きゆにっき
日々の出来事や思ったことを徒然と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
メタルヘッド d20
  「メタルヘッド(以下メタヘ)」は1990年にホビージャパンからボックスで発売された国産初のサイバーパンクTRPGである。年代が年代だけあって映画「ブレードランナー」や士郎正宗氏のコミック「アップルシード」「攻殻機動隊」の影響が大きい作品だけど、世界観(2150年の地球が舞台)などはかなり本格的な”近未来”設定になっていた。いくつかのサプリメントを出した後にサポートは終了してしまったが、2000年にゲーム・フィールドから、ルールがリファインされ、基本ルールの他にサプリメントの内容も収録された「メタルヘッド・マキシマム」が発売された。しかし、これがまたアレな出来だったわけで・・・。リニューアル(主に判定やデータ)して再販されないだろうかというメタヘファンの祈りが届いたのが、新紀元社より「メタルヘッド エクストリーム」が発表された(2008年4月発売の予定)。キター! という感じだったのが、なんとここにきて日本初のd20システム(D&D3.5版のルールを汎用的に扱う)に対応した「メタルヘッドd20」が発表となり、発売されたわけである。

d20対応ルールブック メタルヘッド/d20
高平 鳴海 (著), 米村 孝一郎 (イラスト)


 初のd20対応システムではあるものの「d20モダン」「d20サイバースケープ」といった近未来を背景として取り扱ったシステムは既に(和訳もされて)発売済みなこともあり、余程なことがない限りは、上手くコンバートできるんじゃね? といった感じではあるのだが、果たして・・・!?


第1章 イントロダクション
 TRPGについて、メタヘについて、d20についてなどオーソドックスな第1章w 冒頭には井上純弌氏(も定番ですな)によるショートコミックが掲載されている。こういった部分は「日本」っぽいね。マンガで「メタヘ」を紹介できれば冒頭としては成功だと思うんだけど、うん、ちょっと微妙w d20システム対応ということで、基本的なプレイだけなら本書だけでも遊べるが、キャラクターの作成・成長などのルールは収録されていないので本格的に遊ぶのであればPHBもしくはd20モダンが必須となり、ゲームスターにはDMGとMMがあることが推奨となっている。本文にも、PHBを参照とか記述あるしね。コアルールブックは揃えておいた方が良いかな。個人的にはd20モダンがあると汎用が効きそうなのでオススメ。簡単な世界観の説明もあり、それほどページ数は多くないので、プレイヤーも含めて目を通しておくべき項目。

第2章 キャラクター
 キャラクターの作成について。基本的には種族とかないので能力値(もちろんD&D基準)とクラスの紹介。バウンサー(戦闘要員)、ランドブラスター(戦闘車両を扱う)、ブロックバスター(CS(コンバットスーツ)を扱う)、ネットライナー(情報収集系)、ハスラー(賞金稼ぎ。何でも屋な感じ)がレベル1、4、8でテンプレートが用意されている。

第3章 技能
 特別な手段ではなく、一般的な専門的行為である技能の紹介。見慣れたものもあれば、メタヘ独自のものもある。ま、判定は1d20+技能修正値だけどね。

第4章 特技
 生まれ持っていたり、会得する特殊な能力である特技の紹介。こちらも見慣れたものもあれば、メタヘ独自ものがある。

第5章 各種判定
 行為判定のルール紹介。基本的にはd20なんだけど、装備・アイテムに設定された重量(ENC)が明確にルール化されており、荷重によるペナルティーが発生する。といっても、そんなに細かくはない。が、故に・・・。戦闘のルール、メカニックによるアクションなども書かれている。

第6章 サイバー化
 サイバーパンクといえば肉体に電子機器を埋め込んでナンボよね! というわけで、サイバー化システムの紹介。ちなみに、ルールブックに使用されているイラストは旧版ルールのまんまだったりする。甲人III型を久々に見て吹いたw

第7章 メカニック
 こちらは人が手足として使うことになるメカについての紹介。バイク、ホバークラフト、ポケットタンク、バギー、インセクターなど。CSもこの章で取り扱っている。ちょっとくらい弱くても構わないから、1レベルから使いたいよねぇ・・・

第8章 ウェブ
 ネットに関する情報・ルールの紹介。最初に設定された時代(1990年)よりも、リアルな情報技術も向上しているので、そういったものもさり気なく取り込まれている。

第9章 武器・装備
 武器や防具、装備の紹介。オートプロテクターもここ。ドラッグもあるぜぇ!

第10章 ワールド
 世界背景の詳細な紹介。敵となる「人」のステータス、ミュータント(いわゆるモンスター)のデータもここに。

第11章 マスタリング
 マスタリングと銘打ってるけど「鋼鉄の誇り」というシナリオが載っているだけ。だけって言うのも失礼な話だけど、メタヘのマスタリングのコツとかポイントみたいのを期待しちゃうじゃないか! 一応、2ページだけあるけどね。

第12章 データ 
 データと銘打ってるけど、なんのことはない、目次とキャラクターシートだけ。ルールブック中の表などが一覧にまとめられてるとか、そういうことは、ない。あとキャラシーにもエラッタあるので注意だ!
 

 既に旧版が全て手元にないので、なんとも言えないのが正直なところなんだけど、ネット上での評判を見る限りでは、どうにもダメっぽいですなw 公式サイト上でエラッタが公開されてるけど、かなり致命的な部分での修正がもりもりと! テストプレイ(もしくは校正)してないだろ! なレベルじゃないだろうか。ま、ファミ通の真・女神転生の攻略本よりかはマシなんだろうけどw お陰で、同じd20対応となる「ワースブレイド」に否応なく不安の影が圧し掛かるw 発売日を延期したのだから(数値データが命のゲームだし)しっかりと校正して出して欲しいですな。
 とりあえず、メタヘとしては「エクストリーム」に、今度こそ期待! といった感じみたいかな。ま、エラッタでの対応で「遊べなくはない」レベルにはなると思うし、やはり遊びなれたd20ルールで遊べるというのは新鮮だしね。とはいえ「とりあえず出しとけ!」レベルでは問題ありなんだけどw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kiyutomo.blog8.fc2.com/tb.php/785-dc1607aa
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。