・(つД`)・゚・
コメント
この記事へのコメント
すごい本ですね…
「月曜日は魔法使い」…なんかスゴイですね…。
なんつーかこう、ターゲット層が不明というか。
女性は、そういう話にあまり興味ないんじゃないかな。
リアル物なら、コメディよりもロマンスですよ。
というわけで、購買層は、ラブコメ好きの男か、
それをネタにして笑う男かのどちらかだと思う(笑)
2008/03/12(水) 13:09:36 | URL | リエ #SEFye3cg[ 編集]
いや、ホントですよね! 購買層ってドコを狙ってんだろうと思ってしまいますw

訳者には失礼な話ではありますが、他に翻訳して欲しいサプリがあるんじゃない? とか思ってしまいます。・・・それとも4th近いから出さない(HJが出す前提かよw)?

とりあえず「コレを読めば一般女性をD&Dに誘える!」とか「女性のTRPG観はこうなんだな!」とか一方通行的な考えの、女性に免疫のない男性プレイヤーを勘違いさせないことを祈るばかりなのです(偏見)。

まぁ、プレビューや紹介文を読んで「面白そうだ!」と思った自分もいるのですけどねw 「一般論」じゃないかもしれないけど、TRPG本場の国で「TRPGプレイヤーはどう見られているか?」といった部分が楽しみです! 何気に、序文がオレの大好きな作家R.A.サルバトーレが寄せているのもポイトですw

長文失礼しました!
2008/03/13(木) 09:19:01 | URL | kiyu@管理人 #-[ 編集]
日本との違い…
アチラでも狙い目のわからない出版だったのではないかと思う。
いわゆるひとつのジョーク的なアレなのではないかしらねぇ。

我ら共通の本場TRPGプレイヤーのあのお方は、
「TRPGコンベンションに、こんなに女性がいるのって不思議」
と言ってた覚えがあります。
基本的に、あちらの女性はゲームに興味がないか、
彼氏や女友達が一緒の時じゃないと遊ぶことはなくて、
わざわざゲームのために会場に足を運ぶなんて事は稀なんでしょうね。

向こうの人の感覚では「友達と遊ぶ手段のひとつがTRPG」であって、
絶対にTRPGである必要はないんだろうな。
そういう意味では、「TRPG限定仲間」を求める日本人との違いが、
妙にリアルかもしれませんね(笑)
2008/03/13(木) 12:50:24 | URL | リエ #SEFye3cg[ 編集]
なんというか、自虐的ネタ本、なのでしょうかね?w

TRPGをプレイしていた環境が田舎で同じ学校の同性友人だけだったオレは、札幌に出てきてコンベとか女性のプレイヤーなど、初めてだったし同じように不思議に感じましたw

仲間を求めるというのは、TRPGだけに関わらずという部分があるので「日本的」とも言えますねぇ。

なんにせよ「月曜日は魔法使い」は読み終えた後、バッチリとレビューしますねw あと半月後が楽しみですヨw
2008/03/14(金) 00:44:09 | URL | kiyu@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/778-c7979a1c
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。